ミリ子に敬礼!

愛国女子が自虐史観を粉砕するイラストエッセイ。 時事問題、歴史、ミリタリー、映画、関連書籍等々について 私の思いを書き連ねたい、と思います。

戦争映画賛美 「二百三高地」その2

皆さん、こんにちは。

今回は二人の乃木大将について。

2P3IMG_20180412_0002



乃木大将のことを調べたくて
東映映画「二百三高地」と
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」を
見比べてみました。

同じ人物を扱っても、こんなに違うのかというのが感想です。





まず、映画「二百三高地」
乃木大将を演じたのは名優 仲代達矢。

2P1IMG_20180426_0002


武士道を西洋式に焼き直した明治の軍人を演じて
難攻不落旅順要塞に挑み、日本の命運を背負いながら苦悩する姿は感動的でした。




一方、NHKの「坂の上の雲」
乃木大将は柄本明が演じております。
個性的で実力派の俳優さんです。
しかし、この人が乃木大将?
NHKの番組宣伝でこれを知ったとき、
「似合わない。それはないだろう」
というのが感想でした。


秋山真之、好古、東郷平八郎、児玉源太郎.....
他の配役はバッチリだったのに......


2P2IMG_20180421_0002

まず、ルックスが違う。
背筋の伸びた仲代乃木に対して
猫背でやたら年寄りじみている柄本乃木。


演出的にも
幕僚にも陰口を叩かれる、 
うだつの上がらないダメダメ爺さんでした。



柄本乃木
何だか、やたらに格好悪い。
これは何かあるな、と思えば
そこは反日NHK
ドラマを利用して乃木大将をディスっているのでした。
(無論、坂の上の雲の原作者は司馬遼太郎ですが、NHKはそれに便乗して乃木愚将論を世間に広めている、と私は思います!)

ご存知の方も多いと思いますが
乃木大将は後に明治天皇の命で学習院院長を勤め
少年時代の昭和天皇の教育係だった人物です。

昭和天皇の人格形成に最も影響を与えたのが乃木であることを
後に昭和天皇自身が述べておられます。

その乃木大将をディスることで
NHKは間接的に昭和天皇をおとしめている、のです。

海軍善玉、陸軍悪玉、天皇の戦争責任....
これが言いたくて仕方ない反日NHKにとって
司馬遼太郎の「坂の上の雲」は格好のネタだった訳です。





さて、実際の乃木希典はどんな人物だったのか
調べてみると次の通りでした。

軍服はテーラーメイドでオシャレ好き。

剣道の達人でドイツ語、フランス語が読めるインテリ軍人。

従って、当時最先端の軍事書籍を原文のまま読み込んでいた軍事通。

学習院院長時代でも生徒と遠泳をするほどの若々しさを持っていた人物です。

猫背で頭コチコチの年寄り地味た柄本乃木ではなく
背筋が伸びて白馬に颯爽と跨がる仲代乃木が実相に近いのは間違いありません。





戦前の日本人は誰もが乃木大将を
国民的英雄として慕っていました。

その戦前の日本人の気持ちが映画「二百三高地」の底流に流れているのです。

悲劇の名将乃木大将と日本人の思いが重なり合い
明治のノスタルジーが感動的に表現されていたのです。

そこへ行くと、「坂の上の雲」では
柄本乃木は日本人から乖離して浮きまくりです。
乃木大将だけ仲間外れ、邪魔者扱いです。
これはもうイジメです。

NHKの反日ぶりにも困ったものです。







近年、ネットのおかげで今まで知らされていない事実が明るみになり
「坂の上の雲」はもちろん、乃木大将に好意的な「二百三高地」ですら
本当の旅順要塞攻略戦を描いていないことが明らかになっています。

乃木大将は軍事指揮官としてかなり有能であったというのです。
詳細は他の機会に譲りますが
何と、二百三高地を陥落させたのは児玉源太郎ではなく、乃木大将だったというのです!!

それにしても、一体、どこで事実がねじ曲がってしまったのでしょうか?

