99288a4d.jpg

 瓢箪山駅を北へ、サンロード商店街のアーケードを抜け、安全安心ステーションの三角道を右へ曲がってしばらく歩くと東側に大きな鳥居が見えてきます。

 河内の国の一の宮・枚岡神社の一の鳥居です。

 歩いてきた道は、東高野街道の旧道でいにしえからの交通の要衝です。


043

 一の鳥居付近の風景、どこかしら昔の街道の名残が感じられるかな・・・・




 この一の鳥居、今から200年余り前の享和2年に建立され、鳥居から枚岡神社まで、松の馬場と呼ばれた長い参道になっています。

 鳥居の上には大きな注連縄が架けられていますね、この注連縄は毎年1月3日に鳥居自治会や青年団・消防団などの方々の奉仕により架けかえられています。

 注連縄の綯い方は、他所ではあまり見られない左綯い左本右末の綯い方だそうで、これは出雲大社などわずかな神社でしか見られないものだそうです。

 架け終わると、新年の初笑いの行事が行われます、枚岡神社ならではの「お笑い神事」で新しい年を迎えるのですね。


044


 昔の一の鳥居、参道の真ん中に燈籠がありますね、現在は鳥居の横に移されています。








2014年3月12日公開