2007年09月30日

放り投げちゃいましたか

「ゼロの使い魔〜双月の騎士〜」の最終話となる第12話を見ました。

<感想>
才人が死んだと思ったらラストで復活。
しかもそれが巨乳の妖精さんのおかげですか。
ギーシュの伏線があったからご都合主義ではないけど、
終わり方としてはちょっと酷い。
これは3期がないといただけないです。

ルイズと才人の結婚式はこれでもかってぐらいにルイズがデレモードマックス。ツンとの比率が悪いとか散々言っていたけど、やっぱあのルイズはたまらない。

しかし結婚の真似事をしたとは言え、貴族の誇りに関しては
中途半端だけど一応解決したつもりかな。
ラストのルイズがお姉さんに歯向かっていたし。
ただ個人的には火種を起こした第三者のギーシュにも一幕でいいから活躍の場をあげてほしかった。ああいった意識は一人が変わっただけじゃ意味ないし。

<お気に入りシーン>
言わずもがな才人の特攻シーン。
「I SAY YES」のピアノバージョンがこれまた最高。
いつの間にあれほどレベルアップしたかはさておき、覚悟した人間の強さを感じることは出来た。

<総評>
ストーリー構成がどうもなあといったのが率直な感想。
ルイズのお姉さんもジュリオもこれといった活躍シーンがなく、
ただ出ただけなのもマイナス点。

虚無の魔法についても、ガンダールブについても、果てはラストの
妖精さんについても宙ぶらりんのままだけど、これで放り投げたらさすがに酷いと思います。

ブログランキング バナー←ちょっと放り投げ過ぎだと思った方は、クリックお願いします。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

アンドバリの指輪で魔法をかけられた水源の水で、トリステイン軍兵士が反乱。それに乗じたアルビオン軍の前にシティ・オブ・サウスゴータを放棄しするトリステイン軍。 空中浮揚大陸アルビオンの軍港ロサイスまで追い詰められ、水際のトリステイン軍のしんがりをマザリーニ...

この記事へのコメント

1. Posted by wataru   2007年09月30日 15:02
jiro様、第二期お疲れ様でした。

急に強くなったような、才人の鬼神の如き戦いはデルフのおかげでもあるのですが、その辺は端折られてしまいました。

メディファクが予算とって企画していれば、こんな1期と2期の中途半端さはなかったのにつくづく残念です。
J.C.STAFFは良い仕事だったと思います。

第二期決定の時の喜びも、今となっては懐かしい思い出。
かけた梯子をはずされたまま、第三期を待ちたいと思います。
2. Posted by jiro   2007年09月30日 20:15
あっという間の第二期の幕引きでしたね、wataru様。

>デルフのおかげ
その辺の伏線も何とかしてもらいたいです。説明しないにも程があります。

>メディファクが予算とって企画していれば、こんな1期と2期の中途半端さはなかった
今後はこのようなことは勘弁して欲しいです。本数をもっと減らして良作を生み出す心を思い出していただきたい。

また次期でお会いしましょうぞ!
3. Posted by ワオーン   2011年08月16日 14:54
4 エレオノール姉さんの部屋に忍び込んで誤って起こしてしまった場合に備えてDQ5より良い装備がありますよ。

それは「吹雪の剣」・「ミラーアーマー」・「水鏡の盾」・「グレートヘルム」・「エルフのお守り」のジャハンナで販売されている市販品最高グッズでDQ8の「太陽の鏡」に値します。

怒って両手に鞭装備して髪の毛をウネウネさせて眼鏡を光らせたエレオノール姉さんに反射する装備になります。

エレオノール姉さんの眼鏡の光を吹雪の剣・ミラーアーマー・水鏡の盾でピカピカと反射させれば石化したりして。それにエルフのお守りは嫌な呪文をガードしてくれるので人間と魔物を採用する際は規則として改造コードを使用した最強の武器防具と一緒に装備させてます。

メデューサは石化能力が有っても「目には目、歯には歯を」のハムラビ法典通り石化耐性が無いので自分の眼光を反射させれば石化するので同じくエレオノール姉さんにも有効かも。

何しろ「メデューサの眼鏡」って趣味が悪くDQ4のピサロ・DQ5・DQ6・DQ8の主人公でも無い限りは外す事が出来ない呪いのアイテムを作る位なので眼鏡の光を反射させればメデューサと同じく石化するかもね。他にも闇の遺跡の結界を破る為に必要な「太陽の鏡」を見せたら同じ効果が得られますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