2006年06月02日

有希が一番!!

「涼宮ハルヒの憂鬱」の第9話を見ました。

<感想>

今回の時期は12月
どうもハルヒに関するあらかたの事象が終わり、キョンもSOS団
色に染まっていました。
少し静かすぎるとナレーションするキョンから窺えます。

そしてハルヒとキョンの二人の関係も、ほんの少しラブラブ感が
アップしてた印象を受けました。

これが事実上のアニメの最終回なのでしょうね。
最後のハルヒのアッカンベーはいつも迷惑かけてごめんと、
我がままを聞いてくれてありがとうと、本当は好きだよという
組み合わせに私は見えました。

<考察>

〜部室に隠しカメラ?〜

キョンが暖房を映画のスポンサーになってくれた電気屋さんに
取りに行くことになり、ハルヒは鬼のいぬ間にみくるの撮影会。
あの衝撃の文化祭で上映されたビデオのジャケットのため、
あえなくみくるはハルヒのオモチャに。

その時にみくるがバニーやナースにコスプレさせられてましたが、
すんでの所で有希が邪魔をします。

どうもあのアングルにはカメラが置いてあったことを彼女は
知っている様子でした。
みくるが着替え終わってからナース姿を披露する為に本をどかして
ましたし。

これはキョンの仕業かと最初思いましたが、これまでこの作品は
作品の裏側を暴いてしまう手法がとられていたので、むしろあの
隠しカメラは製作者によるものではないでしょうかね。

でもそんなサービスシーンすら許さない我が愛しの有希。
この作品はハルヒを描いて終わるようですから、最後まで有希には
超越者としてイメージを保たせる為だったのでしょうか。

〜本をひたすら読む有希〜

今回無駄というほど有希が本を読むシーンだけで数分使いました。
なんであんなシーンを延々と描いたのか私なりの考えを。

あそこは完全に孤独な空間。
それまで有希が過ごしたであろう空間が描かれていました。
彼女はそんな無間地獄の中にいたのです。

しかしそこに帰ってくるキョン。
もはやあの空間はそれまでの無間地獄ではなく、
誰かが帰ってきてくれる空間になってるのです。

つまりその無間地獄から解放された有希を端的に描写したのでは。

これがひいては統合思念体の指令に従うだけの有希を、
皆の力で取り戻すことが出来るというのに繋がるのかも
しれませんね。

〜有希とハルヒのカーディガン〜

キョンが雨の中暖房を取りに行き、疲れて部室で寝ていました。
その部屋には有希ただ一人。
普通こんな状況なら、キスするなり、押し倒すなりの間違い
が起こるはずですが、何も起きませんでした。

その代わりに有希の人間らしさが垣間見えました。
それは寝てしまったキョンを置いて帰る間際にか、

自分のカーディガンをキョンにかけて帰りました

その後目を覚ますとハルヒの顔が目の前にあり、
ハルヒもカーディガンをかけていました。

ここの有希はとっても人間でした。
深く考えていたかは定かでないですが、
女の子が自分の身につけている服を男の人にかけるのは
最大限の愛情表現。

またハルヒが同じことをしたのは、キョンをとられたくないから
でしょうか。
恐らくキョンの顔に落書きしようとしていたのではなく、
ただ好きな人−キョン−の顔を眺めていただけでしょう。
女性が男性をいつも見つめているのはその人が好きだから。

愛しの灰原さんも同じことをコナンにしてます

ハルヒは置いといて有希がここまでしたのは正直驚き。
あれだけの本を読んでいる有希なら、好きな異性にやる行為だと
知識としてはあったでしょう。
それを平然とやってのける有希。

