ハチミツとクローバーシリーズ

December 19, 2006

第4333回 雑記 シーンと台詞がちぐはぐしてしまっているのが残念です

ハチクロにこんな改変を加えた動画があったので紹介。

SWFBLOG 2ちゃんねる版アフレコ「ハチミツとクローバー」(情報元:SWFBLOG)

>2ちゃんねる用語に変換した「ハチミツとクローバー」のアフレコ映像です。柔らかな雰囲気で描かれたキャラクター達の口から「キボンヌ」や「ブーン」が飛び出すギャップに驚かされます。ただ、通常の台詞よりも略されてしまうせいもあるのでしょうか、シーンと台詞がちぐはぐしてしまっているのが残念です。


予想通りきめぇ出来に…。


ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)


jinja_aniwota at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 06, 2006

第3639回 雑記 原作とリンクしたアニメへも世界を広げ、男女問わず幅広く支持された「ハチクロ」を振り返った

ハチクロの特集記事が上がってたので紹介。

特集:ハチミツとクローバー 切ない恋心描く“正統派”青春群像 (まんたんウェブ)(情報元:メガとんトラック - 個人ニュースサイトURL収拾車 -)

>美大に集う若者たちの恋愛や友情を描いたマンガ「ハチミツとクローバー」(羽海野チカ、集英社)が9月発売の10巻で完結した。登場人物全員が片思いという恋愛模様と、大人へと成長していく若者たちを描いた青春群像の傑作は、ちょっぴり切ない結末を迎えた。原作とリンクしたアニメへも世界を広げ、男女問わず幅広く支持された「ハチクロ」を振り返った。【渡辺圭】

ハチクロって連載の影にこんな事があったんだな…。


ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)


jinja_aniwota at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 20, 2006

第3099回 雑記 スプリット

ハチクロについてのこんな事を語っている所があったので紹介。

夢見る乙女たちの夢が醒めないように - 『ハチミツとクローバー』はオタク/非オタクの溝を埋めたのか?(情報元:メガとんトラック - 個人ニュースサイトURL収拾車 -)

>『ハチミツとクローバー』がアニメ化して嬉しかったのは、
ふだんアニメを観ない子たちとも話ができる、って思ったから。
そういう共有のツールとして、わたしは『ハチクロ』を歓迎した。*1

 そして、オタク圏/非・オタク圏をつなぐツールとしての『ハチクロ』は大健闘だった。
ふだんは(たしなみとして)オタクであることを表に出さない場所、
たとえばAfternoon TeaやNOJESSではすてきなコラボ商品が発売され、*2
逆に、主要男性声優のお洒落風なグラビアが雑誌に載って、
「あら、あんがい中の人もすてきね」なんて女の子に褒められたり。

 でも、はっきりいってわたしは『ハチクロ』のいい読者じゃなかった。
初期の、ハイテンション・ギャク青春群像劇+乙女文化フレーバーは懐かしく楽しんだけど、
物語が「竹本・山田中心」=恋愛方向に傾くにつれ、どんどん気持ちは醒めていき、
唯一はぐらかし役の森田さんが、山田さんにマトモなことを言い始めた時点で「終わった」と思った。


 だけど、コミック最終巻(ハチミツとクローバー 10 (10))でちょっと考えを改めさせられた。
それは、これまで”全員片思い”=恋愛至上主義を貫いてきたハチクロが、
ここにきて「恋愛」より「創作」を選ぶ、というはぐの生き方もまた「あり」としたから。

 これは、例の腐女子本や、その他オタクをめぐる諸言説が、
「モテ」至上主義=非オタの価値観への、アンチテーゼであろうとしながら、
結局は、その枠に絡み取られてしまいがちなのとは対照的。
そういう意味でも、ハチクロはオタク/非オタク関係ない、共有の場になったんじゃないかな。

* * *

 アニメに関しては「幸せなアニメ化」で満場一致だと思う。
基本的には原作に忠実で、第2期には1期のはぐボロ泣きのようなとくべつな演出はなかったけど、
声優さんの魅力、特に花本先生は藤原啓治氏の演技に救われた部分が大きかった。*3

 もうひとつ、「ああ、若いモンが青春してるなー」的に距離をとることができなかったのは、挿入歌のせい。
だって、ちょうど彼らと同じ年頃に聴いてた曲が、出し抜けにかかるんだもん、
「おまえにもこういう頃があっただろ?」って詰問されてるようで、良くも悪くも逃げ場がなかった。

 いっぽうで、EDのスネオヘアー「スプリット」は素直に良かった。
スピッツやスガシカオが「ノスタルジー」とともにあったのに対し、こちらはわたしの耳にもまだまだ現役。
うねるベースラインにあわせてくるくる回るクローバーがパタッと落ちるたび、心臓が止まるかと思った!

スプリット、最初はそんなでもなかったけど中盤位からかなり印象が良くなってきた。
借りてこようかなぁ…。
でも、やっぱ俺はこれが一番だな…。
http://www.youtube.com/watch?v=VjK8rr5wuEg


ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)


jinja_aniwota at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 15, 2006

第3025回 アニメ ハチミツとクローバーChapter,12「……時が過ぎて、何もかもが思い出になる日はきっと来る」(最終回)

今回はハチミツと、クローバーな回でした。

〜あらすじ〜
修司のはぐみに対する突然の告白に衝撃を受ける山田。
スペインでの仕事を終え、帰国した真山と理花は修司の下に駆けつける。
兄の行方を心配しつつも自分の進む道を決意する森田。
それぞれがそれぞれに新たな道を見つけようと模索していた。
そんな彼らに春という季節が巡ってきた頃、住み慣れた部屋をひきはらい旅立つ準備を整えた竹本は、東京での最後の晩、はぐみと二人きりになる…。


<OP前>

前回見てないんですが、明らかに竹本の声が…。
DVD収録時はちゃんと戻るんだろうか…?


