2006年12月26日

準にゃんこそ我が全て

「はぴねす!」の最終話となる第12話を見ました。

<感想>
おかしなことに元ヒロインがキスをし出すわ、元主役が女の子達と合体し始めるわであれこれ忙しかった最終回。でも全ては丸く収まりました。

高峰親子の無敵の予知能力を何一つ逸脱しなかったのから、
最強はあの2人って印象がより一層強まった締めでしたが
まあいいでしょう。

問題は準にゃんと音羽さんの出番が殆ど無かったこと!
まったくもって意味がわからん。何故に本作最強のヒロインズをシカトしてしまうのか。

それより少し怒りの度合いが落ちますが、元主役の野郎が
那津音さんの笛を吹いたのも許せん。間接キスじゃねぇか!
直前で元ヒロインにキスされといてこれはいけません。
それにサブヒロイン達とそのすぐ後で合体もするし。

一体どこの結婚してすぐ浮気した金ちゃんだよ。

ラストで元主役は魔法科へ転籍した模様。実の母親にも甘えるつもりか?原作だとお母さんも攻略対象なのかな。

その頑張りを見せるラストで、強大な魔力をコントロールして芽を徐々に育てようとしていたっぽいのですが敢え無く失敗し、

「頑張りすぎ・・・」

と元ヒロインに言われていたのはどうにもこうにも
えっちぃシーンで言ってそうに聞こえて笑えた。

えっちぃゲームやったことないのですが、主人公は大変でしょうからね、イロイロと。私としては頑張り過ぎるのはこの作品内では準にゃんと音羽さん相手くらいでしょうが。

<総評>
準にゃんに出会えた奇跡が私にとっての何よりの魔法。
それ以上でもそれ以下でもない。

ちょい真面目に、式守の秘宝にしろ何にしろ、危険なものを封印するのは問題の先送りに過ぎず、そして誰かがその生贄にでもなろうものなら、必ずや復讐者が現れるという王道をいった印象。

”臭いものには蓋をしろ”とはよく言ったものです。
結局これは逃げているだけですからね。立ち向かった英雄の
ように見えて実は一番その対象から逃げているのは英雄自身と言ってもある意味間違っておらず、むしろ真かと。

まあでもそんな英雄議論なんかはやっぱりどうでもいい。
全ては最萌の男の子準にゃんに帰結します。

可愛いってレベルじゃねぇぞ!

もう抱きしめてそのいい匂いをたんまり嗅いでもう1回抱きしめて頭ナデナデしてぷにぷにほっぺを触って・・・。

とにかく準にゃんの全てが欲しい!ってか食べちゃいたい!!

この威力、恐らくハヤテきゅんを上回るのでは。
ハヤテきゅんには恥じらいがありますが、準にゃんには菩薩属性がありますから。恥じらいより私にとっては菩薩の方が上です。

同じ菩薩の音羽さんも最高でしたが、準にゃん以上に出番がないよ・・・。喋ったの今回たった一言だけだし。

声優さんに関してはそう聞き苦しいこともなくよかったかと。

作画に関しては全編通してあまりよい方ではなかったかな。
多少のことは気にしない私でしたが、今期はキャベツとこれに
何度か驚かれました。

総合すると準にゃんと音羽さんがいなかったら下の下でしたが、
いたおかげで中の下くらいにはなったかな。

ブログランキング バナー←準にゃんこそ我が全て・・・と言い切る同志は、クリックお願いします。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. はぴねす! 第12話「幸せの魔法」(最終話)  [ Cross Channel ]   2006年12月26日 21:21
式守の秘宝を廻る最終話。 おっかしいなあ?春姫のキスで元気になるのはお約束事でかまわないけど、雄真は主人公だったのか? 「不幸の魔法」と思い込み雄真が魔法を封印した秘密、偶然雄真の魔法で助けられた幼い春姫、学倳_url
2. はぴねす! 第12話【最終話】「幸福の魔法」  [ 移り気な実況民の日々 ]   2006年12月28日 18:21
 式守伊吹に簡単にやられてしまった小雪先輩と杏璃。
3. (アニメ感想) はぴねす! 第12話 「幸せの魔法」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年12月30日 12:33
はぴねす! Vol.1 伊吹の前に打ち倒れた高峰と杏璃。そして、ついに伊吹は式守の秘宝の元へとたどり着きます。伊吹が秘宝を手にした時、再びあの災厄が繰り返されるのでした・・・。
4. はぴねす! 第12話  [ 本を読みながら日記をつけるBlog ]   2007年01月05日 15:39
「幸せの魔法」 俺の魔法は不幸の魔法なんだ

この記事へのコメント

1. Posted by wataru   2006年12月26日 21:21
jiro様、最終回までお付き合いいただきありがとうございました。

準にゃんの話はPS2の特典アニメに引っ張るから、物足りないけど仕方が無いんでしょうね。第二期リクエストコールしたいところですが、スポンサーが弱いからなあ。

>原作だとお母さんも攻略対象なのかな
いや、それは無いです・・

低空飛行でも決定的な崩壊が無かったから、良しとしましょう。
準にゃんは永遠ですから。

トラックバックさせていただきました。

2. Posted by jiro   2006年12月26日 22:11
wataru様、こちらこそいつも
お世話になりっぱなし、&素晴らしき準にゃんをどうもです。

>PS2の特典アニメ
アコギな商売しやがって・・・。
春姫なんてどうでもいいから
準にゃんにもっと花を持たせてよ!

第2期は作る余地があまりなさ気に
見えるんですが。まだあるのなら
準にゃんをメインで是非とも
お願いしたいところです。
スポンサー頑張れ!

>いや、それは無いです・・
これはいけません。
そもそも人類にしろ神話にしろ
最初は近親相姦が始まり。
何故その神秘を描かん!!
私はそれも好きなんだ!!!

>決定的な崩壊
雄真の顔くらいですもんね、やばいと思えるのは。

それに準にゃんこそ全てですし。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