サクラ咲く・・・

セレッソ大阪に関する徒然を 思いつくまま綴ってます・・・

まずは川崎フロンターレ優勝おめでとう !!!

あれだけ広島に離されながら逆転しての連覇 お見事です
セレッソもカップ戦のタイトルは手にしたがリーグ制覇も是非成し遂げて欲しいです

これで川崎には今季3戦負けなし

目の前で川崎の優勝を許したことは悔しいがチャンピオンチーム相手に
最後粘って勝ち切り勝点3を積み上げることができた

怪我で離脱していた陸が早くも復帰

それとスタメン発表時点では高木が先発だったが試合前の練習中のどこか痛めたらしく
急遽、亜土夢が先発に入った…亜土夢は先制点のアシストを始めいい仕事してくれた

やっぱり引いて守ってくるチームより川崎のように攻めてくるチームの方が戦い易い
前半はお互い攻めながら五分の戦いでスコアレスで終了

後半に入って試合が動いた!

55分、ジンヒョンが素早いロングスローを丸に送ると健勇を経由して左サイドの亜土夢へ
亜土夢はよく見て健勇にグランダーでマイナスのクロスを送った
ボールを受けた健勇はDFと競りながら素早いシュートで先制ゴールを決めた
これで健勇が目覚めてくれたらいいのですが(ちょっと遅すぎますが!)

65分、今一つフィットしない曜一朗にかえて山村を尹ちゃんが投入してきた
てっきり守りを固めて3バックにするかと思ったら山村は前線に入った
(その起用が最後には歓喜の瞬間を産むのですが・・・尹ちゃん大当たり!)

このまま1点を守って勝利…かと思っていたら試合終了間際に痛い失点

水沼の自陣ゴール前から不用意なバックパスを相手に拾われ大ピンチ
達也が体を張って止めに入るが止めきれず
最後ジンヒョンがファール覚悟で相手を倒して止めたがPKの判定
家長にPKを落ち着て決められ同点になってしまう

川崎は引き分けでも優勝が決まるためそのまま試合を終えようとしていたが
アディショナルタイムも残りわずかになったところでこれも交代で入った
福満が一気にボールを持ち込み真ん中でフリーとなった山村にクロスを入れた

山村がダイレクトでそのボールを見事に川崎のゴールに流し込んで勝越し!
その直後主審の長い笛が響き首位川崎に勝利することができた

今日は亜土夢、山村、福満と尹ちゃんの采配がピタリと当たった気持ちのいい試合でした



今回のアルバムはこちらからどうぞ!川崎優勝おめでとう!の163枚です

次節はホーム最終戦 相手は降格圏で苦しむ柏

セレッソの手で引導を渡して勝点3を積み上げて欲しいと思います

台風の影響で延期になった名古屋戦

開催がヤンスタからキンチョウスタに代わったため二度目のラストマッチとなった

ラストを勝利で飾って終わりたかったが悔しい0-1で敗戦


キヨは今節もベンチ外…予想以上に重症なのかな?

水沼がサイドに入ったが昨年あれほど大きな仕事を沢山してくれた面影もない
簡単にボールを失うしチャンスに結び付くクロスも上がってこない。。。
福満を先発で使った方が良かったと思う人も多いのではないでしょうか

今回も攻め込む時間も多くチャンスも作ったが決めきれずにいると
カウンターからワンチャンスを決められ失点 … ほんまワンパターン!

ボールを持つ時間は多く攻め込む機会も多かったが
手数をかけすぎるため時間がかかり相手ゴール前で停滞してしまう
その隙にボールを奪われ一気にピンチになるパターンが今節も目立った
裏に抜ける動きも少ないしもっとシンプルに縦に早いプレーをした方が
相手も脅威を感じるのではないかと思う

後半健勇がGKとぶつかって倒れピッチが出て心配したが治療後戻って来て一安心

しかし、試合後の姿を見ると右目が大きく腫れあがっていた
週末には川崎戦が控えているため心配…これ以上怪我人は堪忍してください



試合後には玉ちゃん、アーリア、武田のセレッソOBが揃って挨拶に来てくれた

勝点3をプレゼントして名古屋の残留に貢献できてよかった (そんな訳ないやろ!)