<Aパート>

花本先生も、遂に想いのたけを白状しちゃったんだな…。

真山も聞いたのかwwwwwwwwwwwwwww

理花さんって、花本先生にはひかれてないのかと思ったのに…。
にしても、前回何があったんだ…?
休職してはぐに付き添っていたのが知られたのかな…?

森田さん一家は乗っ取られて絶望したのに、あの社長は乗っ取られた事で繋がりを手にしたんだな…。


<Bパート>

森田さんはピーターのスタジオに行くのか…。
って、自由なスタジオだなwwwwwwwwwww
ライトセーバーってwwwwwwwwwwwwww

最初は違和感あったけど、こういう竹本もアリだな…。

竹本は遂に寮を出ていくのか…。

この終わり方って、かなりすっきりした終わり方だよな…。
ハチクロ全体をまとめるにしたら、3クールがベストだったんだな…。


jinja_aniwota at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 12, 2006

第2994回 雑記 インスパイア!

ハチクロ最終巻が出るのにインスパイアされてこんな事をデイリーポータルZさんがやってたので紹介。

@nifty:デイリーポータルZ:ハチミツとクローバーと○○(情報元:メガとんトラック - 個人ニュースサイトURL収拾車 -)

>この夏、映画化もされついに最終巻も発売された、女性を中心にただいま超大人気の作品「ハチミツとクローバー」。
僕も大好きです。

片思いに揺れる美大生5人の青春グラフティとしておなじみのこの作品ですが、この「ハチミツとクローバー」というユニークなタイトルは、実は作者の羽海野先生がスピッツのCD「ハチミツ」とスガシカオのCD「クローバー」をよく聴いていて、それらのCDから非常にインスパイアされたがためにこのような「ハチミツとクローバー」というタイトルになったという話なのでございます。

あらやだ

そうだったんですね。


では今回は僕もいろいろインスパイアされてみたいと思います。

(text by ヨシダプロ)

いつもだけど、好き放題やってるなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ハチミツとクローバー (9)


jinja_aniwota at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 03, 2006

第2886回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.10「……どこ、行っちゃってるのよ、バカ……」

今回は森田の告白…な回でした。

〜あらすじ〜
利き腕の自由を奪われたはぐみは、また創作活動に戻れるようにと苦しいリハビリを続ける。
はぐみを元気付けようとお見舞いに通う山田だが、事故のことを知らないまま姿を消した森田の行方が気になる。
山田は、スペインにいる真山を頼って森田の行方を捜すことに…。
竹本は、はぐみに対して何も出来ない無力さに苛まれる。
修司は、相変わらずはぐみの側にいて静かに見守りつづける。
ようやくはぐみの事故のことを知った森田が、突然姿を現すのだが…。
その直後、はぐみは病院からいなくなってしまう。


<Aパート>

今回ははぐが入院してる病院からか…。

リハビリって、かなりの痛みを伴うんだな…。
はぐは凄いな…。

そういえば、山田さんって料理オンチなんだよな…。
って、山田さん達は料理オンチなだけじゃなくて味オンチでもあるのかwwwwwwwwwwwwwww

真山さんはまだあいつの相手してたのかwwwwwwwwwwwwwwwww
真山はまだはぐの事を知らなかったんだ…。

にしても、森田さんの影響力凄いな…。


<Bパート>

いくら頑張っていても、ああゆう諦めの声で今までの事が辛く感じるんだよな…。

描く事が生きがいみたいなものだったはぐには、絵が描けなくなるかも知れない事が怖いんだな…。

森田さんがはぐに告白したのって、これが初めてなんだよな…。
やっぱり、あの事が尾を引いてるのかな…?

もしかしたら花本先生は、あの失恋から恋する事に臆病になってるのかな…?


jinja_aniwota at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 27, 2006

第2805回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.9「……ああ、神様……どうか、彼女を……」

今回は自分ははぐちゃんの重荷になってしまうんじゃないか…な回でした。

〜あらすじ〜
森田兄弟は長年の計画をついに発動し、成功するもその後兄の馨は姿を消してしまう。
事故に巻き込まれたはぐみは、右腕に怪我を負いしばらく病院に入院しなければならない。
痛みをこらえながら自らの状況を認識しようと耐える辛そうなはぐみを目の当たりにして、心を痛める竹本と山田。
そして、ただただ彼女を見守る修司……。
落ち込んだ山田に対して野宮は彼女が今できることをアドバイスすると、山田は何やら思いついたように行動に移す…。"


<Aパート>

森田さんの兄貴は失踪しちゃったのか…。
まぁ、父親を裏切る様な事したからなぁ…。

はぐは強いな…。
もしかしたら、絵が描けなくなる事が不安だったのかな…?

