February 18, 2009

第9041回 ノベル 空の境界 下

今回はこれで終わり…?な作品でした。

〜あらすじ〜
2年間の昏睡の後遺症として記憶を失い、この世のあらゆるモノの死を視ることのできる“直死の魔眼”を手に入れた少女・両儀式を襲う数々の怪異。
死そのものを体現化した太極の結界。
永遠を求める魔術師。
そして再来する殺人鬼―。
式を苛む“殺人衝動”の赴く先に、真実を告げる記憶の境界が開かれる―!?

最初は期待して読み始めた空の境界だったんですが、最終的にはアレ?って感じの終わり方でした。
先にFateをやってたからかこの終わり方だと何だか終わった感じがしない…。
やっぱ初期に書いた作品だからか…。


空の境界 下 (講談社ノベルス)空の境界 下 (講談社ノベルス)
著者:奈須 きのこ
販売元:講談社
発売日:2004-06-08
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


jinja_aniwota at 23:26│Comments(0)TrackBack(0)clip!ノベル 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