1. レギュラーでしょでしょ (0)
  2. 悶々モン (0)
  3. 三顧の礼にて迎えにいきます (2)
  4. 教師ビンビン物語 (0)
  5. エースが死んだなんて嘘だっ! (2)
  6. 成果4 (2)
  7. 異性と話す。そんな時代もありました。 (0)
  8. 脱おばちゃんキラー (2)
  9. 天女祭り (2)

2010年02月

2010年02月28日

レギュラーでしょでしょ

「はなまる幼稚園」の第7話を見ました。

今日は休日出勤もどきであまり休んだ気がしなかったり。

<感想>
今回はつっちーの田舎へ皆で帰省するお話。
これもまた素晴らしい話です。さつきが出る話はつっちーの兄としての第三の側面が出るから、キャラの深みが出ますし、何よりさつきは妹キャラとして申し分無いですし。

電車の中ではつっちーが超絶勝ち組で殺意を覚えそう。
帰省するのが結婚前の両親への挨拶のようで、あの山本先生までおふざけでつっちーと結婚しようと冗談を言う始末。・・・冗談ですよね?

そして実家といえば前回登場した最強キャラのさつきも登場。
つっちーが帰って来るにあたり、オシャレに気を使っちゃって、
ブラコンパワーは全開。何度見てもこんな妹が欲しくて仕方ない。

田舎に戻れば起こるのは過去話。
前半はつっちーと杏のお母さんのさくらの高校時代の話。つっちーが好きだったさくらが、今の旦那さんが好きだとつっちーに言い、つっちーが何も出来ないまま失恋する場面が描写。告白すら出来なかったつっちーは、あまりに不憫です。

後半はさつきのターン。
さつきは家で前回同様料理の腕前を披露。
その腕前は学校のクラブで努力した賜物。
それをつっちーに褒めて欲しくてさり気なく料理を作って、つっちーが驚いた所にさらに賞状を見せる計画でしたが、敢え無く撃沈。

更に夏祭りではさつきだけ疎外感を感じて逃げ出す始末。
社会人になり、更に実家から出れば、そりゃいつまでも同じまま
というわけにはいきません。ブラコンのさつきからしたら、遠い存在に感じるのも致し方ないでしょう。

それでも根っこの部分では変わらず優しいつっちー。さつきのSOSは無事に届いたようで。

ちなみに今回はさくらと杏がそれぞれ山本先生とさつきの為に一肌脱ぐ場面が印象的です。杏の存在は何となくさくらが出来なかった、つっちーを助ける存在としているような感じです。杏には可哀想だけど、やっぱり杏はつっちーと山本先生のキューピッド役でしょうね。

ブログランキング バナー←さつきはもう毎回レギュラーで登場していいんじゃないという方は、クリックお願いします。

2010年02月27日

悶々モン

「ひだまりスケッチ×☆☆☆」の第8話を見ました。

<感想>
朝の体操のメンバーが徐々に増え、残るのはヒロのみ。
夢遊病のように出てきたからもうすぐでしょうか。

前半は学食チャイナフェアの巻き。昼食は人類皆の憩いの時間。まして学生なら育ち盛りというのもあって、発育も左右する大事な時間。それがこんな美味しそうな学食で羨まし過ぎる!最近忙しすぎて昼食と呼べるものが食べられなかったり、食べられてもおやつの時間以降だからうらやましいです。

そんなチャイナフェアの目玉はカニチャーハン。それを食べる為に全身全霊を注ぐも、ゆのと宮ちゃんは食べられず。

その代わりとばかりにヒロがその腕前を披露。
さすがひだまり荘の学食のお姉さん。
何だかヒロは将来美人料理家として成功してそう。

後半は吉野家先生の敏感なスイートハート(ビン、缶、ナス、糸、ハット)を課題にした学内コンクール。

でもゆのの結果は若干残念なもの。私も校長の言うように、芸術に順位をつけるのは違和感あります。でも人と競争することで自分の不甲斐なさを感じて努力して、もう1つ上の自分になる機会になるのも事実。競争ばかりだと疲弊するし、日本人特有の頑張らないと不安になる症候群を抱える民族は疲れますが。

私の会社も社内でも業界でも順位付けがあり、毎日大変ですが、校長に言わせたら自分の知らない一面に気づく良い機会を与えられていると考えるべきなんでしょうね。私の仕事のウェイトが管理畑に重きを置かれているんですけど、営業もやれと言われ、自分の仕事も間々ならないので対顧でトラブルもあるんですけど、もう一踏ん張りするかって気になりました。

