1. 時には先輩のように (0)
  2. これが私の奥様・・・だったらなあ (0)
  3. 善哉、ぺったんこなお姉さん (2)
  4. かぼパンは世界と企業戦士を救う (2)
  5. ひだまり荘に私が住む部屋が無くなった日 (0)
  6. 10週で纏まるか? (0)
  7. 2日遅れのhappy new year (6)

2010年01月

2010年01月31日

時には先輩のように

「ひだまりスケッチ×☆☆☆」の第4話を見ました。

<感想>
沙英って本当に女の子殺しというか何と言うか。
1人で帰る沙英と一緒に帰っただけでお礼を言われて赤面するなつめ。ここまで来るともう好きとかそういう感情以前に、崇拝に近い感じがします。

今回は乃莉っぺカーテンを買いに行くの巻。
メンバーは1年生と2年生。去年のゆの達のような感じ。
こうして世代交代がされていくんですね。
寂しいけど学生生活は出会いと別れがありますからね。

買い物では一人普通科で皆と距離を置いていたなずなが、乃莉っぺから別に美術科だからと言ってセンスがあるわけでもないと、疎外感を感じているなずなに一喝。正反対の二人だからこそ、お互い欠けているものを補い合って親友になりそうな予感。

今期は今までと違い、所々でゆのと宮ちゃんが先輩らしさを見せます。ホームセンターでなずなと2人になったゆのが、なずなが不安にならないように手を握ったり、宮ちゃんは乃莉っぺが青色好きというのを持ち前の観察眼で指摘したり。

会社でもそうですけど、下の子が入ってくると、先輩らしさを見せたくなっちゃいます。時折ともすると余計な先輩風にもなりますが、ゆのや宮ちゃんのようなさり気なさ、ゆのの場合はちょっと抜けていますが、そうした所が後になって利いてくるんだなあと最近思います。

<お気に入りシーン>
何だか今回はゆののお風呂シーンが結構過激だったような。先輩になったからサービスもパワーアップですか?

ブログランキング バナー←ゆのの先輩っぷりに和んだ方は、クリックお願いします。

2010年01月30日

これが私の奥様・・・だったらなあ

「はなまる幼稚園」の第3話を見ました。

今週は先週に続き死亡週間。6時間の就寝時間以外は全て仕事で潰れました。

<感想>
今回は無敵の山本先生回。来ました、私の奥さん。
その中で見え隠れする、杏の恋を応援する諸葛孔明ばりの柊ちゃん、純真無垢な小梅ちゃん、相変わらずの杏。キャラ立ちがしっかりしているから、縦横無尽に皆動いて面白いです。

山本先生の素晴らしさは、おっきなおっぱいではありません。
あくまでそれは全ジョブをマスターしたものまね師かすっぴんの違い。どちらも全てのジョブアビリティを使えることに変わりはありません。

ではどこが素晴らしいか。それは何事も楽しめるこの性格。
だからこそいつも笑顔で、周りの人に笑顔が振舞え、周りの人も幸せになり、結果自分もいつも充実する。ある意味人間の究極の能力を持っています。私にもこれが欲しいけど、すぐテンパって余裕が無くなるんだよなあ。

ところでこのはなまる幼稚園、職場の環境は最高ですね。
山本先生もさることながら、周りの先生も悩みにすぐ相談に乗ってくれるし、トップの園長さんも大物ですし。つっちー、ちょっと今の私と職場変わりませんか?

<お気に入りシーン>
前回に続き柊ちゃんはフィーバー。ぱんだ猫のきぐるみを山本先生に褒められて照れる姿、踊る姿はもはや幼稚園児の神の領域にいます。

山本先生の妹もかなりのものです。早起きして山本先生に褒められ、「えへへ」と笑うあたりの可愛さは、お姉さんとはまた違った女性の可愛らしさがある。姉妹揃ってこれとは、お父さんは不安で仕方ないよなあ。

ブログランキング バナー←山本先生みたいな女性が奥さんだったらと願わずにはいられない方は、クリックお願いします。

2010年01月24日

善哉、ぺったんこなお姉さん

「ひだまりスケッチ×☆☆☆」の第3話を見ました。

<感想>
新学期も始まりいよいよこれからという時に外すのが吉野家先生クウォリティ。壇上で脱ぎ出すのが吉野家クウォリティ。更に授業選択で平面(お腹)、立体(胸)、情報(頭)がある中、選んだ人はその場所を触りに来いというのも吉野家クウォリティ。私ですか?当然立体ですね。

相変わらず凄まじい吉野家先生ですが、その抑止力の校長も相変わらず。このコンビはある意味ひだまり荘を食ってます。

今回は前半が始業式兼進路選択。後半がその進路についてゆのが考えた1年生の頃の話。

高校での文系と理系の選択はその後の就職にまで影響があります。私も選択しなかった方にいったらどうなっていたかは今でも気になります。これを高校生でするんだから大変な社会です、日本は。

