October 05, 2005

第660回 アニメ ぺとぺとさん第8話「サマーキャンプ」

今回はシンゴがぺと子の事を前より大切に想い始める回でした。

〜あらすじ〜
東京でコンパニオンの仕事をしているぺと子達の帰りを待つシンゴ。なかなか帰ってくる様子もなく、シンゴはキャンプの準備も手に付かないまま、ぺと子達を乗せた車の帰りをひたすら待ち詫びていた。
ぺと子が戻って来ない為、浮かない顔でフォークダンスの輪に加わろうとするシンゴの目に車のヘッドライトが飛び込む。
みんなの注目を集める中、かわいく「にょみ☆」とポーズを決め、コンパニオン一同が帰って来たのだった。


コンパニオンのカッコのまま車に乗ってるのか…。
着替えればいいのに…。

ぺと子のお母さんだけ胸の部分が開かせてるのはかなり製作者GJだけどエロ過ぎる希ガス…。

確かにシンゴはいい役回りが来過ぎてるな…。
痛い目もあまり逢わないし…。
と思ったら、くぐるのジャイアントスイング…。

まさかの加藤とのぺとり…。ぺと子もシンゴも何か寂しそうだな…。
くぐるのジャイアントスイングと加藤がいなければよかったのに…。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