1. また水の惑星でお会いしましょう (4)
  2. 猫って過去と未来をつなぐんだぁ (0)
  3. ドジっ子アテナ先輩LOVE☆ (0)
  4. もちもちぽんぽん (2)
  5. グランマはやっぱりすごかった! (2)
  6. アリア社長祭り (0)
  7. 髪の色が違う (2)
  8. 理想の上司オブジイヤー (0)
  9. 萌えない水着 (0)
  10. まったり、マッタリ (0)

■アニメ:ARIA(終)

2005年12月31日

また水の惑星でお会いしましょう

とうとう最終回となりました、「ARIA The ANIMATION 」の第13話を見ました。かなり癒されましたねぇ〜。

あらすじは原作の大晦日を迎える話をベースに、今までのキャラを総出演させたものでした。その中でアルもきちんと紹介されていました。いつの間にか何気にいた彼ですからね。原作を知らない人にとってはわけがわからなかったでしょう。最後に来て自己紹介というのも何ですが・・・。

この最終回はかなり出来がよく、特に新年の挨拶をする所で、帽子を投げながら

「アウグーリ、ボナーノ!」

と言うシーンは感動的でした。

アウグーリ、ボナーノ

あんな新年の迎え方は憧れちゃいます。

そして皆で初日の出を見るシーンも絵がとても素敵。

初日の出

しかしこの最終回で一番大事だったのはこれ以外にありえません。それは、

アイちゃん登場!!

アイちゃん再登場

です。これは即ち

愛しの水橋かおり大先生の登場!!!!

ということになります。1話目で出て以来ずっとオープニングとラストの灯里とのメールのやり取りのみ。ずっと登場して欲しいと思っていたら、最後でやってくれました。

水橋大先生は私の好きな声優ランキングトップ5に入る実力者。あのロリ声は神の領域です。声の質も素晴らしい上に演技力もハイレベル。「双恋」白鐘沙羅のような気が強いように振舞うけど、内面は弱いという女の子をやらせても彼女は天下一品です。あれほど素晴らしい声と演技力を持ったお方をもっと出して欲しいのに、何で起用しないのか不思議なくらいです。

それでは最後の私が気になったシーンのご紹介。

まずはこの番組の最萌えキャラのアリア社長。オープニングから帽子をかぶろうと苦戦しているシーンと、後半のアイちゃんのお姉さんが連れてきた赤ん坊によ起こされるシーンと戯れるシーン。

苦しむアリア社長   寝ぼけ眼のアリア社長

赤ちゃんと戯れるアリア社長

アリア社長飼いてぇーーー!

それから先に述べたアイちゃん。どっかの愛ちゃんの幼い頃と比べると天と地ほどの差があります。

上目遣いのアイちゃん   アイちゃんおねむ

娘を育てるなら、この路線ですかね。ちなみに声は何があっても水橋先生のような声に仕立て上げないといけません。これは最優先事項よ☆

それから皆が登場して、のんびりと過ごしている時にアテナ先輩がまたもやドジをグランマにしていたシーン。

ジュースをこぼすアテナ先輩

ドジっ子ってどうしてあんなに抱きしめたくなるの?答えを誰か教えてください。

最後はアリシアさんがラストシーンで見せる笑顔。

ラストのアリシアさん

後光が見えます、菩薩様。

これでこの作品も終わりです。悲しいです・・・・・というのは冗談で、なんとこの作品は、

第二期放映決定!!

なんです。つまりこの癒しは再び見られるということになります。次も是非水橋大先生は出して欲しいですね。

ブログランキング バナー←「第二期があるなら少しの別れなんか寂しくないさ」という方は、クリックお願いします。

2005年12月23日

猫って過去と未来をつなぐんだぁ

作中と同じく雪が凄かった「ARIA The ANIMATION 」の第12話を見ました。もう後1回ですね。まずはあらすじをご紹介。

ここにきて完全にオリジナルストーリーを出してきました。ネタとしてはケット・シーが灯里を不思議な世界に連れて行くという原作にあるものの引用です。

スタートは雪が降ってきてアリアカンパニーが開店休業になったことで、ネオヴェネツィアにある最古の橋を見に行くというもの。そこをアリア社長と通り抜けると、それまでの雪が降っていた景色が一転、あまり積もっていない場所に。