仮に有希が完全な無感情な生命なり、皆と出会っていないなら
何も気にせず去ったと思います。
自分の任務にキョンは関係ありませんから。

その中でも相手を思いやって帰る有希はただ命令されたことを守る
生命体でなく、一人の自我を持った生命だと思いました。

先の本を読む孤独な空間からの逸脱を行動に移したのがこの場面
のように思います。
任務に外れたことが実は出来るんだと見せる事で、有希に奥行きを
持たせたような。

この作品で一番成長が見られるのってわかりづらいですが、
案外有希なのかもしれません。

やっぱいいよ、有希は。
私は彼女が一番大好きです。

<お気に入りシーン>

みくるがハルヒが座った途端甲斐甲斐しくお茶を入れるシーンは、
もはや欠かせないメイドさんナンバーワンです。

しかもそれに留まらず赤いブルマの体操服で跳び箱で尻もちつく
姿
まで映し出して、もはやマスコットの地位は確立してました。

「あいた」、「ふぃ〜ん」

は後世まで後藤さん語録として残るでしょう。
七海といい勝負です。

ところでハルヒ、

みくるが着ていた体操服はいくらですか?

ラストのハルヒが傘にキョンを入れるシーンは秀逸です。

「1本あれば十分でしょ?」

目を逸らしてキョンとの相合傘を誘うハルヒ
彼女なりの精一杯の勇気。
なんてことはない、ハルヒはスーパーウーマンでなくて、
普通の女の子でしたね。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
ひろしのアニオタ日記様:『涼宮ハルヒの憂鬱 第9話 「サムデイ イン ザ レイン」』vv
Old Dancer's BLOG様:サムデイ イン ザ レイン
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様:(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第9話 「サムデイ イン ザ レイン」
幻影現実 私的工廠 ブログ様:涼宮ハルヒの憂鬱 。。。。 第9話 サムデイ イン ザ レイン 。。。。 最終回、非常識な日常の中に 垣間見た 常識な世界 ・・・・ かい言う終演の仕方も また物静かで 良きかな。
所詮、すべては戯言なんだよ様:涼宮ハルヒの憂鬱 第9話「サム デイ イン ザ レイン」
今日もコレクト!様:涼宮ハルヒの憂鬱 第9話「サムデイ イン ザ レイン」

ブログランキング バナー←カーディガンをかける有希に、みくるよりもハルヒよりもいいじゃんと思った方は、クリックお願いします。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『涼宮ハルヒの憂鬱 第9話 「サムデイ イン ザ レイン」』vv  [ ひろしのアニオタ日記 ]   2006年06月03日 06:45
『学生の頃はこういう無為に時間を過ごすこ
2. サムデイ イン ザ レイン  [ Old Dancer's BLOG ]   2006年06月03日 11:05
>萌えますか? →はい   いいえ うっひょおおおおおおおおおおおおおおお!!  ツンデレのハルヒ、物言わぬ思いの有希、そしてポンコツ萌えキャラのみくると来りゃあ、向かうとこ無敵でしょおおお!!俺をどこに連れてく気だ??????!!!  …と...
3. (アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第9話 「サムデイ イン ザ レイン」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年06月03日 13:48
涼宮ハルヒの溜息 12月も近づき冬の到来を予感させる、ある日のSOS団部室。室内に流れるまったりとした空気・・・ハルヒがいないとこうも静かなのか・・・少々退屈ながらもこのまったり感を楽しむキョン。しかし・・・「朗報よ!!」そんな空気を引き裂くかのように響....
6月2日 キャプチャー画像を追加。 青文字 で 少し 感想を追加 例によって、キャプチャー画像は、数日後にアップ 着せ替え人形 ミクルちゃん、涼宮のオモチャにされ、古泉は 涼宮さえご機嫌で過ごせるのなら 仲間が多少 涼宮のワガママな悪巧みに困らせられても いい...
5. 涼宮ハルヒの憂鬱 第9話「サム デイ イン ザ レイン」  [ 所詮、すべては戯言なんだよ ]   2006年06月05日 02:10
5  うわぁぁぁん、長門。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚  『サム デイ イン ザ レイン』・・・ある雨の日。ハルヒの暴走っぷりも小休止。実際にはみくるちゃんをいたずらして、暴走していますが、キョンが部室にいないSOS団は、少し寂しげで、少し切ない、それで....
6. 涼宮ハルヒの憂鬱 第9話「サムデイ イン ザ レイン」  [ 今日もコレクト! ]   2006年06月05日 20:50
前回は夏だったというのに、季節はそろそろ12月。 事件のないときのSOS団の日常はこんなかんじなのでしょう。 いつもとは違う、普通の日常(?)のお話です。