そんな中、先輩の沙英も当然悩むわけで。
小説を書き続ける為に文学部に行くか、自分の小説の挿絵を伸ばす為にも美術系に行くか。

ゆのは歯に衣着せぬ一撃、二兎を追う者一途も得ずと言っちゃいますが、こうして真剣に悩む沙英なら大丈夫だと思います。

<お気に入りシーン>
ゆのを誘ってカフェに行き、そこでブラックを飲む沙英。
でも実はブラックは苦手で、いつも砂糖とミルクを入れないと
コーヒーが飲めない沙英。

お姉さんであろうとする沙英。でも実はゆのとそうは変わらない沙英。こうした頑張っちゃう先輩っていいですね。

当然平面を気にして凹むぺったんこ沙英も好きなんですけど。

ブログランキング バナー←ぺったんこだからこそ沙英は味があると思う方は、クリックお願いします。

かぼパンは世界と企業戦士を救う

「はなまる幼稚園」の第1、2話を見ました。

今週はあり得ないことに私の担当部署の半分が不運が重なり不在の上、仕事量は平常時+異例案件勃発でてんやわんや。その上名ばかりの上司は仕事を見てもよくわからないからそのまま放り投げちゃう為、責任は全てこの半人前社会人jiroの元へ。毎朝目覚ましが鳴る10分前に仕事の事が頭に浮かんで目が覚め、昨日なんて休みなのに仕事で大失敗した悪夢で明け方4時頃に目が覚める始末。企業戦士に休まる瞬間は無いということでしょうか。でもこの生活もあと数日。もう一踏張りです。

<感想>
ヤングガンガンで連載当初から好きだった漫画の1つ。
ずっとアニメ化しないかなと祈っていたら、遂にそれがお星様に届きました。

動く杏、柊ちゃん、小梅ちゃんは可愛さ100倍です!

ああ、私って病気なんだろうか。
いやしかし、可愛いものを嫌いな人間がいないのもまた事実。
やっぱり私はセーフだ。セーフなんだよね?セーフってことにして。

はなまる幼稚園の素晴らしい所は園児とかぼパンだけにあらず。
先生のスペックの高さにも定評があります。
やっぱり一番は山本先生。あの菩薩の包容力。「らんま」のかすみお姉ちゃんに並ぶ私が好きな菩薩キャラ。こんな人が奥さんだったらと思わずにはいられない毎日です。

アニメの1話と2話を見て思ったのが、全キャラに言えることですが、漫画の方がほんわか感はありますかね。勇人先生の描くキャラは中々味があるからなあ。

1話目と2話目はキャラ紹介といった感じ。声も皆ハズレは無く、しっかりキャラ立ちしていたように思います。ここから皆が縦横無尽に動くと想像すると、楽しくなってきます。まだ私のお気に入りキャラの一角も出ていませんし。

特筆すべきはアニメーターさん達の遊び心。
エンディングにまでこだわりまくりです。
恐らく毎回スポットライトが当たったキャラがやらかすんでしょう。鉄は熱い内に打ての如く、キャラソンを視野に入れた作り。昔はキャラソンなんて人気が出るのがわかってから出すといった流れだったからなあ。今は何でも流行り廃りが早いのを感じさせます。

そして2話目の柊編には思わず笑ってしまった。
柊ちゃんの柊ちゃんによる柊ちゃんのためのエンディング。
柊ちゃんのキグルミは正義です。

こんなアニメが放送されるのも日本ならではと思いますが、こうした大人が忘れつつある子どもの純真さというのは見ていると心が癒され、仕事でイライラした自分が酷くちっぽけに見えます。引き続き私や他の企業戦士達にもこの作品の持つ力を分け与えて欲しいです。

ブログランキング バナー←かぼパンは正義と思った方は、クリックお願いします。

2010年01月10日

ひだまり荘に私が住む部屋が無くなった日

「ひだまりスケッチ×☆☆☆」の第1話を見ました。

<感想>
帰って来ました、我らがひだまり荘。つぐみ寮の次に住みたくなるひだまり荘です。

相変わらずな面々に、相変わらずなカラフルな色彩。この普遍性が心地よいです。

初っ端の話はゆのが期末で赤点を取って追試になる話。
ゆののこの抜けているんだけど一生懸命というのは良いですね。肉食女性が叫ばれる昨今、とても希少です。

その後はひだまり荘に新メンバー加入。
はきはきタイプの乃莉、お嬢様っぽいなずなの2人。毎度毎度ここに来る人間は互いが欠けているものを持った人が来ます。

新たな面々に囲まれて、今回もまたまったりさせてくれる予感満載です。

ところで私が住む予定だった部屋はどこにいったんですか?インターネット接続と共に、増設をお願いします。

<お気に入りシーン>
今回はみやちゃんのセーラー服姿が御開帳。
新入生の為の大掃除で、汚れてもいい服を選んだらこうなったんでしょうね。プール開きの掃除の時にジャージじゃなくてスクール水着で来ちゃうタイプです。宮ちゃんは素で私が求めている物を見抜くからたまりません。

ヒロと沙英のラブラブ度合いもまた素晴らしい。
沙英のヒロに対する最初の印象が砂糖菓子って貴方。
こんな口説き文句は素面じゃ言えません。

ブログランキング バナー←ひだまり荘増設に賛成の方は、クリックお願いします。

2010年01月04日

10週で纏まるか?