そこで星野明子と出会って何にも気付かずのんびりと過ごしていたら、水路に水が通るというイベントに出くわし、灯里が過去のネオヴェネツィアに来たと気付き、これからどんどんネオヴェネツィアが発展してゆくということをその時代の人達に伝えて帰ってくるというものでした。

そんな今回は所々に見たことのある顔ぶれがいました。

郵便屋のおじさん?   藍華?

アテナ先輩とアリスちゃん?

郵便屋さんのおじさん、藍華、アリスちゃん、アテナ先輩のひいおじいちゃんやひいおばあちゃんっぽいですね。何だか大いなる時間の流れとというものを感じさせてくれます。

それから最後に明子さんが灯里が未来から来たことに気付いてか、

「猫には過去と未来をつなぐ動物」

と言っていました。そんなことは初耳でしたが、そういえば「WILD ARMS3」に出ていたダン・ダイラムは時を操る猫でした。色々なことを知らないとゲームって作れないんですね。

それでは今回の私のお気に入りシーンをご紹介。

今回もアリア社長です。もはや彼に勝る萌えキャラは現れませんね。

雪を食べ損ねるアリア社長   先行くよ〜

にゃんにゃんダンス

「にゃんにゃんぷ〜い♪」

今回はこれだけです。オリジナルに初挑戦だったものの、少し作りが浅い感じがしましたかね。

ブログランキング バナー←「何だよ、ダン・ダイラムって」と思われた方は、クリックお願いします。

2005年12月17日

ドジっ子アテナ先輩LOVE☆

アテナ先輩に萌え萌えな「ARIA The ANIMATION 」の第11話を見ました。三大妖精三の過去話です。

今回私が言いたいのは唯1つ。それはドジっ子アテナ先輩は”神”だということです。原作よりもドジっ子度をアップさせていましたがそれがよかったです。

そんなアテナ先輩に行く前にまずはアリア社長で腹ごしらえしておきましょう。

アリア社長 くしゃみ   のびをするアリア社長

左の画像のOPからくしゃみをするアリア社長は特別扱いですね。それから右の画像の暖炉の前での”のび”には思わずビデオを止めてしばし凝視しちゃいました♪

では腹ごしらえも済んだので本編へと。

合同練習後にアリアカンパニーへ行ったいつもの面々。そこには珍しく晃さんとアテナ先輩が。そしていきなりアテナ先輩が本領発揮。まずは気配り名人さんに。

気配り名人

いい。やっぱアテナ先輩はいい!まるで自分の家のようにおもてなしできる彼女は花丸です。

アリシアさんがお手製の生クリームのせココアを作っている間、灯里達が違う会社の人と合同練習しているのを聞いて、不気味な笑いを浮かべるアテナ先輩。それは過去に自分達も通った道。そして語られてゆくはシングルのときの出会い。

晃さんはアリシアさんがアリアカンパニーで1人だけで練習しているのを気にかけていつも何かと理由をつけてやってきていました。

昔の晃さん    昔のアリシアさん

これは藍華の照れ隠しと全く同じ。弟子は師匠に似ます。それにしてもアリシアさんの三つ編みも素敵ですね。

そんな頃晃さんがオレンジプラネットに舟謳(カンツォーネ)が凄腕のウンディーネがいると聞き、その瞬間ゴンドラがぶつかり顔面ゴケをやらかすオレンジプラネットの制服の女の子に遭遇。

顔面ゴケ

ドジっ子って素晴らしい!

ちなみに昔はこんなことが「よくある事です」だそうです。

よくある事です

よくシングルになれましたね。謎です。

これを利用しようとした晃さんはご飯を奢ります。でもアテナ先輩は話は殆ど聞かず、アリア社長を見て目が光ります。

目が光るアテナ先輩

可愛らしすぎてどうしたらいいのでしょう?