この記事へのコメント

1. Posted by ひろし   2006年06月03日 06:57
どうもjiro様!おはようございます!

>深く考えていたかは定かでないですが、女の子が自分の身につけている服を男の人にかけるのは最大限の愛情表現。
この文章はいいですな!グッドです。一見無表情な少女:有希がカーディガンを掛けてくれるなんて!そうそうありませんよ!妄想だけで萌えます。
>愛しの灰原さんも同じことをコナンにしてます
灰原もさりげなくコナンを目で追っていたりするんですよね。灰原もいいですよ。
2. Posted by ストレイ某   2006年06月03日 09:47
時系列話数は14話。「孤島症候群(後)」が11話ですので残り2話。夏休み後半〜12月までのエピソードを全部やるのは不可能なのでその2話は「エンドレスエイト」の前後編であり、全14+1話で間違いないようです。
おそらく半年〜一年後に二学期編をやり、ついでにOVAで冬休み編をやるつもりなのでしょう。
今回はオリジナル話でしたが、原作者自身が脚本を書いていましたね。
キョンの視点を離れてハルヒや長門に持ってくるのは原作では不可能ですし、また日常だけを描くのも困難なのでなかなか良かったです。
やはり原作者もヒロイン間のパワーバランスが崩れ気味(長門が強すぎ、ハルヒが弱い)ことを気にしているのでしょう。

3. Posted by ストレイ某   2006年06月03日 09:48
それでは次回予告を「魔界戦記ディスガイア」風に。

???「これまで異常なまでに影の薄かった学級委員長、朝倉涼子。しかし彼女には隠された秘密があった!!
キョン「そんなわけ無いだろう。
???「トリプルAランクの笑顔の裏に隠された正体、それは血も涙もない冷酷なキラーマッスィーンだった!!
みくる「きらーまっすぃーん??
???「罪もないSOS団を次々と屠っていく宇宙怪獣朝倉!!
キョン「人を勝手に殺すな。
???「よーし私も変身よ!ヒークン・イージス・ガニメデス!!
キョン「何だその呪文は。あんまり適当なこと言うなよハ・・・
長門「次回『電撃!長門5』第4話「委員長系 閉じられた教室」
夕暮れの教室に、美少女が舞う!
キョン「な、長門!?
長門「・・・・・・
4. Posted by jiro   2006年06月03日 20:45
ひろし様、朝早くからどうもです!

カーディガンをかけて去る有希には思わずマンセーしましたね。
一見無表情少女が好きとはひろし様とは益々持って嗜好が合うようで。
あれは最強の属性の一つですね。

灰原さんも有希に通じるところがあるんですよね。原作の18巻で初めて登場して以来ずっと私は彼女のファンです。
声が林原めぐみ様なのもいいんだな、これが!
5. Posted by jiro   2006年06月03日 21:16
ストレイ某様、いつもコメントどうもです!

>半年〜一年後に二学期編をやり、ついでにOVAで冬休み編

それは嬉しい!!!ハルヒだけで終わってしまうのは絶対勿体無いです!
このままだと七夕が最大の見せ場になるのでしょうかね。

>キョンの視点を離れてハルヒや長門に持ってくるのは原作では不可能

あくまでキョンがいてのSOS団だからですか?
それとも原作者の目としてキョンを置いているからですか?
後者なら古泉が以前言っていた誰かの夢がキョンの夢ってオチもありえそう。

ヒロイン間のパワーバランスの崩れはオープニングの有希の別れ(?)を描こうとしたら必然的にそうなりそう。
それにハルヒって案外普通そうですし。
6. Posted by jiro   2006年06月03日 21:23
不憫な朝倉さんに焦点を当てての次回予告に笑わせていただきました♪
今回オリジナルとはいえ、鶴屋さんにさえその出番の回数を抜かれちゃいましたもんね。

>「きらーまっすぃーん??」

ちょ、後藤さんの声が聞こえてくるんですけど。

それとラストの有希が・・・。無表情でキョンに暴露する際のまくしたてる有希が目に浮かぶ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