ぺとぺとさん(終了)

November 13, 2005

第777回 アニメ ぺとぺとさん第12話「プロジェクト・アケガラス」

今回はぺと子達が「プロジェクト・アケガラス」を計画する回でした。

〜あらすじ〜
夏休みも終わりに近づきぺと子とのお別れも近づいてきたある日、学校では文化祭が行なわれていた。
そんな中、ぺと子はくぐるにある秘密の作戦を持ちかける…。


ぺと子はまた引っ越しするのか…。シンゴも何だか寂しそうだな…。

ぺと子は本当にそれでいいのか…?シンゴもぺと子も両想いなのに、シンゴとくぐるをくっつけようとするなんて…。

ぺと子のママンは何やら一騒動起こしてくれそうな雰囲気だな…。

ぺと子はシンゴにちゃんと想いを告げられるのか…?


jinja_aniwota at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 16, 2005

第695回 アニメ ぺとべとさん第10話「スカウト」

今回はぺと子がいもてんにスカウトされる回でした。

〜あらすじ〜
東京でカンナと一緒にいた犯人が捕まったとの知らせを受け、警察で犯人の到着を待つぺと子。そんなぺと子の前に現れた犯人は、なんとぺと子の父親であるトニオだった。
一方、カンナはトニオに誘拐されていたと言う言葉に対してはハッキリ否定するものの、東京へ行っていた理由を中々口にしようとしなかった。ぺと子達がカンナから理由を聞き出そうとしたその時、上空の光の中から美少年座敷童子の八郎が現れたのだった。


あれっ?角田さんがトニオを捕まえたのに、何で角田さんは警察署の前にいるんだ?

カンナの父親はカンナの兄貴の事かあったから体面を気にする様になったのか、それとも元々体面を気にしていたからそれが嫌で、妖怪と付き合って出ていったのかな…?

まさか、カンナは兄に恋を…?

みんなが移ってきてデメリットもあるけど、メリットもあるんだな…。
この三角関係はどうなっていくんだろう…?

ちょちょ丸は、またマニアックなテーマパーク作るんだな…。

時折出てくるシンゴの宇宙妄想は、一体何なんだ…?



jinja_aniwota at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 12, 2005

第681回 アニメ ぺとぺとさん第9話「一日署長」

今回はカンナが兄を訪ねて家を出る回でした。

〜あらすじ〜
シンジ達の家の周りを取り囲む複数の人相の悪い男達。聞く所によるとなにやらある男を探していると言うのだが、その男達の口から出た名前にぺと子の母・まる子は反応する。
一方、ぺと子はイベントで鮎川町警察署の一日署長を勤める事に。ミニパトに乗ってオニ警官と町内を巡回するぺと子だったが、その頃ぺと子のクラスメイトである前田カンナはガラの悪い男達に、今にもからまれそうになっていた…。


トニオって誰だ?
ってぺと子の親父のこと!?

ぺと子やシンゴも夏休みに入って忙しくなって来たんだな…。
カメラマンに一日署長か…。

カンナの父親は自分がちゃんと娘と接してないのに、何で大丈夫って言う確信が持てるんだろう…?

記者会見でちょちょ丸とぺと子は漫才するなよ…。
取り調べ室でカツ丼食ってるし…。

ぺと子はエスパーか!?
何も言ってないのに誘拐だと勘違いして…。

角田さん、キャラいいなぁ…。
ノリがいいし、運動能力は驚異的な程持ってるし…。

それにしても、何でぺと子の親父はあんな所にいたんだ…?



jinja_aniwota at 06:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 05, 2005

第660回 アニメ ぺとぺとさん第8話「サマーキャンプ」

今回はシンゴがぺと子の事を前より大切に想い始める回でした。

〜あらすじ〜
東京でコンパニオンの仕事をしているぺと子達の帰りを待つシンゴ。なかなか帰ってくる様子もなく、シンゴはキャンプの準備も手に付かないまま、ぺと子達を乗せた車の帰りをひたすら待ち詫びていた。
ぺと子が戻って来ない為、浮かない顔でフォークダンスの輪に加わろうとするシンゴの目に車のヘッドライトが飛び込む。
みんなの注目を集める中、かわいく「にょみ☆」とポーズを決め、コンパニオン一同が帰って来たのだった。


