ミリ子に敬礼!

愛国女子が自虐史観を粉砕するイラストエッセイ。 時事問題、歴史、ミリタリー、映画、関連書籍等々について 私の思いを書き連ねたい、と思います。

戦争映画賛美 昭和の戦争映画



バッタ(私)はよく戦争映画を観ます。
子供のころからです。

レンタルビデオなんてない時代....
当時は専らテレビで映画を観たものです。
映画番組もいっぱいありまして
月曜ロードショー
水曜ロードショー
ゴールデン洋画劇場
日曜洋画劇場など

殆ど毎晩でした。(どれもみな夜9時放映)


子供だった私はこれらの番組で
邦画、洋画合わせて
数多くの戦争映画に出会いました。

例えば

[洋画]

史上最大の作戦
大脱走
空軍大戦略
戦争のはらわた
ナバロンの要塞
Uボート
鷲は舞い降りた
ミッドウェー
パットン戦車軍団
ファイルカウントダウン

[邦画]
日本のいちばん長い日
太平洋奇跡の作戦 キスカ
連合艦隊司令長官 山本五十六
太平洋の嵐
太平洋の翼
二百三高地
連合艦隊
大日本帝国
戦国自衛隊
戦場のメリークリスマス
動乱


       などなど


みんな
昭和の戦争映画です。


今のようなVFXやら、CGみたいな特撮技術が
発達してない時代ですので
模型の戦闘機、軍艦を用いたり
実物大でも
形の似ても似つかない戦車を代用したり.....
本物があれば実物の戦車や飛行機が登場するのですが
なかなか、そうはいきません。

戦場のリアリティ、迫力を追究すると
やたらと制作費が高くなってしまうのが戦争映画でした。

従いまして
制作費何億円というだけで
映画の宣伝文句になったものです。

そうは言っても
そんなに簡単にお金が集まるわけもなく

巨額の制作費を注ぎ込んだ戦争映画超大作など
数えるほどしかないのです。



私が思うに
戦争映画超大作といえば
2つくらいしか思い浮かびません。
(第二次世界大戦限定ですけど)

当然、日本の映画などお金がありませんから
洋画です。

1つ目は
マーケットガーデン作戦を題材にした
「遠すぎた橋」(1977年公開の英米合作)
制作費2700万米ドル
当時1ドル=270円 単純計算で72億円!


そしてもう一1つは
真珠湾攻撃を題材にした
「トラトラトラ」(1970年公開の日米合作)
制作費2500万米ドル
当時1ドル=360円 単純計算で90億円!!!

参考までに
   スターウォーズ  (1977年公開米国)
            1100万米ドル

   影武者      (1980年公開日本)
                                 600万米ドル

    SF映画、世界のクロサワと比較しても
    戦争映画超大作はケタ違いの制作費です。


二つともお金をかけてますので、迫力満点です。
でも、見どころは戦闘シーンだけではありません。

よくよく観てみると
意外な面が見えてきたりして......




次回、これら(昭和の)超大作戦争映画について
お話したいと思います。(予定です)

愛国女子の感想も。

戦争映画 昭和P2 IMG_20180414_0002ミリ子




[追記]

平成生まれの方は
昭和の戦争映画を知らないかも知れません。

私としては平成のCGバリバリの戦争映画より
あの頃の戦争映画の方が好きなのですが。

ちなみに「うっそー」「やっだ~」というのも
昭和なのですよね。

「ぶりっ子」と言うのですけど.....

えッ、聞いたことない!?


失礼しました。













にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

だって、愛国ですもの

以前は愛国を口にすると
「右翼」
とか
「軍国主義者」
とか
もう、ほとんど人で無しみたいな扱いを受けたものでした。

戦後教育、自虐史観の賜物です。

しかし、最近になって
ようやく日本人も
この洗脳が解けてきました。

特にここ一年の「モリカケ」連呼報道で
マスコミの偽善、不誠実、独善性が明るみになり
テレビの地上波に愛想を尽かした多くの日本人が
大挙してネットの保守系番組に流れ込んだようです。
(例えば、チャンネル桜、虎ノ門ニュース、カズヤチャンネルなど、私の周辺でも話題になるようになりました)


日本人の意識も確実に変化しつつありますね。


そもそも
海外で過ごした経験がおありの方なら
ご存知かと思いますが

世界では
愛国心を持つことがごく普通のことなのです。

ミリ子さんも
こうおっしゃっています。

ニコニコ AP5 img486

「愛国当たり前」なのです。

・日本人に生まれてよかった
・祝日の日に街で日の丸を見るとうれしい
・一度でいいから皇居の一般参賀で「天皇陛下万歳」をしてみたい
・世界一長く続いている歴史ある国、日本を誇らしく思う
・国を護るために戦うのは当然だと思う

日本人なら
そもそも当たり前なことで
ようやく
当たり前が人前で言える世の中になったのです。


しかし、まだまだ、安心出来ません。

「従軍慰安婦」
やら
「南京大虐殺」
やら
歴史のねつ造で私たちの先人の名誉を傷つける反日行為は
海外で今なお継続中です。

私たちの祖国を護った先人がおとしめられることは
何としてでも阻止しなければなりません。




非力な私は
こんなブログでささやかな抵抗をするしか出来ませんが
せめて愛国女子に精一杯の活躍をさせたいと思うのです。


このブログで
例え1枚のイラストでも
紙芝居でも
出来そこないのマンガでも
愛国女子が
女をかけて、命をかけて
戦う姿を表現したい....と私は思うのです。




でも、ちょっと自問自答してしまいます。

愛国女子と銘打って
女の身空で
何故、祖国のために戦わなきゃならないのか....
何か利益になることがあるのか.....
女性としての幸福はもっと他にあるんじゃないか......



P4 img741

 

彼女なら
きっとこう答えてくれるでしょう。


「だって、愛国ですもの.... 」

女にも愛国心はあるのですっ!!











  にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

はじめまして! それとも お久しぶり。

皆さん、こんにちは。
fc2ブログから引越して参りました
ミリ子に敬礼!です。

バッタことブログ主の私が
歴史、ミリタリー、映画、書籍等について
世間の皆様に思いの丈を書き連ねるブログです。

GSP1 img938プラットホームR



そして、当ブログのタイトルにもなっております
愛国女子のミリ子です。

(私のような中年男のブログに少しでも潤いを.....
ということで女性キャラ登場です)

P2 img937R1ミリ子 顔アップ







しばらく、お暇を頂いておりましたが
長い旅も終わりまして

GSP4 img939電車到着

装いも新たに
帰って参りました。



お国のため、先人のために......

再び、一肌脱ぐ覚悟です!!




どうぞ宜しくお願いします。


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール
アーカイブ
  • ライブドアブログ