野宮さん優しいな…。
道を見失ってる山田さんにそんな的確なアドバイスしてあげるなんて…。

山崎が間接的にフラれたwwwwwwwwwwww


<Bパート>

はぐはもしかしたら触覚を失ってしまったのか…?
だからあんなにショックを…。

花本先生は必死にはぐの為に頑張ってるんだな…。
竹本はどうするんだろう…。


jinja_aniwota at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 23, 2006

第2737回 雑記 なりきり大会になってんじゃねえかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

VIPでハチクロみたいな恋愛がしたい香具師がスレを立てていたので紹介。

なんたらかんたら: ハチミツとクローバーみたいな恋愛がしたい!!(情報元:( ゚∀゚)彡ジョルジュあんてな)

>1 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:28:47.26 ID: EK9eYFXb0
俺真山ね

4 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:29:35.25 ID: nEA0cwBJ0
じゃあ俺
はぐちゃん!

3 :午前の紅茶 ◆TTTTTT.Am. :2006/08/21(月) 22:29:32.07 ID: /320y8Lx0
じゃぁ俺山田さんな

11 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:31:01.55 ID: EK9eYFXb0
>>3
もう俺を見んのはやめろ

14 :午前の紅茶 ◆TTTTTT.Am. :2006/08/21(月) 22:32:46.39 ID: /320y8Lx0
>>11
どうしてよ・・・。どうしてそんなこというのよ・・・

24 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:36:21.73 ID: EK9eYFXb0
>>14
あのさ…なんで俺なんだ?
おまえがいくら俺に腹を立てても俺は多分変わらないよ
おまえが他の男捜した方が全然早い

10 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:31:00.04 ID: I9b03HEAO
俺がスネオやるよ!

13 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:31:54.16 ID: bor0TYmi0
ローママイヤ先輩でいいや

26 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:36:53.30 ID: EK9eYFXb0
人が恋に落ちる瞬間って見たことある?

29 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:39:44.84 ID: Z7Q6K9WJO
>>26
ダチが俺のを見たことあるらしい
どんなんだったんだろ?

今付き合ってる彼女がその人です

32 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:41:58.17 ID: EK9eYFXb0
俺のリアル大学生活はいつも一番前で一人で授業うけて終わったら速攻アパート帰って2chってのを四年間繰り返したのであんな大学生活が羨ましくて羨ましくてたまらないのです
もちろん過去問なんて回ってくるはずもなく毎回必死でテスト勉強してたんです

33 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:42:38.61 ID: ZVIsxPwj0
今北、オレ長谷川の妹な

35 :VIPがお送りします :2006/08/21(月) 22:49:35.83 ID: HWtWBuo10
俺は美和子さんやるわ

アッ―!


ハチミツとクローバー (9)


jinja_aniwota at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 19, 2006

第2678回 アニメ ハチミツとクローバーChapter,8「……僕は、なにも知らなかった。 」

今回は不意の事故…な回でした。

〜あらすじ〜
理花を手伝うためにスペインに向かった真山は、理想と現実のギャップをかみしめながらも異国の地で何とかやっていた。
忍と馨は、長年かけて準備してきた計画を実行しようとアメリカ、シカゴにいた。
日本では浜美祭の初日を向かえたとても風の強い日に、竹本にも山田にも修司にも誰もが思いも付かないような大変な事故にはぐみが巻き込まれてしまう…。


<Aパート>

この時の竹本は、まさか後であんな事になるなんて解らないよな…。

竹本はあの旅で将来の目標も見つけてたのか…。

大人になれば、住む所が変わったりして今までみたいに会えないんだよな…。
でも、それが大人になる事のデメリットでもあるしなぁ…。

アクシデントのシーンなのに、音楽で自然とリズム取っちゃうな…。

ガラスシャワーとかグロいな…。

真山wwwwwwwww
さっそくカルロスに対抗してるなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
って、カルロスは小山さんなんだwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
かっこいいwwwwwwwwwwwwwwwwww

真山はスペイン行ってキャラ変わったんじゃないwwwwwwwwwwwwwwwww?

凄い出血…。
とんでもない事になってたんだな…。


<Bパート>

森田兄弟は遂にあの会社へ乗り込んだか…。

って、ルーカスwwwwwwwwwwwwwwww
見事な笑顔だwwwwwwwwwwwwwwwww

森田さん達は乗っ取りに成功したけど、これでよかったのか…?
父親は恨まずに前へ進めって言ってたのに…。

頭とかが痛いのに痛みが全く無い右手って…。
まさか神経が…。
こんなのひど過ぎるよ…。


jinja_aniwota at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 11, 2006

第2556回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.7「……あのときのことが、目に焼き付いて離れない……」

今回は過去の話…な回でした。

〜あらすじ〜
森田忍の兄・馨は幼少時を思い出す。
馨は幼い頃からずっと、自分の父と弟にあって自分にはない何かに憧れ、またそれを見出そうともがき苦しんできた。
そして馨は、今更ながら父・司の親友でパートナーの根岸のおじさんの寂しそうな横顔に、同様の気持ちが介在していたことを理解する。
まだ馨と忍が幼かった頃、父の作った小さな会社は、根岸によって外資に経営権を奪われることになるのだが、根岸にもそうせざろうえない理由があったことを…。


<Aパート>

今回は森田さんの兄貴からか…。
あの時って一体…?

