1. 伊澄の私服写真売ってくれ! (6)
  2. 地丹がいた!! (6)
  3. 逆流現象はさくらちゃんだったなぁ (12)
  4. 「よろしく希望先生」じゃなかった・・・ (16)
  5. 明かされた超の正体 (8)
  6. 三井住友UFJ銀行に絶望した (6)
  7. 年齢詐称は罪だよ、マリアさん♪ (2)
  8. ヒナギクのいい匂いを嗅ぎてぇぇ! (4)
  9. 超は未来人? (8)
  10. 心眼でナギのツルペタを捉えよ!! (6)

■週刊物漫画:サンデー・マガジン(旧)

2006年06月14日

伊澄の私服写真売ってくれ!

マガジンとサンデーの28号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

超はカシオペアに細工し、更に世界中の力で世界に催眠術もどきで
魔法の存在を疑わせて、ネット配信の画像で魔法を知らしめたとい
うのが事の真相。

ここまでやらかして歴史改変を目論むのはやはり未来の火星人達に
不幸が訪れるからでしょうか。

こっから魔法先生との戦闘になっていくのでしょうかね。
とりあえず学祭の日に戻るより、現状打破でしょう。
戦闘が長くなるかも。

とりあえずせっちゃんには今回のように人の話を聞かず、
天然で可愛らしくいてほしい。

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

剣持のおっさんが集めた兵隊じゃ高遠を捕まえるのは無理でしょ。
あいつを捕まえるにはプライドを叩き折らなきゃ。

「School Rumble」

イケメンがボスですか。内容がぐだんぐだんだ。

「アイドルのあかほん」

氏家ト全先生の新連載。たった3ヶ月で復活。
アイドルを目指す三人がトリプルブッキングという
ユニットを組むみたい。

とりあえずツインテールの13歳の子が食べたい

「ゴッドハンド輝」

鵜飼さんが使い捨てじゃないとは。

「ツバサ」

小狼の謎が半分解けました。
クロウ・リードの血筋を引いているとかはそのままですが、
飛王・リードがサクラちゃんの羽根を集める為に作った
オリジナルの複製。
でもそこで小狼が抵抗し、自分の心を複製に入れたようです。

そのオリジナルが動いたということは、二人が一つになる兆候?

「さよなら絶望先生」

今回のテーマは”〜通りという抜け道”
原作通りにやってつまらないのは、原作ファンに叩かれるのが
嫌だからそうな。

確かに「FF」を映画にして勝手に作り変えて叩かれた
なんてよくあることですよね。
それならいっそ原作通りの方が無難かも。

今回のネタで一番やばかったのはジーコの言う通り
久米田先生はオーストラリア戦が惨敗するのを見越してこのネタを
放出したのでしょうか?
というかこのネタがやりたいから今回のをやったとも・・・。

後は千里が相変わらずドス黒かった。
無いであろう胸を触られて結婚と虚言癖の二択はキツイ。
その結末が通り魔なのは悪夢だ。
千里はどんどん中学生離れしていきますね。

そうそう、中学生離れといえば臼井。
今回はSMにまで挑戦というもはや引き返せない道へ。
あいつの変わりようは今は亡き坪内地丹を思い出します。

「はじめの一歩」は休載。

次にサンデー。

「絶対可憐チルドレン」

触れた相手の体から生気を抜き取れる能力者。
80越えのおばあちゃんだとしても、見た目があれならキスされて
も全く問題ないですよ。

しかしその不二子ちゃん。皆本をチルドレンの保護者から排除。
兵部に利用されるからとのことですが、その真意やいかに。
普通の生活をしてきておらず、また親の愛情も歪んでしか
受けとれない彼女達から、受け入れてくれる皆本を離すのは得策
とは思えませんが。

ところで葵ちゃんが今回ファーストキスを奪われました。
私が密かに狙っていたおいしそうな唇が・・・。
私は何を糧に生きていけばいいのだろう。

紫穂はそういえばパーマでしたね。
お風呂上りのさらさらな髪だと可愛さ増量です。
そのすぐ後で乾かしたそぶりもないのに元に戻るのは不思議
ですが。

「メル」

結合の能力って・・・。ARMの概念を外れてるような。

「クロスゲーム」

逆転されたけど、東の最終打席は三振。
コウを認めたようなので、一緒にプレイするでしょう。

感じ悪い監督は青葉が話してた学校のオーナーらしき
じいちゃんが解雇するでしょうね。

「聖結晶アルバトロス」

「私の体を汚したら見逃してあげる」

シビアがこんなこと言ってました。
これなんてエロゲー?

ユウキママのユウキを心配する姿やゴミ子の照れ具合が
かき消されました。

「WILD LIFE」

講義と言うよりおばあちゃんの知恵袋みたいだった。
勿論知らない知識満載なんだけど。

「あいこら」

パンスト党恐るべし。
ニーソには勝てないとはいえ、中々強いですよ。

「金色のガッシュ!!」

ファウードを帰す装置をアースかカルディオが
自分の力を費やして動かすのではないでしょうかね。

「ハヤテのごとく!」

私服の伊澄キターーー!!!ニーソマンセー!!!!