コンパニオンのカッコのまま車に乗ってるのか…。
着替えればいいのに…。

ぺと子のお母さんだけ胸の部分が開かせてるのはかなり製作者GJだけどエロ過ぎる希ガス…。

確かにシンゴはいい役回りが来過ぎてるな…。
痛い目もあまり逢わないし…。
と思ったら、くぐるのジャイアントスイング…。

まさかの加藤とのぺとり…。ぺと子もシンゴも何か寂しそうだな…。
くぐるのジャイアントスイングと加藤がいなければよかったのに…。



jinja_aniwota at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 02, 2005

第645回 アニメ ぺとぺとさん第7話「ちりんちりん」

今回はぺと子達がコンパニオンの初仕事をする回でした。

〜あらすじ〜
夏休みに入って、大橋家では何故か大人数の居候を抱える事になっていた。
ぺと子とシンゴは朝それぞれ牛乳配達と新聞配達をする事になり、待ち合わせて二人で一緒に自転車で配達。そしてラジオ体操にも欠かさず参加していた。
そんなゆったりした夏休みのとある日、ぺと子は東京で開かれる鮎川町物産展にコンパニオンとして行く事になる。
東京・銀座の大都会ぶりに圧倒されるぺと子だが、果たしてコンパニオンの仕事とは!?


ぺと子達もすっかりシンゴの家に馴れたみたいだな…。

ぺと子は牛乳配達のバイトしてるけど、コンパニオンの仕事とかないのかな…?
と思ったらまだ仕事が無かったから配達のバイトしてたのか…。

ぬりちゃんは壁の中に潜むって言う事以外に、大きさや服も自由自在に変えられるのか…。

「鮎川町ラジオ体操」って、普通のラジオ体操な気が…。流行りのインスパイアか!?

ぺと子のお母さんは妹じゃないだろ!むしろ、姉?
姉(;´Д`)'`ァ'`ァ

くぐるはまさにツンデレだな…、シンゴに来て見て貰いたそうにして…。

そうか…、神奈が妖怪嫌いなのは兄貴が妖怪と付き合ってるからなのか…。



jinja_aniwota at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 29, 2005

第630回 アニメ ぺとぺとさん第6話「姉と妹」

今回はくぐるとちょちょ丸が再び相まみえる回でした。

〜あらすじ〜
"ミにょコン"で周囲に牙を剥いたちょちょ丸を止めるべく、鮎川文化会館の舞台に駆け付けたくぐる。
そして舞台上で姉と妹は再び対峙する。
ぺと子達が間に割って入ろうとするが、くぐるとちょちょ丸は「これはあくまでも姉妹の問題」と周りを寄せ付けない。やがて決闘が始まり、ちょちょ丸の爪とくぐるのナタが相まみえる。
だが、ちょちょ丸にとってこの闘いは単なる決闘では無いのだった。


あれっ?ぺと子って悲しいと消える設定だったっけ?
栄養失調の時じゃなかったのかな…?

カッパ族って変身出来るの!?泳げるだけじゃなかったのか…。

事務所行った時、こっそり書類の内容を確認していたとは…。
ぺと子、抜け目無いな…。

3家族1世帯同居って…、凄い展開だな…。



jinja_aniwota at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 04, 2005

第564回 アニメ ぺとぺとさん第5話「ミにょコン」

今回は波乱のミにょコンの回でした。

〜あらすじ〜
くぐるとその妹のちょちょ丸による姉妹抗争は、ぺと子の乱入(?)により一時停戦。ぺと子はちょちょ丸を仲良くなる様に説得する。
だがその時、ちょちょ丸はミにょコンを利用してくぐると決着をつけようとしていたのだった。


ぺと子って意外と度胸あるんだな…、それか世間知らずなのか…。

お尻ぶたれて悶える(?)くぐる妹は何かエロイな…、前回もそうだったけど…。

ぺと子のお母さん…援護射撃のつもりが主砲発射してるぞ…。

う〜ん、何かアクションとかが微妙…。
アクション作品じゃないし切迫した状態でもどこかまったりってのが、ぺとぺとさんらしい所と言えばらしいんだけど…。

大須賀純さんの泣き方ビミョス…泣く時はそんなまともに喋れないもんなんじゃないのか…?もうちょっと泣いてる感を出せばもっとよかったかも…。

…って、ぺと子消えたまま次回予告かよ!



jinja_aniwota at 06:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 08, 2005

第508回 アニメ ぺとぺとさん第4話「家庭の事情」

今回はくぐるの家庭の事情が明らかになる回でした。

〜あらすじ〜
学校を休んだぺと子に給食を届ける為、ぺと子の家を訪れたシンゴ。だが、ぺと子の家には誰も居ずシンゴは心配する。
すると、川の方から奇妙な音が聞こえてきた。