リモコンウォーカーって必要なくねwwwwwwwwwwwwwwwwwww
でも、こういう社長っていいなぁ…。

お父さんって、森田さん一筋で森田さんの兄貴はあまり構ってもらえてなかったんだな…。

才能を持ち過ぎている人が近くにいると、大変なんだな…。
おじさんの場合はもしかしたら母親の事もあったからなのかも知れないけど…。


<Bパート>

森田さんの父親も、親友を信じすぎちゃったのが悪いな…。

こういうのって、子供には解らない大人の事情なんだよな…。

まぁ、そんな事があれば資金を集めるのも解るよ…。
なんで…なんでこの頃ハチクロにこうも泣かされちゃうんだろう…。
まさか森田さんにこんな悲しい過去があったなんてなぁ…。

は、はぐーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
何その鬱展開…_| ̄|○


jinja_aniwota at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 04, 2006

第2446回 アニメ ハチミツとクローバーChapter,6「……口にしてはダメ……、私には、それを奪う権利はない…… 」

今回は森田が働く理由!?な回でした。

〜あらすじ〜
幼少時代を振り返り、亡き父を想う森田。
しっかりと未来と向き合う竹本。
頭の中であふれ出る創作意欲と葛藤するはぐみの想い。
そんなはぐみを見つめる修司。
理花を手伝いにスペインに行くことになったうれしそうな真山と複雑な心境の山田。
そんな山田を放っておけない野宮。
……それぞれの思いが回りだす。
山田は免許を取ったばかりの竹本に、みんなで海にドライブに行こうと提案するのだが……。


<Aバート>

今回は浜美祭か…。

にしても森田さんは一体…?
って、これはもしかして森田さんの過去…?
これに森田さんが働く理由が隠されてるのかな…。

はぐがギリシャの美術に興味を…。
それなら田舎にいるんじゃなく、色々な場所へ出掛けたらいいんじゃないか…?
はぐの力なら出来ると思うんだが…。

はぐにはパートナーになってくれる人がもういるような気がするんだが…。
しかも二人…。

理花さん嫌がってるwwwwwwwwwwwww
真山は乗り込むんだwwwwwwwwwwwwww

山田さん…。
愛する人の為にそんなアドバイスをするなんて、なんか健気だ…。
…でも、山田さんはそれでいいのか…?


<Bパート>

やっぱ山田さん落ち込んでるんだな…。
好きな人がどんどん遠ざかっていって…。

もしかしたら…、2人が資金を集めてるのは父親の会社があった場所を取り戻そうとしてるのか…?

それぞれ、色んな道を進んでるんだな…。

シリアスだったのに、いきなりコメディになったんだがwwwwwwwwww

海って、もしかして最終回はそれで終わるんじゃないよな…?
と思ったら、行かないの!?


jinja_aniwota at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 30, 2006

第2350回 アニメ ハチミツとクローバーChappter.5「そう、彼は……優しくしあうことを許されたのだ……」

今回は落ち込む山田さん…な回でした。

〜あらすじ〜
スペインへと旅立った理花。真山は一緒に行かなかった。
だが、二人の関係に変化があったことを察して心を痛める山田。
そんな山田を気遣って、美和子は強引に山田を健康ランドへと誘いだす。
美和子から傷心の山田の様子を聞いた野宮は、自分に連絡してこない山田になぜか腹を立ててしまう。
浜美では竹本と森田がはぐみを交えて、パンの耳をめぐって争っていた。
いつもどこからか稼いできた札束を持っているはずの森田のお金の使い道を不思議に思い、竹本は真山にそのことを訊ねるのだが…?!


<Aパート>

この時はまだ二人北海道にいたのかな…。

にしても、山田さんは理花さんのお陰で一流の職員に会ったんだ…。

もう理花さんはスペイン行っちゃったんだ…。

いい所って、健康ランドかwwwwwwwwwww
確かにリフレッシュはするけどもwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

やっぱ端から見てても、山田さんが悲しんでるの解ったんだろうな…。
ホント真山は罪作りなやつだよ…。

エェェ(´д`)ェェエ
野宮さんって、美和子さんの弟だったんだ…。
衝 撃 の 真 実

野宮さんも山田さんの事気にしてたんだな…。


<Bパート>

森田さんまた何かやったのかwwwwwwwwww
しかも蒸しパンまでwwwwwwwwwwwwww

花本先生も酷いなwwwwwwwwwwwwwww
窓から人を投げるとかwwwwwwwwwwwww

何が森田さんをそこまで突き通すんだろう…。
森田さんの兄貴が関わってるのかな…?

そういえば、竹本が免許取った理由話されてなかったな…。
将来の為だったのか…。

真山さんって大人だな…。
って、クサいセリフなの自覚してたのかwwwwwwwwwwwwwwwww

それにしても、リーダーが異様にかわいいなwwwwwwwwwwwwwww

山田さんも野宮さんに電話しようとしたんだ…。
山田さんは色々悩んでたんだな…。


jinja_aniwota at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 21, 2006

第2221回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.4「先に耐えきれなくなったのは俺だった。気付いてはいたんだ……」

今回は二人の旅行…な回でした。

〜あらすじ〜
浜美祭が近づき秋を感じ始めた頃、はぐみへの留学の誘いをやんわりと断る修司。
学園祭の準備に追われる学生たちの忙しない姿を見て、ふと学生だった頃の自分や理花や原田のことを思い出す修司だった。
一方、真山は理花とともに、上野駅で鳴り響く発車ベルに促されるように寝台列車に吸い込まれていく。
彼女のふるさと札幌へと向かう真山と理花。
そして、真山はずっとため込んできた想いを理花に告げるのだが……。


<Aパート>

前回(フジテレビの突如の時間変更で)見れなかったけど、もう浜美祭の季節か…。

ムンクって「叫び」しか取り上げられないけど、こんないい絵もあったんだ…。

って、原田wwwwwwwwwwwwwwwwww

理花さんって、そんな思いを背負ってたんだ…。
そりゃ、無意識の内に真山を避けるようになるよな…。

真山がまさかこんな行動に出るなんて…。
理花さんの憂う横顔が真山をそうさせたんだろうなぁ…。


<Bパート>

真山があんな行動に打って出たから、幸せ貯金がwwwwwwwwwwwww

当たり前だけど夜行列車って、こんな風景を見ながら寝られるんだよな…。
いつかは一度乗ってみたいなぁ…。

真山は原田の代わりになれるのかな…?