それにしても今回の締めくくりはいつもと違う色でしたね。普段はゆのの終わりで一日を満足で終えていましたが、今回のゆのは悶々のまま。

<お気に入りシーン>
吉野家先生のチャイナ服は素敵です。
スリットがかなり際どい所までいってますし。

それにしても吉野家先生って、いつも校長に指導ばかりされていますが、次回予告でもあったように、吉野家先生は夢を叶えている凄い人ですよね。この人、このままあの校長に指導され続けたら、一角の教師になるだろうなあ。ああ、童顔ナイスバディな点で既に一角の女性か。

ブログランキング バナー←吉野家先生ってさり気なく凄い大人だと思った方は、クリックお願いします。

2010年02月21日

三顧の礼にて迎えにいきます

「はなまる幼稚園」の第6話を見ました。

<感想>
遂に究極の妹、さつきが来てしまいました。
小梅ちゃんのスクール水着も、山本先生の水着姿も、彼女のセーラー服姿の前では太刀打ち出来ません。こんなんで平常心Tシャツを着ても、平常心でいるのは無理でしょう。

だらしないつっちーに対して罵声を浴びせつつも、心配で仕方が無いオーラは隠せません。

それを象徴するかの如く、煮物たっぷりの弁当持参。それを適当に作ってきたと言っちゃうあたりがまた凄い。良妻賢母を地でいくタイプです。

更にエンディングはさつきのブラコン全開。さつきの本心がそのまま歌詞という、どっちが本編か不明なほど。さつきのトリセツ欲しいですね。まあ、無くてもツンデレ属性2級の私なら、さつきの本心くらいトリセツなくても余裕ですけど。

ところでつっちーは小梅ちゃんのトイレをずっと見守っていたんですか?そうですか。

<お気に入りシーン>
山本先生の体操は人が殺せると思います。男限定ですが。
危うく私も象さん体操しちゃう所でした。

つっちーのYシャツ一枚で寝るさつきは、この世の兄が求める真なる妹の姿でしょう。

ブログランキング バナー←さつきを三顧の礼で自分の妹に迎えたいと思った方は、クリックお願いします。

2010年02月20日

教師ビンビン物語

「ひだまりスケッチ×☆☆☆」の第7話を見ました。

<感想>
大人になってもこれほどブルマ姿が似合う人はいないでしょう。吉野家先生、貴方は永遠の17歳の称号を名実共に手に入れました。

今回は久しぶりにチカ登場。しかも歌舞伎好き属性を披露。釘宮様が歌舞伎の真似をやるといいですね。

チカとひだまり荘のメンバーでピクニックにも行きましたが、その描写は殆どカット。その分は全てひだまり荘でおしゃべり会。女子高生はこんなほのぼのとした休日を送っているのか。私ももっとそれに混ざりたかった・・・。

ピクニックでは皆別れていたようですが、ヒロと沙英は完全に長年連れ添った夫婦のような会話の応酬だったようで。それが沙英の小説にも反映されているとはね。

それでオチが校長と吉野家先生のマラソン。
ってか校長のこの体力はオリンピックものでは?
あと街中をブルマで走る吉野家先生の羞恥プレイが見たかった。いや、コスプレが趣味の人にとっては、羞恥でも何でも無いかな。

ブログランキング バナー←教師のブルマ姿、あると思います!という方は、クリックお願いします。

2010年02月16日

エースが死んだなんて嘘だっ!

ジャンプの11号を読みました。

「ONE PIECE」

今回はこれ以外に感想を書く気にはなれないほど、衝撃的な出来事がありました。そう、ルフィの兄、ポートガス・D・エースの死です。

昨日仕事が終わって夜に読んだ後は、深夜にも関わらず、目が冴えまくりました。

最初は中々受け入れられませんでしたが、1日経つとエースが死ななければならないのも、致し方無いのかなと思うようになりました。以下状況証拠と自分の憶測でつらつらと。

そもそも人が生きているのには生きたいと願う心が無いと生きていけません。もう死んでいいと思っても生きているのは、死ぬことに本気じゃないということです。

それに則り私がエースの死について思った事柄は3つ。

1.自分は生きていていいと思えた。
2.白ひげを海賊王には出来ない。
3.ルフィは自分を超えた。

1つ目は作中であったように、ロジャーの息子として生まれて子どもながらに様々な人間の汚い部分を見たエース。それを味わったら、自分の存在意義を疑いたくなるのも当然でしょう。それが解消されたのなら、エースの生きる理由というのはそこで消滅したのですから、我が生涯に悔い無しの状況でしょう。