試合後にはスタンドから大きなブーイングが飛んでいた

勝てるチャンスがある試合を落とし続けているだけにサポのフラストレーションも
相当溜まっているのでブーイングもやむ得ないでしょう

今回のアルバムはこちらからどうぞ! ラストを飾れなかった123枚です

これが本当のキンチョウスタ・ラスト

生まれ変わって素晴らしい姿で帰ってくる日を楽しみに待っています…

残り3試合 うち2試合はホームで戦える

目の前で川崎の優勝は見たくないので死ぬ気で頑張って欲しい
勝点9取りに行くぞ!

週末にACLの決勝を控えた鹿島はほぼターンオバーのメンバー

セレッソは陸に代わって田中が入ったほかキヨが足の違和感でベンチ外となった

昌子、小笠原を除き9人を入れ替えて来た若手中心の鹿島に負けるわけにはいかない!
勝点3を積みあげて順位を上げるチャンスだったが…

試合慣れをしていない選手が多い選手が多い鹿島に対してセレッソが優勢に試合を
進めるが今日もゴールが遠かった。。。

曜一朗、健勇がポストに当てる惜しいシュートもあったがゴールを奪えない

どちらが決まっていたら違った試合展開になっていたと思うだけに悔しい

後半が始まってまもなく思いがけない形で鹿島に先制点を奪われてしまう

56分、セットプレイのボールをジンヒョンが弾くがそのボールがゴールライン上に
慌てて空中で欠き出すがラインを割ってゴールの判定・・・本当に入ってたのか?
真横で見ないと分からないほど微妙な判定だったがほんとビデオ判定が欲しい

その後もチャンスを作って鹿島のゴールに迫るが決め手を欠きそのまま試合終了
キヨがいたら勝てたかもしれませんね!



下を向いていても仕方がない

残り4試合…まだ3位の望みがある以上気持ちを見せて戦って欲しい

火曜日は台風で中止になった名古屋戦がキンチョウスタである

これが本当のキンチョウ・ラストマッチになるが気持ちよく勝って締めくくりましょう

ヒヤヒヤ・ドキドキしたけど、よ〜く勝ってくれました

耐えて耐えて終了間際のワンチャンスを物にして9月1日浦和戦以来の勝利

曜一朗と健勇が戻ってきました!

脱臼の手術を回避してこの試合にかけて来た健勇と思いを秘めた曜一朗に期待
離脱した松田に代わって田中が右に入った・・・

尹ちゃんはここまでやってきた3バックから4バックに戻してきた
先発でCBに入った達也がいい働きをして再三のピンチを救ってくれた

セレッソの方がボールを持つ時間が長くゴール前までは迫れるがそこから進めない
FC東京は引っかけて奪ったボールを素早く前線の2トップにつないでくる
どちらかと言うとセレッソがボールを持たされている感じで
縦に早い東京の攻撃が怖かった

特に後半は一方的に攻め込まれ耐える場面が続いたが終了間際に歓喜が待っていた

試合残り時間もあとわずかこのままスコアレスのドローでOKかと思ったが
86分、自陣ゴール前からのからのロングボールを健勇が相手選手と競り合いながらも
粘って右に出したボールに水沼が追いつき切り込んで撃ったシュートは相手選手に
当たるがそのボールがファーに詰めて来たキヨのもとに・・・

キヨがダイレクトボレーで撃ったシュートは相手選手をかずめゴールに飛び込んだ
攻め続けられた中でワンチャンスを決めた起死回生のゴラッソでした

最後はソウザに代えてオスマルを入れ守りを固め逃げ切った久々の勝利決めた!



2トップの二人にゴールはなかったがフルタイム出場したことが大きな意味がある

残り試合は少ないがこれからの試合きっとこの二人がやってくれると信じてます

この1勝は本当に大きい!