理花さんを好きになった人が真山じゃなかったら、理花さんは一人で死ねたかも知れないけど、真山だったから理花さんは死ねないだろうな…。
あんなに全力で好きな人の為に頑張る人、そんなにいないと思う…。


jinja_aniwota at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 07, 2006

第2121回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.2「……でも、そうでもしなきゃ思い知れないんなら、行くがいいさ…… 」

今回は山田の入る隙無し!?な回でした。

〜あらすじ〜
竹本ははぐみに告白した後、はぐみに距離を取られていた。
そんな中、理花さんと一緒に仕事をしていた山田はある事実を知る…


<Aパート>

今回は何なんだ…?

そういえば、しゃっくりを止める方法って色々あるよな…。
でも、これは知らなかったなぁ…。

森田、はぐをからかい過ぎwwwwwwwwwww
にしても、しゃっくり100回ってよくギャグアニメとかに使われるよな…。
ボンボン坂高校演劇部とか…。

竹本変わったなぁ…。
森田にラリアット食らわすなんてwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

森田は告白した事を後悔してないんだ…。
いつまでも言えなかった事を言えたからかな…。

皿よりパフェの方が確実にデカい様な気がする…。

真山って気遣いまくりだな…。

山田さんはあれだけパフェ食ったのに、またデカいピザ食うんだ…。
それでもあの体型でいるなんて、凄いなぁ…。

山田さんが小悪魔になったwwwwwwwwwww


<Bパート>

森田はまた仕事をするのか…?
と思ったら、なんか違うみたいだな…。

理花さんは博識なのかな…?
それとも、知識への貪欲さがあるのか…?

まずい…。
理花さんが真山と話してないって事は、まさか理花さんの中で真山が大きい存在になりつつあるんじゃ…。

理花さんもしゃっくりか…。しかもまたこぼしてるし…。
もしかしたら、理花さんは真山に恋人を追い求めてるんじゃ…。

山田さん(´;ω;)カワイソス…。
って、出前で嫌がらせしたwwwwwwwwwww
まぁ食欲満たす位じゃなきゃ、その悲しみをごまかせないだろうからな…。

山田さんは何でこんな絶妙な位置に立たされたんだろう…(´・ω・`)


jinja_aniwota at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 30, 2006

第2076回 アニメ ハチミツとクローバーchapter.1「……そして、僕たちは再び回り始める……」

今回は今までを振り返る回でした。

〜あらすじ〜
大学にほど近いアパートで、美大に入ったものの、自分の進むべき道を見つけられずに悶々としていた竹本祐太。
気の合う先輩の真山巧や森田忍と、それなりに楽しい日常をすごしていたのだが…。
そんな頃、大学で編入生の花本はぐみと出会うことで、竹本の日常は、ゆっくりと回り始める。
やがて、自転車のペダルを踏みしめながら、あてどもなく旅をすることになる竹本や仲間たちの青春恋愛模様を振り返る。


<OP前>

あれっ?
これって先生の誕生日の時のシーンじゃないか…。
なんでここから始まるんだ…?
もしかして、ハチクロをまだ見た事無い人の為にハチクロを象徴的に表すシーンを最初に持ってきたのか…?


<Aパート>

このシーン、もしかしてハチクロの最初のシーン?
こっからハチクロの説明か…。
最初の頃の竹本の髪型、今見るとやっぱ違和感あるな…。

ハチクロを見てると、甘酸っぱくて切ない気持ちになるんだよな…。

藤原啓治さんの演技、やっぱいいなぁwwwwwwwwwwwwwwwwww
演技力が上手くなきゃ、そのキャラへ純粋に笑えないよな…。

森田さんwwwwwwwwwwwwwwwwwww
自分からやっといて帰るって、それはないだろwwwwwwwwwwwwww

まさか森田さんの突然の渡米があんな感じに帰ってくるとは、あの時点では予想さえしてなかったんだよなぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


<Bパート>

真山って、基本的に山田さんの保護者でいようって言う気持ちがあるよな…。

野宮さんは厳しい言葉を敢えて投げ掛けて、2人の関係を進めようとしてたんだろうな…。

遂に竹本の自転車日本一周の旅が出たか…。
思えば、あれで竹本は少し成長したよな…。

竹本は遂に免許を取ったのか…。
本格的に就職活動を始めるのか…?


jinja_aniwota at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(15)clip!

March 28, 2006

第1248回 雑記 「ハチミツとクローバー」の続編決定!!