攻撃力抜群だなぁ。
木刀正宗で火産霊神を喰らった気分。
もうお持ち帰りして食べたいんですけど。

そんな今回は久々に伊澄にスポットが当たりました。
それに便乗して伊澄をよく知る咲夜も一緒に登場。
高校生から一気に中学生まで退行しました。
ポロロッカ逆流現象ですね。

猫に嫌われて落ち込む伊澄を励ますのが
咲夜という意外なチョイス。
存外頼られていますね、咲夜は。
悪ふざけが過ぎなければこの作品一番の愛されキャラかも。

今回伊澄は咲夜のいい仕事により私服を着てもう一度猫に挑戦
しますが、その際にハヤテに見られるのを躊躇っています。
これは依然ハヤテ争奪レースを諦めきれないのでしょうかね。

意外だったのがナギがきちんとタマを可愛いと思っていること。
あれだけのことをやらかしているのに、タマを思うのは案外
度量が広いです。

ところでシラヌイの行動は支離滅裂な気がします。
生き延びる本能から伊澄の恐ろしさを知って避けたのに、
好きな匂いがするだけで死を忘れてて伊澄に突っ込むのは。

野性の本能剥き出しな猫にしてみれば、死を直感する相手には
余程信頼するなりしないと近付かないと思うのですが。

ワタルが最後に咲夜が撮った伊澄の私服姿を一枚一万円で売って
いましたが、ワタルはよく買うお金がありましたね。
ビデオ屋がかなり儲かっているのか、ホストで成功して
いるのか。

咲夜はこんな商売ばかりやってた為に白皇から追い出されたのか?


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
360度の方針転換様:ハヤテのごとく!83話 畑健二郎
ガンぽに様:ハヤテのごとく!  第83話感想
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第83話「プロジェクト伊澄」
士月のホームページ様:ハヤテのごとく! 第83話
カムニルの倉庫様:オサレ関係
Non-substitute様:借金執事奮闘記#83
ヒマ人の日常の駄日記様:ハヤテの感想でも書こうかな!?31

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←伊澄の私服姿に大興奮だった方は、クリックお願いします。

2006年06月07日

地丹がいた!!

マガジンとサンデーの27号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

カシオペアに細工がしてあったのでしょうか。
ネギが使った途端学祭から一週間経過
そしてその間に超により魔法が知れ渡り、ネギはオコジョの刑にさ
れそうです。

「クロノアイズ」を読んだばかり
なので、こうした時間を題材にしたものを見ると色々考えさせられ
ます。

赤松先生の中ではタイムパラドックスは生じるものであり、歴史
改竄は可能と考えられています。
そうなればカシオペアが無事な以上、どれだけでも歴史の改竄の
イタチごっこが起きる
というわけで、ここにどう終止符を打つか
見ものです。

考えてみると「DRAGON BALL」のトランクス編に於いて、
鳥山明先生はタイムパラドックスは起きるけど歴史改竄は起きない
という立場を取っていました。
つまりその時代の流れを変えても、既にある未来は変わらない
という説です。
パラドックスが起きて歴史改竄が起きないというのは少し矛盾
してるとも思えますが、その無情さが打ち消します。
未来のトランクスの周りにはもう誰もいないのですから。

しかし赤松先生のこれまでの理論だと、全て復活しうる状況。
悲しい事や苦しい事を全て消す事が出来うる考えです。
これはちょっと物語が薄っぺらく感じます。
一部の人間の一元論に終わりかねません。

これはある意味冒険ですね。
ここをうまく描けば単なるドタバタ恋愛コメディから一線が引かれ
ると思います。

改めて考えると長谷川裕一先生の凄さがわかります。

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

氏家が以前病死したという少年の父親だそうです。
その恨みを晴らすのが氏家の目的でしょう。

こっちが肉親でしたか。
そうなると共犯は元恋人とかが怪しいけどなぁ。

「School Rumble」

バトルシーンがあまり上手くないですね。
ただ最後の播磨が殴りかかったシーンが、次のページから始まる
「はじめの一歩」の一歩の吹っ飛び具合に
繋がっていたのがよかった。

「はじめの一歩」

「School Rumble」のつながりかと見間違う始まり。
偶然だとしたら大したものです。

「ゴッドハンド輝」

恋人(フェイトちゃん)と温泉旅行行きたいなぁ。
しっぽりしたいなぁ。いっそ結婚したいなぁ。

「ツバサ」

サクラちゃんを守る為にもう一人の小狼が覚醒。
そして神威の腕をもぎ取っていました。

言動や力からすると、こっちが本物の小狼な感じがします。

「さよなら絶望先生」

今回のテーマは”前提社会”

卒業してないのに内定を出すなんてタイムリー過ぎるネタに笑えな
い大学生は堪えたかもしれませんね。

でもその導入として藤吉さんがいきなり、

「テニプリの映画いつ見に行く?」

はやばいです。
こっちは笑いですみません。タイムリーにも程がありますよ。
アレはきっと名作なんですよ、一部の人にとっては

他にも今回は万世橋が登場し、オタク街の前提を紹介してました。
18歳未満の女の子が出てないという前提にたったエロゲーとか。

私はエロゲーはやらないのですが、あれって萎えますよね。
小学生だから興奮するというのに。

絵柄が小学生でランドセル背負っておいて、18歳という設定に絶望した!!

