サクラ咲く・・・

セレッソ大阪に関する徒然を 思いつくまま綴ってます・・・

椋原健太選手 サンフレッチェ広島へ期限付き移籍のお知らせ

弊クラブ所属DF椋原健太選手がサンフレッチェ広島へ期限付き移籍することに
なりましたので、お知らせいたします。なお移籍期間は2017年8月16日〜2018年
1月31日までとなります。なお椋原選手は、移籍期間中、セレッソ大阪と対戦する
すべての公式戦に出場することができません。
椋原選手のプロフィール、コメントは以下の通りです。

≪椋原 健太(むくはら けんた)選手プロフィール≫
■生年月日:1989年7月6日(28歳)
■出身地:東京都
■身長/体重:172cm/64kg
■ポジション:DF
■経歴:FC東京U-18 ('05)→FC東京 ('08)→セレッソ大阪 ('13) ※期限付き移籍→FC東京 ('14)→セレッソ大阪 ('15)

■出場記録: 
◇J1リーグ戦  61試合出場(1得点)
◇J1カップ戦  26試合出場(0得点)
◇J2リーグ戦  43試合出場(2得点)
◇J3リーグ戦  16試合出場(0得点)
◇天皇杯     18試合出場(0得点)

■椋原選手コメント
「セレッソ大阪での時間は自分にとってとても大切なものになりました。
セレッソ大阪と大阪の街がとても大好きになりました。サポーターのみなさまには
楽しい時も、辛い時も、支えていただき感謝しています。これからも引き続き僕の
大好きなセレッソ大阪を応援していただけると嬉しいです。
本当にありがとうございました」


最近はトップでの出番がなくU23でのOAがメインになっていたので移籍もやむないのかな?
一度FC東京に戻ったにもかかわらず完全移籍で戻ってセレッソ愛を感じさせてくれました
背番号33にもこだわりがあってサポに愛される選手だった
出番が回って来なくても腐らずに努力を続ける姿勢はチームメイトにも伝わったはず

苦戦している広島でもその器用な能力でJ1残留に貢献できると思います
コメントを読む限り戻ってこない気がしますが広島のサポにも愛される選手になって
欲しいと思います

清原、丸岡に続いてムッくんも出て行きましたが加入してくる選手はいないのか???
18日までまだ時間はある
即戦力の頼りになる選手加入のニュース待ってます!

非常に痛いニュースがクラブから発表

山村和也選手の負傷について


弊クラブ所属MF山村和也選手が8月9日(水)に行われた2017明治安田生命
J1リーグ 第21節清水エスパルス戦で負傷し、以下のとおり診断結果が出ましたので
お知らせいたします。

■傷病名:左膝内側側副靭帯損傷
■全 治:5週間


いたたたた! 5週間ですか。。。
起こってしまったこと悔やんでも仕方ないのできちんと治療して
完全な状態になって戻って来てほしいと思います

しかし困りましたね。。。
代わりが「リカちゃん」しかいない
キープ力、決定力がヤマムーとは段違いに寂しいですからね。。。

キヨがいればヤマムーの位置に入れれば問題なく対処できると思うけど
未だ復帰の目途が立っていないし・・・

こうなったら曜一朗をトップ下に入れて左関口、右水沼で行くしかないのかな?
でも、尹ちゃんはリカちゃんを使うんだろうな〜
リカちゃん覚醒してくれればいいけど・・・無理でしょうね

ここは尹ちゃんの采配の手腕が問われる場面ですね
この程度のピンチを乗り切れないようでは先はない。。。

週末の磐田戦…尹ちゃんがどんなメンツ、編成で行くのか楽しみにしています
案外、何事もなかったかのように勝点3持ち帰ってくるような気もしますが…

相手の清水は怪我人続出で「飛車角金銀抜き」の状態なのに。。。

前半の2点で気を抜いてしまったのか、後半あっという間の3失点で痛い痛い敗戦

前節お休みした山村が先発復帰、我らのリカちゃんはベンチスタート

清水はベンチメンバーにユースの選手を入れないといけないほどの緊急事態

しかしこのピンチがかえって清水の選手に火を付けたのかもしれない
ガチガチに引いて守りを固めてくると思っていたが試合が始まってみると
セレッソの方が押し込まれる場面も。。。

清水のゴール前はコバさん仕様でがっちり固められていたがサイドから展開して
攻め込む場面が増えて来た

そして、復帰したヤマムーが今日もやってくれました!