今日は2ちゃんでこんなものを見つけました。

【漫画】羽海野チカ「ハチクロ」のアニメ続編「ハチミツとクローバーII」製作決定(情報元:2ちゃんねる 萌えニュース+さん)

ハチミツとクローバーはかなり良作だったからなあ…。
にしても、話はどうなるんだ?

jinja_aniwota at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

November 02, 2005

第742回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.23「……そして、僕はもう一度走り

今回は再び竹本が自転車で出発する回でした。

〜あらすじ〜
竹本は自転車修理費を稼ぐ為に修復士達の下で働き始めたものの、いきなりの修復作業に全く役立たなかった。しかし、逆に食事の準備等は完璧にこなし周囲を驚かす。
竹本自身もみんなに喜んで貰える現状に満足しだすのだが、修復士の中にはそんな竹本を快く思わない者もいて…。


竹本って一人で生きていく力があるよな…。ちゃんと自炊が出来るだけでも上出来なもんだよ…。

まさか山田さんと理花さんが一緒に仕事する事になるとは…。

森田もたまにはいい事言うな…。でも、アドバイスしてる森田も実は似た様な事で悩んでるんだよな…。

修復士の人達優しいな…。
たった10日前後生活を供にしただけなのに…。

竹本はいい人に恵まれたな…。



jinja_aniwota at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 22, 2005

第708回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.22「……トンネルを抜けると、とても

今回は山田さんと理花さんが出会う回でした。

〜あらすじ〜
竹本が目的の無いまま自転車で走りだしてから、一週間が過ぎようとしていた…。依然自分は見つからないものの、100円ショップでアイテムを補給したり民家から水を分けてもらったりしながら、ひたすら北へと進み続けていた。
その後、松島で竹本はふとした事から寺や神社の修復士の一団に出会い、自転車の修復費を稼ごうと下働きを始める事になるのだが…。
その頃、東京では周囲の期待に答えられないはぐみが自分の将来の事で心を痛めていたのだった…。


もう竹本は家出したのか…。こういう竹本の話を見ると、もし自分が野宿する時に役立つなぁ…。

いくら自分が大学出だからって、はぐにははぐの生き方があるんだから押しつけるなよ…。

竹本はいい人達にめぐり会えたなぁ…。かなり自分の為になりそうな職だし…。

花本先生は、はぐみが竹本がいなくて寂しんでいるのを見て昔の自分を思い出したのかなぁ…。



jinja_aniwota at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 08, 2005

第670回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.20「それをケアすんのがアンタの役目だ

今回ははぐが自分の作品に苦悩する回でした。

〜あらすじ〜
一年留年をしたものの、未だに進路が見えてこない竹本。卒業後も絵を描き続けると言うはぐみの言葉を聞き、竹本は自分の腑甲斐なさに落胆するのだった。
一方はぐみは森田に、賞に合わせて作品を描いていることを指摘される。森田は、はぐみにもっと大きなスケールで創作活動をさせるべきだと花本に強く訴えるのだが…。


山田さんは尋常じゃない量の酒を飲んだんだな…。
酒の臭いがオーラみたいになってる…。

真山は今まで観覧車を見ているだけだった野宮が、山田さんと一緒に初めて乗った事で野宮になら山田さんを任せられると思ったのかな…。でも山田さんの中では、野宮はクッション役でしかなんだよな…。

はぐも小さいナリして将来の事ちゃんと考えてるんだな…。でも、はぐの選んだ道は厳しく辛い道なんだよなぁ…。



jinja_aniwota at 05:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 02, 2005

第651回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.19「こうやっていつも、真山は私を

今回は山田さんが野宮に連れ去られてしまう回でした。

〜あらすじ〜
辞めたばかりの藤原デザイン事務所と仕事をする事になった真山。
打ち合わせの為に事務所を訪れると山田と鉢合わせになり、何時の間にか野宮と山田が一緒に仕事している事を知る。
過去の経験もあり、2人の関係が気になる真山。
理花に想いを寄せつつ、山田の事も放っておけない中途半端な立ち位置。
花見の席でそんな情けない真山の態度を見兼ねて、山田は野宮に対して思いも寄らぬ言葉を口走ってしまうのだった…。


理花さんのトラウマは相当な物なんだな…。
確かにあんな猫可愛がりされちゃったらトラウマにもなるわな…。

野宮はやっぱ蕎麦屋に連れていった時位から山田を好きだったのかな…。

森田が日常に戻ってくるとやっぱギャグ部分が多くなるなぁ…。
花見の時は過剰な演出して歌を引き立てようとしてるし…。

真山と野宮には意外な共通点があったのか…。
巧と匠って…。



jinja_aniwota at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 01, 2005

第635回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.18「森田さんが戻って来たら……

今回は遂に森田が大学を卒業する回でした。

〜あらすじ〜
病院で、たまたまテレビを見ていた竹本達は大驚愕する。なんとテレビには、権威あるモカデミー賞を受賞する森田の姿が映っていたのだ。
竹本達は混乱するが、その時横のベットから突然、森田が現れるのだった…。


そりゃ何ヵ月も行方が解らなかった森田がいきなり受賞式に出てたらビックリするよなぁ…。
しかも気付いたら、隣のベットにいるし…。
…しかし監督はちゃんと映画作れよ…。殆ど森田任せって…。

爺ちゃんいい事言ってるけど、ちゃんと見てなかったのがなぁ…。

「伝説のクロスカウンター乾杯」って…。
本人達は意識してないんだろうけどなぁ…。

森田は毎回みんなの予想のナナメ上を常に行くから行動の予測がつかないんだよなぁ…。



jinja_aniwota at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 22, 2005

第603回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.17「オレに無いのは、目的地なんだ…

今回は竹本が病院へ担ぎ込まれていく回でした。

〜あらすじ〜
人間関係に不器用な竹本は就職活動の面接で苦しんでいた。自分がやりたい事が定まらないらしい。
そんな竹本をはぐみはずっと心配する。
そんな彼らにまたクリスマスの季節が近づいてきたのだった…。

ミヤコさんはどんどんオヤジ臭くなってきてるなぁ…。なんで山崎は惚れちゃったんだ…?

