ムーコの着物DAYS

アンティークでも、木綿着物でも、フォーマル着物でも、着物ならなんでも好きです。着物を着れば元気になれるし、癒されます。こんなに楽しく美しい着物の魅力を伝えて、着物人口増やしたいなあと思っています。

1548913704416
1547243718120

孫の世話の間の土日は、お休みをもらい、趣味の世界へ参加もでき、しあわせでした。

FB_IMG_1548631814593
「自分結い大江戸和髪学会」新年会へ参加。なんと、娘へ買ってあげたアンティーク着物を着ちゃいました。小さいですけど、無理やり身体を合わせました。笑


FB_IMG_1547430310750
楽しい会でした。

FB_IMG_1547152709909
和髪のグループ様より、お誘い頂き、浅草歌舞伎の歌舞伎観賞。その後の懇親会は、中村錦之助様とご子息様の隼人様も、衣装を脱いで急いで駆けつけて下さいました。


FB_IMG_1547156619419

錦之助様と隼人様は、お席を廻って下さり、記念撮影と握手をしてくださるという、普通ではあり得ない体験をさせてもらいました。
received_940131049517449
隼人様は、事務所の関係で画像を掲載はNGなので残念。でも、しっかり、ご一緒に撮影して頂きました。私の顔は緩みっぱなしでした。


DSC_1228
夜の浅草寺は、ライトアップされてて幻想的でした。

1545836866054
DSC_1032
四人目の孫が無事に、キリスト様と同じ日に生まれました。これで、娘も息子も一姫二太郎の親です。
慌ただしいうちに松も明けて。

初釜ならぬ初稽古。
和髪で参加しました。
稲穂の簪が嬉しいです。
芸者風に黒の着物にしてみました。
DSC_0217
DSC_0218
飾りはシンプルにしてみした。

11月17日は、孫の三歳の七五三でした。川越神社です。

1542452174616
その前に写真館で、撮影!
知らないお姉さんに髪セットと着付けされるのが嫌で大泣き、その後、スタッフさんの努力のかいもあって、ご覧の笑顔になりました。

1542504193491
色々撮影グッズ、あるものですね!お琴です。

1542504177788
姉弟仲良く!
弟が終始笑顔!笑

inCollage_20181119_033701457
嫁ちゃんも着物!BBは落ち着いた色目にしました。

1542452071378
DSC_0852

お詣りし、名前を呼び上げられた孫は、大きな声で「はい」と、拍手も出て、その後の子供たちに影響を与え、みんな元気に「はい」。
無事終了!

DSC_0764
今年は例年以上に庭の紅葉が鮮やかで、何かできないかと・・・🍁
そこで、

半年以上前に譲って頂いたお茶道具を初めて出してつかってみました。お茶を立てるとなると、やはり、手間がかかりますね!

風炉を出してみました。季節的には炉なんですけどね。まず、電熱器が壊れてないかチェック!おお!煮たってきました。

流派の違う方のお道具なので、棚の名前も分からず。後て調べたら、三木町棚かな?

そうだ、お菓子を買って!菓子器に入れて!あっ?黒文字がない。写真撮りそこねた!

抹茶をふるいにかけて!
棗は、川連塗りフェアで買った葡萄柄。

棚を拭いて、釜を洗って錆びを落とし、湯を沸かしてる間に
IMG_20181107_192629
庭で、お弁当を食べました。
急遽の思いつき茶会なので、スーパーのお弁当を庭で食べて。(笑)

そして、茶事の真似ごと!
入室から説明して、あーあー!お軸がない!
花もない!ご勘弁!
お薄立てました。
IMG_20181107_191351
ちょっと鉄錆びの匂いが残るお薄でした。


それから、数日後庭全体が燃えるような赤さになりました。

DSC_0795
DSC_0796

かえでの種類が違うようで、早く散るもの、遅く紅葉するものがあります。
DSC_0797
今年の赤は、例年以上に鮮やかです。
いい具合に、冷え込んだからでしょうね!