24分、コーナーキックをボールを田中が折り返すと山村がダイレクトボレーで先制
33分、今度は丸が蹴ったフリーキックを木本が頭できれいに合わせて追加点
この2点で試合は決まった! …っと思っていました
少なくとも後半が始まるまでは…

後半、コバさんはどんな魔法をかけたのか?
自陣ゴール前で押し込まれたところで田中が相手選手を倒してしまいPKを献上
この1点で清水の勢いが一気に高まりセレッソはズルズルと下がってしまい
その後、2点目3点目を続けざまに取られ何とも情けない逆転負けとなってしまった

最近失点が増えているが失点後バタバタして守備のリズムを崩してしまい
追加点を取られることが多い
達也がいないことも影響いると思うがこんな場面で落ち着かせ引き締められる
選手がピッチ内にいないことも大きいのかも知れない

山村も試合後にこの辺りの事をコメントしている
「前半、いい形で2点を取れて、僕たちのペースでやれたかなと思うのですが、
後半は失点しまったこともあって、自分たちが思うようにボールを動かしたり、
保持したりするところでうまくいかなかったかなと思います。ここ何試合か失点も
していますし、全体的にもう1回、自分たちがやってきたことを見つめ直して、
また取り組んでいきたいと思います」




まずは、ほころびの出て来た守備をしっかり見直して修正して欲しい

幸いセレッソは次節、試合がなく立て直す時間は十分にある
尹ちゃんは問題点を十分把握しているのできちんと修正してくるでしょう

・・・しかし、達也はまだ帰って来れないのか?

ダービーの悔しい敗戦後、連敗しなことが一番大事と言ったが

見事な勝ち方で首位の座を守ることが出来た

達也に続いて山村まで怪我で離脱と言う辛いニュースが…

山村に代わって先発したのは我らのリカちゃんことリカルド
健勇とリカルドの2トップと言う布陣でスタート
右サイドもダービーでの出来を考慮し陸ではなく田中が先発したが
攻守ともにいい働きを見せてくれた

リカちゃん先発でどうなるかと見ていたがキックオフ直後に事件が…

なんと、試合開始27秒で健勇が先制ゴール!!!
カメラの準備をしている間にゴールが決まって見れませんでした

リカルドが仕掛けてこぼれてきたボールを健勇がシュートして決めたらしい…
2点目はリカルドが相手ゴール前のいい位置で倒されて得たFKをソウザが決めた
3点目はセレッソらしいボールの展開から丸が入れたクロスを健勇が頭で決めた

今日の札幌の出来から考えると実質健勇の先制ゴールで大勢は決まったように思う
一瞬の隙を突かれて失った1点はもったいなかったがそれ以外の札幌の攻撃は
ブロックの前でボールを回すだけに留まり決定的なチャンスを作らせなった


期待したリカルドはゴールこそなったが1点目、2点目のきっかけとなり
試合終了間際には札幌の選手二人に囲まれながらコーナーで必死にキープするなど
与えられた役割を懸命にこなすプレーをしている姿に好感を持った

補強がないのであればリカルドに覚醒してもらうしかないが
今日のような働きを見せてくれるのであればチャンスを与えてもいいのかな?

