「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の企画「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14」に参加させていただきます。

TIGER&BUNNY
ストーリー4
キャラクター性5
画4
演出5
音楽5
総合的な評価5
総合点28
ヒーロー兼サラリーマン作品。王道のヒーロー物と働くサラリーマン物を合体させたお笑い作品なのだが、主人公は子持ちのおっさんという意欲作でもあり各ヒーローたちのキャラも立っており、1話完結ということで毎回楽しかった。終盤はさすがに笑いが滑り気味だったが、すでにファンになっていたので実に楽しかった。

逆境無頼カイジ 破壊録篇
ストーリー4
キャラクター性4
画5
演出5
音楽4
総合的な評価4
総合点26
ビール飲んでチンチロやってビール飲んでパチンコやって借金がなくなって仲間が出来てビール飲んだだけなのだが、とにかく長かったので心理描写と演出だけで持っていくセンスは抜群で。
パチンコは最初は戦術、工作など理詰めで攻めたのに最後は運も何もなくゴリ押しになってしまったのがちょっと残念だった。

Steins;Gate シュタインズ・ゲート
ストーリー5
キャラクター性5
画5
演出5
音楽4
総合的な評価5
総合点29
タイムマシンを作り過去の携帯メールを削除していくことで世界を救い、大切な人を救うタイムリープストーリーであり、それを引っくり返してのタイムワープストーリー。
綿密に散りばめられた最初期からの伏線が全て完璧解消され、それにより物質的には元通りだが精神的な大きく成長し、またそれがあったからこそ救えたラストは最高のカタルシスだった。
前半が伏線張りのために大人しかったが、それに火が付いての後半の展開は毎回素晴らしかった。

青の祓魔師
ストーリー3
キャラクター性3
画5
演出3
音楽4
総合的な評価3
総合点21
まあ普通の作品。作画は良かったけど話はそうでもなく、オリジナルらしい最後は強引で、まあこの手の作品では普通。音楽は初期のOPが好きだったので。

神様のメモ帳
ストーリー3
キャラクター性1
画3
演出3
音楽3
総合的な評価3
総合点16
小さな事件を扱う学生探偵とその仲間の話なのだが、エピソードを入れ替えたらしくキャラクター紹介がないため感情移入が出来ず、話はまずまず面白かったのに最後までキャラが足を引っ張っていた。

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%
ストーリー3
キャラクター性4
画4
演出3
音楽3
総合的な評価3
総合点20
逆ハーレムを成立させるために誰も選ばずグループデビューさせるのが巧みだった。
イケメンたちが突然歌い出す展開は大真面目であるが故にギャグになっていて、作品的にもシュールで良かったです。

BLOOD C
ストーリー1
キャラクター性1
画4
演出3
音楽3
総合的な評価3
総合点15
「もうそろそろ終わりましましょう。こんな茶番劇は」で一世風靡したラストでいろんな意味でもどんでん返しのグログロスプラッタ作品。
毎回歌って戦うを繰り返しておかしいと思い、ラストは生贄の施設に記憶改善で送り込まれた実験だったという話なのだが、むしろグロがギャグに見えてしまうほど殺されるのがあまりにシュールで笑ってしまった。
特異状況も面白くはなく、キャラも使い捨てだったので、真剣に見ていると強烈な肩透かしを喰らう。

快盗天使ツインエンジェル
ストーリー1
キャラクター性3
画3
演出3
音楽3
総合的な評価3
総合点16
古典的というか古臭い変身少女ものなのだが、王道の序盤ギャグで終盤シリアスという最後まで何がしたいのかはよくわからなかったのだが、まあ古典的な作品。

いつか天魔の黒ウサギ
ストーリー1
キャラクター性1
画3
演出1
音楽2
総合的な評価1
総合点9
ちゃんと見て話を理解しようとしたのだが、幼馴染と三角関係になったこと以外はまったく理解できなかった難物。ヒロインを狙って敵が来るのはわかるのだが、なぜか熱血したら勝ててしまうし、そもそもヒロインからして多重人格だし幼馴染も敵の傀儡らしくて事情が複雑で。
何を説明されても頭に入ってこない。