親方の話はほっといてこどもの日

2010年04月30日

センサー

もし、幸せを感じるセンサーが研ぎ澄まされ

10の幸せを100に感じ
10の借りを100の感謝に感じ
10の味わいを100の美味しさに感じ
100の怒り憎しみを10に変換する

心のセンサーが備わったらその人は本当に幸せだろう


残念ながらオイラは努力してもしても

その領域には入る事が出来ず、ねたみ、そねみ

ひがみに、捕らわれ人の幸せを心から喜ぶ事も出来ないでいる

自分の幸せを吸収して

人が幸せになるわけでも
ないのに、(>_<)
せめて!
不幸の数をかぞえ続けた
今までとは、おさらばして
幸せの数をかぞえることにしよう

しかし!苦しみ悲しみ悩み痛みは一生つきまとう
もの、せめて人生の前半戦、中盤戦にたくさんの苦悩を味わい
後半戦
人生のフィナァーレあたりでは楽しくくたばりたいと考えてます。

なんのこっちゃ?
(^_^;)


jinrikisha_matukaze at 22:18│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
親方の話はほっといてこどもの日