1. 魔法少女ほむら★マギカ (4)
  2. 消耗品少女 (3)

2011年03月

2011年03月13日

魔法少女ほむら★マギカ

「魔法少女まどか★マギカ」の第10話を見ました。

感想の前にこの度の東日本大震災は本当に酷いことになっており、被災された地域、方々には一日でも早く復興してほしいと切に願います。9.11のアメリカ同時多発テロといい、今回の3.11といい、11日は何か縁起が良くないんでしょうかね。

<感想>
本作はここ数話最高潮ですが、今回はそれに輪をかけていました。というか今回でこのアニメがここ数年で指折りの作品の1つに入ったと確信しました。

今回は本作の世界観を一気にネタばれする回。全てはほむらが普通の少女で魔女に喰われかけた所をまどかとマミさんに助けてもらうも、ワルプルギスの夜戦でまどかを失い、自分が魔法少女になることでまどかを救える可能性のある世界を探す旅に出るというもの。それを試行錯誤しながら何度もまどかを何度も失うほむら。その絶望は一体どれほど深いものでしょう。

このネタばれ回で素晴らしいのは、ほむらが歩いてきた道とまどかが歩いてきた道が対比されていること。ほむらは自分のザ・ワールドで何度も同じ時間軸を経験することで得てきた魔女のカラクリや人を失うことで徐々に強くなる反面、まどかはほむらが明らかにする事実を受け入れていくたびにほむらが最初に契約した頃の強いまどかから、弱いという表現が適切ではないかもしれませんが、私達視聴者が見てきたまどかになるということ。誰もが最初から強くもなく、また誰もが最初から弱いわけでもない。絶望感に包まれた作品のようにも見えますが、人間の成長というとても希望に満ちた部分を描こうとしているようにも見えます。テーマ自体にも対比が上手く作用していますね。

そしてその素晴らしいストーリーを演出が更に引き立てます。その最たるものがオープニング。今回は最後にオープニングの「コネクト」を持ってきましたが、この歌は全てほむらの人生そのものを表現した素晴らしい歌詞。まどかとコネクトする為に決意したほむらを表現したとでもいえばいいのか。

ただここまで来ても謎は残っています。その主なものは2つ。1つはワルプルギスの夜の正体。魔女のからくりが明らかになった際にまどかだと思ったんですけど、ワルプルギスを倒した後に魔女化するまどかの場面があるとなると、別の誰かということが濃厚な気も。そうすると全ての世界の果てのほむらという可能性がありそうで怖いです。もう1つはまどかが魔女になった時の願い。やっぱりどれも自分の願いというよりは、他人を助けるために使っているんでしょうか。そうなると今回は一体何のために使うんでしょう。悪い言い方をすると今の縛りつけられたほむらはまどかの願いによるものなので、そのほむらを解放する願いだといいんですけど。

本作も残すところあとわずかですが、ここまでくるとほむらが全てを救った世界がどこかにあってもいいような気がするんですけど、スタッフさん達はどこでこの物語を締めくくるんでしょう。大団円もあれば、まどか以外絶望のエンドもありそうで、油断出来ません。

それにしても今回で思ったのは、かの名作、「CROSS CHANNEL」を彷彿とさせるということ。やはりこの手の作品は見応えがありますね。

2011年03月07日

消耗品少女

「魔法少女まどか★マギカ」の第9話を見ました。土曜日と日曜日は友達に会いに大阪に行っていた為、視聴出来ず。月曜日から鬱作品を見ちゃうと残りを乗り切るのが辛いかもです。

<感想>
これは月曜日なんかに見るんじゃなかった・・・。前回に引き続いての凄まじい展開。いらない子だと思っていたさやかがまさか本作をここまで引っ張るとは。

ストーリーとしては前回の衝撃のインキュベータ宣言をもう少し噛み砕いたもの。営業のスペシャリスト、キュゥベえさんは実は宇宙人。そして宇宙を守るために発明した人間の欲望をエネルギーに変えるシステムで、宇宙を救おうとしているとのこと。さすがに酷い奴だとは思いますが、反面キュゥベえの行動はとても理に適っています。何せ私達人間も生きる為に地球の石油やガスなどエネルギーを搾取しています。キュゥベえがやっていることはそれとさほど変わらないです。

なんてあっさり割り切れるほど簡単な問題ではないです。合理主義も立派な思考方法だと思いますが、私たちは感情がある人間。合理と道徳をバランスよく保たなければそれは単なる機械の演算です。でもこれってコンピュータがないと何も出来なくなりつつある今現在でも徐々に進んでいるんだろうなあ。そうして人類は滅んでは繰り返しているんだと思うんだけど。

今回で杏子まで退場し、残るのはほむらとまどかのみ。ここまで何度もループした世界を経験しているであろうほむらを上回るキュゥベえの策略通りに事が進んでいます。次回はワルプルギスの夜編ですか。これはどう見ても未来のまどかとしか思えませんが、更に別の存在がいるんでしょうか。

<お気に入りシーン>
冒頭の杏子とほむらのやりとりでの杏子のほむらに対する人間か発言に対して、、「もちろん違うわ、あなたもね・・・」は素晴らしい言い回し。魔法少女になったからには人間でなどいられないというのは前回のさやかが証明していますし。ほむらの場合は本当の意味で生まれが人間でない可能性もありますけど。

杏子がさやかを助けるためにまどかに協力を仰ぐシーンで渡すうんまい棒。今回の杏子の自爆行為を考えると、まるでまどかにバトンを渡したように見えます。

今回の一番のシーンは間違いなく杏子の変身シーン・・・もとい、まどかとほむらを逃がす為に自分を盾にする場面です。マミさんよりも若干粗っぽかったですけど、さやかとまどかに魔法少女のあり方を指導し、最期には2人を助ける為に自分を捨てる。杏子こそ杏子の父親が皆に説教していた神様そのものではないでしょうか。実父に裏切られてなお、実父の教えを実践する杏子は思わず抱きしめたくなります。
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