2008年01月19日

恋愛小説を読んでも何も感じない

ココアが美味だ。
こんなに美味だったのか!?
コーヒーよりは好きじゃないけど、
気分によってはココアが上だよね。
寒い時はココアがヤバイ!
みんな、ココア来てるよ!!
俺はコーヒー飲むけど。sssです。

改めて、
プロレスっておもろいね。
総合格闘技や立ち技も好きだけど、
やっぱりプロレスかな。
「え、まだ決まらないの!?」
「そんな技が!?」
そーゆー感動はプロレスにしか無いね。
他はバチーン!打撃入って倒れたら終わりだもの。
ロープやらリングの高さ、コーナーを使うのも
プロレスだけだしね。
タッグもプロレスしか無いしね。
プランチャとかケブラーダとかスイシーダとか、
シューティングスタープレスとか、
ムーンサルトプレスとか、
フロッグスプラッシュとか、
フェニックススプラッシュとか、
ヤバイよね!!!嘘ぉ、そんな体力残ってた!?
と思うくらいのね!
投げ技の駆け引きとかね。
リング内とエプロンでの
ブレーンバスターとか。

俺の中のベストバウトは、
NOAHのヘビー級のベルトを賭けた試合!
でも、ヘビーのベルトをJr.の丸藤が持ってて、
それをこれまたJr.のKENTAが挑戦、
みたいな!!ヘビーなのにJr.同士の戦い!
その時点で丸藤ファンにはヤバイ、シチュエーションね、これ!
で、これまたスゲー戦いでねー!
もう闘いじゃなくて、戦いね!
丸藤は鉄柵を超えたケブラーダを見せるし、
KENTAは断崖式のバルコンアロー、
かと思えば丸藤は不知火、
KENTAは膝蹴りにマシンガンキック、
キックとトラースキックの応戦や、
バックドロップとジャーマンの掛け合い、
GO TO SLEEPでも丸藤は肩を上げる!
不知火・改でも肩を上げるKENTAに、
丸藤は新技を見せ、
そして勝利!!!!!
2006年度のベストバウトに選ばれるほどの
名試合でしたね。いやー、何回でも見ちゃうもんなー、あれは。
丸藤のトリッキーな閃きを、
KENTAは次々と読んで迎撃していくし、
そんなKENTAの予想を上回る動きを丸藤は見せる。
お互いの戦いパターンを熟知してるからこその迎撃は、一級品だわね。

最近注目している選手は、
インディーズ団体・DDT所属の、
飯伏(いぶし)だねー。
初めて見ると、マジで驚きの連続だもんね。
蹴り主体の攻撃で、
サルト・プレス技が得意な選手。
コーナーを使わずのシューティングスタープレス、
ムーンサルトプレスは、ヤバイの一言。
コーナーからのムーンサルトは、
相手が避けても、
一旦着地してその反動を利用してもう一度ムーンサルト!!
二回連続ムーンサルトなんて、見たこと無かったよ!?
他にも、相手のハイキックを跳ね起きで避けたり、
フェニックススプラッシュとかいう、
くるくる回って何回転してんのか分かんないような技とか、
とにかくヤバイ!!!!!!!
Z−1の日高の動きも最初驚きばかりだったけど、
飯伏の方が驚きは大きいね。
日高のスイングDDTとか、
リング外に落ちたと思えばサードロープを掴んですぐに戻ってきたり、
(アイルビーバックと言うそうで)
不思議な飛び付き式膝十字とか、
(ショーンキャプチャーと言うそうで)
不意をつくような突然のフライングヒールキックとか、
(シュリケンと言うそうで)
今のJr.はヤバイ人らが多いっすわ!

ヘビー好きだったけど、
最近はもっぱらJr.だぜ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jinmensaru/51283350