しかしもっと絶望したのは、「さよなら絶望先生」
を読んでいる人が、「かってに改蔵」を読んでいるという前提
にたって、

オタク街の中に地丹がいたこと!!!

久米田先生頼みますよ。

ちなみに私が前提社会に絶望したのは、二次元の女の子が具現化
できないという考えの社会
に対してです。

誰か二次元を三次元に出来る装置を発明してください。

次にサンデー。

「絶対可憐チルドレン」

蕾見不二子(つぼみふじこ)という巨乳のお姉さんが登場。
椎名先生の描く幼女もステキすぎですが、お姉さまもいいですね。
そのうち小竜姫みたいな私の初恋の相手を髣髴とさせるキャラを
お願いします。

彼女はどうも兵部を封じる際に活躍した超能力者。
年齢は兵部と同じくらいで、超能力で若さを保っているみたい。
若しくは寝続けることで心臓の鼓動を極端に少なくしてるのかな。

彼女の出現がこれから兵部との戦いを加速させそうです。
とりあえず最初の役目は薫達の超能力の強化でしょうかね。

そんな今回は不二子ちゃんにお株を奪われそうなザ・チルドレン
達が見せました。
基礎訓練が嫌な3人は言い訳をして逃げようとしました。
その中で紫穂が秀逸な一言を言います。

「私きちゃったから」

・・・は?何がきたの、紫穂??
お兄さんに一から話してご覧?

「メル」

もう決着着くの?

「クロスゲーム」

東と三木はプレハブ組に合流だな。

「聖結晶アルバトロス」

日常の後は新しい敵。
エリートクラスの敵が一気にユウキに牙を剥きそうです。
一番手はお色気ムンムンのお姉様ですが、アルバトロスが嫉妬する
展開でしょうかね。

ところで今回はゴミ子が道場の片隅で見守る姿も良かったですが、
ユウキのお母さんには勝てませんね。
強火の料理しか出来ず、食卓はチャーハンばかりという可愛さ。
鉄拳が飛んでくるけど、この不器用さがたまりません。

チャーハンどんだけでも食べるので、私の母親になってください!!

「WILD LIFE」

金秤はただのツンデレでした。1本取られました。

ところで鉄生の講師ですが、すぐ次の週に講義を出来るようになる
ものなんですか?
お偉いさんならともかく一介の獣医師がそう上手くいきますかね。

「あいこら」

運動会で一位になったら賞金1000万円に燃える天幕の
目にハチベエが興奮しなかった理由がわからない。
ハチベエならその目見たさに何でも言う事聞いてあげる
という天幕の条件なしに参加したと思うんだけど。

ちなみに天幕。私が一位にしてあげるから、

ツンデレメイドさんになってご奉仕して!!

「金色のガッシュ!!」

清麿が復活するのが先か、ウマゴンがやられるのが先か。
とにかく私としては、モモンを利用してでもウマゴンが
魔界に還らないことを祈ります。

「ハルノクニ」

やっぱコーさんの武術訓練。修行は欠かせないですからね。
ところでコーさんの目の下にある傷みたいなのは何?
オシャレ??

「ハヤテのごとく!」

<感想>

結局あのネコはヒナギクのお母さんがネコアレルギーの為に桂家は
断念。
そしてナギが飼うことになりタマとのボス争いをして見事シラヌイ
に勝ち、タマは敢え無く檻の中で反省。

正直な話タマがどうこうというより全般的にキレがなかったかと。
タマ初登場時とかは次に繋がる一話完結が素晴らしく、タマで一話
使い切っても問題なかったのですが、最近は長期化傾向が見られる
ので、その辺が原因でしょうかね。

ただそんな中にもさり気にキャラの魅力を描く辺りは最高。
さり気なく出した伏線をさり気なく回収するのは見事です。

<考察>

〜ヒナギクママの役目〜

今回の冒頭でハヤテにヒナギクの誕生日を教えて、一宿一飯の恩義
を返す事を約束したハヤテ。
これを促したのがヒナギクママです。

これを見ると、ヒナギクの内面の脆さをカバーして助言するのが
ヒナギクママの役目な感じです。

前回で西沢さんとヒナギクの協力関係がありましたが、
ヒナギクママがヒナギクを応援するという形も明確になり、
ハヤテ争奪戦から一歩身を引いた立場からスタートラインに
押し戻されたかもしれませんね。