DSC_0812
赤い絨毯敷き詰めて・・・🍁🍁🍁

DSC_0823
昨年あたりは、紅葉と共に初雪でした。
かなり、散りましたが、午前中の用事を終えて、またもやお弁当!

DSC_0828
食べてるうちに日が陰ると、寒くて北風でした。すぐ、退散!
紅葉は、桜より見頃の期間が短くて、おおあわて!でも、今年は満喫しました。

暫く更新してませんでした。

10月上旬の装道着物コンサルタント.1級の昇給試験、無事終了!長かった!7月と思っていたら3ヶ月伸びて、やっと終了です。

DSC_0556


前後しましたが、9月23日の横手市子供歌舞伎出演、浅舞小学校です。
FB_IMG_1537867264361
FB_IMG_1537868287806


横手市芸文祭で、詩吟の構成劇で、西馬音内盆踊りを踊りました。
1538254430993

装道のステージでは、花嫁の着付けを担当しました。
received_2118586371792631

平鹿町芸文祭では、三味線「蓬莱」端唄「槍錆び入り黒田節」を唄いました。
received_504359550050431
あっ!写ってない!

こちら!
received_195573594668562

紬織り、草木染めの人間国宝「村上良子」さんを囲んで!
我が母校の先輩、講演がありました。
IMG_20181023_192901


なななんと「子供歌舞伎」を世界遺産の中尊寺で熱演!後三年合戦の後の藤原清衡が建立!歴史に繋がる、子供歌舞伎。子供たちにも貴重な経験!

1540729411586

われわれも五つ紋礼服で格調高く!

FB_IMG_1540762671277
住職様と一緒に撮影!


ステージ祭の一日目、
DSC_0521

さてもステージ祭は、振り袖着付け!
IMG_20181104_190330

自分の所属している団体全てが、各地区ごとの芸文祭から、代表としてのステージ祭に出たものだから、全て二回ずつの出演、いささか疲れました。

DSC_0378
友人から、A4に引き伸ばした写真を頂きました。カメラマンさんの腕のお陰で、余りあるわたしの踊り姿、感動でございます。

さらに、わたしの心を燃やしてくれそうな画像に感謝です。

また、来年に向けて、益々練習頑張らねばと思います。

是非、8月の夏、秋田の片隅の小さな町の優雅で神秘的で、ただただ美しい踊りをご覧になりに来てくださいませ。

#西馬音内盆踊り #端縫い衣装 #はぬいいしょう #日本三大盆踊り #国指定重要無形民族文化財 #羽後町 

恐ろしいほどの災害が続き、この日本列島はどうしてしまったのか、地球がどうしてしまったのか? 幸いにも札幌と帯広の弟家族や甥っ子は無事でした。被災された地域の一刻も早い復興を願います。 さて、恐縮ですが、着物ネタ。 FB_IMG_1535663183522


8月の西馬音内盆踊りの画像を偶然SNSで見つけ、ご本人の承諾を得て、頂きました。 初めての端縫い衣装でしたので、最高の記念画像となりました。 嬉しいことです。

二番目に踊ってるのが私です。お上手なMさんの後ろだったからラッキーでした。

received_1956205774439927
昔ながらの木の味噌樽の前で、圧巻です。

received_1956943631271385
立派な黒の漆塗りの蔵。

received_287453698716132
岩崎にある「ヤマモ」醸造さんのお庭や店内、味噌蔵での撮影でした。
暑い暑い7月末でしたので、藍染の麻の日傘などを差してみました。
着物は「59(ごっきゅう)着物」、麻綿混紡です。着物好き有志たちが集まり開発して、5月から9月まで着られる着物を作りました。ネットで売りきれていた水色ベースの反物がたまたま秋田市のリサイクル屋さんで見つけて、小躍して購入、仕立てました。二年前かな?
あっ、和髪で参加です。オデコ全開!