山田さんはちゃんと吹っ切って4人に説明したのか…。よかったなぁ…。

クリスマスケーキの販売の時のゴタゴタはちゃんと聞かせた方がよかったんじゃないか…。
あそこのくだりは面白かったのに…。

カズさんカッコヨス…。
これはコミック版よりカッコイイかもわからんね…。

…それにしても、何であいつが…_| ̄|○


jinja_aniwota at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 10, 2005

第584回 漫画 ハチミツとクローバー1〜8巻

3337819e.jpgアニメは殆ど毎回見てたんですが、原作は見た事無かったんで友人に8巻まで借りてみました。

全体的な印象としてはアニメよりもギャグよりな感じがしましたが、ギャグだけでなく恋愛の部分もしっかり作ってあってバランスがちゃんと取れてました。
アニメを見てハマった人は絶対こっちも見ておいた方がいいです。

jinja_aniwota at 09:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 16, 2005

第521回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.16「3つめの答えを、

今回は山田が一斉に4人の男からプロポーズを受ける回でした。

〜あらすじ〜
大学4年生となった竹本には卒論や課題、就職活動としなければならないことが山積み。だが、竹本はそのどれにも手をつけずにただひたすら不思議な塔の様な作品を制作し続けていた。
竹本を心配するはぐみと、そっとしておこうと気を使う山田。そんな時、山田は突然4人の男性から同時にプロポーズを受けるのだった。


いつも見てて思うけど、ハチクロって時間軸が早くないか?一話前、夏服だと思ったら次の話ではもう冬服になってるし…。

竹本が卒論とか全く書かずに変な塔みたいな作品を作るのって、森田に追い付こう追い付こうとしてるんじゃないのか?そんな気がしてならない…。

本編のBGMで、よく前のEDの「ワルツ」を使ってるけどやっぱ制作陣も今のEDよりワルツの方が合ってると思ってるんじゃないのか?何故わざわざEDを変えたのかと小一時間問い詰めたい。

理花さんを諦めたと思ってた真山が理花さんを追っ掛けて行ったって知ってショックを受けている時に、いきなり幼なじみ達から言われたプロポーズの言葉…。
山田の精神を追い詰めよう追い詰めようって感じの展開だな…。


jinja_aniwota at 03:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 02, 2005

第496回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.15「……理花さん、オレをまた原田デ

今回は久しぶりに真山と理花さんが再会した回でした。

〜あらすじ〜
真山の先輩である野宮と山田の関係が気になる真山。そこに突然理花の事務所の大先輩、浅井さんが入院したとの知らせが入った。
病院に駆け付けた真山は、そこで1年ぶりに理花と再会するのだった。


リーダーは何で「リーダー」って呼ばれてるんだろう?

真山は山田の世話を焼いてるだけみたいにしてるけど、やっぱ山田に気持ちが傾いて来てるんじゃないのか?

竹本は鬱になってはぐはトランス状態になってるのか…。

今回の山田&はぐの料理は更に強化されてるな…、破壊力も強化…。
料理名はカレーチョコって所かな…?

真山はそろそろどっちにするか本気で決めた方がいいんじゃないか?
そんな学校での山田の親父代わりみたいな態度取っててもフラグが自然消失するだけだぞ…。

jinja_aniwota at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 22, 2005

第465回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.14「夢の中で、彼女に逢った……」

今回は山田の凄さを思い知らされる回でした。

〜あらすじ〜
やり手の先輩に囲まれ、藤原デザイン事務所で働く真山。気が付くと、彼は昨夜見た憧れの理花の夢を思い出してしまう。
だが、理花の方は彼を見かけても声さえかけようとしないのだった。


真山のしょっぱ過ぎる虚しい日常…。

長谷川先輩の旨い素麺。
…長谷川先輩って誰だったっけ?

仕事をする真山。
犬がリーダー!?それとも「リーダー」って名前の犬なのかな?

自由自在に操作が出来る真山の脳内ビデオ装置…。
ちょwおまwwwなんてVIPな装置持ってるんだwwww
そんな物あったらかなり便利じゃねーかww

真山が竹本とのウホッ疑惑!?

藤原デザイン事務所の社長っておすぎとピーコみたいだな…。

真山はどうしても山田を事務所の人に会わせたくないみたいだな…。
真山の心はどっちなんだ?

そして夏祭り当日。
みんなが楽しむ中、いきなり現れる事務所の人々。
なんだかんだで真山の中は山田が少しずつ大切な存在になってきたんじゃないのか?