〜母性を持つヒロインナギ〜

意外や意外、タマを一から育て上げたのはナギ。
タマ初登場時にそんな説明がありましたが、今回実際にシラヌイに
ミルクを与える仕草などからウラが取れました。

これは私としては結構驚き。
今までこの作品のダメダメ少女のレッテルを貼られていた愛しの
ナギですが、ここに来て女性の最大の武器である母性を持っている
ことが判明したからです。

男は女性を最終的に選ぶ視点というのは母性。
アスカより綾波人気が高かったのも、彼女の内に眠るユイさんの
母性が隠されていたから
でしょう。

それだけ男の遺伝子に強く働きかける母性。
母親がロクデナシだったハヤテにはそこら辺も影響ありそうです。

〜ナギはエロゲーにまで手を出しているのか〜

タマを育てる過程で、エヴァなり勇者シリーズなりFFなりと
ありとあらゆるジャンルを見せたナギ


そんな作品の数々に型月がありました。
これってTYPE MOONでしょう。
しかしここって18禁の作品を作っている会社。
つまりナギは齢13にしてエロゲーに手を染めた女の子なのです。

現実的には案外いるかもしれません。
しかしここにナギ特有のお嬢様という属性が加わるとちょっと興味
深いです。

というのも彼女がエロゲーを買おうと思ったら外に買いに行くか、
ネットで申し込むしかありません。
しかし仮に外に出たとしても常にSPがついて恥ずかしくて買うの
は不可能。それ以前に外にも行きませんがね。
仮に執事・・・クラウスに頼んだらアウト。他の執事なら可能性
はありえますが、今までの経緯から他の人と関わる姿は想像しづら
いです。
ネットで申し込むにしても、執事が届けてくれるわけですが、その
役目は大抵マリアさんかクラウスであり、マリアさんならゲームと
聞いて即バレ。クラウスは小言ばかり。

これだけの難関を潜り抜けてやっているナギ。
その恥ずかしさは幾許か。
そのナギがどういう目でえっちなシーンをやってるか興味満々。
あー、その恥ずかしそうな顔が可愛いだろうなぁ。

以前ハヤテを伊澄に売った際の勘違いをしていたナギは、ある意味
妥当という事もこれで明らかになってますね。

<お気に入りシーン>

今回は久々に愛しのナギが出ました。
そして再びお風呂に行きました。

ハヤテ、何故覗きにいかねぇぇ!!!!

奴はアホか?
ナギが今からお風呂に行くって伝えるということはとどのつまり

「またお風呂に来て♪」

に決まってるだろ!!!!

この千載一遇のチャンスを逃してどうするというんだ!!!
もうダメだ。奴には任せておけん。
このロリの申し子jiroが動く時が来たようだ。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
士月のホームページ様:ハヤテのごとく! 第82話
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第82話「なぜ毎回…」
カムニルの倉庫様:悪魔は神に頼らない
Non-substitute様:借金執事奮闘記#82

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←地丹を見つけられなかった方は、クリックお願いします。

2006年05月31日

逆流現象はさくらちゃんだったなぁ

マガジンとサンデーの26号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

俺もエヴァとキスしてぇぇぇ!!!

あの柔らかくてぷにぷにの唇で俺の唇を奪ってくれぇぇぇ!!!!

つーか”あっち”の方までヨロシクしてくれぇぇぇーーーー!!!


時代が幼女に主導権を握ってもらうことを求めている事を、
赤松先生はよくわかっていらっしゃる!!
自分が支配できる側に支配される興奮といったらないですよ。

しかも今回のエヴァは前回のヒナギクと化してます。
一緒に風呂に入るか?なんて確実に先週のヒナギクを
意識してますね。
赤松先生と久米田先生の関係が弟子にまで及ぶとは驚きです。

そんなエロエロな今回はパルの能力が判明。
以前推測した描いた物が具現化できるがほぼ当たりでした。

一方夕映は魔法初心者セット
これはどう判断したらいいか難しいですね。
初心者から上級者へ変化していくものなのか、特に何も無いのか。

まあ二人もおいおい何かしら成長していくでしょう。

しかしエヴァの話は人生甘くないと現実的で為になります。
何百年も生きてるのでその重みも半端じゃありません。

ネギの皆を傷つけたくないという裏に隠された皆を汚したくない
想いと、傷つけない為に遠ざける事で、自分が汚れたくないという
想いに何かしらの変化があればいいのですが。

今までこの選択は何度もネギにはありましたが、ナギとの出会いで
そろそろ答えが出そうですね。

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

前回の煽りの超速推理って、単に霧沢の自殺のミスリードを
見抜くだけだったの?

「School Rumble」

”北斗神拳”の真髄はこれから漫画がどう変わろうとも、
永久に残っていくだろうなぁ。

「ゴッドハンド輝」

夢を叶えるのを手助けするのが医者なら、
夢に幕を下ろさせるのも医者。
テルは今までうまくばかりいってるけど、その箱庭が壊れた時に
どう乗り越えるのでしょうね。

「ツバサ」

神威が星史郎の探していた吸血鬼なのかもしれません。
昴を蘇らせるために餌(エ)としての小狼から血を奪おうと
しています。

人の因果律まで変わったのでしょうか?