選手も自信を取り戻したと思うし3位の目標まであと一歩と迫ることができた
「今日の勝利で、もう1回上位に食らいついていく土台を作ったと思います。
この機会を絶対に逃さないようにしないといけないと思いますし」と尹ちゃんも
コメントしているが今日も勝利を無駄にしないように次節も勝点3を積みあげて
欲しいと思います

負けた気がしないけど勝てるとは思えなかった試合

もったいない失点が決勝点になってしまった何とも悔しい敗戦

練習に参加したと言う情報もあったがやはり曜一朗はベンチ外

代わって水沼が先発、ベンチには久々澤上が入った

来年は年号が変わるためこれが平成最後の大阪ダービー

35000人に迫る観客が入ってコレオグラフィも綺麗に決まった
(ガンバの方の大阪の文字のコレオはもう一つでしたが・・・)
PRIDE! … 選手に伝わらなかったのかな? もっと熱い試合が見たかった!

台風接近で悪天候を心配したが、何のことはない晴天で灼熱地獄

ひどい暑さが選手の足を引っ張ったかな? 全然走れてなかった

キックオフ直後にセレッソにチャンスが訪れソウザがゴール!
…っと思ったがオフサイドで幻のゴールになってしまった
ゴールにはならなったがスタンドはソウザのプレーで一気にヒートアップした

しかし10分過ぎに陸が足を痛めて急遽高木に代わった

ベンチに戻ってアイシングしていたがどうやら筋肉系の故障のようだが
重症ではないことを願います

陸の離脱は痛かった!
高木もサイドをやったことはあるようだが陸のようにライン際を駆け上がり
クロスを入れるようなプレーは見れなかった

前半、両チーム攻め込むが決め手を欠きスコアレスで終了かと思ったら

アディショナルタイム、遠藤からのロングボールが裏に抜けたアデミウソンに渡り
ジンヒョンと1対1になり前に出て来たジンヒョンの上をふわりと抜けるループシュートを
打つとそのままゴールに吸い込まれていった

ジンヒョンが出すぎたかもしれないが、まあ決めたアデミウソンの技ありですね

交通事故のような失点で後半に巻き返せると思ったが東口のファイセーブ等もあり
1点が遠く最後までガンバのゴールを割ることができなかった

後半のアディショナルタイムは6分もあり前節のように最後に追いつくことを願った

最後のコーナーキックの場面ではジンヒョンもあがりセレッソのゴールは無人状態に

今回のアルバムはこちらからどうぞ! 何とも悔しい173枚です



なんともやりきれない敗戦だが大事なことは連敗しないこと!

次節は曜一朗も復帰できると思うので絶対取り返して欲しいと思います

ルヴァンカップも含めて今年4戦目の湘南 

正直負けたかと思ったが最後の最後にやっと追いついての引き分け

健勇が復活! と思ったら曜一朗がいない

曜一朗はどうやら怪我らしいが今年は稼働率が低すぎ
故障から一人戻ってきたら一人出て行く・・・ほんとメンバーが揃わない

試合開始早々6分にセレッソにとって痛いアクシデントが発生

健勇が相手選手との接触で肩を痛めて高木に交代
ロッカールームに下がって心配したがその後、腕を吊ってベンチに
戻ってきたので重症ではなさそうだが脱臼かな?
足の指の骨折の痛みもまだ残る中の出場だったが健勇の早々の離脱は痛かった

湘南は相変わらず前からプレスにくるし戻りも早い
それでもセレッソが優勢にボールを回して湘南のゴールに迫るシーンが多かったが
ゴール前を固める湘南の守備を崩しきってのゴールができない

前半を両チームスコアレスで終え後半に入ったが流れは前半と同様にセレッソが
細かくパスを繋ぎながら湘南のゴールに迫りキヨ、オスマル、ヨニッチらが惜しい
シュートを放つが決めきれない

このまま引き分けかと思ったが湘南がワンチャンスを生かして先制

87分、松田の中途半端なクリアボールを拾われゴール前に送られたボールを
相手DFの選手に決められて先制を許す

アディショナルタイムも残り僅か・・・最後の最後にソウザが決めてくれた

これがラストプレイ…ジンヒョンも上がってきた!!
丸の蹴ったコーナーキックはゴール前で混戦となり転がったボールを
最後ソウザが押し込んで貴重な同点ゴールを決めた



タイムアップと同時に多くの選手がピッチに座り込んでしまう激しい戦いだった

勝点1を拾ったことで暫定ながら4位に浮上・・・
勝てなかったことは悔しいが勝点1を得たことを前向きに考えて次行きましょう

改修前のキンチョウラストマッチ 勝って終わりたかったが惜しくもドローで終わった

先制されるも追いつき攻めに攻めたが追加点を奪えず…

健勇の怪我で曜一朗1トップにその下に高木と山村が控える布陣

健勇、キヨを欠くメンバーで不安があったが曜一朗が攻撃に専念できるように
したことで何度もチャンスを作ることができうまく機能していたと思う

やっぱり丸が左サイドに入るとサイドからの攻撃に迫力が出る

ポイチさん一度代表で使ってみてください ええ仕事しますよ!

