2006年01月24日

ホリエモン逮捕!って遅いか。(笑)3

 ホリエモンついに逮捕されちゃいましたね。テレビでもやってましたけど、強制捜査が入った段階で、逮捕者が出ないって事はほとんどないそうなので、捜査が入った段階で決まっていたんでしょうねぇ。
 ライブドアの株式についても管理ポスト入り、整理ポストももう近々といったところでしょうか。
 こうなると上場廃止もかなり現実的になってまいりまして、このライブドアの提供するあらゆるコンテンツの行く末も結構マジメにどうなるか分からない状況であります。そうすると私がこれまで積み上げてきたブログ記事はライブドア株と同じく泡と消えてしまうのでしょうか?(ってそんな大したもんじゃありませんが、言ってみたかっただけです。)

 ちなみに本日のニュースの一つにいろいろなブログでホリエモン逮捕のことが書いてあったという記事がありました。あぁ、こんなことなら逮捕された時に気の利いたコメントでも書いときゃよかったと思う反面、こんなにブログが広がったのは、ホリエモンの功績がかなりあるんだよなぁと思った次第です。

 果たしてIT寵児と言われたホリエモンは小菅拘置所でいったい何を思うのか?

 個人的な意見としては、また復活して世の中をかき回してもらいたいなぁとは思います。もちろん今度は捕まらないようにね(笑)



jinvara8199 at 19:33|PermalinkComments(6)TrackBack(0)ニュース 

2006年01月22日

今日は仮面ライダー響鬼が最終回でした。1

 去年の一月に始まり、当初は今までの仮面ライダーの常識を覆した仮面ライダー、最高年齢の仮面ライダーなどと色々と話題になった『仮面ライダー響鬼』が本日最終回となりました。先週、オロチを鎮める儀式は始まったばかりなのに、今週は始まりから一年後という突拍子もないスタート切った響鬼は淡々と締めくくるための一話を30分間、放映していました。それでも所々に響鬼の本当の世界が垣間見える瞬間があったのはせめてものすくいでしょうか。

 鬼、妖怪、吉野等々、『日本古来』という表現がぴったりとはまる響鬼は子供向けとしては設定が難解であり、しかも1年間では語りきれない広さの世界を持ったライダーだったのかも知れません。本来であれば、響鬼、轟鬼、威吹鬼の人間臭さをもっと出して、濃厚なラブシーンを取り入れたり、殺戮のシーンでももっとえぐい映像を流せれば、もっともっと響鬼の世界が広がったのではないかと思っています。

 かつて、ハカイダーがよりハカイダーらしく復活した映画がありました。もちろん人気はそんなに出ませんでしたが(笑)

 響鬼もそんなカテゴリーのライダーなのかもしれません。ぜひ大人向けの映画か、深夜番組として『真 響鬼』として復活してもらいたいものです。(仮面ライダーという冠はいらないですね。)

 まだまだ言いたいことはたくさんありますが、『少年よ』を最後に流した響鬼、最終回なのに敵が死んでいない響鬼に、一年間楽しませてくれたお礼を言いたいです。ありがとう。

 

jinvara8199 at 23:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)テレビ 

2006年01月21日

東京も大雪ですねぇ。3

 本日未明からふり出した雪、今もまだ降り続いています。こんなに降ったのは東京では8年振りだそうです。
 今年は各地方で大雪による被害が出ているので、両手離しで大喜びな記事を書いてしまうのも、ちょっと気が引けるのではありますが、元々雪の少ない東京に生まれた頃から住んでいる私にとっては、やはり積もる程の雪が降るのはとてもうれしいのであります。

 今はちょっと体の調子が悪いので雪が降っても外で、ガーっとを遊ぶことができませんが、それでもやっぱりほのぼのと気分が良いのでありますな。
 今年は、山中湖も22年振りの全面結氷やら大雪被害やら、とにかく寒い寒い日本となっていますが、実はこれも温暖化の影響なんだそうです。

 なぜ温暖化でこんなに寒くなるのかという疑問はふつふつとわきあがってきますが、私は石原良純ではないのでそんなことは知りません。

 きっと、エアコンの室外機と室内機の関係みたいなものなんでしょうな。

 

jinvara8199 at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ニュース 

2006年01月20日

乙部綾子ねぇ。

 ライブドアショック、続いていますねぇ。強制捜査が入った後、元側近の方の自殺やら、人事のゴタゴタやら、フジテレビの件やら自民党の件やらまさに好き放題にマスコミにやられ放題であります。
 そんな中、先ほど、広報の乙部綾子様がテレビに出て、半べそかきながら記者会見?されていました。(笑)
 
