2018年04月25日

受験戦争の現実。


日本の試験一発勝負ってのも厳しいけども、アメリカの受験戦争も知れば知るほど地獄だなって思う。入るのは簡単って言い出したの誰?優秀な子達がバンバン落とされてたりしてて、まわりを見ててもぜんぜんそんなことないんですけど〜!


何があれって、




 





ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 09:00Comments(0)アメリカの現実

シーズン終盤。


早いものでハイスクールテニスレギュラーシーズンも2戦を残すのみ。ぶっちゃけ早く終わってくれないかなとw 勉強、学校テニス、USTA、ボランティア&その他諸々、両立とかいうレベルを遥か超えた域でやってるのでね。それもこれも全部親がかりであり、専属運転手は激しく消耗して弱ってるって話し。


そんなこんなも、カレッジテニスを絶対的に目指してて、何がなんでもD1でプレーするとかだったら楽なんです。でも本人のプライオリティーはテニスよりも勉強であり、学業優先の信念は変わらない。だからいろいろめんどくさい。


最近は大学を経由してプロになる選手も以前よりも多くなってきてるけども、でもその実態は大学を経由しなくてもプロになる実力があった子達だけの話しで、大学で急激に伸びてプロにってことではない。そういう現実も見つつ、いろいろ考えてるのでしょう。


本人が勉強したいって言ってるのに、それを親がやめろってのもおかしな話しじゃないですか?選択肢ってことを考えると勉強はしておいた方がいいわけで、本人がやりたいようにやればいいと思ってます。どうせもうこっちの言うことなんて聞かないしw そんなスウィート16なのであります。ジンタの修行は続く。そうそう、16歳になりました。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 02:29Comments(0)

2018年04月24日

リターナー。


現在のATPで一番のリターナーつったらシュワルツマンだと思うのですが、体格はもう日本人の平均と変わらないくらいの小柄。錦織が世界と戦える理由はリターン力の高さで間違いないわけですが、その錦織よりも数字的にはシュワルツマンの方が上だと思う。てか、久しぶりにテニスに関することを書いてる気がするw


そんなこんなで我が子のテニスの穴をしいてあげると、バックサイドのトップスピンでのリターンかと思う。小さい頃からもともとリターン王ではあったけども、さすがに大人の世界に入って190センチオーバー&200キロオーバーの処理は簡単ではない。スピードだけじゃなく、ボールの回転数が違うのかな?


テニス始めて13年半、小さいころから彼がテニス界で大きかったことはないわけで、この関係性はこれからも一生変わらない。そしたらもう慣れるしか道はなく、その為にはとにかく早く上にあがって、上のボールを受けること。


もうしばらく前からテニスに関してこちらが何かを言うことはなく、コーチからの助言をもとに自分でいろいろ試してます。特に最近は微妙な足の位置とラケットのテイクバック時の角度。どんどん細かい領域に入っていってます。てか、週末に久しぶりに球出ししたけど、ウソみたいに上手くなっててビックリ!鍛えられてるから当然でもあるのですが。


でもそう考えると、日本はやはりリターナーは育ちにくい環境だとは思う。練習でも試合でも、どうしても体格が同じような子ばかりと打つことになりますもんね。日本のプロを見ててもリターンゲームが、、、どんだけサービスキープしても、ブレーク出来ないと勝てないのがテニスですから。


じゃぁ、海外に引越します?でもね、エゲつないのに包囲されてのテニスになるから、心折れそうになることばっかりですよ、現実は。おススメはしません。いっつもいっつも自分より頭ひとつデカいのとプレーしてて、よく続いてるなって我が子ながら感心しますもん。ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 09:30Comments(0)子供の指導

コンテンツは無料?


昨日のライブでもアーティストが「自分達がツアーしてまた次の作品作れるように、新しいアルバム買って!」って言ってたけども、もちろんオッサンは全力で買うよ!買う!でも悲しいかな今の子供にとってコンテンツは、、、


無料のもの!


一度そうなってしまった感覚はもう戻ることはないわけで、そしたら新しい世代からお金を搾り取る収益システムを考えなくてはいけない。漫画村の件もそうだけども、現代っ子に著作権という概念は無いに等しいから、単純に便利な方向に流れる。最初からお金使う気なんてないんですから。


音楽でも漫画でも写真でも絵でも制作には時間と労力、そしてコストがかかってるわけで、そのコストさえ回収できなくなるとすると、それ自体をするメリットが半減して廃れていく。そしてそれをする人の数が減れば作品の質は必然的に下がっていくということ。


042318-1







だからといって音楽でもアートでも無くなることはない。人間ってのは本能的にそういうものを求めるものだと思うから。昨日だって7100人のキャパの会場がパンパンのソールドアウト。下は小学生から上はヨロヨロの老若男女でいっぱい!決して安くはないチケット、グッズ、飲食には湯水のようにお金を使うのだ。


そんなこんなで今の時代、オッサンかそうでないかを(単純に年齢的な意味でなく)分けるのは、ケータイで音楽を聴くかどうかじゃない?w たとえ年齢的にオッサンでもケータイで音楽聴くオッサンは、ヤング層に入ってると言っていいのではないだろうか。つっても、あくまでも”やんぐ層”だけども。


自分はヤング層に入ってると思ってても、本当のヤング層はおまえなんか認めてないし、一緒だと思ってるのはおまえだけだぞってのが、実は一番キツかったりするからね。自分ですか?全開バリバリにCDで聴いてますけど!?

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 00:26Comments(0)

2018年04月23日

ジューダス。


今日はジューダス・プリーストのライブに行ってきたんですけど、やっぱり2日連続の夜更かしはオッサンには厳しいものがあるw ぶっちゃけ今日も体調がイマイチだったのに、明日はどうなるんだろうって、、、


寝る暇惜しんで全力で遊んでたのは遠い遠い昔のこと。あれは現実だったのかなって、今では考えられないなと。水曜日もライブあるけど大丈夫なんだろうか?いやマジで。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 15:59Comments(0)

ナビと命と。


頼り過ぎるのもヤバい、、、


昨日の夜も行きは途中まで順調だったのに、予期せず工事で封鎖された通りが出てきて、そっからはもうグチャグチャ。完全に迷走してるわけですよ。結果、ナビは無視で自力で辿り着くという。


これが例えば日本だったら迷ったところでなんの問題もないけども、LAだと命にかかわるのでね。今後は日本から大谷見に来る人もいるだろうし、気をつけなくてはいけません。


そんなこんなで、昨日の帰りもナビの指示通りのルートを選んだのだけども、フリーウェイが事故で大渋滞ってことで、ナビはさかんにフリーウェイから下りろと勧める。そしたら5分短縮できると。でもこそは、、、


超ウルトラスーパー危険地帯!