試合はセレッソが優勢に進め何度も磐田のゴールに迫るが
カミンスキー・・防ぎすぎ!
磐田の体を張ったシュートブロックにも泣かされた

前半を両チームスコアレス終え後半に入るが前半とセレッソの優勢は変わらず
しかし思わぬ形で磐田に先制点を許してしまう・・・

55分、右サイドから入れられたクロスが伸びてジンヒョンがキャッチ…だと思ったが
ジンヒョンがファンブルしこぼれたボールをダイレクトで合わされ先制点を献上

直前に木本が足を痛めピッチを出ていた時間に決められたことが痛かった
一人少なくなって守備が手薄になったところを突かれてしまった
(ジンヒョンも雨で滑るとは言えあんなイージーボールを落とすなよ!)

先制され攻撃のスイッチが一段と入り磐田のゴールに迫って行くが決めきれない
嘉人がソウザのシュートを顔面でブロックして防いだシーンはちょっと笑えたが
それだけ磐田の選手の気持ちが前面に現れていた証なんでしょうね!

今日も得意のセットプレイからセレッソのゴールが産まれた

78分、ソウザがニアに蹴ったコーナーキックのボールをオスマルが綺麗に合わせゴール
それまでにも何度かニアにソウザがいいボールを蹴っていたが見事にはまったゴールだった

同点に追いつきキンチョウスタは最高の雰囲気に!
勝ち越しを決めるためにそれまでにも増して圧力を高め仕掛けるが
最後まで磐田の厚い守備に阻まれドローで試合終了

幻となったオスマルのシュートは本当に惜しかった!

これ、本当に入ってないのかな?
ゴールラインテクノロジーかVARがあればゴールの判定になっていたかも?



試合後ちょっと心温まるシーンがあった

試合後、曜一朗が嘉人とのユニ交換、ナナミへの挨拶を済ませサポへの挨拶に向かったが
磐田サポが掲げてくれた「関西を元気づける弾幕」に気づき磐田のゴール裏に・・・
セレッソの選手がゴール裏に向かって挨拶を行うと「セレッソ大阪」をコールが飛んだ
それを受けてセレッソのゴール裏からは「ジュビロ磐田」のコールが返された
リーグ戦ではめったにないエール交換で雨で寒くなった体が少し暖かくなった

これで暫くキンチョウスタとはお別れ!

キンチョウスタの開幕戦もドローだったがラストマッチもドローで終わった
負けない力を与えてくれるスタで色々な思い出があるが大きくきれいになって
さらにセレッソに力を与えてくれるスタとなって帰ってくる日を楽しみにしています

第二戦は2-2で引き分けたが、二戦合計2-5で準々決勝敗退

第一戦終了時の結果でほぼ敗退は決定的だったので落胆はしないけど
去年のような喜びがもう味分けないのはやっぱり寂しい・・・

代表を辞退した蛍が先発、ドンヒョンに代わって山村も先発

曜一朗はベンチスタートになってけどコンディションを考慮したのかな?

4点差をつけて勝たない限り準決勝に進めないため攻めるしかなかったが

25分、まずは高木が先制ゴール決めた


これで少し希望が見えたが早々に同点にされてしまう
31分にソウザから蛍へのパスをカットされそのまま一気に持ち込まれて同点に…

しかし、その4分後にソウザがまた豪快なミドルを叩き込んで2-1とする


リードを奪ったことで消えかかった希望の灯が再度点灯したが
前半終了間際の44分にキヨがペナルティエリアで相手選手を倒してPKの判定
これで2-2となりアウェーゴールを2点も決められ事実上ここで試合が決まった