ダービーでは決める時に決めらず敗戦となったが今日は決める時に決められた
お陰で楽に試合を進めることができた
(できれば健勇のハットトリックを見たかったけど・・・)

健勇はこれで5試合連続ゴール 興梠と並んでランキング1位となった

興梠はPKが3点あるので実質は健勇の方が上と言ってもいいのでは
これだけ結果を残すと代表選出と言う話も真実味を帯びてきますね!
(代表に選ばれることは嬉しいけど浦和とのルヴァンカップ準々決勝に
 出られないと言う辛い事実もありますが…)



今回のアルバムはこちらからどうぞ! 首位堅持の165枚です

次節は中三日での清水戦・・・

今の勢いから考えると負けるような相手ではないが策士のコバさんだけに油断は禁物
しっかり勝ち切って勝点3を積み上げて欲しいと思います

いつまでも勝ち続けるなんてできないのだからいつか負けはやってくるが

絶対負けて欲しくない相手であったが…まあ、今回はこれくらいにしといたろ!

直前になって達也が浦和戦で足を痛めてメンバーに入らないと言う情報が

代わりに木本が先発に入ったが結果的にこれが勝負を分けるキーポイントになったかな

普段の試合と全く違うプレッシャーがかかるダービーでしかもアウェー
木本にはちょっと経験値が不足したかな…
ファン ウィジョのマークを外してしまい同点に追いつかれた後は
普段の木本らしからぬプレーが多くなり精彩を欠いてた

結果論ではあるが達也の代わりは何度もダービーを経験している康太の方が
良かったのではないかと思う (後からなんとでも言えますが…)

前半、慎重な立ち上がりから徐々にセレッソがペースを握るようになり
押し気味に試合を進めるがスコアレスで終了

後半開始早々試合が動く…

51分、ジンヒョンからのロングボールを山村が頭でそらし健勇につなぐと
4試合連続となる先制ゴールを決めた

これで乗って行けるとと思ったが、その後健勇が決定的なチャンスを外すと
65分警戒していたファン・ウィジョにCKから決められ同点に追いつかれてしまう


同点に追いつかれてから浮足立ってきて77分、86分とゴールを重ねられ
悔しい1-3で逆転負け

ファン・ウィジョは韓国代表だけあってなかなかいい選手ですね
チーム加入後の初試合でゴールを決めて実力のあることを証明
うちも11番さんに代わる決め手となるFW欲しいです!

今日は先制した後いつものように「山村システム」に切り替えて来なかったが
これについて尹ちゃんがコメントを残している
「僕らが先制点を入れると、いつも後半の途中に5バックにして試合を進めますが、今日は選手たちがチャンスを掴めそうな雰囲気もあったので、そのまま行きました。でもその後、失点してしまって、5バックにするのは難しい状況になりました。失点後、選手たちの体力が急激に落ちてしまったので、少し悔いが残ります」

敗れはしたが以前首位!

大事なことは絶対に連敗しないこと
以前も柏に負けてから問題点をきっちり修正し連勝が続いた
札幌をきっちり叩いて勝点を積みあげ首位の座を堅持して欲しいと思います

ヤンスタで行われたパブリックビューイングで応援していましたが


MCの愛恵里ちゃん頑張ってました、解説の大輔(高橋)が丸坊主になって
以前と雰囲気が全く違っていて驚きました

また機会があればPVやって欲しいですね!
健勇がゴールを決めた時は最高に盛り上がりました
これで勝っていたら最高だったのですが…

プレーオフ第一戦と合計で3-0のスコアで見事ノックアウトステージ進出

これでルバンカップ全戦を通して不敗と言う素晴らしい結果を残した
Bチームの意地をかけた見事な戦いぶりを見せてもらいました

先発は前節のリーグ戦から11人総入れ替えのBチーム

楽しみにしていた斧澤が先発 マー坊も大地と組んでボランチで先発

一方の札幌はやはりかなりメンバーを落として来て1.5軍くらいの構成
しかもサブは5人のみと言う省エネ遠征

札幌のコーチに懐かしい顔が! セレッソ在籍時は神と呼ばれたブルーノ

髪の毛も短くなり当時よりふっくらしていたがあの眼力は健在だった
2005年の最終節「ブルーノが出ていたら絶対優勝できた!」と何度思ったことか
できれば「ブルーノ クワドロス ラララ ラララ ララ!」ってコールして
欲しかったけど、相手チームのコーチなので無理ですよね…