16日初日は生憎の雨、残念ながら体育館での実施となりました。うーん、やはり情緒は半減ですね!
私はこの日は浴衣に編み笠です。

DSC_0171_HORIZON
DSC_0017_TRIPART
浴衣の解説

赤い半襟を着けた半襦袢。
黄色の帯。
黄色の帯の上に枕を当て、それを赤い扱きで覆い左後でリボン結び。
袖口は広げて裏に赤の布をつけ、表に折りかえす。

ここまでは、決まり事のようで、浴衣は基本藍染です。ま、その辺りは本物の藍染でなくとも青系、白系の浴衣であれば、大丈夫っぽい。それぞれの好きな浴衣を着ています。
たまにグループでお揃いの方々もいらっしゃるみたい。


17日、18日は晴れて、本町の通りでのかがり火の回りでの踊りができました。
SNSで友人になったMさんとも連絡取って合流!名古屋在住なのだけど、西馬音内生まれ、毎年帰ってきて踊ります。ほんとにしなやかで美しい踊りです。
DSC_0177_TRIPART

そして、着物仲間のお二人は初参加、しかも一年目から端縫い衣装を揃えちゃってます。
received_493350311128156
エヘヘヘ、申し遅れましたが、私この日、端縫い衣装デビューでございました。

憧れの端縫い衣装、これが着たくて夢に描いて数年、毎年見学に行って、そして練習開始、浴衣で参加し三年、この四年目にして、やっと端縫いを着ました。厳格に決まり事があるわけではないのですが、昔から上手じゃないと着てはいけない物と思ってました。端縫いに恥じない美しく上手な踊りを踊りたいと、年間を通して練習しているグループにも入りました。月1の保存会さんの練習にもできるだけ参加しました。

自分の今の踊りが美しいとまでは到達していないのですが、もはや若くない私としては踊れる年数は限られてくる訳で、ここらで着ることを許してもらいたいのですよ!
誰に?
西馬音内の方々に、観光客のかたがたに。笑

さて、じっくりと見て頂きましょう!

DSC_0026
DSC_0025
ちょっとした手違いで好きな柄が後ろにでてしまいましたが・・・


DSC_0019_TRIPART
母の襦袢やら、アンティーク屋さんで探して貯めていた着物や帯、襦袢で仕立てました。

衣装解説

浴衣と同じように赤の半襟を着けた半襦袢。
黒の掛け衿。
帯は基本黒の様、枕はするけど、そのまま下げる。
枕を赤い扱きで包み、左後ろでリボンに結ぶ。
端縫いには編み笠を被る。

上記が基本であるが、端縫いの柄つけはみなそれぞれ違います。そして、現代の布ではなく、古布を使う傾向、その方が美しく踊りに馴染みます。
真夏なのに着物は袷です。汗対策が大変!

長々となりましたが、未だに余韻覚めやらず、もう少し、上手な方々を見る時間を取ればよかったとか、もう少し長く踊ればよかったとか、胸は高鳴るばかりです。来年が待ち遠しい!
#西馬音内盆踊り #端縫い衣装 #藍染 #彦山頭巾 #扱き

8月16、17、18日と三日間に渡る西馬音内盆踊り(にしもないぼんおどり)が終了しました。なんと、三日間参加しました。横手の盆踊りを入れると、連続四日間も踊った訳で、体力の無い私にしてみれは奇跡的なことでして・・・
只今、身体のメンテナンス中です。と言っても食べたら眠くなる、よく寝る、ダラダラするっと言ったところでしょうか?温泉にでも行きたいけど、なかなか予定もありで。

この画像はちょっとお借りしてます。腕のいい横手のアマカメラマンさんの画像です。
FB_IMG_1534668698986
艶やかな端縫い衣装の数々、2つと同じものはありません。
こんなに美しい方々に混じって踊れる幸せ噛み締めています。

FB_IMG_1534668858644
こんな小さい頃から踊っていたら、磨かれるよね!

FB_IMG_1534668726416
幼い頃見たこの彦山頭巾姿、不気味だったけど、これが特徴の盆踊り、艶やかな端縫い衣装を一層引き立てます。


received_669804413391508
いつものメンバープラス初参加の友人、and先輩。
書きたいことが多すぎるので、ページが長過ぎなので、一先ず終了!

↑このページのトップヘ