平成29年


1月5日

新年早々、我が家に大事件が起きた

それは仕事中に嫁さんからの連絡でわかった。

なんと水道代が20万円だと言うのだ!!

馴染みの工務店に修理の依頼をするように嫁さんに連絡した。
 
午後帰宅すると工務店の方が2名来てくれていた。

でも、今日から仕事始めらしく、きれいなズボンや靴...

それがすでにドロドロ
であった。

職人さんはまだ正月休みで出社は明日かららしく、 今日はとりあえず営業マンの方が駆けつけてくれたのだ。

工務店の方もえらい年初めとなってしまった。

その検針シートがこれだ。
4022
上水道と下水道で20万を超えている。

普段の15倍ほどの金額である。

使用した水道量が2ヶ月で510㎥とある。

重さでいうと510トン
20kのタンクローリーだと25台分にも及ぶ。

しかし、その水はどこへ行ってしまったのだろう??

実はこの水道漏れは以前にも経験したことがあり、「其の18 配管工事!!」でもふれた。

あの時のメーターはわずかに回転をする程度であったが、今回は違う。

クルクルクルクル回っていた

金額も前回は普段より2〜3,000円程度高いだけだったが、今回は桁が違う。

でも、前回はパイプが完全に切れていた。完全に切れた状態でもメーターがわずかに回る程度だった。

今回は速い速度で回転している。もちろん家中蛇口を開けているところはない。

夕暮れになっても水漏れの場所は見つからなかった。

見つからなかったというより、見つけられる場所では水漏れはなかったのだ。

どうやら今回は家の下、つまり基礎のコンクリートの中(?)で漏れているらしいのだ。
4023


縁の下に潜ってもらい、立ち上がり部分を見つけてもらい、庭の水道管からバイパスのホースを設け、応急処置をしてもらった。

1月11日

仕事を終えてから水道局へ出向く。

今回のような場合は「減免制度」というものが適用になるのは前回の水漏れの時に聞いていたので、事前に電話連絡を入れていたのだ。

これがその決定書だ。
4024

 
要するに下水道代は三期の平均にするが、上水道は今回の使用量から三期平均を引き、その半額を漏れとし、免除になるとの事。
 
よって決定ではないが、62,868円らしい。

で、この水道局の方も話していた。

こんなに凄い水漏れは珍しいと...

地上に出ている部分でパイプが破裂し漏れているのだとわかるが、地中でこんなに漏れるとはと首を傾げていた。

ほんまに不思議だ。一体どこへ流れてしまったのか???

もしかして井戸水としてまたポンプで吸い上げたかなぁ??
 

あっ、減免だが20万が6万になった。
 
もっと減免されると思ったが、仕方ないらしい。
 
そして帰ってみると工務店から見積書が届いてた。
 
今回の工事費は12万円...

で、追加工事は13万。

これは水道メーターから我が家までの間の配管を全てやり直すものだ。

コンクリート作業は自分でやるから....とせこいことを言ってしまった。