 ホリエモンも急激に成長して有名になりましたが、人的な部分での急激な成長は出来なったようですね。今、もっともライブドアがやらなければならないのはマスコミへの情報提供でしょう。都合のよいときはあれだけ出ていたのに、今はさっぱりテレビに出ないホリエモン。真っ先に会社の情報を管理しなければならない広報は半べそ記者会見。

 ちょっとお粗末な結果がきそうですね。このブログ、ホント続けられるんだろか?(爆)


jinvara8199 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ニュース 

2006年01月17日

舌打ちする小学生1

今回は、今日出会った子供の話です。
私はサラリーマンなので毎日いそいそと混雑した電車で通勤しています。まあ、行きは殺人的な乗車率の車輌に自ら押し寿司になるべく乗り込んでいく訳でありますが、帰りはサラリーマンの皆様が各自、『残業』『赤ちょうちん』などの時差帰宅をしているのでさすがに朝程のラッシュにはならないのが普通であります。

本日も帰宅の為に乗った電車はそんな感じでありました。少し混んではいるがぶつかったり、圧縮されたりしない状態ですね。
私が乗る駅は乗り継ぎ駅なのでホームにはそれなりに人がいて、電車に入ったら少し中まで入らないと次の人が乗れないという状況だったので、上記の電車に乗った際、奥まで進みました。するとそこには子供が二人、4年生位でしょうか。近くに小男が立っています。
 私はその男の子の前に少々スペースが空いていたのでそこへ進みました。もちろん、子供がいるのは重々分かっていましたから、気を使いながら、あまり子供の前に詰めないように奥に入ったのであります。そのとき。

『ちっ!!』

かなり大きな音の舌打ちでした。この男の子は突然舌打ちをしたのです。明らかに私が前に来たことに対する舌打ちでした。私はヘッドフォンで音楽を聴いていましたがそれでも聞こえたのでかなり大きな音の舌打ちだったのでしょうね。
 反射的にこの男の子を私は睨みました。こっちを向いてやっているのかと思ったからです。でも、こちらを向いてはおらず、どこか中空を見つめていました。

・・・ふと、近くにいるこの小男が親なのではと私は思いました。そしてこの小男を見ました。眼が合いました。死んだ魚のような精気のない目で私を見ています。

『あぁ、親なんだ。叱ってくれるだろうな。』と私は思いました。でも、この小男は何もいいません。
『あれ、違ったか』と私は思いました。そして改めて男の子を見たときに、近くに同じくらいの女の子がいるのに気がついたのであります。男の子のランドセルをしっかり握り締めているのを見ると兄妹のようです。

『なんだ、二人で電車で学校帰りか、お兄ちゃん気が張っていて、あんな舌打ちをしたか』と思いました。

でも違ったんですね。しばらくしたら、小男と話し始めたんです。親だったわけですよこの男。

良く見れば、しばらくシャンプーしていなそうな髪、汚い服、子供達も同じ。しかも何となく臭い。

私は悲しくてたまらなくなりました。
この男は、いったいこの子供達をどうやって育てたんだろう。自分の生活をこの子供達の押し付けているんではないのか。そんな気持ちで一杯になりました。

でもこれは余計なお世話です。ぶっちゃけ私の知ったことではありません。
でも、この子供達、これでまともに育つんでしょうか?

私も親です。

子供に自分の生き方を押し付けたり、自分の世話をさせたりしてはいけないと思っています。
でも、この子供達は明らかにこの小男を見て育っています。
悲しくてなりません。
親が子供の将来を奪ってはいけないんです。
そう思った出来事でした。

何がどうだということではないし、偉そうなことを言うつもりはないんですが、なんとなく書きたかったから書きました。













jinvara8199 at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑談 

ホリエモン、家宅捜索ですか。(笑)5

 ホリエモン、家宅捜索されてしまいましたねぇ。このブログは今後も無事にやっていけるんでしょうか(笑)

 今の世の中ってホントウに平和と思います。ホリエモンをインサイダーだがなんだかの容疑で捕まえてどうするんでしょ。このおっさんは、こんなくだらないことでケチをつけていいおっさんではありません。