こっちはもうLAキャリアも長く、もう全域を把握してるからナビも無視できるけども、これが旅行者だったら指示に従ってもおかしくない。昨日だって夜中12時過ぎに超ウルトラスーパー危険地帯に下りろって指示だからさw


ナビってのはただ単純に最短ルートを示すだけで、治安を考慮したりはしない。時間、場所、そして空気(ヤバい臭い)に気を配らなければLAでは命にかかわる。迷ったら無口になって、どう考えても間違う要素がないとこに限って饒舌に喋ったりしてさ、、、ナビもほんと信用なりませんよ、やマジで。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 06:58Comments(0)

Viper Room


15年ぶり?もしかしたら20年ぶりぐらいかも?久しぶりにViper Room に行ってきました。映画スタンド・バイ・ミーのリバーフェニックスが、ドラッグのオーバードースで亡くなったクラブ。まだ23歳だったんですね(しみじみ)。


042218-1


 




ほんとは父子で行きたかったけども、21歳以上じゃないと入れないのでジンタ母と。てか、ナビのヤツがいろいろやってくれて、いくら走っても会場に到着しないというw ナビを信用し過ぎるのも危険です。ナビのくせに迷って、あげくのはてテキトーな指示出すしw 


信用ならん!

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 00:00Comments(0)

2018年04月22日

高校の授業料。


テニス仲間で小さい頃から知ってる子がいるんですけど、ふと彼の行ってる高校(私立)って何人ぐらい生徒がいるのかな?と思って調べてみたら目を疑った!ウソだろと。


3万6000ドル!?


私立とはいえ高校でこの授業料っていったい、、、そういうえば以前に良い学校だけど、高いだよね〜!」ってお母さんが言ってたのを思い出した。3万6000ドルなんて大学の値段じゃん!?


それに比べたら我が子の通う学校なんて3分の1だし、とても良心的だなと今さらながらしみじみ。もっと高い学校があるってのは聞いたことがあったけども、アメリカの超ウルトラ格差社会をナメてましたわw どんだけお坊チャマなんだって話し。もう一回言いますけど、大学じゃないよ!高校よ!ありえない、、、

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 10:50Comments(0)

初グラフ!


012118-1




 


カレッジテニスレギュラーシーズン最終戦。USC vs Utah の試合を見てきました。我が子が174〜175センチとして、この中に入ったらやっぱり一番小さいと思う。183でもこの中だと小柄に見えますからね。両チームとも全体的にデカいです、はい。


そんなこんなで試合見てたら、すぐ横に何気にアガシご夫妻が!アガシはだいぶ丸くなったけども、グラフはまったく体型も変わってなくて、ジーンズとTシャツにサングラスなのにエレガントでした。


ファンの人達が気づいて一緒に写真とか撮ってたけど、ニコニコと談笑しながら余裕の感じ。さすがこのレベルになるとそのファンへの対応も格が違うなと。


アガシはテニス始めてすぐの頃、キャリア晩年に試合を見たことがあるけども、グラフはテレビでしか見たことなかったから人生初グラフ!それにしても素の感じで普通にスタンド座ってましたけど、息子さんがプレーしてるとかですかね?テニス界のレジェンドふたり揃って見れる機会なんてそうそう無いですよね?まさかすぐ横に座ってるとは思わないからさ。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 08:48Comments(0)

2018年04月21日

動画:ウォッウォッ




USCスタンフォードのウォッウォッ、、、カッコいいでしょ?ただね、さすがにUSCとスタンフォードだけあってちょっと上品。でも、こういうのを生で見ると血が滾るのは間違いない。そんなこんなで明日もUSC対ユタの試合を見てきます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 17:00Comments(0)

ハイスクールの現実。


我が子の通うハイスクールってのは、某有名学校格付けサイトでも最高格付けの”A+”判定を受けるような優秀な学校でほんの1時間前にたまたま調べて知ったんですけどw)、ある部門ではこの広大なアメリカでナンバー1にランクされるようなレベル。てか、マジでそんな優秀だって知らなかったというw


で、そんな学校に昨日行ったら、何やら入り口付近がものものしい雰囲気。聞いてみたら、シニアの宗教的イベント(カソリックの学校なんです)があって、それが泊りがけで行われる、いわば修学旅行的な?そして、、、


麻薬探知犬が!


参加者全員の身体&荷物をドラッグを持ってないか犬が全部チェックしてまわってた。これがアメリカハイスクールの現実で、それくらい身近にドラッグがあるってこと。やっぱりこういうイベントごとだとテンション上がって、フィーバーを試みる子も出るわけですよ。ガッチガチの校則の厳しいカソリックの小規模の学校でですよ!


例えば近所のレドンドビーチで公立で2500人、マンハッタンビーチだと2700人というマンモスっぷり。余裕で我が子の学校の3倍以上の生徒数がいるという現実。人種も宗教も育った環境も何もかもが違う2500人オーバーの若者が集まったら、そりゃカオスでしょって話し。


知り合いで公立マンモスハイスクールの生徒指導を専門に担当されてる方を知ってますが、話しを聞いてるとそれはそれは凄まじいです。人数が多ければそれに比例して問題も多発、問題発生が途切れることはないそう。次回に書きますけど、イジメとか学校カーストとかね、、、大変だなと。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 00:51Comments(0)アメリカの現実

2018年04月20日

筋肉と半年と。


去年の9月のMen's Open 優勝を機に、さらなる上を目指して大改造を試みて早半年。何かに変更を加えるってことは、それに伴う筋肉を作る必要があるわけで、それには半年は必要と考えてます。もちろん試合しても自分のイメージ通りにはいかないから、テニスの質は上がってるにもかかわらず成績は下がる。


それでもやるのか?


目先の成績を追い求めるならやる必要はないんですけど、それではどっかで頭打ちになる。さらに上を目指すならば、リスクを背負らずして進化はない。何かを手に入れたいなら、何かを差し出す必要があるってこと。


そんなこんなで昨日の大人リーグ。ポジション1にはUSCのコーチと現役ロースターのタナースミス、対するはATP155位のジェイソンジャンとそのコーチのオリバー。そしてポジション2に我が家のアホぼんぼん。


ポジション2は元NCAAのトッププレーヤーテキサスA&M(NCAA3位)に9月から進学するジュニア、対するは元ゴンザガ大の猛者とアホぼんぼん。私設リーグでUSTAともまったく関係ないのにこんなレベルが揃うっていったい。


それにしても上手くなったんですよね〜、我が子。マジでこのままダブルス専門で、プロトーナメントでイケちゃうんじゃないかなって勢い。まだまだ体は出来上がってなく細いけども、スキルはエゲつないことになってきた。精神的にも明らかに安定してきてるし。


もちろんこれからまだまだ上げていく余地が満載なんだけども、それはもう体が追いついてきてなんぼですから急いでも怪我するだけ。これから筋肉が太くなってくるにつれて、今まで出来なかったことも出来るようになってくる。その準備は出来てますが、段階を踏むことを忘れてはいけません!ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 10:50Comments(0)

リーダーシップ?


日本だと人様に迷惑をかけないようにってまず親は考えると思うのですが、アメリカ人はリーダーシップを取れる人間って考える親が多い気がする。実際、ハーバードとかの名門は社会のリーダーを育てる教育理念とか、そんな感じの感じだったと思う(気になる方はご自分で確認してください)。


でね、うちなんてのはまさにそれで、人様に迷惑をかけないように、そして健康であればオールオッケーのノリできた。となると、やっぱりアメリカ社会の求めるリーダーシップ感に欠けるな〜って思ってて、大学へどうアピールするかを考えてた。


例えば前回のボランティアにしてもあれは与えられたものであって、それ以上でもそれ以下でもない。でもこっちの子って、自分で立案したプロジェクトを自分で旗振って先頭に立ってやったりする。こういう子はどこの大学や企業も欲しがるのです。


グイグイ感が足りない!