「はじめの一歩」

まるで人間台風ですね、対戦相手は。

「さよなら絶望先生」

カラーページで4コマが載ってました。
W杯の予想を可符香と先生が絶望的に予想。
中澤が空けた裏のスペースにボールを放り込まれて失点といった
ありえそうなものばかり
で、ちょっと怖かったです。

今回のテーマはポロロッカ逆流現象
どうもポロロッカと聞くと、
海藤と天沼のクイズバトルを思い出しますね。
これもある意味逆転現象かもしれません。

逆転現象は世の中に一杯あります。
エヴァのパチンコからアニメに嵌るお父さんは結構多い
以前ニュースでも見ました。
親子の仲もこれで逆転現象が起きるかもしれませんね。
息子なら綾波かアスカ談義で、娘ならカヲル君談義で。
しかし奥さんとは厳しい結末が待ってそう・・・。

しかし今回紹介されていたので納得いかないのが、

”仏ゾーン→仏教”

私は仏教といえば「聖闘士星矢」シャカなんですが。
あの漫画は藤吉さんのようにギリシア神話の入り口にもなるし、
ベーコンレタス(BL=ボーイズラブ)の入り口にもなるし、
我々のバイブルです。

ちなみに私の逆転現象は、

「カードキャプターさくら」のさくらちゃん!!

これにより、普通の女の子に興味津々だった高校生の私は、
気がついてみたら今のように幼女に興味津々になってました。
この逆転現象は相対性理論を上回る説得力があるのでは?

ちなみに私の三次元から二次元への逆転現象は、

「まもって守護月天」のシャオ!!

ここだけは引けませんね。
桜野みねね先生のあの当時の絵は私の中で神様でした。
特に4巻あたりからは連載にも慣れたのか素晴らしいの一言。
あれを上回る絵は私の中でまだ見つかってません。
だからこそその後にゴーストライターでやらせたのが
残念でもあり怒りを覚えます。

あそこまで変わってはもう私が愛したシャオではありません。
思い出したら悲しくて泣けてきた。

次にサンデー。
「魔法少女リリカルなのはA’s」のDVDの情報が
カラーページにありました。
サンデーを読んでいる健全な小学生には決してわからない代物。
このターゲットは私ですか?

「絶対可憐チルドレン」

兵部の今までのお茶目なキャラが覆されました。
今まで何だかんだいっても、あまり人を殺してない兵部。
しかし今回殺りました。

超能力者の頭を吹き飛ばした

のです。
これで完全に皆本達と道が別れましたね。
今までは危ない思想の持ち主というだけでしたが、
人を、しかも同じ超能力者を惨殺したのです。

皆本は超能力者との共存、薫達は共存を望みつつも、心では
超能力者だけの世界を望んでいます。
しかし兵部は自分に逆らうものがいない世界

でもなんだかんだ言っても人の心も捨てきれない兵部。
薫そっくりさんにP.A.N.D.L.A印のプレゼントが贈られました。

そこをホモ仲間の皆本か、ロリコンの権化薫が癒せれば
いいのですがね。

「メル」

キングがギンタの父ちゃんでした。
局長さんの予想見事に的中してましたね。

そんでもって現在のバッボにはギンタの父ちゃんの意識が
入っている模様。
こりゃラストは父ちゃんも一緒に元の世界に戻れそう。

「クロスゲーム」

老監督に実は甲子園経験ありとかいう設定が加わりそう。

「聖結晶アルバトロス」

前回低調気味だと描いた途端ヒロイン達の登場とは・・・。
こんな日常を描かれたら文句ありません。
つーか最高でした。

何がいいって、まずは愛しのゴミ子。
葉っぱを布団代わりにしていつも持ち歩いているのはどうでも
いいです。
一番は”学校でのいじめられ具合”
別にイジメを肯定するわけではなく、むしろ私は嫌いです。

ゴミ子のいじめられ具合は半端ないです。
机の上にゴミ箱がぶちまけられ、落書きまみれ
到底女性に対する仕打ちとは思えません。

それをカスなクラスメイトもクズな教員も誰も見向きもせず。
授業中はエネルギーを使わないようにずっとぼーっとしてるだけ。

ところがユウキが廊下を通った途端、振り返るゴミ子
そしてユウキが挨拶していくと微笑むゴミ子

涙が出そうでした。
いじめられていてもたった一人の何気ない行動で救われるゴミ子。
その後に

「よけいなこと…かんがえちゃ…ダメ…」

頭をぽかすか殴るゴミ子は萌え度MAX!

