ワールドカップスタジアムのチムジルバンから起きて今回の最後の日を始めました。スタジアムに近いマクドナルドから朝ごはんを解決しました。先日と違うマクモーニングを食べて見ました。オリジナルのエグマクマフィンが簡単な味で美味しい。
この日には去年の改正に出来た内陸のループ線を利用するつもりでした。一旦510番バスを乗って中文に向かいました。中文の郵便局で降りました。済州市内方向の282や181を乗れば行けますが、待ち時間が長い感じでした。バス停ではロシア人の観光客に会いました。空港に行く予定に見えました。急行バスの181が先にきました。バスのトランクを開けてロシア人の荷物問題を解決しました。バス代は乗り換え割引で850ウォンで、最初から急行バスを乗った結果と同じだ。この時の料金はカードは距離によって2000ウォンから3000ウォン、現金は3000ウォンでした。

東広乗り換えセンターに降りました。コンテナボックスに設置されているループバスの案内所に立ち寄りました。時刻表を先に貰らいました。30分で1本のバスがあります。一日乗車券を買うかどうか悩みましたが、結局買って見ました。買わないと最初と最後のバスは乗り換え割引を利用する方法もあるから節約できるかどうかが予測しにくい。値段は3000ウォンで、バスの一日乗車券としては一般的な値段です。ループバスの中にはおばさんの観光案内員がいます。

1番目には奥にある楮旨文化芸術人村に行ってみました。綺麗な家が沢山あります。個人が運営する美術館やギャラリーがあります。

20190702_104010_HDR

20190702_104241_HDR

20190702_104613_HDR

済州現代美術館の別館に入って見たらスタンプラリーをしたらプレゼントがあるって。小さい美術館の3箇所と現代美術館の本館に入って見ました。日本人の芸術家の作品もあって海の環境を守ると言う主題でした。プレゼントはコースターを貰いました。

昼ごはんの時間になりました。芸術村に行く途中で見ておきた韓食ブッフェの店に行くことにしました。案内員が探しに手伝いました。営業中を確認してバスから降りました。地図にはループバスの情報がないバス停だけど、停車してくれました。ルート上にあるバス停からループバスを利用できるのが分かりました。案内員が降りる前にこの次のバスは1時間後だと言いました。昼ごはんの時間だけらです。レストランは先日に食べたおかずとほぼ同じでした。値段は7000ウォンでもっと安かったし味も良かった。

食事が終わった後で外でどうしようか悩んでいた時ループバスが通過しました。反対側のバスはその次が昼ご飯の時間を取るのだ。時刻表をもう一度確認すべきでした。次のバスが1時間後からだから仕方なく近くにある有料の観光施設であるガラスの城に行くことにしました。歩いて行く道に割引チケットを買いました。8500ウォンでした。行く道にある小さい池も見ました。

20190702_120658

20190702_123542

20190702_124439_HDR

20190702_124957_HDR

ガラスの城はガラスをテーマとしている博物館と公園がある施設でした。シンデレラの靴やイタリアからのガラスの芸術品などが印象的でした。荷物は切符売り場の事務室に預けました。急いで観覧してバスの時刻に合わせて外に出ました。

ループバスをもう一度乗って済州島神話ワールドに行ってみました。最近できた観光リゾートであり中に何があるか知りたかった。ビッグバンのボーリング場、カフェがあるってテレビで見た物もありましたが。乗り物があるテーマパーク、ライドが沢山あるウォーターパーク、ホテル、ショッピング、免税店、マリアットホテル、リゾートホテルどがある総合的なあるIRでした。反対側にある滝台が印象的でした。

20190702_131446

20190702_133737_HDR

次はオソルロクに行くことにしました。ループバスはもう一度地図にはループバスの表示がないバス停から乗りました。ウォーターパークから近いバス停で、日帰り客にはもっと便利な位置でした。バスの中の案内員は次の目的地を伺ってきて、次のバス停の位置を教えてくれました。オソルロクの中は前より展示がもっと充実になりました。カフェのサイドでは人がたくさんいました。バスの時刻を調べたら残りの時間が少なった。外にあるお茶の畑の写真を急いで撮りました。バス停の近くにいたおばさんからミカンを買いました。2万ウォンの分のミカンを沢山貰って重かった。

20190702_142127_HDR


20190702_151843

次はビーチに行ってみることにしました。翰林の方が近いから選びました。784-4番バスを乗って挟才海水浴場に降りました。夏でしたがビーチには混雑度は普通でした。

最後の目的地は国立博物館に決めました。202番バスを乗りました。乗り換え割引を貰いました。バスの中ではオランダ人を会いました。オランダ人は済州市に戻る途中にある他のビーチで降りました。202番バスの中には人がどんどん増えてきてすごく込みました。蓮洞入口に降りて次のバスに乗り換えました。割引はもう一度貰いました。

国立済州博物館は約15年ぶりでした。荷物はコインロッカーに預けました。勿論払戻すできるタイプでした。

空港に行く前に市内にある東門市場に立ち寄りました。お土産としてミカンの果汁が入ってるお菓子を買いました。割引の値段でも1個1000ウォンを超えるやつだからソウルで戻って食べてみたら美味しかった。セットの一つを買いました。夜ご飯としてはタコのラーメンをたべました。タコが十分に柔らかった。値段は8000ウォンくらいでした。島の他の所に有名な店があります。

空港に行くバスを乗りました。割引はもう一度貰いました。今度のジンエアでした。ソウルから木浦に行く道で安く要約しました。最近ニュースで悪い方で話題になったから安く買うことができました。時間が残ったから1回の前にある小さい公園を散歩しました。ターミナルに戻る道でロシア人に会いました。咸徳にあるホテルに行く道だと聞きました。空港からは一般バスがあるからそれを教えて上げました。

時間になって飛行機を乗りました。飛行機の中には人が意外に多かった。座席は窓側だったが、翼の所だったから悪い角度で外を見るのには首が痛かった。夜景は半分くらい楽しみました。ソウルについてバスをもう一度乗って家に帰りました。

この日には済州島でカードでバスを7回乗って、そのうち急行バスが1回でした。ループ線は4回のりました。乗り換え割引を貰って、一般バスを2回分、急行バスの基本運賃1回分、一日乗車券1枚分を支払いました。