尹ちゃんが合格の印を押して先発させてきた斧澤はいいプレイを見せてくれました

サイドを駆け上がり絶妙なクロスを上げたり仕掛ける姿勢も頼もしかった
まだひ弱さを感じる部分もあるが是非リーグ戦で見てみたい!

最近調子のいいリカルドに期待したが…

以前のように競り勝てない・キープできない旧型リカルドに戻っていました
しかし試合後のリカルドのにこやかさにはいつも癒されます・・・
決定的な仕事はしてないんですがね!

お互い攻めきれずちょっと眠たくなる内容だったがTAKAKIが大仕事をやってくれました

26分、シャケがワンタッチで出したボールを大地がゴール前にクロスを送ると
リカルドがスルー(?)し、その後ろにいた福満がうまくDFの前に出て頭で決めた

このゴールで札幌は3点が必要になり事実上試合は決した・・・

後半から話題のチャナティップが早坂に代わって出場

発表では160僂箸覆辰討い襪もっと小さいように見える
大学生チームに中に入った小学生のように見えました
「タイのメッシ」と呼ばれるだけあってボールを持った時の素早さはさすが
大地らもすばしこく動き回るチャナティップを捕まえるのに苦労していました
ただ、ガッツリフィジカルで来られると簡単に潰される場面もあり日本のサッカーに
馴染むにはもう少し時間がかかるかもしれませんね!

札幌の勢いが若干出てきたところで57分尹ちゃんはマー坊に代わって康太を入れ
3バックにして守りを固めて来た

その後も澤上、瀬古を入れ札幌の攻撃を抑え込み1-0で試合終了
2戦合計で3-0と言う素晴らしい結果でプレイオフを勝ち上がった



今回のアルバムはこちらからどうぞ! プレーオフ勝利記念の171枚です

次からノックアウトステージの戦いとなる

対戦相手はまだ決まっていないが相手も主力を出してくるはず
セレッソはここまで完全分業制でやってきたが尹ちゃんは次からどうするのかな?
Aチーム主体で行った方がもちろん勝率は上がると思うが決勝まではBチームに任せる
と言う選択もあっていいのでは…

尹ちゃんがどんなメンバー構成で次からに臨んでくるのか楽しみにしておきます

2選手のレンタル決定のニュースがクラブから発表・・・

清原翔平選手 徳島ヴォルティスへ期限付き移籍のお知らせ

題記の件、弊クラブ所属MF清原翔平選手が徳島ヴォルティスへ期限付き移籍することになりましたので、お知らせいたします。なお移籍期間は2017年7月26日〜2018年1月31日までとなります。清原選手のプロフィール、コメントは以下のとおりです。


≪清原 翔平(きよはら しょうへい)選手プロフィール≫
■生年月日:1987年6月25日(30歳)
■出身地:北海道
■身長/体重:165cm/64kg
■ポジション:MF
■経歴:帯広北高('03)→札幌大学('06)→SAGAWA SHIGA FC('10)→ツエーゲン金沢('13)→セレッソ大阪('16)
■出場記録: 
◇J1リーグ戦  3試合出場(0得点)
◇J1カップ戦  7試合出場(0得点)
◇J2リーグ戦  67試合(16得点)
◇J3リーグ戦  38試合(10得点)
◇天皇杯     12試合(8得点)
◇JFLリーグ戦 90試合出場(42得点)
■清原選手コメント
「この度、徳島ヴォルティスに期限付き移籍することになりました。チームの力になれていなく、そして自分の力不足を感じ、新しいチャレンジを選択させてもらいました。ファン、サポーターの皆さん熱い応援本当に感謝しています。ありがとうございました。」 .