2つ目は白ひげの寿命。隊長クラスならこれは身に染みていたでしょう。そして今回の事態。白ひげがどれほどの海賊でも、限界は見えてしまいます。自分が生涯をかけた夢はここで潰えるということです。

3つ目はルフィの覇王色の覇気。ルフィの兄として、ルフィが自分よりも弱い内は守ることを心に決めていたエース。それが今回、ルフィの覇気を見てルフィは自分を超えたと思ったのではないでしょうか。

覇王色の覇気はまだまだ未公表の部分が多いですが、人の上に立つ資質のある人には出るよう。当然それも格があるようで、今回のマルコやビスタ達が使っているのはさらなり、アマゾンリリーの面々も普通の覇気でしょう。

現状で覇王色の覇気が使えるのは、ルフィ、ハンコックは確定。シャンクスと白ひげも2人の邂逅からするとあるのかなと。推測の域ではロジャーは恐らく使えるでしょう。つまりどの人物も一団体の長。

それではエースは?恐らく使えないのではないのかというのが、私の見解。理由は、人の上に立つ資質が必要であり、エースは既に白ひげの下でいいと割り切ってしまっています。いかに資質があろうと、人の下に仕えるということは覇王ではないでしょう。

それを弟のルフィが使ったということは、自分が守るべき存在だと思っていたルフィは、実はもう守らなくてもいい関係だったということになります。

長く書きましたが、エースはこの究極の局面で、自分の願いが実は叶ってしまっていたということです。そしてそれは殺し合いの局面では油断にも繋がる。そこを突いたサカズキはさすが大将、長年のキャリアは伊達じゃないと言わざるを得ません。

客観視するとこうした結論に見えてくるのですが、それでもエースが死んだのは本当にショックです。来週あたり、不死鳥のマルコの血を浴びて生き返らないかなと真剣に思っています。

この漫画史上、初めて現代で人が死んだ今回。ルフィのターニングポイントになることは間違いないでしょう。

2010年02月14日

成果4

「はなまる幼稚園」の第5話を見ました。

今日が何の日か皆様ご存知でしょうか?
そう、聖バレンティヌスが殺された日。
え?日本の菓子メーカーの陰謀なんて知りません。
私には小梅ちゃんと山本先生がいればそれでいいです。

ちなみにリアルな成果は4。内訳は家族3、職場1。
今年は山本先生みたいな人に出会い、数を1つ増やしたいものです。

<感想>
つっちーの休日は私ですか?と言いたくなる一日。ゲーム時々仕事で一日終了。長期の休暇だけはつっちーを超えますけど。

夕方の公園で友達と話すつっちーは哀愁がはなまる過ぎ。私もそうなっていくのかなあ。

Bパートは私が恐れていたストーリーが遂にきてしまいました。
そう、小梅ちゃん初恋をするの巻。でも私の想いが通じたのか、初恋の君、ゆう君はセカンドインパクトとイシュバール戦争に巻き込まれるそうです。ってかGAINAXの遊び心に拍手送りたいです。

ゆう君は正にパーフェクト。これは中学、高校になったら大フィーバーでしょう。そんなゆう君に対して、お礼を言う為に年齢相応の小梅ちゃんが頑張る姿は、見ていて微笑ましいです。何せ、小梅ちゃんが抱いてって言っても、ギュッてしたくなるだけですもんね。これなら某法律もセーフでしょ。

次回は遂に私が山本先生同様愛して止まない、つっちーの妹登場。彼女のスペックもまた山本先生に匹敵する所があります。賑やかさ3割増しくらいで楽しくなりそうです。

ブログランキング バナー←小梅ちゃんの可愛さは可愛い動物を愛でるかの如くの方は、クリックお願いします。

2010年02月13日

異性と話す。そんな時代もありました。

「ひだまりスケッチ×☆☆☆」の第6話を見ました。

<感想>
久しぶりに吉野家先生祭り。携帯小説を読んでいるせいで、授業まで半分手抜き。本当にこの先生は賑やかで楽しい先生です。

校長先生には教師の自覚を置き忘れていると言われていましたが、普通科のなつめの名前をさらっと言うあたり、全校生徒の名前を把握してそうな雰囲気もあって、教育熱心な人だとは思うんですけどね。