先生に助けられる程金が無いって…、ぺと子のお母さんは仕事を一切してなくて仕送りだけで生活してたのか?
ちょっとは働けばいいのに…。

ミにょコンに出場するぺと子…。出ても優勝出来るか?かわいいとは思うけど、コンテストには強敵とかいるんじゃないのか…。

くぐるは先生に憧れたから、家出までして鮎川町に来たのか…。それ以外にも後継ぎで妹に狙われてたってのもあるみたいだけど…。

啀み合う姉妹ってのは一人っ子のぺと子からしたら信じられない事なんだろうなぁ…。

そしてまたも新キャラ…。でも、あの座敷童子がみんなにいいふらしてくれれば容易にくぐるが襲われるって事はなくなるんじゃないのか?


jinja_aniwota at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 27, 2005

第482回 アニメ ぺとぺとさん第3話「ミントもしくはラベンダー」

今回は前回のべろちゅーから始まりました。

〜あらすじ〜
ぺと子のクラスメイトであるシンゴと、妖怪"れろれろ"の赤沢清美の様子がどこかおかしい。その事に気付いた"カッパ娘"のくぐるは、何かあったのかとシンゴを問い詰める。
一方、ぺと子は生まれて初めて期末テストを受けていた。


昨日青のりをつけたシンゴの真似をして、わざわざ青のりをつけて赤沢に迫る加藤。
だが、加藤は赤沢に軽くたしなめられてしまう。

ぺと子はシンゴの事をくぐるが必要以上に心配してるのを見て、くぐるがシンゴの事を好きではないかと勘ぐる。

そんな時、ぺと子の家の蓄えが無くなり食事が食べられない事に。
食事を取らずに勉強をするぺと子。

そして翌日テストが行なわれるが、シンゴはテスト中にぺと子の腕が薄くなってきているのに気付く。
シンゴがぺと子に聞くと、どうやらお腹が減っている様で消える事を心配したシンゴ達はぺと子に何かおごってあげる為、カンパを募る。

そんな時、シンゴに「未女コンに出てくれる女の子はいないか?」と言う話が来る。

休日、シンゴの試合について来たぺと子達はカンパしたお金でラーメンを食べに行くが、トラブルがありシンゴの家で和気あいあいとラーメンを食べるのだった。


ぺと子のお母さん(べとべとさん?)はすぐエロ話に持ち込むな…。

シンゴが入ってる部活って卓球部だったのか…、知らなかった…。

そして何か影がある感じの新キャラ…。このキャラが後々どう絡んでくるんだ?
「お姉ちゃん」って言ってたって事はくぐるかぬりちゃんに関係ありそうだけど…。


jinja_aniwota at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 20, 2005

第457回 アニメ ぺとぺとさん第2話「特定種族」

今回は委員長が錯ら(ryする回でした。

〜あらすじ〜
ぬりちゃんは妖怪"ぬりかべ"だけあって、夏でもひんやりしている。
そんな彼女に女子生徒達が抱きついて頬摺りする中、ぺと子だけは何故か周囲を用心深く見回したりするなど、どこか様子がおかしい。


夏の暑い日、ぬりちゃんに抱きつく女子。
どうやらぬりちゃんはいつでも冷たくて、気持ちがいい様子。

そんな中、ぺと子の事について女子が口喧嘩を始める。
そこをいさめたのはサムライゾンビ。切腹して口喧嘩をいさめた。
意外とグロいんだな…。

少し思い詰めるぺと子をシンゴは元気づけようとする。そこに「壁に目あり、耳もあり」と教える為、現れるぬりちゃん。
ぬりちゃんは言いたい事を額に映すのかな?
って事は喋れない?

ぺと子をいつも追ってくるのはぬりちゃんの妹の小ぬりちゃんだった。
小ぬりちゃんに思わず抱きつくぺと子、思わず抱きついてしまった事によって小ぬりちゃんはぺと子の頬についてしまう。

シンゴの声優はまだまだ練習中って感じがする…。

委員長がシンゴの歯についた青ノリを見た瞬間に興奮…しかも最後にはシンゴにキス…。
ちょwwwおまwww

jinja_aniwota at 02:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 13, 2005

第433回 アニメ ぺとぺとさん第1話「おはよーさーん」

これはほのぼの系アニメを目指してる作品なのかな?

なんだか変な人が多いクラスだな…。
って言うか中学生か!?
てか妖怪!?

くっつく事を「ぺとっとる」って言うんだ…。
足音がおかしいのはそのせいか…。

マスクつけてる人はのっぺらぼうだからなのかな?

ぺと子の母親は幽霊なんだ…。父親は?

その母親の布団の敷き方は確信犯過ぎるだろ…。

ぺとぺとさんは意外と悲しい過去を歩んできてたんだ…。

眠れないからって散歩しなくても…。
「一晩寝れば治る」って、寝なくても朝になれば治るのかな?

散歩に出た2人は湖でカッパ族のくぐるに出会う。
女のカッパは頭に皿ないのか…。

うつらうつらで寝た場合も治るのか…。


jinja_aniwota at 02:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!