そしてアリア社長と遊ぶアテナ先輩。晃さんに噂のウンディーネを聞かれるも悩んでいます。

悩むアテナ先輩

ハグハグしたい〜☆

ご飯をご馳走になったアテナ先輩。早速恩返しに晃さんが寝ているのを起こし、「食べ物が変な所に入っちゃう・・・腕とか」。神が降臨なされました。

それ以来いつの間にかアテナ先輩も加わっての合同練習が日課に。これまたアリスちゃんと同じです。ほんと弟子は師匠に似ます。

でもその合同練習ではアテナ先輩は奇跡のドジっ子ぶりを披露します。名所の紹介をしていたら通り過ぎたり、橋に頭をぶつけたり、「ゴンドラ通りま〜す」と言ったにも関わらずぶつかったり、落ちていたボールをオールで掬おうとしたらオールを投げたり

オールを投げるアテナ先輩   橋に頭をぶつけるアテナ先輩

この一連のシーンは原作にはありませんでしたが、「ああ、アテナ先輩ならやりそう・・・」と思われるものばかりで秀逸です。

ですが遂に船謳の練習の時間。このとき晃さんがアリシアさんに一番に歌う様に言ったとき、アリシアさんが「恥ずかしい」というシーンは結構意外。今でこそ無敵に見えるアリシアさんも場数を踏むまでは至って普通なんですね。やっぱ人間努力がでっかい大事です!

結局歌う順番はじゃんけんで決めることに。そしたらアテナ先輩、見事に期待を裏切りません。後出しして負けるのです!

そして遂にそのときが。天使の歌声が披露され、街中の人が聞き惚れます。

歌う前   歌っている最中

完全に別人と化しています。

歌い終わった後のアテナ先輩はやはりいつもどおり。でもそれに驚いたアリシアさんと晃さん。ふと我に返り件のウンディーネがアテナ先輩だというのを怒る晃さんは仕様です。

でもそんな楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、今のように忙しくてお互いが会えなくなるなどとは考えていなかった3人。アリスちゃんが自分達もいつかそうなるかもしれないということを考え泣きそうになります。ここで遂にアテナ先輩が先輩らしくなります。

照れるアテナ先輩

「時間は時には優しく時には残酷に過ぎ全てを変えていくけど、可愛い後輩達が出来てまんざらじゃない」

いい先輩です。照れている顔が最高です!こんな人いませんよ。それにアリシアさんもいいです。「今楽しいと思うことは今が一番楽しめる」とのアドバイス。皆さん出来杉くんです。

最後はアリスちゃんと藍華を灯里が送っていきます。そこで藍華が「私たちはまた明日も会える」と落ち込んでいた灯里を励まします。そして灯里は嬉しそうに「また明日ねー!」とでっかい声で手を振ります。

素直な灯里

自分の気持ちを素直に表現できる灯里が少し羨ましく思いました。

そういえば今回初めて気付いたのですが、この6人って全員頭文字が”A(ア)”です。これは”アクア”と関連付けて付けたのでしょうかね。

ブログランキング バナー←アテナ先輩のドジっ子に満足♪という方は、クリックお願いします。

2005年12月09日

もちもちぽんぽん

現実と季節が同じ所まで来た「ARIA The ANIMATION 」の第10話を見ました。今回は原作にあった温泉の話と雪虫の話を組み合わせていました。

何というか、今回もアリア社長がよかったです。それと雪虫もよかったです。女の子達よりも可愛いとはこれいかに?まずはそんな雪虫さんをどうぞ。

雪虫

口がバッテンです。これはいきなりきてますよ。

そんな雪虫さんは、冬が始まる前にだけ現れる人懐っこい虫。暖炉に使う薪を拾いに来たとき、灯里に1匹ついてきます。

その帰り道に暁が何の前触れも無く登場。まあ13話ですから仕方が無いですが。でもアリシアさんの可愛い「できるのよね!」という口調が聞けたので許します。大原さんは素晴らしい!