その携帯小説を読んでもよくわからないと言っちゃうゆの。ギャルゲーで泣く私の心もわかってもらえないでしょうか。

Bパートはなずな神聖モテモテ王国疑惑。でもその裏にはメロドラマのような女同士のドロドロがあったそうで。妬む人にはなりたくないものです。

ちなみに私もひだまり荘で誰を選ぶかといったら、やっぱり宮ちゃんです。一緒にいて面白いのもさることながら、腹に一本槍を持っている所がいいです。

ブログランキング バナー←宮ちゃんのスペックの高さなど四千年前に通り過ぎたわ!という方は、クリックお願いします。

2010年02月07日

脱おばちゃんキラー

「ひだまりスケッチ×☆☆☆」の第5話を見ました。

<感想>
朝の体操が何だかえっちい。ゆの、宮ちゃん、乃莉でいつも通りなんですが、視点が胸メイン。ゆのはひだまり荘で一番残念な子ということですか。

そうなるのも当然な今回。身体測定がテーマ。
いいねえ、女性の身体測定。これぞ高天原。男たる者、一度は踏み入ってみたいものです。

身体測定と言えば当然ネタはヒロ。
ガリガリより肉付きが良い方が男としてはいいというのを、ヒロはまだわかっていないのか。ホント勿体無い。

Bパートは回想。ゆのと受験生の有沢先輩の話。
まだ将来が決まっていないゆのにとって、受験生の話を聞くのはとても参考になるようで。でもその先輩も美大生の凄さに感化されたものの、やりたい事は特に決まっていないと言い切ってました。

正直な話、社会人になっても明確にこれがやりたいなんて、私にはありません。それが見つかる人が本当に羨ましいです。ただなりたい自分みたいなものになれるよう、勉強するくらいで。

やっぱり手に職を持つ人の方が、そうしたものをより意識して、自己実現をしていくんでしょうね。ちょっと羨ましいですが、私も負けないようにって思わされました。

あ、ちなみにコンビニ等でお釣りを貰う時、私も手を握られます。おばちゃんにですけど・・・。たまには若い子もしてくれないかなあ。

<お気に入りシーン>
ゆのの視力検査で、空いている方向をゆのが言う度に、その方向へ動いて壁に激突する宮ちゃん。見ていて退屈しない人ってこういう人のことを言うんですよね。

ギャグ担当に見えて、Bパートみたいに髪の毛を下ろしていると、ひだまり荘一の美人さん。新キャラが来た分、宮ちゃんにスポットが当たる事が少なくなるかもですが、一度くらい丸々メインでやって欲しいです。

ブログランキング バナー←高天原に行きたい方は、クリックお願いします。

天女祭り

「はなまる幼稚園」の第4話を見ました。

<感想>
Aパートは杏のデート大作戦feat.柊ちゃん&小梅ちゃん。
メインはつっちー達のように見えて、柊ちゃんと小梅ちゃん。
「キラキラキラ〜」と流れ星役を務める小梅ちゃんの可愛さ、マスターや清掃員、黒子として助言を出しまくる柊ちゃん。この2人も大概杏を食えるだけのキャラです。

Bパートは前回に引き続き、山本先生の菩薩祭り。
つっちーが不在の中、山本先生がつっちーのクラスも受け持ち、
杏はつっちーに言われた、山本先生の手伝いに奮闘。
当然ながら杏の仕事は完璧には出来ないけど、山本先生がそれを
さり気なくフォロー。

このエピソード、原作を見た時からずっと好きでした。
山本先生の素晴らしさを端的に描写出来ているのもさることながら、教育者や人を育てるのは、こうした人がなるべきなんだろうなあって思わされるからです。特に杏の仕事のフォローの仕方は神。どうしたらこんな人に育つのか。

初等教育が全てだとは言いませんが、少なくともこんな
先生がいたら人格者になるのは間違いないでしょうね。

<お気に入りシーン>
山本先生と仲良くなった杏達の会話に邪魔しようとしたつっちーに対し、ガールズトークは不可侵と言う杏達に同意し、

「そうだぞ〜」

と可愛らしさフルスロットル。もう眩し過ぎて直視出来ません。

ブログランキング バナー←前回に続き、山本先祭りだった方は、クリックお願いします。
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