 マスコミってくだらないと思うのはこんなニュースのときです。旧態依然としています。テレビが最高なんて時代はもう終わりですし、日本的な株の持ち合いなんて昔の話です。おもしろおかしくすれば話題になるなんて、暇な証拠です。

 個人的にホリエモンはすきではありません。でも、かなりやるおっさんです。尊敬・・・はしているかな。

 でもあれだね。今回の件、ホリエモンに箔がつくだけだよ。(笑)


jinvara8199 at 00:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ニュース 

2006年01月15日

たなか亜希夫という名の漫画家1

私は昔か漫画好きで、いろいろと漫画を読んできました。今ももちろん読んでいますが、ジャンルはかなり偏っているかもしれません。今はいわゆる少年誌のマンガはあまり読まなくなりましたね。ブックオフという素晴らしい本屋ができてからは古単行本の大人買いが多いですし。(^^;)
 色々な漫画家の絵、ストーリーが好きなのですが、今回はそんな中でも好きな漫画家『たなか亜希夫』のご紹介です。

 私がこの漫画家の書く漫画に出会ったのは今から15年ほど前になるのでしょうか、『下北沢フォービートソルジャー』という作品でした。今の画風とぜんぜん違うタッチでしたが、根底に流れている作風は今と同じにおいがしていて、この時からファンになりました。その次に読んだ作品は『ボーダー』です。これはものすごいインパクトを受けた作品です。今で言うフリーターのおっさんとアンちゃんの話なのですが、これが『たなか亜希夫』の作風を決めた作品なのではないかというくらい好きな漫画です。

 そして、今まさに連載中の『軍鶏』、そして『Glaucos』(グロコス)もう『たなか亜希夫作品』の境地ですね。井上雄彦の『バガボンド』も素晴らしい作品ですが、この2作品も半端ではありません。
 大人が読んでも素晴らしい作品です。たかが漫画なんていう人おりますが、絵と内容が素晴らしければ、それは小説を超え、絵画を超えます。この2作品はそんな漫画です。
 ぜひ機会があったら読んでみていただきたい作品です。
たなか亜希夫HP


jinvara8199 at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑談 

2006年01月14日

今まさに、人生の大きな波の渦中です。(^^;)5

 気分はもちろん五つ星。

 私は一昨年の夏の終わりに長年勤めた(バイトから数えると15年位いた会社です。)ところを辞め、いい年こいて転職しました。今はその会社で管理部のおっちゃんとしてがんばっている訳です。もともとこの会社にはちょっとですがレベルアップして来ました。で、そこから徐々に色々仕事を任されるようになって、来月はなんと本部長になってしまいます。転職間際の役職は課長でしたねぇ。ついこの間の話です。それが1年とちょっとで本部長だっていうんですから、びっくらこいています。実力?いやいやー、転職したときと今はそんなに変わってないです。おっちゃんがそんなに変われる訳はありません。(^^;)
 環境の違いなんだろうと思っています。しかも、今いる会社にも劇的な変化が訪れそうです。もちろん、プラスの変化。
 
 人生ってわからないものです。転職する前も決して不幸ではなかったし、お給金だって悪くはないと思ってました。でも、別世界って本当にあるんですね。それまでの自分が軽く否定される位のお給金をもらうようになりました。実力ではなく。。。。

 まあ、仕事はその分シビアですが、もともとオイラは仕事好き(なんだろうなやっぱり)。なので忙しいのは大歓迎。

 面白いが一番。がんばりまっせ。


jinvara8199 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑談 

2006年01月13日

最近色々なチーズを食べております。3

 ガキの頃からチーズはとても大好きで、三角ので銀紙に包まっているヤツとか、ソーセージの小っちゃいみたいなヤツをよく食べてました。大人になってからは、徐々にナチュラルチーズに移行して今はナチュラルチーズをよく食べています。
 私が好きなチーズはまずハード系、そしてセミハード系、ソフトタイプも嫌いではないですが、やはりある程度硬さがあるのが好みであります。ちなみにブルーチーズはソフトでも大好きですが。(^^)

 チーズは・・・大体そうですね、ちょっと高級なスーパーへいって買うことが多いです。安売りスーパーでもチーズは売っていますが、やはりチーズは嗜好品。良いものをそれなりの金を払って買うのであります。

 今良く買っているチーズはパルメジャンです。100g400円〜600円くらいのものを買います。次に買うのがブルーチーズ。これはゴルゴンゾーラ、ダナブルー、ロックフォール辺りが定番です。そして、ゴーダ(熟成タイプ)。ゴーダも長期熟成はかなりうまいです。チェダーなんかも買いますが、これもやはり長期熟成タイプが好きですね。他にはエダム、ミモレット、グラナパダーノ、コンテ辺りを買いますね。 