でもそんな彼女がもしユウキに拒絶されたら・・・。
この展開は盛り上げる為には避けては通れないと思うので、
それまでにもっとゴミ子とユウキの日常を描いて、感動させて
ほしいです。

対してもう一人のヒロインの理香たん。
理香語録に”珍奇変態セクハラ野郎”が加わりました。
あの素直になれない態度がいいですよね。
近すぎるが故に素直になれない理香たん。応援したくなります。

そんな理香たんの精一杯の頑張りのユウキに新作アイスを渡す
作戦も、見事アルバトロスにより消失。
報われないのがヒロインのライバルとはいえ、切ないです。

こういう何気ない日常から皆の普段の様子が推し量れ、
そこで非日常空間に戻されて頑張る姿を見るのがいいです。
共感度が桁違いですね。

ところでトムヤムクンのアイスは絶対マズイ!!
甘いんだかすっぱいんだか辛いんだかわからないんだもん!

「WILD LIFE」

偶然が重なりすぎな気が・・・。
獣医師の視点ではまだ現実的だと思うけど、
人助けとなるとイマイチかな。

「あいこら」

ハチベエがカッコよすぎると、ちょっと萎える。
やっぱ奴はパーツに目を輝かせてる姿が一番!!
ハチベエは坂田雪之丞百姓のじいさん達みたいに、
”いい顔”になっちゃダメだよ。

「金色のガッシュ!!」

ウマゴンが漢を見せる中、モモンの心境やいかに?
とりあえずウマゴン死なないで!!

「ハルノクニ」

ハルの養成学校がコーさんの手により行われます。
一時間目は体育、二時間目も体育、三時間目も体育・・・。

「ハヤテのごとく!」

<感想>

〜新旧生徒会長対決〜

ヒナギクが西沢さんに自分の気持ちを出さずに応援すると言って、
更に自分から互いに名前で呼び合おうとしたのは不満。
西沢さんの為を思って言ってるようですが、あれはあくまで
自分が傷つきたくないから。

ヒナギクも過去の辛い事を乗り越えたいだろうし、そのためには
成長しないといけないのに、あれではそれまでの繰り返しでは。
それに西沢さんを騙すようで、素直な西沢さんに失礼です。

まあいきなり暴露したら物語が終わっちゃいますが、
あえて暴露してライバルとして仲良くなるっていうのも
ヒナギクと西沢さんの関係ならいけると思うのですがね。
魅力的なキャラだけに勿体無い使い方かと思いました。

それに対して全く出番が無かったヒロインのナギとマリアさん。
ナギはとうとう裸を見られたことを克服。
ハヤテの顔が見られないほうが辛いと大人になりました。
それを見てマリアさんは純粋に応援しますと心で固い決心。

こっちの関係はいいですね。
マリアさんは自分で気がついてないだけでしょうが、ハヤテに
対する想いが明確になってないので、ナギを傷つけるようなことは
現時点ではありません。

マリアさんがこの気持ちに気付いた時が問題といえば問題ですが。

とりあえず構図として西沢陣営のサポーターがヒナギク、
ナギ陣営にマリアさんと新旧の白皇学園の生徒会長対決の図式
これはこれで見物です。

〜ワタルにも一筋の光があるのでは?〜

ところで今回の消費者金融並の取立てをしそうなワタルに金を借り
て猫の餌を買うハヤテ。
グレーゾーンに差し掛かる彼の利息が心配ではありますが、
それより気になったのはワタルがネコ好きだとういうこと。

ネコって気まぐれで、自分の無償の愛を注ぎ込んでも知らん振りす
る生き物。
こういう人って恋愛でもそういうタイプなのでしょう。

こう考えるとある意味伊澄とワタルはお似合いなのかも。
伊澄が知らん振りするとはいいませんが、案外報われないことも
多々ありますし、それについていくにはワタルのような人間が
ぴったりな気もします。

サキさんはワタルに愛情を注ぐタイプで、ワタルもそういうタイプ
なので、その点ではズレがあるかもしれませんね。

〜ハヤテに親近感を覚えるヒナギク〜

とうとうヒナギクがハヤテの過去を知りました。
そして過去にナギと西沢さんのハヤテを争奪する戦いが起きた時、
ワタルが伊澄の想いを見抜いてハヤテと戦った時に使われた手法。
”一目見てわかることがある”シリーズ。

これが出るとその後二人の付き合いが深くなります。
ハヤテとヒナギクもそれに順ずるでしょうね。

そうなると西沢さんが不憫な想いをするようなことに・・・。
ハヤテはイマイチ鈍いから、ヒナギクの良心の呵責が
大きくなりそうです。

名前の呼び方が綾崎君からハヤテ君
代わるぐらいならいいんですがね。

<お気に入りシーン>

今回は西沢さん祭り。でもその前にヒナギクのお風呂を見ますか。

胸がさっぱりねぇぇ!!!!

これは咲夜に余裕で負けてますね。
更に言えばナギと同格というところでしょうか。

西沢さんはヒナギクにコンプレックスをたくさん持ってましたが、
ヒナギクに女の最大の武器の一つである胸の大きさで勝ちましたね。

では西沢さん祭りへ。
扉絵が西沢さんのネコミミモードなのですが、間違いがあります。

しっぽが無きゃダメでしょう!!

シャナがニーソじゃないっていうのと同義ですよ?