そのときに灯里が温泉のポスターを見つけ、1回も行った事がないために行くことに。そして合同練習の日にいつもの藍華とアリスちゃんも誘って行くことに。

ですがその前に少しつながりがおかしかったシーンを。それは郵便屋さんのシーン。郵便屋さんが「嬢ちゃんとこの雪虫さんはお洒落さんだなぁ」という切り出しに対して、「私今度温泉に行くんです!」との答え。人の話はもうちょっと聞こうね、灯里☆

そしてアリア社長の怒涛の攻撃が始まります。まずは暖炉の前。

暖炉の前のアリア社長

くるくる回っちゃって。何者ですか?

そして遂に温泉。まずはなんといってもみんなの着替え、ではありません。アリア社長です。

お風呂に入る前のアリア社長   おけに乗っているアリア社長

ぷいぷいぷ☆

そして風呂上りでは、やっと女性陣のいいところが見えます。それはコーヒー牛乳を飲むシーン。アリスちゃんが率先して腰に手を当てて飲んで、皆大満足の顔がイカしてます。

正しい作法   至福の笑顔

その後はまったりとお食事。そしてうたた寝をしたアリスちゃんが、「温泉は3度入れ」という言葉に従い、再びお風呂へ。ここでアリシアさんがとっておきの場所に連れて行ってくれます。それは星空の下でのお風呂。

月明かりのお風呂

幻想的なお風呂です。外からは丸見えだけどね。そして広いお風呂でやることといえば唯一つ。それは泳ぐこと!なんと平泳ぎをしちょります。女の子の、ましてやバスタオル1枚の女の子が平泳ぎなんて。考えただけでも心臓の鼓動がおさまりません。

そんなところにアリシアさんが桃のソーダを持ってきてくれます。原作ではお酒でしたが、やはり未成年がいる以上、アニメではよろしくなかったのでしょうね。「苺ましまろ」のように。

そしてラストでは晃さんとアテナ先輩もやってきます。ですがアテナ先輩の手にはまぁくんが。ということはつまりこういうことですね。

まぁくん現る   もちもちぽんぽんの危機

ご愛嬌ということで。

結局晃さんが来て、のんびりとした雰囲気ではなくなりましたが、そんなときに雪虫が巣立っていきました。アリシアさんが「雪虫の寿命は長いから来年にまた会える」と言うと、灯里は諦め巣立っていきました。少し涙を目に浮かべている灯里の顔は印象的でした。

最後に一言。アテナ先輩が、「こんばんは〜」しか喋りませんでした・・・。

ブログランキング バナー←アリア社長のもちもちぽんぽんを触りたい!と思った方は、クリックお願いします。

2005年12月02日

グランマはやっぱりすごかった!

「ARIA The ANIMATION 」の第9話を見ました。今回はウンディーネの3大妖精の更に上に君臨していた、水の大妖精、通称グランマに一流のウンディーネとは何たるかを聞きに行くお話でした。

今回のお話は、原作にもあるものですが、原作とは変更してあるところがありました。それは季節。原作では夏バテになって、それではいかんということで藍華ちゃんが話を切り出します。対してアニメでは季節が秋の為に、メランコリックになった藍華ちゃんが原作と同じ理由で、話を切り出していました。

ということで必然とグランマの家ですることが、とうもろこし集めや、虫取りから、栗拾い・焼き芋へと変化。でものんびり度はこちらの方が高くて、正解かもしれませんね。

そんな今回は人生の教訓がありました。それはグランマの教え。

物事は何でも楽しむ!

ということです。それでは苦しいときや悲しいときにどうすればいいかと藍華ちゃんが聞くも、

「そんなモノはより人生を楽しむための隠し味と思えばいい」

と答えています。日々を生きていることは素晴らしくて、頑張っている自分を素直に誉めて、見るもの・聞くもの全てを楽しむということが、何よりも大切だというのです。

私はこれから就職活動。この言葉を胸に誓い、少し疲れたときはこの言葉を思い出そうと思います。

それでは今度は気になったシーンを。

まずはなんといっても、アリア社長。列車に揺られているのと、グランマに抱かれているシーンは格別!

