2020年05月29日

普通ではない普通。


同じクラブに通っていつも一緒に練習してる子が、某テニスサイトで記事になってたりするんですけど、彼は9月からMIT(マサチューセッツ工科大学)に行くことが決まってます。世界中のトップが集まる大学ですね。SAT1570点、GPA4.7、、、こんなウソみたいな成績も彼は必死こいてる様子も一切なし。


ただ、テニスの世界にいるとこれがある意味デフォというか、まわりがこんな話しで溢れてるから感覚が麻痺する。だからボンにとってはそれが普通のことであり、一般的には普通ではないものを普通として過ごしてきた。壮大な勘違いをしながらボンは成長してきたわけなんですねーw


もちろん親はそれが普通ではないことは知ってたけども、本人がそこに気づいてないんだったらシメシメ。確かにお金はかかったけども、ヤツの希望する道(教育)を与えれるよう多少の親の犠牲はいとわなかった。野球だったらこうはないってないんだよなー(キッパリ)。


野球のトレーニングしてたのに年齢制限でチームに入れず、そんな中でたまたま出会ったのがテニス。その後も幾度となく野球に誘導しようとしたけど、なんだかんだで本人はテニスの方に寄って行った。経済的に庶民がテニスを続ける難しさはあったけども、今思うとそれが結果オーライだったんですよね。


ほんとテニスで良かった。

ニスブログランキング参加!一日一回応援のワンクリックをお願いします。

Posted by jinta2tennis_champ at 00:00│Comments(0)