人性補欠 桑原田日記

2017年9月9日。
鹿児島SR HALLで10周年ワンマンライブを行なった。
来てくれて本当に嬉しかった。
ずっとライブに来てくれる人、久しぶりにみる顔もいた。鹿児島を離れた人が帰ってきてくれたり、ツアー先で出会ったお客さんが鹿児島に来てくれたのも嬉しかった。中には田上台に行ったよという人もいた(※田上台「ボロボロになったら」の歌詞で出てくる土地名)。何もないところなのにな。各々感じることがあるんだろうな。ありがたいよ。鹿児島を満喫してくれただろうか。

全30曲を歌った。心のままに歌った。
ずっとやらなくなった曲たちも「今」を帯びてとても歌っていて気持ち良かった。
ワンマンの日まで歌詞を読み返したら、ずいぶんと面白かった。
「俺に1億円くれないか」とか「オナニー大好きさ」とか歌っている。歌詞というより想いだけど。
…想いなのか?笑
他にも、脈絡ないところからポンッとやってくる言葉に少し感心しながら、これじゃ人には伝わらないだろうなとか思ったり。
それでも思いっきり歌えて、あっという間だった。
終わってステージ降りた瞬間腰が砕けて倒れこんだ。
完全にスクワットのせいだよな。今も痛いよ。全然治らない。やるもんじゃないよあんなの。でもやったんだよ。ライブって面白いな。ダブルアンコールの最後の方はほとんど意識が朦朧としてた。
みんなが良い顔してるのだけがぼんやりみえた。
これからも人性補欠をみていて欲しい。

SRスタッフも本当にありがとう。
音響、PAは瀬戸口っちゃんがやってくれた。終演後、楽屋に来て「よかった…よかった。」と涙を浮かべながら僕の顔をみた。
PAが出来ない時期もあった彼女。なんて声をかけていいか俺自身も分からなかった時期もあった。一緒に卓球行ったり、会った時もなんだか変に「明るい俺」でしか接することができなかった。
「よかった…よかった。」にはきっと、2つのよかったがあったのかもしれない。
本当によかったよ。瀬戸口っちゃん。
これからまた一緒に歩いていくんだ。

SR FACTORY店長の良介。
良介は当時大学のサークルの後輩だった。ずっと人性補欠をみてきた1人だ。一生懸命俺たちのことを考えてくれる。サポートしてくれる。
「ボロボロになったらツアー」ではギターのサポートもしてくれた。一緒に全国も回った。
ワンマンライブのアンコールで旧メンバーをステージに呼んだ。初期ドラムはっしー。初期ギターツルチャン。2代目ドラム佐々木。
そして、直前まで良介もステージに呼ぼうと考えていた。
ライブ中に良介の姿がみえた。
俺はステージに良介を呼ぶのをやめた。
彼の姿は俺の中で立派な立派な裏方にみえたんだ。ステージに上がる人間を支え、見守る立派な裏方だった。立派な店長だ。
見守って欲しいと思った。
お互いドデカくなろう。一緒に。

誰かが言ってた。

鳥のように自由に飛びたいと言うのは勝手だけど、鳥が飛ぶ為に何万回翼を動かしているかよくみてごらん。

よね、秀平、アフロ。
俺たちには足がある。
歩いていこうじゃないか。

次ワンマンをやるなら、SR HALLの上にあるCAPRVO HALLでやりたい。
お客さんに友達を5人連れてきてなんて言わない。
俺たち人性補欠が連れていく。
その日が来たらまた観に来てほしい。

ありがとうございました。
これからもどうぞよろしく。


IMG_2234

OTODAMA'17の話を。
人性補欠はOTODAMA'17 SET YOU FREEテントに2日間出演させてもらった。
初日のセッチューテントはBiSから始まった。初めて観た。飛び込んでセッチューテントのトップバッターを飾った彼女たち。パワーあった。そして名前も知らずに申し訳ないが、坊主頭の子がいて、あの子の顔が今も忘れられない。夢にも出て来そうな勢いだ。

花柄ランタンは透きとおるような心うたれるライブだったな。
抱きしめるズ、お客さんもスッゲー楽しそうにしてた。
抱きしめるズ、ギャーギャーズ、イヌガヨとはつい最近までセッチュー20周年×10周年バンドでツアーを回ったばかりだった。
あのツアーで3バンドのことがもっともっと好きになったし、負けられんなと思える良きライバルになった。

僕らの出番がきた。1曲目の名前のない日々がホントに気持ちよく歌えた。後半は心が少しフワッとして、ちと悔しいとこもあった。それでも最後まで力の限り歌った。
終わったあと機材車でボーーッとしてた。
明日はもっと心を解放していこうとその時決めた。

