2016年05月20日

今年の収穫量は??



最近は、やき鳥の串打ちよりもトマトの栽培にハマっている店長です。

自然はいいぞ〜…何も考えずにただひたすら成長していく。

人間もその様であれば、まだ素直で良かったのに…。


jindaiko at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 店長日記 

2015年11月19日

手を抜け!気を抜くな!

時々怠けてもよし。
息子が勇敢にも1人で歩いている…。
手を抜け、気を抜くな、時々怠けてもよし。

頑張りすぎるとメリハリのない人生になっちゃうからね。

サボった自分を戒めるのが1番頑張れるもんだ。人間は。


jindaiko at 03:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 店長日記 

2015年06月22日

夏の準備


夏といえば虫取りですよね。
男の浪漫ですよ。

僕は小さな頃にカマキリを捕まえようとして鎌で「ワッシャぁ〜」ってやられてからカマキリだけはどうも掴めない…

…首根っこ持ったら「ワッシャぁ〜」されないから大丈夫って親父が言うもんだからその通りにしたらやっぱり案の定「ワッシャぁ〜」って…


jindaiko at 05:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 店長日記 

2015年06月17日

『つりほりいこうよ』

暗号棒ってのがピタゴラスイッチであるらしく、なぜか息子は僕との暗号に『つりぼりいこうよ』と暗号文を打ってる。 

…釣り堀か…結構ハードル高いけれど、息子がそれを望む以上、叶えてやらねばと思うのが親心…。

どっか近場でいい釣り堀を知っている方は情報求む。

どうせだから海釣りで持って帰って晩御飯まで楽しめるところがいいなぁ。(贅沢)


jindaiko at 02:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 店長日記 

2015年04月19日

5th anniversary。


息子が5歳になった。

大人の時間は「惰性」ですぎちゃうけど、子供の「今」はホントに重要な時間。

三つ子の魂百まで。ホントに多感で、人格形成をまさに「今」してると思えば、どんなこともいい加減にはできないのかもしれない。

息子が5歳になる間に、僕は5つ歳をとった。目も悪くなったような気がするし、頭も薄くなってきたねとお客さんに言われることもある。

まだまだ負けられない。

尊敬する強い父で有ることが息子の1番の教育指針であると僕は信じてる。


jindaiko at 02:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月12日

3.11

東日本大震災。テレビで観た衝撃的な映像は決して忘れちゃダメなんだな…

ひっそり迎えた両親の結婚記念日も実は3.11。

なんでもお通夜みたいに悲しんじゃうことを犠牲者の人たちは望んじゃいないだろう…多分。

喜び、悲しみ皆で分かちあってこその人間らしさじゃないか。

父さん。母さん。結婚36周年おめでとう。

そして犠牲者の方々、どうか安らかに。2015-03-12-01-00-10


jindaiko at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月14日

バレンタインデー♪

2015-02-13-01-31-03
お客さんに本命チョコもらいました♪本命なのでもちろん手作りですよ!

今年も安定のモテモテ度やね♪

バレンタインデーが過ぎてもあなたからのチョコレートは一年中受け付けてますので心配しないで下さいね♪

jindaiko at 02:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 店長日記 

2014年12月30日

年末の恒例は

2014-12-24-21-12-40

2014-12-24-22-38-34

2014-12-28-02-07-58

年末はありがたいことにお客さん達が「今年もありがとう」の挨拶に来てくれることが多い。

普通に挨拶だけで十分なのにわざわざ手土産なんか持って来てくれて…

いいお客様達に大切にされて、1年を終えることができることを感謝して、今年最後の営業の準備をはじめたいと思います。

それでは皆様良いお年を。

(※…あ…今日まで営業してるからね)

jindaiko at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 店長日記 

2014年12月20日

頑張るモチベーション。

2013-06-27-17-50-44

先日付で嫁さんが15年勤めた会社を退職した。
散々悪態ついて「やめてやるぜ!」なんて言いながら、結局最後は同僚たちから温かい言葉をもらいまくった挙句、涙まで流して帰ってきた始末。

なんと情けないやつだ…とは微塵も思わないけれど、人の…というか「他人の」温かさにふれて、涙を流すことはそうそうないことだろうと思う。

こういう気持ちは、そういう関係の「同僚たち」を持たない僕のヤキモチでもある…。

うちの嫁さんに人間の温かみを教えてくれた社会に感謝。会社では「爆弾娘」だったそうですが、これからも友人として仲良くしてあげてください。

jindaiko at 03:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 店長日記 

2014年11月01日

1番好きなこと。

2014-09-23-15-38-23

夜中にネットでニュースとか見てたらたまに長男が起きてくることがある。

「どうしたの?」って聞いたら「別に何も。」みたいな感じで寝室に1人で戻ってくんだけど、僕は親バカだから

「もしかして俺のことを心配して起きてきたのか??」

とか思っちゃう。いいじゃないの親バカで( ´Д`)y━・~~

jindaiko at 04:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)