これはテニスでも同じじゃないですかね?日本的教育を受けた子達ってグイグイ感はないでしょう?w それは生粋のLAっ子である我が子も同じで、このアメリカ社会じゃ損するんじゃないかなって心配の種でもあったのだけども、、、


だが、しかし!


昨日たまたま父子でそんな話しになったら、「いや、ぼくは大丈夫。来年はキャプテンもまたやるし」とのたまふ。テニス部の1年目に半分半分でキャプテンをして、今年はシニアの子に譲ったんだけども、来年は彼が居なくなるから自分がやると。


でもほら、キャプテンなんかなったら円陣組んで、その真ん中でウォッウォッ!」ってやったりとかしなくちゃいけない。そんなの出来るの?って聞いたら、「今日の試合では僕がそれやったんだ」と、、、


え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」


やっぱこいつ自分の知ってる我が子と違うじゃん、、、正直ウォッウォッなんて出来るタイプではないと思ってたからビックリ!そういえばカルーがUCLAのキャプテン時代に、ウォッウォッしてるのとかユーチューブで何回も繰り返し見てたっけ。そういう影響もあるのかな?てか、、、


是非とも生で見てみたいなとw

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 00:00Comments(0)

2018年04月19日

日本生まれ、日本育ち、、、


テニスを観察し始めて13年半が過ぎましたが、その間にNCAAのD1でテニスと勉学を両立させて、4年間コンプリートした選手っていますかね?小和瀬さん姉妹くらいしか思いつかないけども、、、


もちろん御両親が日本人でアメリカ生まれの子や、日系アメリカ人の子達はたくさんいる。例えば現在は日本でモデルをされてる立野さんは、ジャッククレイマーでお父さんと練習してるのを何度か見かけたことがある。でも日本生まれじゃないもんな〜、、、


男子だとアリゾナ大で活躍したタケダくん&カサハラくん。でも彼らも日本育ちじゃなかったような、、、そういえば、ワイルアカデミーからUCLAでプレーしたタチくんもそうだったと思う。てか、たとえ日本生まれでも幼少から海外生活を経験してる子が多い気がする。


そう考えると、現在チャレンジ中の現役大学生を除くと、マジで小和瀬さん姉妹しか思いつかない。日本生まれ&高校まで日本で教育を受けて、その後にアメリカの大学ってやっぱりハードルは高いのだろうと思う。


あと他に居ますかね?

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 15:19Comments(0)

TOEFLの現実。


大学留学関連の諸々でTOEFLについて勘違いしてる方が多いですけど、あれってのはあくまでも入り口ですからね。TOEFLで高得点だったらどこの大学でも入れると勘違いしてる人が多いですが、TOEFLはあくまでも一般的な英語の力を見る程度のもので、、、


学力とはまったく無関係(ここ重要!)。


例えば日本で生まれて日本で育ったら誰でも日本語は喋れるじゃないですか?だからといって東大の授業受けたところでそうそう理解なんて出来ないでしょう?外国人用の日本語検定を日本人が受けたとしたら、誰でもそこそこ点数取りますよ。


中学でも高校でもそうですけど、こちらの学校は入学式なんてないし、いきなり授業が始まって初日から大量の宿題を抱えて帰ってくる。予習復習をしてることを前提に授業は進むから、そのスピードたるやハンパない。だから準備が必要。


TOEFL110越えのノリノリの留学生が、初日から大学の授業がチンプンカンプンなんてのはよく聞く話し。大学は英語を学ぶ語学学校とは違いますから、どんだけ英語が出来ても(その大学のレベルに見合うだけの)学力というバックボーンが無ければ通用しない。


さらに日本人が一番苦しむのは英語のクラス。ハンバーガー注文するとか、友達とテキトーに世間話するとか、そんなことはそのうち出来るようになるけども、英語と英会話は違いますからね。とにかく必要なのは準備と覚悟、そしてお金。


それと、各大学の卒業率とその年数のデータも無視出来ない要素。4年で卒業出来ればいいけど、5年6年かかったらそれだけ出費もかさむということ。今月ピンチとかってレベルの話しじゃないって話しw いやマジで。どうしましょ?

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 09:30Comments(0)アメリカの現実

相談なし?


今朝ふと思い出したんですけど、けっこう早い時期に来期(ジュニア=高校4年の3年目)に取る授業の選択があるはずで、いつだったかな〜と思って聞いたんです。そしたら、、、


もう終わりましたけど?」


一応その場はへぇ、そうなんだ」って平静を装ったけども、心の中は正直なんとも言えない微妙な感じに。クラス選択によって将来進む方向も決まってくるのがハイスクールであり、そんな重要事項を一言の相談もなしに決めてしまってることに軽いショックを覚えた。


てかさ、事後報告さえないってどうよ?って思うけども、こんな風に自分の人生を自分の足で歩み始めた様子を見ると、なんとも感慨深いものがある。子供は完全に離れていってるのに、こちらの方がまだ5歳の頃の彼を引きずってるというね。


時間は巻き戻せないんだよな〜(しみじみ)。


ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 01:21Comments(0)

2018年04月18日

ザ ベストテン


昔、ザ ベストテンって番組がありましたでしょう?それに対抗してザ トップテンってのもあったと思う。で、オフコースや松任谷由実がいつも出ないのを、子供心に不思議に思ってた記憶がある。未だにふと北酒場とかルビーの指輪とか自然と口ずさんでたりするしw


もちろんカラオケつったらスニーカーぶるーすってくらいだから、アイドル全般もイケる。全部が全部正確ではないにしても、なんだかんだで口ずさむことできますもん。でも番組に出なかったオフコースとか松任谷由実の曲は知らない。


どんだけ見てた?


今考えるとどんだけテレビにかじりついてたんだろうって思う。朝起きてテレビつけて、家帰ってきたらとりあえずテレビつけて、ご飯食べるときもテレビテレビ、、、それが今じゃスマフォにユーチューブだもんね。時代は変わるな〜(しみじみ)。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。 
   
Posted by jinta2tennis_champ at 14:23Comments(0)

満喫、リア充生活!


4月も半ば過ぎてるってのに寒いんですよね〜。天気はいいんだけども、風が冷たくてそれもビュンビュンで、今日も夕方から風が強くなるってさ。この寒さで中西部とかではメジャーリーグが中止になったりしてるし、、、てか、今日はボストン相手に大谷、昨日は牧田やられたか。


***

昨日は練習試合だったのでハイスクールテニスは休ませてもらって、家庭教師とのセッション。それ終わって家帰ってきて、また夜中まで勉強。練習試合含めたら今週は4連戦だからね。


今日はアウェイ、明日はホーム&夜から大人リーグ、そして明後日はアウェイ、、、これに大量の宿題あるし、テストもあるしで今週はヤバそう。この週末も大会はナシの方向でいこうかなと。


そんなこんなで今朝の学校の駐車場でのこと。何台か前に停まった車から降りてきた可愛らしい女の子がこっちに気づき、ヤツが来るのを待って仲良さそうにふたりで談笑しながら校舎に入って行った。


キーッ、ムカつく!