それから西沢さんの二回のあうあうする姿
ヒナギクが可愛いと言った通り、あれは反則です。
思えばベッキーのあうあうする姿もよかった
いじめてああいう反応する子は最高ですね。
家に持ち帰ってあうあうの刑に服してもらいます。

でもそんな西沢さんの涙を流すシーンは堪えました。
ヒナギクにハヤテとの関係を聞かれて、自分の消極的な所に
涙を流す西沢さんは抱きしめて励ましたいです。

あんないい子を振るとはハヤテの奴は許せませんね。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第81話「輪舞-revolution-」
ライク・アライブ様:ヒナギクのなく頃に同棲生活編〜最終夜 その2:少女革命アユム:ネコネコセンス黙示録 〜
360度の方針転換様:ハヤテのごとく!81話 畑健二郎
カムニルの倉庫様:少女的Bアップ作戦
Non-substitute様:借金執事奮闘記#81

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←恋人にしたい対象年齢が逆流現象した要因がさくらちゃんだという方は、クリックお願いします。

2006年05月24日

「よろしく希望先生」じゃなかった・・・

マガジンとサンデーの25号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

これまでの話のおさらいと、パルと千雨を皆に紹介。
それと現時点での戦力確認で終わっちゃいました。
なので別段感想が・・・で終わらないのが赤松健作品。

そんな風に思ってしまった方々、今週の扉絵を見てください。

せっちゃんがパンチラだーー!!!

京美人のせっちゃん。大和撫子のようなせっちゃん。
それが一体どこでどう間違ってこの路線に変更したのでしょう。

木乃香とのレズ疑惑、ネギへのショタコン疑惑、
ネコミミモードのコスプレ疑惑、ノーパンスパッツ疑惑・・・


ああ、そういえば最初にネギの急所を掴んでたっけ。
普通の女の子じゃなかったですね。

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

次回の煽りに金田一と明智警視の超速推理ってあったけど、
基本的に金田一は解決編だけで一月いくから推理が早くても
意味が無い・・・。

「School Rumble」

勘違いのままですが、沢近は播磨に気持ちが確定しましたね。
いい女になったなぁ、沢近は。
タカビー女とツンデレは紙一重です。

「ゴッドハンド輝」

医者って人の命だけでなく、人生すら救う職業なんですね。
立派な職業です。目指している人頑張ってください!

「ツバサ」

休載でした。

「はじめの一歩」

人の腕で逆上がりってありえん・・・。
板垣クラスの運動能力の持ち主ならともかく、
一歩があそこまでやるとは。

人間離れしていいのは鷹村だけですよ、この作品は。
他の人はあくまで人間でいてほしいです。

「さよなら絶望先生」

祝一周年&センターカラー!!
だから先週休載だったんですね。
何だかあっという間です、一年って。

それにかこつけて今回のテーマは”旧い物”の賞賛
最近マガジンで新連載しちゃいましたもんね、

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

久米田先生も嫉んでおいででしょう。
旧連載にスポットを当てて欲しいなんて言ってましたし。
とはいえ当たってるんですけどね、センターカラーだし。

しかしこうした旧い物って確かに魅力的です。
勘違いオバちゃんが”最近の若い子は・・・”と言うのも
旧き時代を思っての発言だし、
”今のジャンプじゃ苦しいけど、暗黒期なら表紙飾れたね”
旧い黒歴史をけなす愛するが故ですしね。

ただ旧姓を求めるが故に密入国者との結婚は・・・。
ある意味リアル過ぎて怖かった。

次にサンデー。

「絶対可憐チルドレン」

ロリコン兵部フルスロットル!!!

戦争に巻き込まれて、親が働けずに花を売って暮らす外国の少女
に、怪しい目と表情でお金を渡す兵部。
いくら薫に似てるからってあれは・・・。
今の日本でやれば即刻捕まりますよ。
第二の宮崎です。
あ、それは私か。

とまあバカな話はさておいて、今回は兵部にスポットを当てた
シリーズのようです。
薫そっくりの少女がテロに巻き込まれて怒った兵部は
その普通人を殺しかねない勢い。

普通人に絶望はしているものの、
薫そっくりの少女の心との美しさは認める兵部。

絶対悪でもなければ絶対善でもない彼。
椎名先生の作品は最期まで憎めない敵というのが多いですが、
兵部も間違いなくその一人。

そもそも勧善懲悪に走りすぎる嫌いがいけないんです。
ジャンプのようにね。

「メル」

ディアナあっけなさすぎ。
しかも最期にドロシーを愛していたって唐突過ぎです。

烈火に比べると構成がだるんだるんした印象です。

「クロスゲーム」

不良に効果的な情に訴える作戦。
これが本当は心が優しいけど不良になった子ならともかく、
心底腐った人間だったら絶対通用しません。

そうした人を見抜く力は勘違いの一軍監督に欠けてます。

「聖結晶アルバトロス」

最近低調気味ですね。
リカたんやゴミ子の出番が少ないのもありますが、
仲間を無理に増やそうとしすぎな感と、素石命図が敵の強さ
にしか使われてない
のがよくないかと思います。