アリア社長 列車内   グランマとアリア社長

ん〜、女の子達よりも可愛いというのはどうしちゃったことでしょう。

それから最近多いです、お風呂ネタ。

お風呂 バックアングル

女の子のうなじは神の作品ですね。でももちっと素肌が見えるとお兄さん嬉しいんだけどなぁ。特にアリスちゃん。ぺったんこお胸が私を呼んでいる・・・

それと女の子と言えば浴衣ですよ。星空と浴衣がセットにされて落ちない男はいませんね。

浴衣三人衆   お星様

何というか、女の子って堪りませんね。

最期にOPの部分で絵がかなり酷かった所を。

灯里 変な顔

こんな不細工な灯里は認めません!

ブログランキング バナー←グランマは理想のおばあちゃんだと思った方は、クリックお願いします。

2005年11月26日

アリア社長祭り

まったりと「ARIA The ANIMATION 」の第8話を見ました。今回はアリア社長メインのお話、2本立て。1本目は大掃除。2本目はヒーローに憧れるアリア社長のお話でした。では感想を。

先週の予告を見て、アリア社長で30分使うとはちょっと無謀かなと思いましたが、思ったよりはいけてました。大掃除の方は、原作とほとんど同じで、ヒーローの方はオリジナル。どちらもとにかくアリア社長の可愛さを誇示しました。

大掃除の方では、鉢巻を捲いたアリア社長がいいです。灯里とアリシアさんに指示を出しているつもりの社長も輝いています。しかしその中でも一際輝いているのが、料理途中のアリア社長です。

料理中のアリア社長

手練です。ですがそんなアリア社長はお手伝いをしても邪魔にしかなりませんでした。それに絶望した社長は家出の決意。そこでの風呂敷を締めて歩いていく後姿は一級品です。

家出するアリア社長

家出をしたはいいのですが、行くあてがない社長は地球から来た女の子に連れてかれちゃいます。そのシーンなんですが、女の子が手につけているぬいぐるみが「ケロロ軍曹」のケロロ軍曹なんです。

ケロロ

良いんでしょうかね?

そんな女の子から辛くも逃げたアリア社長。ヒメ社長に会いに行こうとふと思い立ちます。ですがヒメ社長は藍華と仲良くしてます。

作画のまずい藍華

それを見て悲しくなった社長はトボトボと帰宅。しかしここの藍華はちょっと顔が・・・。

結局帰ってきた社長。最後は屋根に上り、泣いているところを灯里が発見。めでたしめでたしです。

次にヒーローの方は、「ニャンニャンプー」という絵本に憧れた社長がヒーローになりました。

ヒーロー姿のアリア社長

面白可愛いです。そんなヒーローさんは女の子が落とした人形を渡すという使命を負います。途中いくつもの障害を乗り越えて、少し人形を汚してしまうも遂に人形を渡せました。

そんな今回ですが、素晴らしきシーンはちゃんとあります。それはヒーローのアリア社長に遭遇したアテナ先輩。

冬服のアテナ先輩   アテナ先輩 アップ

スリットの間から見えるタイツに悶絶。さらに100万ドルの夜景に匹敵せんと言わんばかりの笑顔が堪りません。思わず抱きしめたくなりますよ。でも画面が引いた作画が藍華同様にまずいです。

そういえばアルが何の前触れもなく出てました。あれは少し唐突過ぎるのではないんでしょうかね。

ブログランキング バナー←アリア社長にKOされた!と思った方は、クリックお願いします。



2005年11月18日

髪の色が違う

「ARIA The ANIMATION 」の第7話を見ました。今回は原作にもあった灯里・藍華・アリスちゃんの合同練習を晃さんが指導するお話でした。では感想を。

前回と前々回に続いて、今回も理想の上司は何たるかを示していました。ほんわかするし、理想の上司像が描かれているので、社会に疲れた大人たちが見れば良いのにという気がします。今回までで、当面の主要キャラは出したんでしょうかね。他にも暁やアルなどいますが、とりあえずアテナ先輩まで出ちゃいましたし。こういうフライングができるのがアニメの醍醐味の一つな気がします。