丸岡満選手 V・ファーレン長崎へ期限付き移籍のお知らせ

弊クラブ所属MF丸岡満選手がV・ファーレン長崎へ期限付き移籍することになりましたので、お知らせいたします。なお移籍期間は2017年7月27日〜2018年1月31日までとなります。丸岡選手のプロフィール、コメントは以下のとおりです。


≪丸岡 満(まるおか みつる)選手プロフィール≫
■生年月日:1996年1月6日(21歳)
■出身地:徳島県
■身長/体重:173cm/64kg
■ポジション:MF
■経歴:川内北SSS('03)→徳島市立川内中学('08)→セレッソ大阪U-18('11)→
ボルシア・ドルトムント('14.1)※期限付き移籍→セレッソ大阪('16)
■代表歴:U-15日本代表、U-16日本代表、U-17日本代表
■出場記録: 
◇J1リーグ戦  4試合出場(0得点)
◇J1カップ戦  4試合出場(0得点)
◇J2リーグ戦  3試合出場(0得点)
◇J3リーグ戦  29試合出場(2得点)
■丸岡選手コメント
「この度、V・ファーレン長崎に期限付き移籍をすることになりました。僕はユースからセレッソ大阪で育ち、2014年にはドイツへの挑戦もさせてもらいました。今の自分がより成長するために何が必要かを考えて、今回長崎での挑戦を決断しました。いつも応援してくださったサポーターの皆様に成長した姿をお見せできるように、本気で頑張ってきます」

清原は今年になってトップチームでの出番がなくベンチ外が続いていて
移籍の噂もあったので心配していましたがやはり移籍ですか…
レンタルでの移籍ですが帰ってくるつもりはなさそうなコメントですね!
まずは徳島でしっかりレギュラポジションを勝ち取って活躍してほしいと思います
清原なら二年連続でJ1昇格を決める働きもできるはず
昨年の昇格プレイオフ決勝でのゴールやその後昇格記念のプレートを嬉しそうな顔で
掲げていた姿が目に焼き付いてます
さよならは完全移籍の発表があるまで取っておきます

満はまだまだ成長途上!
龍が長崎で覚醒したようにしっかりJ2の舞台で実戦経験を積んで
二回りほど大きくなって帰って来てほしいと思います

大事な選手を二人も放出したけど、入ってくる選手はいないんでしょうか?
これからマークが厳しくなる戦い考えると補強は絶対必要だと思いますが
クラブから何の発表もありませんね
本当にこのままの人員で最後まで行くのかな?

攻撃力はあるが守備に難がある浦和だけに点は取れると思っていたが予想外の展開に

前半は両チーム合わせて6ゴールのどつきあいから後半は一転してノーゴール
荒れた展開の試合を後半しっかり締めて守り切った尹ちゃんの修正力はさすが!

スタメンは安心の固定メンバー

ベンチに福満が入ったが好調なリカルドはベンチ外
水曜日のルヴァンカップに温存かな?

シーズン当初の第二節で手も足も出ないほどにやられた浦和だが、まさかその時の
セレッソのイメージのまま臨んできたのではないかと思うほど浦和の守備はひどかった

試合開始早々浦和の守備の穴を突いてセレッソが猛攻を仕掛けあっけなく先制

6分、CKの流れからのボールを水沼がクロスを送り杉本が右足で合わせて先制
8分、曜一朗のクロスを杉本がヘディングで合わせてあっという間に2点のリード

しかし、18分興梠のシュートをジンヒョンが弾いたところをズラタンが詰めて1点差に
次の1点が浦和に入るとどうなるか分からない展開だったが再びセレッソが突き放す
27分、蛍がボールを奪い一転しそのまま持ち込んで撃った強烈なシュートが決まった
35分、サイドから水沼がクロスを入れると丸が胸トラップからシュートを決めて4点目

