1. ブルーカッコよすぎだろ (2)
  2. 8月は初海外! (6)
  3. 満たされなかった・・・ (4)
  4. お尻と膝小僧の赤みがいいね (2)
  5. 言葉が重いなんてよく言えたものだ (2)
  6. 私が飼っていたペットよ、転生してくれ! (2)
  7. 男は妄想する生き物ですから! (8)
  8. ナギに撫でてもらいてぇ (6)
  9. ヴィヴィオいらっしゃ〜い (4)
  10. 私の聖杯戦争はこれからだ! (2)

2007年07月

2007年07月22日

ブルーカッコよすぎだろ

「地球へ…」の第16話を見ました。

<感想>
フィシスが瓶詰め幼女で登場とは・・・。
今期は瓶詰め祭りだな。

ミュウの未来を、そして愛するフィシスを護る為、ブルーはその
命を使いましたね。
ラストの砲撃を防ぐシーンはカッコよすぎて惚れましたよ。

にしてもこの力と同等の力を持つジョミーは、果たしてこの先
生き続けられるか不安になってくる。
ミュウを率いて地球に降り立ったら1人寂しく姿を消しそう。
過ぎた力はその役目を失ったら行き場を失うなんてざらにあるし。

今回の事態である意味ジョミーの個性は完全に失われたような。
これまではブルーがいたから、ミュウの指導者としては半分でも
いけましたが、これから先は1人で引っ張っていかないといけません。

本当に辛い戦いはこれからか・・・。

原作でどうか知りませんが、地球人側の秘密兵器が見てくれはゾハル、砲撃の方法はパニッシャー。いやあ、二重の意味で迫力満点でした。

ブログランキング バナー←ブルーの命を燃やしたバリアに惚れた方は、クリックお願いします。

2007年07月21日

8月は初海外!

実は今週の木曜日と金曜日は有給を貰ってお休みでした。
その間何をしていたかというと、2つの事務作業とゲームをしていました。2つの事務作業とは、

1.パスポート申請
2.海外旅行への申し込み


そう、ついに私も自分が汗水流して働いたお金を自分の為だけに
使う日がきたのです。しかも初海外!
日程は8月にサイパンへ4泊5日を取りました。
1人旅で私を知る人が全くいない世界へ旅立ちに行きます。

何のしがらみもなく真っ青な海と空に包まれる。
ああ、何て素晴らしい5日間になるんだろう。
今から胸がドキドキです。

ゲームは「AIR」をプレイ中。始めた日が作中の始まる7月18日の一日前、7月17日だったので、何やらとってもタイムリー。まあ今は7月30日まできちゃったけどね。

きっと何も知らずにやっていたら観鈴に少しイラッとしていた
でしょうが、アニメを見た私はただ泣きたくなるばかり。

「観鈴ちん、ぴんち」

を聞くたび、私がぴんちになります。

話が飛んで何ですが、今日は21時から「時をかける少女」がやりますね。まだ見ていないので楽しみだなあ。

満たされなかった・・・

「ゼロの使い魔〜双月の騎士〜」の第2話を見ました。

<感想>
アンリエッタは名実共にお飾りの女王だな。
これじゃついていく国民が不憫でならない。
口では国民第一と言っておきながら、態度では彼氏第一ではいけません。人の上に立つ以上、信念が揺らぎまくるのは罪だからね。

早くもルイズ様の虚無の魔法が発動。1期ではあれだけ苦労したのに、本を1冊手に入れただけで使えるようになるとは。この辺の伏線回収、期待しておりますぞ。

それにしても今回はちょっといただけない。
ウェールズの亡霊が唐突に現れてアンリエッタの心の楔を抜く
よう伝え、あっさりと退場。2クールで見ていたならそれほど
違和感はなかったかもしれませんが、半年のブランクがある状態で見せられるとちょっと盛り上がりに欠けました。

さらに今回は私が望むクラスのルイズ様の罵り1つもなかったからなあ。前回一晩中SMプレイをしたせいで、体力を使い果たしたのかな?そんなんじゃ私のM心は満足させることが出来ませんぞ、ご主人様。

とはいえタバサとキュルケが秘密の任務に絡んできたのは救い。
いいコンビだし、何よりタバサはお持ち帰りしたくなるくらいかぁいいからね。

ブログランキング バナー←M心が満たされなかった方は、クリックお願いします。

2007年07月20日

お尻と膝小僧の赤みがいいね

「もえたん」の第2話を見ました。

<感想>

初っ端から幼女にぶっかけか・・・

あ、鼻水のことですよ?まあ粘性だというのは共通するけど。
何と?ってのは聞かないお約束。

英語の文章はホンッと無茶苦茶。
とはいえ例文の言い回しは案外バカには出来ないかも。
あくまで案外のレベルだけど。

前回英語の先生を拒否されたはずなのにもう忘れられて
いるのは一体?さすがは脚本が「To LOVEる -とらぶる-」の長谷見沙貴先生なだけはあります。難しく考えたら負けなんでしょうね。

<お気に入りシーン>
変身シーンでしっかり膝、お尻が赤みを帯びているのにただ感動。
よく転び、またよくお尻をぶつける幼女ならば当然!