そんな今回は萌え度的にはアリア社長とまぁ社長ですね。まぁ社長がアリア社長の、もちもちぽんぽんに噛み付くシーンはうきゅーって感じです。あんな猫なら欲しいです。

それから今回はアニメにミスが。それは合同練習で、アリスちゃんがゴンドラを漕いでいるシーン。声が小さいと晃さんに言われているあたりで、藍華の髪の毛の色が、晃さんと同じになってました。あれはかなり目立ちます。製作者の方々は疲れていらっしゃったんでしょうか。それにしてもこうした場合、DVD化したときはちゃんと直しているのでしょうかね。

最後に声優さんについて。主人公の灯里役の葉月絵理乃さん。この方はこの作品で初めて知ったのですが、なかなかにどうしてぴったりじゃないですか。最初からそれほど酷くはないなあと思っていたのですが、最近ではこれ以外考えられないなと思うようになってます。絵のほうが少し腑に落ちない点もありますが、声に関してはOK!

ただひとつ難点をあげるなら、アイちゃん役の水橋かおりさんをもっと出して欲しいです。水橋さんと言えば、最初に聞いたときは大谷育江さんとよく勘違いしてました(最近では聞き分けられるようになりましたが)。今ではあのロリ声を聞くだけで私は昇天できます。ホントいい声。                       

ブログランキング バナー←もちもちぽんぽんなアリア社長を飼いたいと思った方は、クリックお願いします。                          


2005年11月11日

理想の上司オブジイヤー

今日は「ARIA The ANIMATION 」の第6話を見ました。今回のお話は、アテナ先輩がいつも何気なく見守っているも気付かないアリスがそれに気付いて、少し大人になるお話。というかアテナ先輩が最高な回です。

まずはアテナ先輩のすごさを紹介せずにはいられません。アテナ先輩は、アリスとオレンジプラネットの寮で相部屋同士。アリシアさん・晃と並んで、水先案内人(ウンディーネ)の三大妖精が一角。抜群の舟謳は誰もが聞きほれる、まるで天使の歌声。だがしかしその実態は、

超ドジッ子

です。出ちゃいましたね、遂に。先週ネバーランドに来れなかったのもこのせいです。しかしアテナ先輩にはその自覚があるのかが疑問です。寡黙な人で、ぱっと見は真面目そうなのに、天然でいろいろなことをやらかします。例えばティーカップに紅茶を入れていたら溢れていたり、何もないところでこけてみたり、コーヒーにガムシロップを全部入れてみたりとあげていけば切りがありません。このギャップは反則です。

そんなアテナ先輩はとても優しい先輩。特に何かを言ってくるのではなく、知らないうちに助けてくれるといった、態度で示すタイプです。アリスが始めて寮に来てホームシックで眠れない夜に、それに気付いて歌を謳ってあげる優しさ。見返りを望んでとっている行動ではなく、自然とそうした行動が取れるアテナ先輩には理想の上司オブジイヤーを進呈したいと思います。

でもこれだけやってもらいながら、アリスはそれに気付きもしてません。ニブチンさんです。ですがそんなアリスも最後にはそのやさしさに気付いて、お礼を言います。んーなんとも心温まるストーリーでした。

後は今回気になったシーンをいくつか。まずは冒頭の部分で、アリスが「左手強化月間」なるものをやっていて、普段不甲斐ない左手をつねった後、アリア社長がペロペロとアリスの手を舐めてます。

う、うらやましすぎる・・・

くそー、こういうとき動物は得ですね。私も言ってくれればどんだけでもしてあげるのに。それから灯里と一緒にオレンジプラネットの食堂でご飯を食べるときに、ケチャップを探してアリスがちびキャラになります。まあ万能な子だこと。オールアラウンダーですよ。そしてアリスはそのオールアラウンダーぶりを制服でも見せてくれます。ニーソックスです。もうあれを発明した人は、ノーベル賞物ですよ。

