2007年10月18日

最近ビールの旨さが分かってきた

アルコールが欲しい。
二日酔いで死にかけて以来、飲んで無いです。
「あんな思いはもう嫌だ」
と、少しも飲んで無かったのですが、
今日になって突然の飲みたい願望。
しかも、いつもはチューハイやらワインやらリキュールなど
飲みやすいのばっかりだったのが、
まさかのビール飲みたい。
コンビニも遠いしなあ。
でも飲みたい。
将来、アル中にまっしぐら。sssです。

みなさん、「逃れの町」って知ってますか?
無宗教・無神主義のsssには珍しい宗教用語。
もしかすると、人格さんは隠れキリシタンということで
知ってるかもしれないな。
そうです、キリスト教の宗教用語です。
キリスト教徒の皆さんには無神主義の俺が語るなんて
不快かもしれません。
もしも不快を感じるようであれば、
これ以上読まないでください。
またはsssを殺してください。









逃れの町とは、
ちゃんとキリスト教の聖典である聖書にも書かれています。
「故意的にではなく事故的に人を殺めてしまった場合のみ、入ることを許される町。逃れの町にいる限り、(キリスト教で良しとされる)遺族からの復讐(ここでいう復讐は、報復として殺されることを意味する)を受けない。一度入ると、その時の酋長(町長だよね)が交替するまで出られない」
というものです。
これ、宗教用語で唯一の俺のお気に入りです。
今、いじめだとか、パワーハラスメントなどで問題になっていますが、
「被害者側にも責任がある」と結構言いますね。
正直、80%はその通りだと思うんです。
もちろん、そうでないケースもあるけど。
例えば家庭の事情だったり、個人の性格・外見を否定するものだったり。
そういうのをいじめる奴は死んで償うべき。
だけど、被害者が気付かない内に、
加害者にダメージを与えている、というケースが、本当に多い。
これは現役の学生なら分かると思うけど、
被害者になった人物は、「いじめられる」ということで、
100%被害者になりたがります。
が、それは果たしてそうなのか?

はっきり言って、俺は中学・高校といじめを見てます。
特別関与したことは無いですが、
友達が加害者だったり被害者だったりしました。
でも、どう考えても、被害者が最初加害者なんですよ。
何気ない一言で、後の加害者にダメージを与えていたり、
陰口を叩いてみたり。
いじめの加害者としては、その報復ってわけです。

ただ、いじめを俺は良しと思いません。
だから、被害者は加害者であることを認めた上で
逃れの町を用意するべきですよ。
そこなら、報復という、いじめを受けないで済む。
ただ、教師にそんなこと相談しても無駄ですよ。
世間体と自分の立場を重んじる教師は、
ドラマのようにいじめに立ち向かうことは無いですから。

それから。
よくテレビなんかで実情を把握すらしてないのに
「いじめを止めない第三者も同罪。罪を償うべき」
とか偉そうに言ってる奴がいるけど、
現役生からしてみれば、はっきり言って無理だね。
下手に介入すると、被害者を増やすだけ。
俺は友達が加害者の時に止めようとしたけど、
それで止まればいじめなんか無いでしょ。
俺はそいつが友達だったからよかったけど、
別な奴なら被害者になってたね、確実に。
「クラスで力を合わせて」って言う奴もバカ。
例えクラスで力合わせて加害者を止めたとしても、
もうそいつはクラス内の「悪者」になってしまうわけだ。
それを誰が仲間として認める?
そいつ本人、仲間に入れてもらえる、と思うか?
逆にいじめが起こる可能性だって十分ある。


メディアで知ったかぶりのバカな大人達が
適当なこと言ってるけど、
あんなの的外れも良いとこ。
現役生だからこそ分かることがあるんだ、絶対。
だから大人がもっともな正義論振りかざしても無意味。
いじめは絶対、このままだと無くならない。
断言しても良い。絶対、増える。

逃れの町、必要だと思いませんか?
ドラマみたいな教師が居れば、
それは逃れの町になり得るし、
時には家族も逃れの町になり得る。

自殺もね。
ただ現在、その選択肢すら無い現状。
逃れの町は、自殺、ということでしか入れない状況になってるんだよ。


コメンテーターだか何だか知らんが、
もっと俺達みたいな、いじめの近くにいるガキの意見でも聞いてみろよ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jinmensaru/51187293