2011年02月19日

奇跡の大安売りの裏には

「魔法少女まどか★マギカ」の第7話を見ました。

<感想>
キュゥベえの訪問営業の実態が徐々に明らかになっています。この世に上手い話は1つたりとてないという勉強をまどかにしてあげているのは立派ですけど、被害者はたまったものじゃないです。

今回はさやかが前回自分の体がゾンビ化したこと、親友の仁美が上条君を狙います発言をしたことで完全にイきました。幸せな子が堕ちていく瞬間はゾクゾクします。たださやかが壊れる一因となったひとみの爆弾発言はさやかに発破をかけただけと信じたいんですけど。

さやかが壊れる一方で、奇跡の対価を受け入れて自己責任として消化している杏子もまた素敵です。さやか同様、父親の願いを勘違いして叶えてしまったという自分以外の人間の為に奇跡を使っていましたが、辛い目に遭ってきたから受け入れられたんでしょう。

それにしてもここまで絶望していく人達を見てきたまどかが、到底魔法少女になるとは思えないんですけど。それともまどかの願いは魔法少女になる代わりに、皆を助けられるよう、ループ世界を願うんですかね。そうするとほむらの存在が不明になっちゃうか。

<お気に入りシーン>
さやかが壊れて魔女と闘うシーンの影絵の演出は妙手です。さやかからしてみれば世界はもう白と黒だけの無感動な世界であり、視聴者からすればさやかの壊れた表情を直接見ていない分、想像で制作者の意図を上回ることも出来る。キャラの心情を映像で表現するのがアニメや漫画の醍醐味です。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はなまる   2011年02月20日 21:47
コメント失礼します!

上条君に他の彼女が出来るという展開は、予想出来たのですが…

今回の場合、人としての肉体がカラッポになるという要素が逆に救いになる感じですね。

こうなると、絶望要素が大きくなる展開としては、上条君は仁美の告白を断り、さやかを選ぼうとするも、結局、戦いに巻き込まれて…というのが王道ですかね。

まぁ、これ以上さやかに焦点を当ててイジメる必要はないのですが

まどか☆マギカは、あの絵柄でこの鬱展開!?というのが掴みとして良かったので、後半は他の鬱作品とは違った何かを表現して欲しいです。

まどかが契約すると、今まで消えた魔法少女がみんな復活する願い展開は、ありがち過ぎて避けて欲しいですね〜
2. Posted by jiro   2011年02月26日 20:44
はなまる様どうもです!8話を見る前にコメントをば。

>上条君に他の彼女が出来るという展開
これは私も予想していたんですけど、仁美を引き合いに出すのはエグいです。ただ仁美の今回の発言はブラフであって欲しいんですけど。

>あの絵柄でこの鬱展開!?
このギャップが癖になりそうです。うめ先生はこの話を持ち込まれた際、ストーリーも聞いていたんでしょうかね。

>ありがち過ぎて避けて欲しいですね〜
私も同感です。そうした一般的なハッピーエンドとは一線を画した作品としてまとめてあげてほしいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