最後に声優さんのほうを。アテナ先輩の声が川上とも子さんでした。川上さんといえば、極上生徒会でシンディ真鍋のように変なキャラもやれば、ちっちゃな雪使いシュガーのシュガーみたいにとてつもなく可愛い声も出せる幅広なお方。アテナ先輩では、普通のセリフは最後ぐらいで、あとは歌を謳っていました。声優泣かせなキャラです。

ブログランキング バナー←アテナ先輩の歌が聞きたいと思ったは、クリックお願いします。

2005年11月04日

萌えない水着

「ARIA The ANIMATION 」の第5話を見ました。今回はネバーランドへ招待された灯里、藍華、アリスが、アリシアさんと晃の二人にウンディーネの特訓とバカンスを兼ねて無人島でのんびりするお話。

今回は皆さん水着でしたが、なんとも色っぽくない。一番色っぽかったのはアリア社長ですね。あの姿は悶絶物でした。それにアリア社長は涎掛けを付けているシーンもありました。アリア社長のサービスカットが多すぎですね。

それにしてもこの作品は恥ずかしいセリフが多いですね。今回も結構あったのですが、その中でもアリシアさんの一言はすごいです。

素敵な人の目には、世界は素敵に映る

こんなことを真顔で言えてしまう、アリシアさんは偉大です。私もそんな素敵な人になりたいですが、もう手遅れですかねぇ。

ブログランキング バナー←水着もっと可愛くても良かったんじゃない?と思った方は、クリックお願いします。

2005年10月29日

まったり、マッタリ

今日は休みなので昼間からアニメを見ることができちゃいました。見たのは「ARIA The ANIMATION 」の第4話です。

今回のお話は大変感動的なストーリー。時を越えて出会った少女アミから手紙をある人に渡して欲しいと灯里が頼まれ、それを渡しにいくといった内容でした。最後では無事に手紙を渡せて、実はアミがその手紙を書いた人に飼われていただったという展開。今は亡き主のために時をも越えてきたのは胸を打ちました。まあ最初の時点で結末は読めたんですが。

さてそれではまた今回も私的見解による見所をいくつか。

一つ目は、アリシアさんが通販で頼んだ足つぼ職人なるもの。足の裏がこっているのでしょうか?アリシアさんといえば、菩薩の如き偉大なる包容力を持ち、たいていのことは「あらあらあら」で片付けてしまうつわもの。その容姿はやわらかそうな長い金髪で、抜群のプロポーションを持つ美人さん。さらに水先案内人の中でもトップ3に入る実力者。まさに非の打ち所がないといった感じなのに、足つぼとは・・・。

二つ目は、買い物籠にすっぽりと納まってしまう、アリア社長。ちなみにアリア社長は顔がでかく、体も大きいですがれっきとしたネコです。

三つ目は、惜しくもスカートの中が見えそうで見えなかった、灯里が空を飛んでいくシーン。無駄に見えまくるよりも見えそうで見えない方がなぜかドキドキしますね。

とまあこんな感じです。それと今回はなんだか全般的に前回よりも灯里の顔がかわいらしかったような。

それから声のほうなんですが、アリア社長役の西村ちなみさんはいいですね。「プイ、プイ、プ」と言ってるのでしょうか、とにかくかわいいです。西村さんは今までに「ちっちゃな雪使いシュガー」のグレタや「円盤皇女ワるきゅーレ 」シリーズでのハイドラなど元気な女の子の役をよくやっています。もともと声がかわいらしい方なのでアリア社長のような役はぴったり。いい人選です。

またアリシアさんの大原さやかさんも絶妙です。大原さんは以前「あずまんが大王」で木村の奥さん役をやっていました。木村は堂々と女子高生が好きだーなど問題発言ばかりする奴で、奥さんなんかどうせいないだろうと思っていた矢先にとても美人でおっとりとした奥さんが出てきて愕然としたのを思い出します。なのでアリシアさんの声を聞いていると、いつも木村の顔まで出てきてしまい、ちょっと億劫になったりもします。

この作品はマッタリ感を存分にかもし出し、癒されるので、日々に疲れた人がいたら是非見てみてください。

ブログランキング バナー←足つぼ職人を使いたいと思った方は、クリックお願いします。


オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