September 2009

September 25, 2009

水疱瘡、とりあえず治りました。

連休中はとにかくひきこもってプリズンブレイクシーズン4を見てばかりいましたが、今はふつうの生活が送れるようになりました。



水疱瘡は潜伏期間が2週間くらいらしく、私の場合は8月末にどこかから拾ってきた模様。

ちょうど、ミュージシャン仲間12人と伊豆に旅行行ってた時だ。
海入ったりしたけど、海から感染とか、あり得るのだろうか。。



水疱瘡は感染力が強く、同じ家族に発症者がいた場合の感染率は90パーセントだとか。

だから大人になるまでにほとんどの人がかかっているらしい。

うちは大家族だったので誰かかかったんだろうに、今までなんでかかったことなかったんだろう。



遡るはライブの前々日の夜。関節の痛みと微熱があることに気づいて、これはもしやインフルエンザでは、と顔面蒼白。

すぐに内科に行きました。

のどの腫れとか咳は一切なかったので、たぶんインフルじゃないけど、インフルだったとして、今検査してもまず陽性って出ないから、心配だったら明日また検査にきてくれ、と言われ。

心配しながら次の日検査してもらったら、陰性。


よかった、ライブに出られる!、と、安心。

そのころ、身体にいくつか虫さされがあってかゆいなぁと思う。


ライブの日、唇に水膨れがいくつかできてて、なんだこりゃ、とネットで調べたらヘルペスって出てきたので、それかと思って皮膚科に行きました。


そしたら、まさかの水疱瘡宣告。
ライブは出ちゃいけません、と。

顕微鏡でウィルスの姿も見せてもらいました。


ショックで呆然としてしまいました。

関係者みんなに連絡して、前売り予約をしてくださってた人たちにメールして、いっぱい迷惑かけて、ライブ出演キャンセルに。

その後一週間はすべての予定をキャンセルして、医者に行く以外ほとんど家から出ずに過ごしました。

お大事に、とか大丈夫?とか、メールをたくさん(その数40通以上、うれしくて数えちゃった。。)もらって、それを励みにおとなしくしていました。


でもライブ前にわかって、本当に良かったと思います。
こんな病気を人にうつしたくないし(特に妊婦さんにうつすと大変みたい)、夜には唇や顔の水膨れも増えてきてたし。


皮膚科の先生がちゃんと診断してくれたおかげで、薬も割と早期から飲み始めて、大人の水疱瘡にしては症状はあまりひどくなりませんでした。

ひどい人は入院もありえるのだとか。


いやはや、ウィルスってすごい。。


ずっと昔から存在していて、ひたすら増殖しようと狙ってる。


私は水疱瘡はじめてだったけど、すでにかかったすべての人の体内の神経節に潜んで、抵抗力が落ちるのをじっと見計らって、帯状疱疹って形で出ることがあるんだって。
その場合は神経痛にもなり得る、と。


「水疱瘡」も「帯状疱疹」も、名前がまずこわいじゃないですか。

あぁおそろし。



関係者の皆さま、ライブのために予定を空けてくださった皆さま、本当にご迷惑をおかけしました!

グッバイ水疱瘡。


(20:37)