ステージに立っているだけで圧倒的な騒音寺のナベさんを観て、Baconで楽しすぎて感動した。Bacon凄かったな。
ボイガルが初日のトリを飾り、終了した。

2日目も快晴だった。
TOMBOYSからのスタート。
東狂アルゴリズムのパンチありすぎライブ。そしてメガさんの歌に対する想いを聞いてドキドキした。
ギャーギャーズも思いっきり楽しんで演奏してた。砂埃が一番凄かった。砂埃がとても似合っていた。
セクマシは四星球とガガガの歌をWOWで歌っていた。モーリーに色々もらった。

こっからは少しメインの方も観に行った。
毎年SET YOU FREEに縁のあるバンドがメインステージに出演する時間帯はSET YOU FREEテントは休憩となる。フラカン、銀杏BOYZ、BRAHMANは観に行くことが出来た。
銀杏BOYZ。心がキューーッとなる。僕は17歳からずっとずっと恋してる。初めてライブハウスに好きなバンドを観に行ったのも鹿児島にきた銀杏BOYZだった。峯田さんは本当にキュートだった。
BRAHMAN。その人間力はもちろん、キュウソネコカミの名を出して自虐的な笑いを取り、四星球の名を出して2011年の東北大震災の話にもっていくTOSHI-LOWさん。また一つ好きなフェスが出来ましたと言っていた彼の貪欲さに震えた。伝えたいことをしっかりと伝えにいく格好良さをみた。
ブラフスタッフで鹿児島WALK INN STUDIOの太一さんも来ていた。太一さん、OTODAMAで鹿児島コンピレーションアルバム買ってくれた人がいましたよ。やったよ。

THE NEATBEATSが始まった。
僕らの出番前、四星球の康雄さんがにこにこしながら「今からやんな?僕、全部観たいから。」と言ってくれた。康雄さんのことを書くと、康雄さんは毎年必ずOTODAMA前に「出番何時から?」とメールをくれ、「行けるようにするわ!」と言ってくれる。メインステージの大トリを控え、色々とやること、行くとこがあるだろうに今年もそう言ってくれたのは嬉しかった。
銀杏BOYZの峯田さんがフラッとテントにきたのがみえた。

ライブは来てくれた人がすっごく良い顔してくれてるのが分かった。

やりきった。

ライブでも少し話したけど事務所に所属もしてないし、CDを全国流通したこともなく、鹿児島を拠点にして活動している。こうやってたくさんの人が人性補欠のライブを観に来てくれることが凄くありがたい。これは見えないところでサポートしてくれている人、親身になって話を聞いてくれる人、協力してくれる人、応援してくれる人がいるからに他ならない。
本当にありがとうございます。

そして、今年も大阪のビジュアルアーツ専門学生がセッチューテントを手伝ってくれた。
今回は2日間とも同じ学生さんがPAをしてくれた。先生の指導を受けながら一生懸命やってくれた。帰り際に僕らの10周年タオルをあげた。「え、え、いいんですか!ありがとうございます!」と彼女は戸惑いながらも喜んでくれた。またどっかで必ず会おうな。

THE BOYS&GIRLSのシンゴが学生さん全員をステージに上げた。戸惑いながらも学生さん喜んでたんじゃないかな。
「俺たちやりましたね」シンゴと握手した。

セッチューテントトリのBiSHみたかったけど大トリの四星球のお手伝いをお願いされていたため、準備へ。
ライブをしっかり観れなかったのは残念だったが、ビーチボールをお客さんに渡したり、縛られた清水音泉の清水さんをステージに連れていく手伝いをした。
ローションを運んだのもよい思い出になると思う。カッコ良いな四星球は。

ガガガの変わらない信念をもらいOTODAMA'17は幕を閉じた。

打ち上げも特別に少しだけ参加させてもらい僕らは鹿児島へ帰った。

清水音泉さんありがとうございました。
SET YOU FREE。千葉さんどうもありがとうございました。



IMG_2192

小学校の頃、日曜日になるとよく弟2人と父の職場に連れていってもらい(連れていかれて)洋画を観ていた(観させられていた)。
イヤだー‼︎行きたくないよー‼︎と泣いた日もあった気がする。
そんな思い出(トラウマ)があり、今日の今日まであまり洋画は観たいとは思わなかった。

が、今ようやく洋画を観始めている。
もちろん邦画もあるが、最近鑑賞した映画を挙げてみる。

シンゴジラ
ショーシャンクの空に
らもトリップ
FILMAGE
はじまりのうた
バックドラフト
ペーパームーン
タクシードライバー
EVANGELION
ダンサーインザダーク
スティング
何者
太陽を盗んだ男


あなたのオススメの映画があったら是非教えてください☆

このページのトップヘ