すみのお付のメイドさんの瑠璃子さんはおいしい過ぎる。
菩薩の笑顔のまま絶対零度を放つその様に、私のM心は激しく揺れ動きました。ちょっと私のメイドをやってくれないかな。13歳の限定解除するから。

ブログランキング バナー←お尻と膝小僧の赤みにしっかり気付いていた方は、クリックお願いします。

言葉が重いなんてよく言えたものだ

「School Days」の第3話を見ました。

<感想>
はい、本日もやって参りました。
頭悪い主人公に寝取る気満々の裏ヒロイン。
寝取られて暴走しそうな表ヒロイン。
もう言葉のおっきすぎる胸とか、無邪気な幼女とかどうでもよくなってきます。

今回は言葉が虐められていましたね。
何とも気分が悪くなる女同士の陰湿な虐めに辟易します。

まあ言葉は虐めてオーラが出ているからなあ。
ちなみに個人的にはぶち壊したくなるオーラを出す女の子は大好物です。・・・そろそろ人間やめるか。

世界のバイト先のコスチュームはやり過ぎだろ。
ノーパンしゃぶしゃぶと勘違いされても仕方ないゾ!

最後の最後でまたもやキスかと思いきや、

「何だか言葉の相手するのって・・・疲れる」

もう救いようが無い。ホームで突き落としてた方が、
この世の為だったんじゃない?
そりゃ言葉は少し重い面が見え隠れしているけど、
それはそれだけ誠を大事にしようと思っているわけだし。

まあ誠は汚い言い方をすれば言葉の体狙いだろうから、そう思っても今更驚かないけどね。

坂道で名前を呼び合っていた場面では、誠が上に
位置していましたが、それも誠が転げ落ちる事で終わるな。

<お気に入りシーン>
電車の中でいきなり抱き合うなよ、誠と言葉。
たまにこんなカップルを見かけますけど、TPOは弁えてほしい。
それを何とも思わない誠のアホっぷりに笑いが止まりませんでした。

この誠に私はあと何回笑えることか。

<エンディング>
また曲が変わっていましたね。今回はいとうかなこさんの「ワルツ」。これはいい曲だ。

それに合わせて誠の遺品も写真が変わっていました。
毎回変えるつもりなんでしょうか?だとしたら相当凝っていますね。

ブログランキング バナー←言葉を重いと言い放つ誠に開いた口が塞がらなくなった方は、クリックお願いします。

2007年07月19日

私が飼っていたペットよ、転生してくれ!

「らき☆すた」の第15話を見ました。

<感想>
かがみの優しさにマジで惚れる・・・
ENOZのライブで前が見えないこなたとチェンジするさり気なさ
がホントツボ。

そのかがみがクラス分けでまたしても1人だったのは何ともはや。
こういうのって素直になった人間の方が上手い事いくような気がします。口に出したことは案外叶うものですし。

ツンデレなかがみもいいけど、ここ一番の願いは口に出してほしいものです。まずは私に告白からでいいよね?

そんな風に流してしまおうかと思ったけど、こなたがかがみを
見てボーっとしていた伏線はいつか回収するつもりでしょうか。
タイトルと総合するにかがみへの態度を改めようという意図が
あったように見えるけど。

「天使のしっぽ」みたいなことがあったらいいですよね。
これまでに私はカブトムシ、クワガタ、メダカ、鳥を、それに現在進行形で犬を飼っていますが、これだけ来たら文句ないです。でも鳥は私の不手際で殺してしまったからダメかな。

フェルマーの最終定理は答えが存在しないでしたっけね。
数学界で答えが出なかったというのは相当びっくりしただろうね。
それとは対照的にこの作品への思いはあっさりと答えが出たもんだ。

今回のパロディはつい4日前までやっていた「Fate/stay night[Realta Nua]」の音楽が流れてびっくりしました。イリヤの場面かな?思い出すと泣けてくる。

ブログランキング バナー←「天使のしっぽ」のようなことを待ち望んでいる方は、クリックお願いします。

男は妄想する生き物ですから!

