P1 1IMG_20180318_0008ミリ子臨む




VFXやら、CGのような特撮技術が開発されたおかげで
昭和の戦争映画では不可能だった迫力ある戦場シーンが
いとも簡単に創られるようになりました。

その意味で
昭和の戦争映画は
どうしてもオモチャに見えてしまいます。



しかし、この映画は違います。
CGもVFXも開発されてない時代に
巨額の費用を投じて制作された超大作なのですっ!!



「トラトラトラ」(20世紀フォックス映画 1970年公開)


何と制作費が、当時の日本円で90億円だったといわれております。

しかし、凄いのは制作費だけではありません。

とにかく、ド迫力なのです。

もうこんな戦争映画は二度と作られることはないでしょう。



P2 img987トラトラトラ ポスター



何が迫力満点だったのか、といいますと.....


P3 img976 ミリ子長門


実物大をじゃんじゃん作っちゃったことです。

なんと長門を作ってしまうのです......
私が初めてこの映画を観たときには
どーせ、何かのトリックだろうと思ったのですが
本当に実物大のセットだったのです。



GSP7 img989ミリ子長門

ド迫力のなのは艦船だけではありません。

なんと日本の軍用機まで....

しかも1機じゃありません。
大編隊です!!

レプリカとはいえ、実機ですっ!!しかも、大編隊。

オアフ島を北から侵入して
砂糖きび畑の上空を通過する際
大編隊の影が地表に映るシーンは
余りにも印象的です。


P5 IMG_20180318_0006ブロロロ



そして大挙して真珠湾を空襲するシーンは圧巻!!

これを公開当時
劇場で観たときの人々の驚きは
どうだったのでしょうか?

日本人としてはひたすら感涙モノですっ!!





次回につづく






にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村