ジャンプの5・6合併号を読みました。

「NARUTO -ナルト-」

ダンゾウがお子チャマのサスケを一喝。ダンゾウは気に入らないけど、言っていることは的を射ています。サスケの行動は八つ当たり以外の何物でもありません。腐っても根のトップということでしょうか。

ダンゾウの能力は写輪眼の数だけ時間を巻き戻すようなものなんでしょうか。時空忍術があるくらいだから、この辺のラスボスっぽい奴はそろそろ時間に関する能力を使い出すような気がするんですけど。

「ONE PIECE」

ここに来てルフィの覇王色の覇気が戦局を揺るがすよう。センゴクから白ひげまで殆ど皆が驚いていますが、この覇気を使えるのはやっぱり特別扱いなんですね。ハンコックも使えるから結構メジャーなのかと思っていましたが。

こうなってしまったら、ルフィももうルーキーという目では見てもらえないでしょうね。一番えげつないサカズキあたりが出てこなければいいんだけど。

それにしてもこの戦局から一体どうやってエースを救うのか。一番ありそうなのは白ひげが自分の命を賭けて海軍道連れで地震を起こすってパターンかなと思うんだけど、この漫画は過去話じゃない限り人が死なないからなあ。

「HUNTER×HUNTER」

遂に冨樫先生が本気を出しにきました。コメントでも出来る限り描くとまで言っています。10話で燃え尽きないことを切に願います。

初っ端はネテロじいちゃんの武に対する想いから。
こういうのが入ると死亡フラグっぽく見えるのは私だけではないはず。でもこの人が負けたらもう王を止める人間はいなくなるし。それかそうなってジンが登場して全て終わらせるつもりか。

しかし久しぶりに冨樫先生の絵を見たけど、やっぱり上手いですね。迫力と臨場感が違います。

「銀魂」

年が明けてもサンタバトル。季節感なんのそのってのもいいですね。

先陣を切ったのは我らがゴリラさん。この人、これでも国家権力のトップに位置する人なんですよね。普通に考えて超絶勝ち組な人ですよ。それがこの汚れ役。どんな勝ち組だろうと人は誰もがトイレと好きな人の前では平等なんだと教えてくれます。

次峰は深層の令嬢。やっぱり女の子は汚れさせてはいけません。

中堅は・・・男のロマンということで。当然ながらムチで打たれたいですが何か?

そして副将と大将はどこのギャルゲーの主人公でしょうか。神楽のフラグは立てるのが難しそうだから、2人のギャルゲー度が試されます。

ちなみに私のクリスマスはさっちゃんサンタが来る前の新八で終わりました。

「トリコ」

可愛いペンギンの親が・・・。
小松が知ったら悲しむでしょうね。
とはいっても、私たち人間がやっていることはトミーロッドと変わらない所も多いんですけど。

謎の仮面君は次郎さん本人だと思っていたら、次郎さんのお弟子さん(息子?)だったようで。セツおばあちゃんにプレゼントする為に行かせたのかね。

「PSYREN」

ウィルスが発症した祭先生の胸がえらいことになっている。
人類の至宝に対して、あんなアザを作りおってからに!

アゲハはだんだん弥勒の思想に近付きつつありますね。
無垢な人って両極端に転ぶから見ていて危なっかくて落ち着きません。意志を持っていない分、人間より核爆弾の方が可愛く見えます。

「ピューと吹く!ジャガー」

初夢があんな夢だったら、ブルーになるだろうなあ。
しかもあの夢の場合、ジャガーさんなら実際起こり得そうだからなお怖い。

ちなみに私の初夢は・・・忘れました。
いつも覚えていようと思っても綺麗さっぱり忘れるんですよね。
お酒を飲んで気持ちよく寝るからいけないのかなあ。

週刊少年ジャンプ公式HP

ブログランキング バナー→冨樫先生の本気に年始からやる気が出た方は、クリックお願いします。

2010年01月03日

2日遅れのhappy new year

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

この言葉を書くのも何度目でしょうか。去年は本当にブログの更新をやれませんでしたが、とりあえず新年をまたここで迎えられて良かったと思っています。

三が日は毎年会う長年の友達に会ったりしてあっという間に過ぎ去りました。

今年の目標は去年より新規開拓に努めることです。ちなみに今はアニメでは、スカートの下に短パンの美琴と、その美琴をこよなく愛する変態黒子が暴れ周り、ストーリーも結構裏がありそうで面白い「とある科学の超電磁砲」と、ヤングジャンプで連載されている、主人公が可愛い女子高生風の男の子にちょっとドギマギする、日本男子の行く末が不安になるような、「カイチュー!」という弓道漫画を楽しみに日々生きています。

こんな筆不精かつ変態の私ですが、今年ものんびりとやっていこうと思います。
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