しかし、前半AT1分、浦和のシルバにミドルシュートを決められ2点差に…

前半だけでなんと6ゴールが生まれる超オープンな展開
しかし後半に向けて尹ちゃんはしっかり大量得点で緩んだ守備を立て直してきた

山村を下げて3バックに変更し強固なブロックを築き浦和の攻撃を完全に封印した
もっと攻めれば追加点を奪えたとは思うが「勝つため!」試合運びを選び
見事にその後浦和に追加点を許さず4−2で試合終了

ゴールはなかったが水沼のクロスが今日も得点につながった

DF陣だけでなく曜一朗も最終ラインまで戻って守備をするなどが全員で守り切った
健勇は「もっと声を出してくれ!」とばかりにゴール裏のサポに向かって
アピールする場面もあり相当気合が入っていた

セビージャ戦が良い薬になったのかもしれませんね!
あの早いパススピードや正確さを身をもって経験し一段階段を上がったかな

他のチームは試合がなかったので負けても首位は堅持できたがさらに勝点3点を
積み上げることができ二位との差を4に広げた

勝点が41になったことでJ1残留の基準となる40を超えることができた
(今のセレッソの状況なら残留なんて目標が低すぎますがとりあえずの通過点なので・・・)



今回のアルバムはこちらからどうぞ! リベンジ記念の222枚です

結果だけを見れば快勝に思えるが選手みんなが満足していないことに安心感を覚える
達也のコメント
「そうです。これで満足している選手は誰もいないと思う。2失点しているし、
しかも勝っている状況で、点差のある状況での失点だから、油断としか思えないので。
気持ちの部分はさらに作って(大阪)ダービーに挑まなければいけないと思っています。」


次節は勝負のかかった大一番のダービーだがその前にルヴァンカップのプレイオフがある

プレイオフ第一戦はセレッソが2-0で勝利しているため札幌は3-0以上の結果が必要であり
現在のリーグ戦の状況を考えると週中にアウェーで開催される第二戦はメンバーを落とし
捨て試合にしてくる可能性が高い
セレッソもメンバー総入れ替えのBチームで臨むと思うがAチームより試合の入った
メンバーが揃っているので心配ないでしょう

気持ちよく準々決勝進出を決め勢いを付けてダービーに臨んで欲しいと思います!

スペインの強豪セビージャを迎えてのワールドマッチ

こんなに圧倒され続けるセレッソ久々に見ました…

昨シーズンまでキヨが在籍したセビージャーとの一戦

14,504人とちょっと残念な観客数でしたがキヨがセビージャにいたら
もう少しお客さんも増えたと思うし、チケットの販売もStubHubのみで
ちょっと敷居が高かったのかもしれませんね

スタメンは現状のベストメンバー

交代枠が7人もありベンチにはトップチームのほぼ全員が入った
一方のセビージャは。。すいません良く分かりませんがいいメンバーなんでしょう

試合が始まってみるともう完全にセビージャのペースでセレッソは耐えるのみ
スタッツでは「セレッソ28%、セビージャ72%」と一方的に攻め続けられた
キヨが「紅白戦でもボールを奪えない!」って話していた事が良く分かりました
パスのスピードや正確性が全然違うしボールを奪っても少しでも時間をかけるとすぐに
奪い返される

ジンヒョンのファインセーブがなければあと3点くらいは取られていたでしょうね!

セレッソは攻め続けられながらよく耐えていたが42分ジンヒョンがキャッチングミス
してポロリとしたボールに詰められ先制点を献上

後半に入って55分にはジンヒョンがPKを献上して2点目を許す しかしこれは誤審です!