チャンピオンの34号を読みました。
今週号は水島先生の漫画家生活50周年の特集が輝いていました。あまりにも有名過ぎる方からの一筆はマジで見物。

「ヤンキーフィギュア」

プルプルな桜井さんの体に大興奮ですよ。
小さいものには神が宿ると言われるのも納得!

しかし胸があり過ぎるのがよくない。
リイン曹長を見習ってください!

「ダイモンズ」

プログレスの過去が徐々に明らかに。
いきなり狼少年ケンよろしく、真っ裸で虎の群れを率い、その虎にまたがっていました。何者をも自分の虜にするカリスマ性の為せる業でしょうか。タイプ的にはゼスモスとそう変わらないようにも見える。

「範馬刃牙」

ラストのコマの勇次郎のいい顔に久しぶりに大興奮。
勿論「ヤンキーフィギュア」の桜井さんとは別の意味で。

「みつどもえ」

ふたばちゃんがみつばちゃんの真似をしてドSっぷりを発揮。それを喰らったみつばちゃんとパパさんは心に大きな傷を負っていました。

パパさんはまだしも、みつばちゃんがダメージを喰らうというのがいい。最近は家でも学校でもドMっぷりが際立っていますね。

パッと見みつばちゃんのようなタイプは嫌われる可能性がありますが、このドMっぷりと根っこの優しさが皆に理解されて愛されているんですよね。人に愛される=人にいじられるという方程式はほぼ確定か。

そう言えばふたばちゃんがパパさんとお風呂に入っている
描写が小さくありましたが、パパさんの膝の上に乗ってますね。
あれって下手したら入っちゃうんじゃ・・・。
いい子も悪い子も何がどこに?という質問はしないように!

「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」

今回の教皇も前聖戦の生き残りですか。
またアテナの力でしょうね。
辛い記憶を携えたままそんなに生かされるって考えようによっては地獄だよな。ボケられれば勝ちだけど、そんなことも許されないし。

ハーデスはやはりどこかで踏ん切りがつかないのか。
ここにパンドラが現れてどこまで後押しが出来るかな。

「私は加護女」

加護女が依頼人の少年をたぶらかすとは・・・。
狭苦しいテント内であれだけ密着されては、何もしない自信は
私にはありません。でも依頼主だから何してもOKだよね?

今回の話は今のご時世ではあまりバカに出来ないお話。
新潟の地震で被災地に向かっている人が多いですから。
災害救助に向かった人がミイラ取りになるって話は決して遠い世界の話じゃないんですよね。どなたも無事に仕事をこなして戻ってくる事を祈ります。

「アイホシモドキ」

今回で最終回でした。まあ上手い事纏めた方では。
びっくりしたのは相星さんが”ペロッ”と元木の頬を
舐めた事。あれはキスされるのより興奮しますね。

あ、それと佐倉さん。

たっぷり水着姿を妄想させていただきます!!

まあそんなことに許可を貰わなくても男は皆するんだけどね。
主に二次元に対して。

秋田書店Webステーション

ブログランキング バナー←男は妄想する生き物ですから!と思った方は、クリックお願いします。

2007年07月18日

ナギに撫でてもらいてぇ

サンデーの33号を読みました。
今日はお酒を飲んでべろんべろんなので、感想はサンデーだけで。

「金色のガッシュ!!」

キャンチョメが魔界に帰った報告を受けティオが不安になるも、ガッシュが何があっても王様になると告げてティオの不安を取り除いていました。

これまで多くのものを背負ってきたガッシュ。
何かを背負った者は強いと言いますが、正にそれですね。
家族を背負った人と独身の人ではやっぱり違うからなあ。

一番弱い魔物として狙われてきた伏線がここに来て漸く開花。
人の思いを何も背負っていないクリアと真っ向対決ですね。

この2人の対決は単なる力の強さと言うよりは心の強さがメインになりそうだ。

「絶対可憐チルドレン」

兵部VSファントムの幕開け。
薫がエスパー同士の戦いを感知していましたが、
その場面に出くわすんでしょうね。
見なくてもいいエスパーの負の側面を見て、今後に影響しそうだなあ。

「お茶にごす。」

まーくんが山田の下へ参上した事で、余計場が混乱しそう。山田1人なら上手い事立ち回れたろうに。

「WILD LIFE」

宝生さんが鉄生と瀬能さんのツーショットを見て絶望していました。

浮気の範疇は人により様々ですが、今回のは酷い。
何せ宝生さんと付き合う宣言をしたばかりで、いきなり瀬能さんとご飯だもんなあ。

べ、別に羨ましいから批判するわけじゃないんだからね!