その背中はまさにリア充であり、ハイスクール生活を満喫してる感にカチンときた!そりゃ、どんなに勉強が大変でいっぱいいっぱいでも、学校には這ってでも行くでしょって話し。こっちなんて山の中の男子校で、、、呪呪呪、、、

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。   
Posted by jinta2tennis_champ at 12:00Comments(0)

アスリートスチューデント。


昨日の学校のSNSにスポーツで奨学金を得た子達の写真が載ってました。野球、ソフト、サッカー、バレーボール、、、これがまたみんな良い体格して、モーレツな嫉妬しか感じないって話しw そんなこんなで昨日の続きですけど、、、


大学の奨学金も同じで、学業でもスポーツでも大学側は金銭に対しての見返りを求める。学業が優秀な子が世に出て活躍すれば大学の名前が売れるし、そういう人達は寄付という形で将来恩返ししたりします。スポーツの場合はもっと分かりやすくて、チームに貢献して大学の名前を上げていくってこと。


だからせっかくお金出してるのに、学業にいっぱいいっぱいでスポーツの成績がいまいちなんてのは本末転倒になるわけで、そりゃ学部制限もするって話しになる。もちろん成績ダメで試合に出れないのが続けば援助は切られるし、怪我したり不祥事起こしたりしても同じ。


例えばUCLAで1年にかかる費用(つっても休みがあるから実質9ヶ月ですけど)は6万3千ドルくらい。これを4年間で25万2千ドル。もちろんこれは最低限の見積もりだから、ざっと、、、


4年で3000万円!


*ちなみにコーチのカルーはUCLAからフルで奨学金を受け、キャプテンもつとめて、さらに勉強もダブルメジャーという鬼!それもトップの成績で卒業したんだってさ、、、化けもんですわ。


つっても何もかもをフルでオファー受ける(それもテニスのような少数精鋭の競技のみ)なんてのはトップ中のトップだけの話しですけど、もちろんそれでも当然のように3000万の見返りを求められる。


部内だけでも毎週のように順位戦があり、自分の位置を確保するだけでも大変。さらに外には世界中から集まった猛者がわんさかいるわけで、それのプレッシャーたるや半端ない。でも、大金を援助されるってことはそういうこと。甘いわけがないのです。てかさ、、、


学費高過ぎ!

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。   
Posted by jinta2tennis_champ at 03:01Comments(0)

2018年04月17日

血を流す。


つっても彼らは自分の親族からの資金を使ってるわけで、どんなに勝てなくとも誰に文句言われる筋合いはない。それはそれでアリだと思う。少なくとも自分達の血を流してますからね。


カルーだってそうで、UCLA卒業してプロ2年目。仕事しながらアメリカ国内の行ける範囲内でツアーをしてる。もちろんスポンサーゼロの自己資金であり、行ったからには簡単に負けて帰ってくるわけにはいかないのだ。だから彼は強いです。少ない大会数でも着実にランキングを上げていってる。


この感じが重要!


自分の身銭切って血を流して結果出して、「下で結果を出しました。ただ、ここから先には資金が必要なんです。お願いします!」なら筋は通る。それだったら首を縦に振る人も現れる可能性も高いでしょう。この順番を間違ってる選手がなんと多いことか!


我が子がプロに挑戦したいって言ったら?


自分ならまず自己資金で3年間ツアーできるだけの資金を準備をする。貯金で足りなければ、不動産を担保に銀行に借金でもなんでもする。自分の血を流さずして何かを手に入れることなんて出来ないでしょう?世の中そういうもん。てか、これカレッジだって同じだからね。


*続く、、、

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。 
   
Posted by jinta2tennis_champ at 11:53Comments(0)

スポンサー?


そんなこんなで、昨日も彼らと話してたんですけど、いつも言うんです「逆の立場になって考えてみなさい」と。例えば年間10万ドルのツアー資金を集めたいとして、3万3千ドルx3で三箇所から集めると仮定します。


3万3千ドルを個人で提供するとしたら、おそらく4万5千ドルから5万ドル稼いでないといけない。これが企業だったら倍は売り上げてないと無理。人件費やら諸々経費がかかりますから。


じゃぁ、その個人、もしくは企業の立場になったとして、夢見る若者が頭下げたからってお金出しますか?そう聞くとほぼ100%「No」って選手自身が言うんです。それくらい他人のお金を使うってことがどういうことか分かってないってこと。


例えに使って申し訳ないけども、その22歳でプロ生活4年で1万ドルしか稼げなかった子が来て、「夢の実現のためにお願いします!」って言ったって、まともな個人や企業だったらまず出しませんよ。社員が汗水たらして働いて売り上げたお金を、どこの馬の骨とも分からないプロ崩れに提供する経営者なんていませんって。


4年で1万ドルしか稼げなかった選手が、ツアーに年間10万ドル使えるようになったからって、急に覚醒するとは考えにくい。今までのペースだとブレークイーブンにするだけで40年かかるってこと。それじゃ世の中通りませんって。どう考えても収支が合わないw 下からヤバいのが毎年毎年どんどんどんどん上がってくるのに、それこそまさに無理ゲーってやつでしょ。


*続く、、、

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。   
Posted by jinta2tennis_champ at 03:39Comments(0)

食えない若者集うw


アーカンソー25Kはカルーが優勝!この27ポイントは大きいです。彼は年間通してツアーすることが出来る環境があれば、上のチャレンジャーでも通用する実力がある。資金が欲しいですよね〜、、、


そんなこんなで、昨日の午後はATP(最下層)ランカー達と一緒にトレーニング。昨日は20〜22歳の若手が6人来てたけども、全員スポンサーゼロで家族からの資金提供で生活してる。まさに食えない若者の集いでしたw


でも現実はあまりにも厳しく、まだ17歳のフェリックスがマスターズでプレーしてたり、昨今は若い選手の躍進が目覚しい。そんな世界で彼らがこれから飯を食っていけるのか?もちろんチャレンジし続ける限り可能性はゼロではないけど、その可能性は限りなく低いのは間違いない。全員がその国のトップジュニアだったにもかかわらずです。


例えば昨日のメンバーのひとりの22歳の彼、プロ転向して4年間での総獲得賞金は1万ドルちょっと。いくら男子の世界は厳しいとはいえ、これでは厳しい。「スポンサーがいればな〜」っていつも言ってるけど、そういう問題でもないと思う。そもそもスポンサーされるに足る選手なのかってこと。


*続く、、、

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。   
Posted by jinta2tennis_champ at 00:00Comments(0)

2018年04月16日

雲泥の差。


優勝したら27P、負けたら15P、、、


この差は大きい。アーカンソー25Kでカルーが決勝まで勝ち上がってますけど、さてどうなるでしょうか?下部大会は勝ち上がってもポイントが低いので、優勝と準優勝では雲泥の差。ここはきっちりと取っておきたいところ。


この大会、19歳のリフィスが準決勝まで上がってきてて、先日の25K予選で我が子と対戦したキルコブ(同じく19歳)がダブルス優勝。この子達もそのうち上がってくるだろうし、ほんと鬼がひしめく世界だなと。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。 
  
Posted by jinta2tennis_champ at 00:00Comments(0)

2018年04月15日

オヤジ、水に目覚める!