後半、福満に代わってドンヒョンを投入するが追加点を奪うことはできず
そのまま2-2で試合終了…連覇の夢は途絶えてしまった



蛍、山村が戻って来た事が唯一明るい話題かな


天皇杯、ルヴァンカップともに終わってしまい残るはリーグ戦のみ

まだまだACL圏内を狙える位置にいるので残り試合全力を尽くして欲しい
澤上も練習には参加しているようなのでこれから期待してます

第2戦 4点差をつけて勝たないと準決勝進出できないことになってしまった

今のチーム状況考えると湘南に4点差以上つけて勝つことまず無理なので
今年のルヴァンカップは事実上終わってしまいましたね!

健勇、ジンヒョンを代表で欠き、丸、蛍も出れない状況ではこれがベストメンバー?

ドンヒョンが久々のメンバーに入ったのはいいことだが、山村を先発で使った方が
良かったのではと思う人も多いのでは・・・

攻守に渡って湘南が圧倒していたのでこの試合結果も当然

気持ちの面でも湘南の選手の方が勝っていたように見えた
湘南をなめていたわけではないと思うが全く勝てる気がしなかった



第2戦、4点差をつけて勝たない限り準決勝に進めない

わずかな希望にかけてフルメンバーで戦いに行くのか
リーグ戦優先で若手を使っていくのか尹ちゃんの判断が気になる
蛍、丸が戻ってくればやれる気もするが現状では難しいか。。。

見事なカウンターで先制された時にはどうなるかと思ったが・・・

前半の内に追いついて見事な逆転勝利!
もう埼スタはセレッソにとって「聖地」になりましたね

試合開始直前に激しい雷雨で30分遅れてのキックオフ

後半にはまた激しい雨になって心配したけどよく耐えてくれました

曜一朗が久々の先発、しかし体調不良の「丸」と足の不調で「蛍」がメンバー外に

二人ともこれまでかなり無理をしてきたと思うのでしっかり休んで欲しい
丸の代わりに田中が入ると思ったが尹ちゃんは片山を指名
蛍に代わってオスマルがソウザとボランチを組み達也がCBで先発
山村も曜一朗と同じく長いお休みが明けてベンチに入ってきた

前半だけの出場になったがやっと曜一朗がピッチに戻ってきてくれた

やはり曜一朗が入るとパス回しに幅が出てチャンスが増えてくる
次節からはフルタイム出場できそうなので健勇、曜一朗、キヨの絡みに期待してます

左サイドで先発した片山だがゴールに絡むいい活躍を見せてくれた

試合開始直後はドタバタする場面もあったが時間が経つにつれ連携が良くなってきた
得意技の超ロングスローを活かす場面はなかったが尹ちゃんの期待に応える働きを
見せてくれた

試合開始早々、浦和の得点源にもなっているファブリシオが足を痛めて交代になり
セレッソのとってありがたいと思ったが代わって入った李に見事なカウンターから
先制点を決められガックリ

しかし今日もセットプレイからゴールが生まれ前半の内に追いつくことができた

29分、片山が中央のFKからのボールをゴール前に絶妙なカーブのロスを送った
そのボールを木本が頭で折り返し健勇が撃ったシュートのこぼれ球にオスマルが
合わせて貴重な同点ゴールが決まった
オスマルはこれがリーグ戦初ゴール いい仕事をやってくれました!

ハーフタイムの尹ちゃん修正が効いたのか後半開始からセレッソのいい動きが目立った
そして衝撃のゴールでセレッソが逆転する

53分、健勇から木本と繋いだボールを受けたソウザが放った豪快なミドルシュートが
浦和のゴールに付き刺さった 解説者もびっくり・絶賛の超ゴラッソだった

しかし、試合時間もまだ30分以上残っていて1点差では危ないと思ったが
ジンヒョンのファインセーブ等もあり何とか逃げ切って勝点3を積み上げることができた



蛍、丸抜きで勝てたことは非常に大きい 順位も5位に上げることができた

3位との勝点差はわずか2 他チーム結果次第では次節で3位浮上もありうる
ルヴァンカップ準々決勝を挟んでの次節になるがうまく選手をやりくりして
連勝を決めて欲しいと思います

↑このページのトップヘ