更に調査は続くのでした......。


IMG_20180427_0002

つづく





にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

戦争映画賛美 「二百三高地」その1

皆さん、こんにちは。

最近、日露戦争関連の書籍を読むようになり
久しぶりにこの映画を観たのです。

「二百三高地」(東映1980年公開)

1980年代、戦争映画ブームの引き金となったのが、この映画。
戦争映画といえば第二次世界大戦やらベトナム戦争が相場なのですが
この映画は日露戦争が舞台です。

日露戦争といえば20世紀初頭の戦争で、
戦車や飛行機が登場する第一次世界大戦の10年前です。

戦争映画の売り物、かっこいいジェット戦闘機はおろか、
零戦も戦艦大和も出てきません。

日露戦争なんてみんな観るのか?
映画会社も興行的成功を危ぶんだそうです。

しかし、結果は大ヒット。
これに味をしめた日本の映画会社は
その後、毎年のように戦争映画を封切ることになります。



思えば、戦後の我々日本人にとって
戦争とは、無条件降伏であり、悲劇であり罪悪感でした。

ところが、日露戦争は勝ち戦。

今日、日本という国が存在しているのも
日本が日露戦争で辛くも大国ロシアに勝ったからなのです。



日本人ですもの
日本が勝って嫌なわけがありません。

しかし、1980年といえばネットもない、反日自虐史観全盛の時代。

「やった! 二百三高地が落ちたゾ」
喜んじゃっていいのかなあ~なんて
私も子供心に戸惑ったことを覚えています。





あれから40年の歳月が流れました。

最近、ネットでは日露戦争を再評価する動きがあります。

詳細は別の機会に譲りますが
実は、世界史的に日露戦争の意義は重要だということです。

それはともかくも、仲代達矢演じる乃木大将は素晴らしい。
映画「二百三高地」の大ヒットは正に仲代乃木に因るものだし

仲代乃木が乃木大将の実像に一番近いというのも
最近になって知りました。




では、また。


203P1IMG_20180414_0006

203P2IMG_20180414_0006

203P3IMG_20180414_0008

「日本人は日露戦争を誇るべき!......なのよ」




にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

そうだ、読書をしよう!

皆さん、こんにちは。

ブログの更新が遅れ気味の今日この頃です。

書きたいことはいろいろとあるのですが、
うまく形に出来なくて、もがいております。

どうやら
持続力に乏しい私の場合、あまり凝ったことを始めると
必ず、途中で息切れしてしまうようです。


それにしても
ブログを更新しようにも
手頃なネタが思いつきません。

持続力がない私にとって
この「手頃」(楽)というのが重要です。
前述のとおり凝ったネタはダメです。
あくまでも「小ネタ」です。



何かいい小ネタはないかな~。

やっぱり、普段から読書をしていないと
いいアイディアは浮かばないものですね。

よし、読書をしよう。
突然、書店巡り、図書館巡りを始める私でした。

IMG_20180412_0002
(ブログ更新がないとき、ミリ子さんも読書に耽るのでした)



そして、一冊の本に出会いました。


「乃木希典と日露戦争の真実」桑原嶽 PHP新書



司馬遼太郎の「坂の上の雲」に描かれる
愚将乃木大将はうそだった、という内容です。

かつての東映映画「二百三高地」の仲代達矢扮する乃木大将は
それなりに違和感なく感動的でしたが

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の柄本明扮する乃木大将は
いい人だけどダメダメで「戦下手」として描かれています。
(反日NHKの悪意が滲み出ています)


「乃木~と日露戦争の真実」では戦争経験者である著者 桑原氏が
専門家的見地から
「坂の上の雲」の記述を一つ一つ論駁するという内容で
筋が通って論理的、説得力満点で乃木大将愚将論を糾します。

そもそも、昭和天皇の教育係を学習院院長として勤めた乃木大将を
根拠もなくおとしめるなんて反日以外の何者でもありません。


乃木大将愚将論はうそだった......

愛国を標榜する当ブログとしても是非取り扱いたいお話です。


とは言え
これは大テーマです。
お手軽な小ネタとは言えません。

持続力がない私にはちょっと無理かも.....。




では



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
プロフィール

こんにちは、バッタと申します。
祖国を愛し、東京神田神保町が心のふるさという日本男児です。
現在、自虐史観脱却のため歴史の勉強中。
そんな気持ちを込めてイラスト混じりのブログをアップしていきます。

関係ないのですが、スカルプマッサージが大好きです。