普段、水なんて飲まないですよね?


46年生きてきて今まで水を意図的に摂取するってことがほぼほぼ無かったんですけど(テニスでの待ち時間にヤバそうな時はさすがに飲んでました)、先週ちょっと胃のあたりの調子がイマイチで、「あぁ、これは胃ガンだな」って2000%確信したんです。そして、、、


復活!


ダメもとで試しに水を大量に飲んでみようと思って試したら、これがみるみる体調回復!で、ネットで調べてみたら自分の身長体重だと、1日に約2リットル半の水を飲むくらいでちょうどいいってことが判明。ただね、、、


オシッコが、、、


水の量と比例して、どうしてもオシッコが近くなって、車運転してても我慢できないレベルになる。問題はそれよね。昨日の夜もオシッコ我慢しながら寝てたしw てか、タイトルで胡散臭い水の販売とか始めたと思ったでしょ?


でもさ、水道の水でこんななるんだから、それペットボトル入れて健康水として売ったら儲かるんじゃね?実は同じLAカウンティでもうちのとこの水道会社の水はイケてるんですよ。他の地域の水道の水は飲めないけど、うちのとこのはアリなんです。インチキ商売しちゃおーかな?マジでw

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。   
Posted by jinta2tennis_champ at 07:44Comments(0)

小芝居。


今日は朝からクラスメートの家に行った我が子。スペイン語のプロジェクトの一環で、スペイン語での小芝居を自分達で撮って提出するらしい。わざわざ週末に、それもエントリーしてたMen's Open をウィズドローしてさ。鬱陶しいでしょう?でもグループプロジェクトだからしゃーない。


そういえば、以前にもたまたまケータイの写真をPCに移して、そこにあったファイル再生したら、我が子がスペイン語で小芝居をしてるというw ぜんぜん予期してなかったら、あれはちょっとウケたよねw それにしてもいろいろやることあって大変ですわ、アメリカの高校生。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。   
Posted by jinta2tennis_champ at 07:00Comments(0)

2018年04月14日

演劇とプロジェクトと。


今日はテニスは休んで、学校終わりで演劇部の公演を見てきた我が子(これも宿題絡みなんですけど)。演劇の前の仲間とのウェンディーズでランチが楽しかったらしい。テニステニスだとこういうのもなかなか出来ないから、たまにはね。


そんなこんなで、現在こちらは夜の10時半前ですが、今日も相変わらず大量の宿題&終わる気配なし。さらに明日はクラスメートの家にお邪魔して、課題のグループプロジェクトをするそう。ということで明日もテニスは休み。


あと7週間、、、


ソフモア(高校2年目)も残すところあと7週間となり、なんとかここは成績を保ったまま乗り切りたい。そして、それ終わったらハイスクール生活(4年間)も折り返しってこと。そして2年後の今頃には大学も決まってる(はず)。


これがもしテニスで入るならもっと早いわけで、1年後には決まってるってノリ。上位からどんどんスポットが埋まっていくし、ほんとのトップのトップはジュニア(高校3年目)が始まってすぐにサインしてると思う。


ということは、同じ年代のガチの有望株は、この夏休み明けの9月にサインするってこと。あっという間ですな。もちろんサインしたからといってそれが絶対ではなく、その学校の基準となる成績を満たせなければおじゃんにもなるから油断は出来ないわけですが。どうなるんでしょう?我が子。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。   
Posted by jinta2tennis_champ at 14:39Comments(0)

vs 内田


vs 内田


ヒッティングコーチのカルーがツアーからなかなか帰ってこないんですけど、これが彼の本来あるべき姿なのだ。今日はアーカンソーで第1シードの内田と対戦して勝ってた。とにかく今の彼に必要なのは連戦しての試合勘。


今までのように、ふたつ大会出て、また仕事戻っての繰り返しでは体力が追いつかない。ツアープロの体力はツアーすることでしか手に入らない。そういうもんだと思う。


現時点でも100から150位の実力はあると思うし、この流れでチャレンジャーレベルに上げていきたい。こういう選手にスポンサーが欲しいんだけど、、、テニスってそこらへんが難しい。テニスの実力はあるのにお金が無い。大変なスポーツだなと。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。    
Posted by jinta2tennis_champ at 01:38Comments(0)

2018年04月13日

サブマリン。


今日も走者一掃の三塁打だってさw この注目される状況でよくもまぁこれだけやるなと。まだ23歳って、、、ちょっと信じられないのだけども。でもこれがスーパースターってやつなんでしょうね(しみじみ)。でもオヤジ的推しは、、、


サンディエゴのサブマリン!


フィーバーがもうちょっと落ち着いたら、あっちにももっと目がいくと思う。アメリカには他と違うということに大きな敬意を払い、そして大げさなくらいに持ち上げてくれる土壌がある。大谷の二刀流もそうだけども、牧田のサブマリンも他とは違うからさ。パドレスには野茂や斉藤がいますし、牧田も良い球団選んだなと。


それはそうと、我らが巨人軍、、、寝る前にスコアをチェックしたら勝ってるのに、朝起きたら負けてる。昨日なんてあまりの眠気にスコア確認しないで寝たら、それでもやっぱり負けてるし。そりゃあんだけ打たれたら勝てないって話し。まだシーズン始まったばっかりだけども、まさかこのままってことないよね?

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。    
Posted by jinta2tennis_champ at 12:49Comments(0)

ミスコミュニケーション。


1時間の損!


今日は2000%アウェイだと思ってたのに、急に「ホームだよ!」って言われても困るのだ。夕方6時に電話あって「終わったけど、どこにいるの?」って、、、


家ですけど?」


うちは学校までどんなに飛ばしても45分はかかる距離で、夕方の渋滞あったら1時間では済まないレベル。朝の車中では話しの流れ的にアウェイのノリだったのに、それは来週の話しだってんだからビビる!


てか、誰が主導するべきイベントなの?ってこと。自分のイベントならそのスケジュールは自分で管理してこっちに伝えなさいよと。アホかとバカかと、、、エモやんもこの話し聞いたら絶対そう言うはずですよ、はい。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。    
Posted by jinta2tennis_champ at 11:56Comments(0)

オヤジ、追われる!


ヤバいヤツに追われましてね、、、


マジでヤバかったんです。って赤でデッカく入ったTシャツ着た男が、こっち見てたと思ったら急に追っかけてきてさ。変なのが迫ってきたらとりあえず逃げるでしょう?


町を命からがら逃げてたら向こうから、ってデッカく入ったTシャツの男が出てきて挟み撃ち。これもう完全にヤバい組織の一味なわけです。で、苦しまぎれに細い路地に入ったら、、、


行き止り、、、


ベタな展開だと心の中で思いつつも必死で逃げ道探したら、プリティウーマンに出てきた感じの、建物に設置されてる避難用のハシゴがあったから死に物狂いで登った。そしたらまさかまさかのってTシャツ着た組織の一味がそこに!