逆にあまり買わないチーズはグリュエールとかサムソー、モッツアレラ、カマンベールなんかです。おいしいんですけどね。なんかさっぱりしてて苦手です。チーズはくさいからこそチーズなんて思っていたりするので。


 昨日もチーズを買いました。お腹の肉と相談しなきゃいけないんですが、当分、会社帰りのチーズ買いはやめられそうにありません。












jinvara8199 at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)グルメ・料理・食材 

2006年01月11日

多摩川2

先日、多摩川沿いを自転車で走りました。当日の事は既に書いていますので、内容は省略しますけど、二子玉川から府中辺り迄、東京側(上流に向かって右側、まあ、途中から左側も東京になってしまうんですけどね)を走った訳です。地元話で申し訳ないのですが、狛江、調布を通り府中へいくと反対側は久地、登戸、中野島、矢野口、是政辺りになります。

私はずっと世田谷のはずれ、大田区よりに住んでいますので、小さい頃から多摩川は大変馴染みのある川でして、行く場所行く場所が懐かしいのであります。

私の家から一番近い場所は丸子橋辺りで、子供の頃はそれこそ洗濯機みたいに川から泡が飛んでました。大きい泡だと50cmくらいあって、それが風でふわ〜っと飛ぶんです。この泡は丸子橋辺りだけでした。ちょうど潮止の堰があったから、その小さな落ち込みで泡がたっていたのでしょうね。そうそう、私が子供の頃から多摩川本流は釣りが有料だったんですけど、丸子橋からは汽水域だったので釣りは当時から無料でした、難しい事は知りませんがきっと海と同じ扱いなんですね。ブッコミ釣りと言ってリール竿で吸い込み仕掛けで鯉やら鮒やらを釣ってました。フッコなんかも釣れましたね、何せ海みたいなものですから。

次によく行ったというか親父に連れて行ってもらったのが二子玉川です。今は大分綺麗になって結構な街並みなりましたけど、当時は高島屋と東急ストアとハンズしか主な店はありませんでした。でもその代わりに二子玉川園遊園地があって子供にはよい場所でしたけど(笑)
二子玉川では釣りではなく魚捕りでした。専門は四ツで網。餌を入れて待つなんてことはせずに網を沈めて追い込み漁をしてました。捕れるはクチボソとハゼ。当時の二子玉川は兵庫島という名前の方が通りがよく、そこに池があったんです。(池は今もありますけど、当時は整備されてない自然な池でした)その池で魚を捕っていたわけです。ここで魚を捕って家で飼うという私の人生の構造が確立されました。(笑)

自分で自転車や電車で遠出するようになってから行くようになったのは中野島です。メジャーな登戸より駅は二つ先です。今もありますが中野島釣具店で餌を買っていくのが定番でした。自転車で一時間半位だったと思います。

中野島には二ケ領用水を多摩川から引き込んでいる場所があって支流(用水路)と本流釣りができたんですね。ここでも本流は有料ですから、金のない子供には支流の存在が大切だった訳です。
中野島はたくさんの種類の魚がいました。鯉、鮒、クチボソ、あぶらはや、はや、やまべ、はす、ハゼなどなど。丸子橋や兵庫島とは大違いでした。そりゃもう、釣りに来るのが楽しみで仕方ありませんでした。

他にも色々行きましたね、羽田まで行ってマハゼ釣って食べたり、矢口渡の大きく川が曲がっているところで赤手ガニを捕まえたり。巨人グラウンドの辺りで溺れそうになったり。(笑)
当時の多摩川は汚染されていたし、汚かったと思いますが子供であった私にとって自然のワンダーランドでした。

今の多摩川は水質も良くなって、二ケ領用水も兵庫島もまるで公園のように綺麗になりました。
私は今でもたまに多摩川に釣りにいきます。でも今は綺麗になったはずの多摩川ではあまり魚が釣れません。中野島にあれほどいたタニシも一匹も見当たらなくなりました。

先日、昔、カニを矢口渡の辺りで大規模な河川工事をみました。きっとあの場所も公園のように綺麗になるのでしょうね、カニのいない。

なんか寂しいものを感じますね。


jinvara8199 at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)昔話 
Profile
訪問者数