解説でもありましたがジンヒョンは先にボールに触れて弾いているだけにちゃんと判定してほしかった

後半に入ってさすがのセビージャの選手も暑さと湿度が効いてきたのかセレッソが
攻める場面も増えて来た

今日も交代で入った選手がいい仕事をしてくれました

80分、ジンヒョンからのロングボールをリカルドが競り勝って関口に送り
抜け出したリカルドにボールを返すとゴール前に迫りキーパーをかわしてシュート(?)
最後、福満が体ごとボールを押し込んで貴重な1点をセビージャから奪った

リカルドは最近本当に調子がいいですね! これなら後半貴重な戦力になりそうです
福満は綺麗なゴールではなかったが気持ちで押し込んだ意地のゴール
次はリーグ戦でのゴール期待してます!

そのまま1-2で試合終了かと思ったがATに達也とジンヒョン連携ミスで3点目を決められ試合終了
あれだけ攻められ耐えていながら崩されてのゴールはなく3点ともミスからの失点だけに惜しかった



悔しい敗戦に終わりましたが経験しないと分からない勉強をさせてもらったと思います

「首位や!とええ気になっとたらあかんで お前らまだまだじゃ!!」っと喝を入れられ
選手達も気を引き締めたはず

尹ちゃんも「今日、セビージャという相手と試合をしたのですが、シーズン中はなかなかできないことなので、私たちにとって貴重な経験になったと思います。試合に向けたコンディション調整は難しいところもありましたが、今日、セビージャと対戦してみて、すごく学ぶことがたくさんあるなと感じました。それをリーグ戦につなげることができれば、いい経験ができたと言えるのではないでしょうか。続けて負けることがないようにすることが大事だと思います。選手たちも、今日の経験を生かしてやっていくだろうと思います」と述べているように次戦の浦和戦に向けていい準備になったのではないでしょうか

他のチームは中断期間で試合がないがしっかり浦和に勝って勝ち点3を積み上げて欲しいと思います

延長までもつれて込んでどうなるかと思いましたがよく逆転してくれました!

リーグ戦とメンバーは違いますが自信を持って戦っていることが伝わってきます

先発はカップ戦メンバーを中心に蛍と山村が入った

ベンチには丸や水沼が控える1.5軍編成

対する新潟はガチメンバーで臨んできた
セレッソはセビージャ戦、22節の前倒しの浦和戦と連戦となるが
新潟はしばらく試合がないためベストメンバーを組んできた
ただ試合前の練習中に山崎が負傷し急きょ平松に変更すると言うハプニングもあった

やはりベストメンバーで挑んできた新潟は手ごわい!
スタッツを見ても試合を支配され24分に先制を許す苦しい展開となったが

50分にコーナーキックの競り合いから得たPKを蛍が決め同点に追いつく


その後新潟の足も止まって来てセレッソが有利に試合を進める時間も増えて来た
65分に澤上に代えてリカルド、70分にシャケに代えて丸を投入し勝ち越しを狙うが
ゴールは奪えず延長戦に突入

延長に入って間もなくセレッソはミスから新潟に勝ち越し点を許してしまう

95分 丹野と康太の連係ミスからボールを奪われガラ空きとなったゴールに
ホニが楽々と流し込んで再びリードを許す・・・

しかしこの1分後セレッソに神が舞い降りました!

丸からのクロスを中央に走り込んだリカルドがヘディングで決め再度追いつく
交代で入った二人がほんま「ええ仕事!」をしてくれました!
尹ちゃんの采配ピタリ的中

この後お互い決め手を欠きPK戦の可能性も見えて来た112分「あの男」がやってくれました

リカルドとパス交換したボールを木本が豪快にミドルシュートを決め勝ち越しに成功
尹ちゃんも「まだヤスに運が付いていると思います(笑)」と目を細めている

苦しい展開が続き2度リードを許しながら見事な逆転勝利!

今年のセレッソの自信に満ちた戦い方を象徴するような試合だった
しかしこんな面白い試合を中継しないNHKさん、スカパーさんに怒りです
現地からYoutubeでLIVE放送してくれた有志のサポさん…ありがとうございました

↑このページのトップヘ