絶体絶命!


ここで目が覚めて、時計見たら深夜3時半、、、もうね、クタクタで寝た気がしないというw 4月17日が税務申告の締め切り日で、そのことで頭がいっぱいいっぱいだからでしょうね。この悪の組織が一番怖いから!

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。    
Posted by jinta2tennis_champ at 11:00Comments(0)

ハイスクールの現実。


なんだかんだで結果、昨日は深夜1時前まで勉強してた我が子。朝の登校時ですでにライフゼロであり、車中ではテニス勉強のはずが爆睡してしまい、、、果たしてテストは大丈夫だったのでしょうか?宿題に追われ、テストに終われ、果たして彼は何処に向かってるのか?!


そして今日も学校テニスは遠征であり、遅くに帰ってきてから宿題になるのだと思う。ということで、さすがに体力的にキツそうなので、明日のレッスンは週末にスライドしてもらって休む方向で調整。


無理ぽ。


これがアメリカのハイスクールの現実。成績成績、また成績、、、それもこれも大学のためって言うけども、じゃぁ大学ってなんなんだ?そんなこと言えるのは一握りの一芸に秀でる天才のみ。凡人が武装できるとしたら勉強しかないですから。アメリカンドリーム?そんなのありませんって。ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。    
Posted by jinta2tennis_champ at 05:19Comments(0)アメリカの現実

2018年04月12日

車と女の人と。


そういえば女性ドライバーってオイルチェンジとかどうしてるんですかね?ジンタ母は今までの人生でオイルチェンジを1回も自分の意思でしたことがないらしいのです。てか、オイルチェンジという概念すら持ち合わせてないっぽい。


いつもこちらから「何マイル走った?」って聞いて、その二日後ぐらいになって返答。日本でも運転してたはずで、「日本ではどうしてたの?」って聞いても首を傾げるだけw 


つっても、日本だったらガソリンスタンドでチェックして、上手いことやってれたりするのでしょうか?で、昨日もいきなり「運転席側の窓が開かなくなった」って言うんですけど、それって車屋さんに言うことなんじゃないですかね?


だからその、単純に女の人ってどうしてるのかな〜って思って。もちろん旦那さんの担当ってケースも多いのだと思うけども、独身の人だって運転してるし、彼氏が居ないって人もいると思う。来月には47歳になるってのに、世の中分からないことだらけですわ。女の人って意味不明だなと。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。    
Posted by jinta2tennis_champ at 15:22Comments(0)

スキル高し!


帰宅10時過ぎ、、、


今日も1日長かった。ヤツは帰りの車中で夜中12時締め切りの宿題を先に済ませたらしく、これから残りの宿題にとりかかるそう。宿題が終わる頃には間違いなく日付けは変わってると思われ、、、


そんなこんなで今日も大人リーグに参戦してきましたけど、先週に引き続きポジション1でガチンコ。それにしても上手くなったな〜としみじみ。ボレーもサーブももうジュニアのそれじゃないですもん。


取りにいかないと取れない!



とにかく相手は元〇〇ばっかりだから、ミスなんかしてくれない。アホ面こいて待ってたって1ポイントもくれませんから、とにかくアグレッシブに取りにいくしか道はなし。そんなレベルの人達に揉まれるから、そりゃ上手くもなるでしょって話し。ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。    
Posted by jinta2tennis_champ at 14:21Comments(0)

消えるジュニア。


昨日はハイスクールテニス(ホーム)終わって帰ってきて、そっから11時過ぎまで勉強してました。今日も学校終わりでヒッティングがあって、その後に同じクラブで大人リーグに参戦してから宿題。そして明日もハイスクールテニスで、今度はアウェイだから夜遅くなる、、、そして宿題。


諦めるか、、、


今週末はマネートーナメントに出ようと思ってたけども、ちょっと体力的に厳しいかなと。金曜日も予定ビッシリだし、土日に無理して試合して怪我しても意味ない。何かを手に入れようと思ったら、何かを差し出すしかありません。


いっつも大会で見かけてた子がハイスクールに入ったとたんパッタリと姿が、、、そんな子をたくさん見てきたけど、それってこういうことだったんですよね。ただ、そういう子達も大学の目処がついて落ち着いたらまた戻って活躍してますけど。今は耐えるしかない、耐えるしかないのであります。ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。    
Posted by jinta2tennis_champ at 12:00Comments(0)

今の子(個)。


やっぱりほら、オッサンってのは過去に縛られてるから、どうしても記録がどうとか考えてしまう。もったいないな〜って。でも本人にしたら、そんなこんなの諸々も「はぁ?」って話しなんでしょうね。まさに、、、


今の子(個)!


たった一度の人生なら、自分がやりたいようにやるのが一番。記録がどうとか、投手でとか打者としてとか、そんな小さいスケールではそもそも考えてないのでしょう。そりゃオッサンには理解出来ないって話し。


これから徹底的に研究もされるし、移動距離や時差、そして試合数は徐々に彼を削っていくでしょう。それもこれも諸々ひっくるめて、夏の終わりにどの位置にいるのか?興味は尽きない。ただ、シーズンの半分はLAなわけで調整はし易いと思う。ほんと良い球団選んだなと。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。    
Posted by jinta2tennis_champ at 00:54Comments(0)

2018年04月11日

雨のせいで、、、


やっぱりな、、、


先月の雨で流れたハイスクールテニスの2試合が、来週に無理やりねじ込まれた。通常は火曜日と木曜日が試合なのだけども、来週は月曜日も水曜日も試合に、、、困る。


実はどうしても出たいMen's Open があって、それが平日から始まるから学校テニスと丸被りになってしまう。去年はちょうど日本に初動負荷のトレーニングに行ってて出れなかったのです(初動負荷は相変わらずやってます)。だから今年はなんとしてでもと思ってたのに!


ほんと時間ないわ〜!

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。   
Posted by jinta2tennis_champ at 13:12Comments(0)

全部じゃん。


今日は学校テニスはホームゲームで6時過ぎに終わって、家に帰ってきたのは7時過ぎ。で、宿題は?っ聞いたら、マス、ケミストリー、ヒストリー、イングリッシュと明日のスパニッシュのテストの勉強ですって、、、


ぜんぶじゃんw


宗教以外の全教科じゃんって話し。この宿題地獄が毎日で、さらにそこに学校テニス、USTAのテニス、最近では個人授業もだし、ボランティアとか諸々を詰め込む。それでオールA取って、ACT(SAT)も高得点出す必要あるんですよ!?