「クロスゲーム」

竜旺高校との試合が始まり、とりあえず東が先制弾。
コウの調子もよく、三島がいない打線はかなり余裕っぽい。

「あいこら」

パーツフェチの弊害を実際被った先生。
相手と付き合おうと思ったら、きちんと人間性を大事にしないと
いけないですもんね。いくら私が幼女好きとはいえ、それだけで
付き合ってもそれはお互いマイナスですし。

それを懸念してハチベエに辛く当たっていましたが、最近の
ハチベエは相手の心もしっかり見ているから大丈夫な気が。
まあそれを認識するとしないのとじゃ雲泥の差がありますから、
いい機会だとは思いますけど。

「ハヤテのごとく!」

まさかタマがメインになろうとは・・・。
次回で射殺されていたら大爆笑だよ。

今回はナギがタマを拾った詳しい経緯が明らかになりました。
丁度紫子さんが亡くなってすぐの時期だったんですね。

ナギはどうも助けなくてはいけない人のテレパシーを感じられる
人間のようですね。この手の人間って自然と人が集まってくるんですよね。しかもナギの為だけに生涯を尽くす覚悟のある人間が。

今は働いたら負けかなと思っていても、実際表舞台に立ったら
半端無い活躍をしそうだ。案外本作で一番包容力のあるのは
ナギかもしれないですね。

そういえばタマがナギに撫でてもらっていましたが、あのシーンは
私と是非交代して欲しい。ナギに撫でてもらえたら死んでもいいです。

週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←ナギに撫でてもらいたい方は、クリックお願いします。

2007年07月17日

ヴィヴィオいらっしゃ〜い

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」の第16話を見ました。

<感想>

ヴィヴィオの受け入れ先は紳士jiro、紳士jiroをよろしく!!

私ほど安心出来る人間はいないこともなきにしもあらずのような
気がしないでもないので。絶対に絶対ヴィヴィオを幸せにするからお願いします。

いよいよ始まったテロ行為。準備万端のテロ行為なだけあって、
なのは達は後手に回ってますね。思えばネオンの未来予知も
後手に回るタイプだったからなあ。的中率が100%とはいえ、
漠然とした予知では致し方ないか。

今回で魔法の幅がまたしても広がっていました。
リインとヴィータのフュージョンです。

もう何でもありになってきましたね。そしてそれゆえにバトル物の色が濃くなりました。1期と2期は魔法戦もありましたが、どちらかというとヒューマンドラマがメインでしたが、今作はジャンプ漫画のような変貌ぶりです。

この変化に薄っぺらくなった感がどうしても拭えない。
これまでにあったヒューマンドラマが、ティアナの理想と現実のギャップしかなかったのはいけません。

<お気に入りシーン>
フェイトちゃんとヴィヴィオの2人っきりの夜の場面。
前にも流れた穏やかなサウンドに乗せてプレシアとアリシアの写真は堪えるものがあります。

このシリーズで一番輝いているのは文句なしにフェイトちゃんだ。
全てのしがらみから解放されて一皮剥けた姿がとても丁寧に
描かれています。

惜しむらくは空白の10年か。ハラウオン家で過ごした日々が
見たいです。

ブログランキング バナー←お前にヴィヴィオは任せられん!と思った方は、クリックお願いします。

2007年07月16日

私の聖杯戦争はこれからだ!

「Fate/stay night[Realta Nua]」をやり終えました。

<ネタバレなしの雑感>
大満足な一品でございました。
人間の無限の可能性を教えてくれたストーリー。
聖杯戦争にまつわる大仕掛けとその伏線回収。
プレイしたら忘れる事が困難な魅力溢れまくるキャラ。
結構多いと思われるCG。作品に見合った音楽。

100点満点でつけるとするなら85点くらいでしょうか。

ではその欠けた15点は何ぞや?
私が思ったのを3つほど。

1.若干読みづらい文章構成
わざとか癖かわかりませんが、わざわざ難しく書きすぎな箇所がちらほら。もう少しスマートにすればボリュームを圧縮できて、より濃密になったかと。

2.総プレイ時間100時間超え
私が寝ながらやっていたのもありますが、とにかく長かった。

3.タイガの恵まれなさ
大好きだったのに・・・。もっと出番を!!

士郎を日常に留める事が出来る数少ないキャラなんだから、
もうちょい光を当てて欲しかったです。

とまあ難が少しはありますが、冒頭に述べたとおり大満足。
士郎達の聖杯戦争はこれで幕を閉じましたが、私の聖杯戦争(社会人生活)はまだ始まったばかり。

士郎のように自分に負けないよう、聖杯戦争を戦い抜いていきます!

以下ネタバレを含みます。

続きを読む
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