じん君への独り言

24年5月1日 リンパ腫で旅立ってしまった 大好きだったじんへの 思いを語っています。

亡くなった子達が結んでくれたご縁。

昨日 mooさんにお会いする為 デザインフェスタへ行って来ました。
mooさんさんのブースには
猫の巾着や 猫ストラップ 猫の張子など
猫好きにはたまらないものばかり。
そしてご本人はというと
はじめてお会いするのですが、 優しさに満ち溢れていて
素敵な方でした。(思っていた通り いえそれ以上)
mooさんも 2月にサクラちゃんという子を亡くされています。

私が勝手に行ったのに じんの巾着(じんの名前入り)
など お土産までもらって帰ってきました。

P1000369




















残念だったのは にゃんこの母ちゃん
お会いできなかった事。
私の連絡ミスで 同じ時間に会場に居ながら
お会いできませんでした。
にゃんこの母ちゃんも
6月に にゃん子ちゃんを亡くされています。


じんが亡くなってペットロスぎみだった私。
この場所で いろんな方に励まされてきました。

友達にじんの事を話しても 今一つ
解ってもらえない・・・
でもここには 同じ悲しみと 同じ思いを持つ人達が
居てくれる。
ももニャさんや ハニハニさんにも
本当にお世話になっています。

なんか亡くなった子達が みんなで
私達を見守ってくれているようです。

サクラちゃん にゃん子ちゃん ももニャちゃん てん君
そして いつもポチしてくださっている方の猫さんたち。
みんな みんな ありがとう。



半年が過ぎて・・・

じんが亡くなって 半年が過ぎました。
まだまだ お布団の中で じんを無意識に探したりしています。
じんは いつも私のお腹のところで 丸くなって寝ていました。
寝返りがうてなくて いつもなんとなく寝不足ぎみだったあの頃・・・

半年が過ぎたと言っても まだ半年。
なのに 今私は3匹の猫に関わっています。

名前はまだありません。
慣れている子。
少し慣れている子。
慣れてない子。

そんな風に 呼んでいます。
でも 毎日 ご飯をあげて
寒くないように 段ボールに フリースを敷いてあげたり・・・

関わった以上は責任を持っていくつもりです。
父さんも説得中。

でも 今日試しに ちょっと家に入れました。
じんが使っていた 猫ハウスに入った途端
私は 悲しくなってしまって・・・

もしも仏壇を荒らされたらと思うと、
平常心でいられるかどうか。
いろんな思いが押し寄せてきます。

猫型に空いてしまった心は 猫でしか埋められない。
私もいつかは また猫に関わるんだろうかと
漠然と思っていた。
でも まだ半年なのに・・・

じんに申し訳ない思いでいっぱいです。

でも 3匹には関係の無い事。
精一杯生きようとしている彼らを見捨てる事はできません。

父さんの気持ちと 私の少しのわだかまり。
まだまだ 前途多難ですけど、
家族化計画 実行中です。P1000293

じんjuniorとメジャー。

狭い家なのに どこを探しても じんを見つけられないことがあった。
「じ~ん じ~ん」といくら呼んでも 出てこない。

そんな時 大活躍するのが メジャー。
ヒモを引っ張り出す音に じんはどこに居ても
ダッシュでやってきた。

メジャー。
卵パックのひもと 同じくらい大好きだった物。
あのヒモを 体操のリボン競技のように ひらひらさせると
もう 夢中になって ジャ~~ンプ!

床でゆらゆらさせると 獲物を狙う
低い姿勢で おしりをくねくね・・・

病気になって 見事なジャンプはできなくなっても
引っ張りだす音は 遊びたいっていう思いに
スイッチが入って 気持ち的には 元気を
引き出していたはず。

大好きなものだったので 持たせてあげたかったのに
霊園の方に 「これは ダメです」って
返されてしまった。

今は mooさんhttp://yaplog.jp/pingpongpeco/に作っていただいた
じんjuniorに音を聞かせてあげている。

引っ張りだした時 じんjuniorの目が 
輝いたように見えるのは 気のせいかな?

121028_0633~01

最新コメント
参加してます。
プロフィール

jindanyan1638

最新コメント
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