地獄ですわw


つっても、これも大学行ったらこんなもんじゃないって聞いてるし、大学の予行演習と思ってやるしか道はないのである。これを経験してないと、大学入ってからギブアップするんですって。アカデミーとかホームスクールの子は、大学入ってからタイムマネージメントに苦しむケースが多い、、、そう聞いております。


二期連続で70点以下で退学、、、講義は寝てて、とりあえずテストだけギリって戦法が通用しないのがアメリカ。今日も年のころ中2って感じでしょうか?朝の10時前なのにグループで、銀行の駐車場にたむろってスケボーの練習してた。


カバンが放り投げてあるってことは、学校に行く体で家を出てきてるのでしょう。じゃぁ、親は知らないのか?そんなことはないはず。今はコンピューターで出席状況も全部チェック出来るから、そんなはずはないのだ。そして手にはスターバックスの高そうなドリンク、、、無関心なんでしょうね、お金だけ渡して。アメリカもたいがいだなと。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。   
Posted by jinta2tennis_champ at 12:16Comments(0)

歯の現実。


昨日、ジンタ母が歯のクリーニングに行ってきた。そんなこんなで、虫歯はゼロだったけども、前歯の裏側に微妙な欠け(こっから虫歯になる可能性がある)があって、それを治してもらって、、、


500ドル!


つっても、歯の保険ナシだからこんなもんでしょう。ジンタ母の希望としては、日本で治療した奥歯の銀の詰め物が気になるらしく、それを全部白いのにしたいらしい。それが1本800ドルで、8本として6400ドル、なかなかの値段である。でもやるつったらやる人だから、しゃーないw


予防のため!


日本だと治療しに歯医者に行くけど、こちらは治療というよりも予防のためって感じがする。歯列矯正もその流れで、あれは虫歯や噛み合わせの不具合による、健康被害を予防するためのもの。親知らずも歯列矯正前に先に抜いてしまいますし。


アホぼんが矯正してた時も下の1本が微妙にズレてたから、「ここはこれでいいんでしょうか?」って聞いたら、先生が丁寧に説明してくれた。歯列矯正ってのは歯の形とか噛み合わせとかを重視してて、綺麗に並んだからいいってものじゃないのだそう。見た目だけ求めるんだったらセラミックで十分だと。なるほどなって思いましたもんね。


だからこっちのジジババが死ぬまで自分の歯の人が多いのは、やっぱりそうやってメンテをしてきてるからなんだろうなと。つってもアメリカの医療全般にお金はかかる現実、それも凹むほどに。溜息しか出ませんわ。老後をアメリカの大都市で暮らすのは厳しいと思いますです、いやマジで。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。
   
Posted by jinta2tennis_champ at 11:00Comments(0)アメリカの現実

我が子、スカウトされる!


先週のボランティアの働きが認められて、市の偉い方に猛烈オファーを受けたという。先方はヤツを大学生だとずっと思ってたらしく、「卒業したら来なさい」ってw まだ15歳で運転免許もこれからって話したら「えっ〜!」ってなってましたけど。


使えるからw


ここしばらくずっと(オヤジの)秘書業務もどんどんさせてますけど、これがまた使えるんだ。親が言うのもなんですけど、組織は欲しがる人材だと思う。頭良いからね、ボーっとしてるようで実はって感じ。


「いつでも連絡よこしなさい」


そう言われてましたw でもほら、役所に勤めるなんてそう簡単なことではないし、誘って頂けただけでも有難い。ボランティア活動もこれで終わりでなく、まだまだイベントもあるでしょうし、今後もお世話になると思いますし。


5日間で50時間、大人からしたら普通のことですけど、ヤツにとっては世界が広がった濃い5日間だったと思う。戦没者のご遺族方ともたくさん話しをしたみたいだし、なにか彼なりに思うところはあったのだと思う。ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 00:00Comments(0)

2018年04月10日

急に。


38℃、、、


3月も、4月に入ってからも、ず〜っと涼しかったのに急に38℃っていったい、、、で、また数日したら涼しくなるって予報。オッサンもう急激な天候の変化とか無理だから。体がダルい、ダルいのであります。さらに春休みも今日で終わりで、明日からまた宿題地獄かぁ、ダルいな〜。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 13:49Comments(0)

シーズン30先発。


200イニング投げようと思うとシーズン30先発オーバーにはなる。勝敗は別として、シーズン通して200イニング超えたら一流と認められるのがメジャーの世界。で、超一流になるとそれを何年も続ける。でも今の登板ペースでは無理だしな〜。


バッティングだってピッチングとの兼ね合いがあるから、毎試合DHで出れるってことでもない。となると、規定打席に達するのかも分からないでしょう?これから地獄の移動と時差もあるし、シーズンが進めば疲れも溜まる。怪我のリスクも高くなる。メジャーのスケジュールって鬼だからさ。


いや、なにがあれって、野球ファンとしては二刀流も見たいけども、投手としてメジャー200勝も見たい!そしてメジャーで40本打つ日本人も見たい!あの松井でさえ30本だったけども、大谷のあのボールの上がる角度見たら、マジで松井越えもあるだろうって、、、


やっぱバッターとしてかな?


やっぱピッチャーは今後も凄いのが出てくる可能性はあるけども、メジャーで通用する長距離ヒッターってのはそうそう出てくると思えない。超一流のメジャーのピッチャーのボールをあの角度で上げるってヤバいよ、ヤバい。


もう我慢できないからこのフィーバーの波に乗っちゃおうかなとw まだその時じゃないって言ってたのが昨日の今日ですけど、もう我慢の限界なのであります。すみません、無理してましたw

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 00:00Comments(0)

2018年04月09日

藤浪。


大谷がまたエラいことになってますけど、今はフィーバーの状態。だから、あえて球場まで行って応援する必要もない。ただ、これからシーズンが進むに連れて移動と時差(最大3時間ですけど、この微妙な時差がキツいのです)が積み重なって、成績は少し落ちてくると野球バカ(自分のことね)は想定してます。


本気を出すのはそっから!


アナハイムスタジアムは近所で、我が家からフリーウェイで15分ほど。だから鼻息荒く毎試合でも行く気はマンマンなんだけども、今はその時ではない。てか、彼ならこのまま成績が落ちないって可能性もあるし、、、


「そのうちアジャストしてくるから待ってろ!」


スプリングトレーニングでの大谷を見て心配してた我が子に、自分はずっとそう言ってました(マジで)。ただ、こんなにも早くアジャストしてくるとは思いもしませんでしたけど。今日なんてパーフェクトゲームかな?って、こっちのファンもざわついたって話し。


なんなら藤浪もこっちでやったら良いと思う。これテニスでもそうなんですけど、大型選手を指導できる指導者って日本には居ないんじゃない?体格が日本の規格外だったら、指導も大型選手用でなければいけない。日本だと大型自体が少ないでしょう?でもアメリカだったら大型が普通ですから。


マジでこれってあるんですよ。野球でもテニスでも、大型の選手は大型選手用の指導がセットでないと潰れてしまう。メジャーのコーチだったらいい感じの感じに出来ると思うんだけどな〜、藤浪のこと。それか桑田が専属でつくかしかないんじゃない?いや、マジで。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 10:51Comments(0)

ユーチューバー。


今の子供達って、将来なりたい職業にユーチューバーが入ってるんでしょう?で、親が子供になって欲しくない職業の上位にユーチューバーが入ってるとかw ということはもうユーチューバーが職業として認めざる得ないとこまで来てるってことですもんね。いろんな道があるし、時代は変わるなと(しみじみ)。


実はね、オッサンもなんだかんだでお気に入りのユーチューバーとかいるからね。46の世間のことなんて何にも知らないオッサンさえ虜にしてしまうんだから、やっぱり才能はあるんですよね。昔だったらそういう人が芸能人になったんだろうけども、今の時代はユーチューバー、、、そりゃテレビなんて見ないよね、今どき。


そんなこんなで、我が家の丘ユーチューバーから5日間の勤務を無事に終えたとの連絡これあり。今日はジンタ母と一緒だから、おそらくそのまま直帰は有りえなく、どっかで外食でもしてくるんだと予想(っていうか確信)。てかさ、、、


誘われてないんですけど?


