October 22, 2004

日比谷公園ガーデニングショー2004



ガーデニング・ショーといえば、イングランド、チェルシーのショーが世界的に有名ですが...
イギリスでは、ガーデン・デザイナーという職業がファッションブランドのデザイナーのようにトレンディでステイタスあるものとなっています。イギリス人のガーデニングの流行(!)を、そんなデザイナーたちが作り出していくんですね。

チェルシーのショーはそんなデザイナーたちの作品発表の場です。
決められた面積のスペースに、彼らの名誉をかけた作品が創られ、展示されます。
それを見るためにイギリス中から、いえ世界中から人々が集まります。
世界最大のガーデニング・イベントなんですね。




東京の日比谷公園でも、いまガーデニング・ショーが開かれています。
チェルシーとは規模もステイタスも圧倒的に違うかもしれませんが、日本の造園家たちが、同じような決められたスペースや、カテゴリーごとに腕を振るった作品が展示されています。

これは、一番大きな”坪庭”タイプのカテゴリー、秋を感じさせる和風庭園が多い中で、この”サボテン・バー”は異色でした。




こちらはハンギング・バスケット部門。
一つ一つの作品が細かい工夫がされていて、ゆっくり眺めているだけであっという間に時間が経ってしまいます。(実は私、ガーデニング好きです。)

”あ〜ら、携帯で映るかしらぁ” (Bloggerでしょうか... ?)




これは狭いスペースになんだか作ってみました部門。
赤でまとめていますねぇ。面白い植物がたくさんありましたよ。(私にはほとんど名前がわかりません)




おとうさん、疲れちゃったね。(Bloggerでしょうか... ?)




日比谷公園、都会の真ん中に、こんな”ガーデン”があるんです。

このイベント、24日の日曜日までです。
週末お天気もいいみたいですし、いかがですか?

東京の真ん中でガーデニングの話題でした (^^)




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jinx/8384804
この記事へのコメント
日比谷公園ガーデニングショー見てきました。
すばらしいガーデンデザインがたくさんあって、とても参考になります。
24日の日曜は午後1時ころから小音楽堂で、閉会式と、ガーデンコンテストの表彰式があるそうです。
どんな方たちが入賞されたのかな・・・。
私は、低下の3分の一ぐらいの値段で、観葉植物が買えて、得した気分になりました。
来年も楽しみです。

Posted by みどり。 at October 24, 2004 09:23
以前、犯罪者達がイギリスのガーデニング大会に出品するって映画がやってたんですが(題名は忘れましたが)それを思い出しました。
Posted by シン・オオバ at October 24, 2004 19:25
都会の真ん中で、のんびりとしたいいいベントでした。
Posted by jinx at October 26, 2004 10:27