山田は神経図太いなぁ…。
そうそう引っ掛かりそうになさそう…。
これなら真山が心配する事ないんじゃないのか?


jinja_aniwota at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 15, 2005

第442回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.13「……彼女に……僕はいったい、

今回はみんなで花火を見に行った回でした。

〜あらすじ〜
あまりに唐突な森田の渡米に残された一同は茫然とするしかなかった。
そんな時、竹本ははぐみに森田に帰ってきてほしいかを問いかける。


今回からOPがちょっと様変わりしてました。

遂に明らかになった森田の部屋で、森田を心配する一同。

現物支給に真山を希望する山田。恥じらいもなくそんなことを言うとは…。

森田ははぐに好意じゃなく、尊敬の念を抱いていたのか…?

夏になり、製作中は男らしくなってきてるはぐ。

そんなはぐを見た山田ははぐに「花火を見にいこう」と誘う。
花本先生は上手く気をきかせたなぁ…。

必要以上に不安になる山田。

あの紫蘇の葉は山田のまだ諦められない気持ちを表してたのか…。


jinja_aniwota at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 08, 2005

第417回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.12「バッカヤロウ、何考えてんだよ!」

今回はいきなり森田がアメリカに行ってしまう回でした。

〜あらすじ〜
就職もせず、遂に大学8年生になった森田。しかし森田はそれを気にする様子もなかった。
一方、はぐみは森田と2人で出掛けて以来なんだか元気がない。竹本はそんなはぐみが森田に貰った例のブローチをしていない事に気付く。
そんな中、森田は誰にも言わずに突然ロサンゼルスへ旅立つ。慌てて森田を追う竹本だが、空港に着いた時には既に森田を乗せた飛行機は離陸していた。
機影に向かって叫ぶ事しか出来ない竹本は、力なくうなだれるのだった。


回りまわってもう春の季節か…。一人花見の席を取る竹本…。

どっかで聴いた感じの演歌…って森田かよ!!
これって毎回の事なの!?

真山が山田応援団に妬まれてる…。色々悪口も言われてるし…。

元気がないはぐみ…。
この前の買い物から森田との何かの確執が…。

と思ったら、気にせずどんどんはぐに触れる森田。
はぐは元気無いってのに…。

森田におでこをキスされ、倒れるはぐみ…。
緊張すると熱が出る体質なのか…。やっぱり森田のおでこキスのせいかな…。
はぐみが元気無かったのは確執じゃなくて恋してたからなのか…。

いきなり森田の部屋に入るカオル。
森田の部屋って宇宙人でも住んでそうだな…。

森田がアメリカへ行く事を聞き、カオルについていく竹本。
結局、竹本は間に合わなかったのか…。

森田に帰って来て欲しいか、帰って来て欲しくないか。
竹本の答えはどっち?


jinja_aniwota at 02:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 02, 2005

第397回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.11「た……楽しくなかった……」

今回ははぐが森田に違和感を感じる回でした。

〜あらすじ〜
いつもの様に騒がしい日々を過ごす竹本達。
そんなある日、モンゴルへフィールドワークへ行っていた花本先生が突然帰国してきた。
帰国後、暫くフィールドワークのレポートに追われ、はぐみの相手を出来ない花本先生の代わりに森田がはぐみと2人きりで買い物にでかける。
竹本はせんな2人を見送ることしか出来なかった。


真山が朝起きるとそこには森田と竹本が…。
森田は真山の奥さんか!!

森田が山田に蹴られて天国へ逝きかけてる…。

山田が森田を暴力夫みたいに思ってるのか…。
まあ、確かに勝手に使ってるけど…。

はぐの成人式の写真!?
七五三じゃなくて!?

そうか…花本先生が行ってから一年もたったのか…。
そしてコロボックルと熱い抱擁…。

あれっ?女子と男子のお土産に差が…。

うわぁ…花本先生馬頭琴下手過ぎ…。
それに比べて森田は何故か巧いし…。

うわっ!花本先生が竹本とレポート必死に片付けてる…。

そんな先生に替わってはぐと一緒に画材屋へ行く森田…。

泣きながら帰ってきたはぐをモンゴルで出会った兄妹に重ねる花本先生…。


jinja_aniwota at 15:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 24, 2005

第372回 アニメ ハチミツとクローバーChapter.10「……そんな簡単に放り出して

今回は逃げ腰な竹本を真山が叱咤する回でした。

〜あらすじ〜
竹本達5人は寒空の下、水上バスで短い船旅に出る事になった。竹本ははぐみがつけているブローチに気がつき、切ない気分にかられる。
それは先日、森田が自分で贈った事を告げずにはぐみに贈ったブローチだった。


文化祭が終わったある日、船旅をした竹本達…。
夏にこんなのやられても季節が全く逆だから微妙…。

ゆで卵だけの弁当…。
そうか…ちゃんとしたのを作らせたら山田がゲテモ…ゲフンゲフン!凄い創作料理作っちゃうからなぁ…。

竹本がションボリしてたの真山に気付かれてたか…。
はぐみを好きなのもこっそりバレてるし…。
今までの事を振り返る竹本…。そういや、色々あったなぁ…。

ええっ!!真山船酔い!?
乗り物酔いしやすい体質だったのか…。

船酔いした情けない真山でも、まだ好きな山田…。
竹本のはぐみに対する想いへの対比なのかも…。

真山!何故非を認めないんだ!

また竹本や山田が逃げようとした…。

森田は気配りなんだか何なんだか…。
本当に気配りなら竹本とはぐみにも気を使わなきゃ…。

うわ〜!森田がいきなりトランス状態になって、凄い振り幅のふりこになってる!
気まずい空気を解消させたかったのか…。

もう物語では12月後半なのか…。


jinja_aniwota at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!