スケジュールは朝の時点で決まってるはずなのに、誘いがないってことはそういうこと。一緒の空間に居るんだからふたりの会話は自然と耳に入ってくるけど、最後の最後まで誘いこれなし。


つっても、ふたりにはふたりの世界があるんでしょうから、そこにわざわざ割って入っていくような無粋なことはしないのが江戸っ子ってやつ(バリバリの青森出身ですけど、気持ち的にってことです)。まぁ、いいんじゃないでしょうか。寂しくないつったらウソになりますがw


フツー、誘うよね?

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 09:33Comments(0)

勤務最終日。


5日間に渡って行われたベトナム戦争戦没者慰霊祭も今日が最終日。ということで、初日の会場設営から携わったヤツも今日が勤務最終日。当初の予定では今日は朝8時からのはずだったのに、照明の撤収があるってことで早朝6時半から出動。


初日は会場設営を完成まで手伝い、2日目からがイベント本番。戦没者の名前が刻んであるプレートの場所に、ご遺族を案内する役目をしてた。そして、今日の午後の閉会式でイベントを終え、夕方から撤収作業に入るのだそう。


延べ50時間、、、


この5日間で50時間以上働き、さらに今朝は予定よりも早く出かけるという。もちろんこれはボランティア活動であり、金銭は一切発生しないのだけども、それでも行くってのは何か思うところがあるのでしょう。


これもあたかもすべてセッティングされてたかのごとくのとんとん拍子でしたが、実際はただただ導かれるままにw、、、ナショナルやらインターナショナルチャンピオンシップやら、大きな大会をスキップしてでもやった甲斐があったかなと。ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。
  
Posted by jinta2tennis_champ at 01:29Comments(0)

2018年04月08日

赤点の現実。


A 90−100

B 80−89

C 70−79←ここ狭い

D 60−69

E 50−59

F 49−0


ざっくりこんな感じだったと思う。てか、ずっと思ってたんですけど、アメリカって日本の通信簿で言うところの3の範囲が狭く、授業についていけばければどんどん切り捨てられていく。そこらへんは見事なまでに無慈悲&融通が一切利きません。


だからナショナルとかで授業に開けたりすると、成績を戻すのがキツい。もちろん休んでる間の課題は持たせてくれるように各先生に交渉するんだけども、それが提出されて先生の評価がつくまではFになるから、その間は全体の成績もドカンと下がる。さらに、、、


70点以下は赤点!


日本人にしたら70点なら3の感覚だけども、アメリカではアウト。ちなみに、2セメスター連続でC以下だとヤツの学校では転校(実質の退学処分)を促され、大学だったら容赦なく退学という現実。これがアメリカの大学は出るのが大変という所以。


中間期末はもちろんのこと、抜き打ちテストや小テスト、さらに日々の宿題や授業での課題まですべてがAからFの評価が付けられる。授業は短期間でエゲつないスピードで進んでいくし、毎日大量の宿題があるから、セメスター中は気の休まることはない。求められるのは、、、


継続。


テストで一発逆転とかないシステムだから、学校のある間はず〜っとテンション高くしてる必要がある。そりゃドロップアウトもするって話し。学校行かずに、朝からコンビニの前でたむろしてる子とかたくさんいるけど、この切り捨てられた子達はどうなるんですかね?、、、アメリカの闇の部分ですわ。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 10:00Comments(0)アメリカの現実

洗練。


今日は仕事前に2時間ほど練習していきましたけど、テニスのレベルはかなり上がっており、動きが洗練されてきてます。このタイミングでたくさんボールを打ちたいところだけども、なんせ時間がないんだよな〜、、、なかなか思うようにはいきませんな。ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 08:45Comments(0)

2018年04月07日

現実シリーズ。


”アメリカの現実”シリーズでも始めようかなw


ヤツの大学進学に関する記事が多くなってきてるせいか、ここ最近、留学とかアメリカの生活等もろもろについてメール頂いたりしてます。わざわざメールくれるってことは本気なんでしょうから、せっかくだから幻想ではなく、そのまんまの現実をお伝えするようにしてますけどね。


良くも悪くもオブラートに包むのが日本の文化。だからアメリカ式にハッキリ言うとビックリされたりするんですけど、でも現実は現実ですからね。外国なんか住むもんじゃないですよ。日本人は日本に住むのが一番、、、そう思うのであります。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 09:59Comments(0)アメリカの現実

USC vs UCLA


USC vs UCLA


今日はUSC vs UCLAだったので見に行く予定にしてたのですが、ヤツの仕事が入ったので断念。そして、夜からはロングビーチ大の男子バレーボールも予定してたのに、それも断念せざる得ない悲しい男。


そんなこんなで、ヤツの春休みは仕事に明け暮れて終わる予定。これも今やっておかないと後で大変になるからしゃーない。テニスばっかりしてるわけにはいかないのである。


ハイスクールではたくさんやることがあるので、優先順位をつけてそれを徹底的に守っていかないと間に合わない。そういえば、去年の春休みは日本行ってたんでした。あれからもう1年かぁ、、、時間がないね。ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。
  
Posted by jinta2tennis_champ at 08:58Comments(0)

2018年04月06日

多面的要素。


アメリカって勉強だけとか、運動だけってのはあまり評価されず、大学なんかでも多面的な要素を求める。だからこその12時間労働!大学のアプリケーションに、ボランティアインターン経歴を書くための活動をしてるのです、少しでもアピールになるように!


フィギュアスケートのオリンピックアメリカ代表のネイサンチェンが、超名門イェール大(アイビーリーグ)に合格したってニュースを見た。アメリカのトップ大学に入るってことは、そんな超人レベルの人とガチンコするってこと、それが現実。


トップの大学を目指す子達は、勉強がアホほど出来るのは当たり前。SAT(ACT)でほぼ満点の人達での戦いであり、そしたらなにか他で勝負出来るものがなければ負ける。奇跡なんてないし、凡人は形振りかまってられない。


よくアメリカの大学は出るのは難しいけども、入るのは簡単って言うけども(自分もそう思ってました)、そんなのはウソっぱち!実際は入るのも出るのも死ぬほど難しい。現代っ子も大変だなと、、、ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 13:12Comments(0)

瀕死。


我が子、瀕死で帰還、、、


フラフラで鬼の12時間勤務から帰ってきましたw  体力はあるはずなんですけど、さすがに今日は顔色も悪いw 今、山盛りのカレーを食べてるっていうか、バキュームしてます。仕事は金土日と、まだあと三日間続く。我が子、頑張れw ジンタの修行は続きます。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。  
Posted by jinta2tennis_champ at 12:42Comments(0)