1. まどかさんに敬礼 (1)

2011年04月

2011年04月23日

まどかさんに敬礼

「魔法少女まどか★マギカ」の第11と最終話の12話を見ました。

4月から色んなことがちょっと立て込んでおり、先週末から今週は凄まじかった。環境も少し変わり、私のようなただの名も無き社員に、自分の仕事に加えあそこまで周りの面倒を見させるのは無謀な気がするんですが。

<感想>
ついにきちゃいました。クライマックスを一挙2話放送。見終わった後の率直な感想は、久しぶりに鳥肌モノのアニメが見れて恐悦至極です。

まずは11話。冒頭はまどかが何故強大な魔力を秘めているかが判明。ほむらが時間を戻す毎に強化されるとは、何という救われない設定か。しかもキュゥべえは人類の文明は自分達が作り上げたと調子をこく始末。キュゥべえさんの営業力は時代も世界も選ばないんですね。ちなみにオープニングのまどかの失敗魔法少女っぷりを見て去っていくキュゥべえは実は伏線だったのですね。当初から強かったわけではないまどかに、キュゥべえは今ほど興味なかったんでしょう。

次はさやかのお葬式。殆どの魔法少女が魔女となり、行方不明で片づけられていたのを、彼女はしっかり周りの人間に死を突き付けました。この辺については後述を。

その後ほむらの家でほむらがまどかにこれまでの経緯をネタばれし、舞台は一気にワルプルギスの夜VSほむら。まさかほむらがこんなに武器をピックポケットしていたなんて。日本の税金はほむらに流用されていたんですね。でもほむらなら許します。

ワルプルギス戦はほむらの絶望感満載。文明の利器で対抗するも、どれも有効打にならず。文明の利器はしょせん人間の心情の結晶には勝てないということか。

次に12話。絶望したほむらの前で、遂にまどかが自分の願いを発動。それは全ての魔女を、現在、過去、未来の全てに存在する魔女を消すというもの。本作を否定するにも値する願い。シナリオライターまどか誕生の瞬間です。そしてこれによりワルプルギスは退場。前回までは彼女の正体がほむらの慣れの果てか等と思いましたが、今回を見ると、魔女の集合体のようなものにも感じました。人間が複数揃うとそれは良いことにしろ悪い事にしろ物凄い力を発揮しますし、また誰か1人にその責任を押し付けるのも自分勝手過ぎる気もしますし。

宇宙の理を変えたまどかは次にさやかと一緒に上条君のヴァイオリンを聴く場面へ。まどかの願いは結局さやかの為ということに。11話の葬式といい、自分の望みが全ては叶わなかった12話といい、さやかは本当に人間でした。それは最後のキャラ感想でつらつらと。

まどかの新しい理は魔法少女は魔力が尽きたら消滅するというもの。でもこれまでよりはよっぽど救いがあるでしょうか。まどかの放った弓の中で、最初に出たマヤのピラミッドのような少女は、ソウルジェムが黒くなっていくのを恐れていました。恐らく魔女化をしっていたのでしょうね。その彼女が消滅する際は笑っていました。死んでなお周りを不幸にするような存在はやはり耐えられないものです。

円環の理という魔法少女消滅理論が制定された世界では、まどかの存在は当然忘却の彼方に。マミさんや杏子が誰それ発言をする場面には、ちょっと胸が痛みました。その世界でまどかを覚えているのは結局ほむらとまどかの弟のみ。まどかのお母さんは何となくといった所でしょうか。でもそれがいいんでしょうね。忘れるというのは人間に与えられた最も進化した能力だと思います。誰にも辛いことがあるでしょうが、それを全て覚えていたら廃人まみれになりますもん。

そしてラスト。見解は分かれるでしょうが、私は闘い続けたほむらが消滅したと思います。それにより初めてまどかが存在する概念の世界へと飛び立ったのだと。

以下それぞれのキャラについて。

まずはマミさん。瀕死の状態から一変魔法少女になり、更には友達も見つける。最初に退場する為、掘り下げは若干甘かったですが、魔法少女として作中では比較的幸せな方だったのでは。

次に杏子。実の父親に化け物扱いされながらも、オクタヴィア戦では聖女の如き包容力を見せ、さやかと消滅。12話冒頭を見る限り、世界の理が変わる前は穏やかな世界でマミさんと一緒にいるよう。ある意味親友のまどかよりもさやかという存在の本質を見抜いていたでしょうね。最後まで見ても9話の聖女杏子は誰も太刀打ち出来ませんでした。

3番手はほむら。本作の縁の下の力持ちとして、無数の時間軸をまたにかけた時をかける少女。彼女がいたからまどかは神になれました。ラストでは時魔道師としてまどかの行く末を見て、まどかを忘れずにまどかが造った理の世界でまどかのリボンとまどかの弓を引き継ぎ闘い続ける。そして闘い続けた果てに友達のまどかとようやく再会したのだと私は思います。

まどかは言うまでもなく神として君臨することに。ただその神様はさやかとほむらには特に優しかった。さやかはこの後として、ほむらには、死んだら普通何も残らないのが人間ですけど、死んでもなお自分に会えるように設定していたのでしょう。それが最後の頑張っては後ひと頑張りって意味だったんじゃないでしょうか。

最後に最も人間染みていたさやかはファンタジーモノに染まらなかった印象を受けました。しっかり周りに死を認識させ、本当の望みも叶わないまま退場。魔法少女なのに一番割に合わなかったように感じます。まあ自分の心だけは清算出来ていましたが。それでいてまどかを神へと転身させる決意すら担うさやか。嫉妬の炎に巻かれるなど何とも人間臭いが、だがそれがいい。未完成な人間だからこそ、何でも完璧にこなせませんし、全てが思い通りにいくはずもない。だからこそ神のように完全な存在に憧れ、その想像が神を生む。そうして本作を救う回答が導かれたのは何とも興味深かったです。

総評としてはもはや言うことなし。アニメの本数を無駄に増やすよりは、こうした作品を少しでも多くしてほしいと思いました。
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