前者なら仲間は互いの信念の相違から戦い、
その果てに理解しあう、もしくは共感するなどが
最も読者を惹き付けるかと。
ユウキに惹かれるのみでなく、ユウキも惹かれると深みが
出ると思うのですが。

それと大事なはずの素石命図の有用性がイマイチ。
アルバトロスの世界に於いての役割がもう少し明確になった
方が地上と差別化できていいのですがね。

担当が副編集長さんに変わったらしいので期待します。

「WILD LIFE」

何やるにしても金は必要です。
夢だけでは食っていけません。
安易な起業、独立は控えましょうというのがよくわかりました。

結末は動物園が復活するだろうけど、人生そんな甘くないです。

「あいこら」

メガネっ子いいよなぁ。
別に私は伊達メガネでもいいです。その子が似合えばね。
伊達メガネをつけて似合わないのが一番最悪です。
あれこそ取り締まるべきですよ。

「金色のガッシュ!!」

日本沈没までキャンチョメは生きていられるようです。
その様を突きつけて絶望の淵にて殺すのでしょう。

次の標的がティオなので、ここで清麿が目覚めそう。
やっぱ女の子のピンチを助けるのがヒーローです。

「ハルノクニ」

ハルのデモンストレーションが長い。
サイバイマンに自爆されて死ぬくらいのヤムチャが
絶妙な長さです。

「ハヤテのごとく!」

師匠同様センターカラー。
まるで示し合わせていた気さえしてしまいます。
実際はどうなのでしょうね?
さすがに他誌ではそこまでは無理でしょうか。

<感想>

今回何だか話が広がってふわふわしてる感じがするなぁと
思っていたら、畑先生がバックステージで今週と来週で
一話という感じと書いてありました。

ただ私としてはヒナギクの家に泊まるイベント以来、
どうも話が捉えにくいです。

ヒナギクの誤解を解くのがその主たる目的でしょうが、
元々学校で起きた事件なら学校で解決すべき。
ラブコメの王道ですが、家にもっていくには、
この作品のようにラブコメがオマケのこの作品には
合いません。
ヒナギクの内面に関わる問題とはいえ、ヒナギクの家はそれより
更に奥、ヒナギクの過去の辛い話の時に出した方が効果的。

ヒナギクにとっての最大の確執は家庭環境であり、家はあくまで
ヒナギクのトラウマを具現化した空間。
対して学校はそれから解き放たれた領域なので、
そっちで描いた方が恋する少女として魅力的ではないでしょうか。

これに西沢さんが加わるから更に無茶苦茶になった気分。
西沢さんが学校が違うから出すのは大変だろうけど、
それならホワイトデーまで待ってもよかったんじゃないかな。

それとヒナギクの人間性。
根が真面目なので、彼女がいる人なら何もされないと思ってた
とありましたが、それは真面目というより常識が無いんじゃあ。

西沢さんと仲良くなるのはハヤテとの恋のライバルというより、
そうした欠如を補う為でしょうか。

改めて思うと白皇学園ってダメダメ学校だなぁ。
先生もそうした倫理観を教える役割があるというのに、あの始末。
マリアさんにしろ、ヒナギクにしろ、人間として根幹な面が
育っていないような。

あの学校で地に足がついているのは伊澄、ワタル、ヒムロ、
雪路あたりでしょうか。

兄弟が多く、面倒を見る咲夜が通わないのも何だか納得。
あの学校じゃ何も身につきません。

<お気に入りシーン>

ヒナギクのお風呂入る?に対してハヤテが

一緒にですか?

と応戦し、ヒナギクが

”一緒に入る?”

のくだりはありえない。

世の中には二種類の男性がいます。
一つはこうしたやり取りを冗談、もしくは喜んでもらえる人
もう一つはキモがられる人

勿論私は後者。
泣けてきます。でも夢は見てもいいですよね?

ヒナギク、一緒に入ろう!!

それと西沢さん。女の子が無闇に焼き芋を食べるのはどうかと。
好きな人の目のまで大変な事態に陥っても知らないよ?

最後のコマのゲームをやるメインヒロインの二人の後ろ姿は
見ていて痛々しかった。

マリアさんはただでさえ不気味なコスプレしちゃったのに。
呪いをといてくれたのは神父でしょうか。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
まいぺーす日記様: 「ネギま!」136時間目感想
カムニルの倉庫様:2月なのに暑いのはおかしいですね。生徒会長さん?
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第80話「Running to horizon」
360度の方針転換様:ハヤテのごとく!80話 畑健二郎
ライク・アライブ様:ヒナギクのなく頃に同棲生活編〜最終夜 その1:劇団KATSURA その演劇題目は「足りないツインテール分を探せ!!」〜
Non-substitute様:借金執事奮闘記#80
ふるぱ-しゃる様:ハヤテのごとく!第80話感想

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←絶望先生が一周年だから、「よろしく希望先生」に変わってるんじゃないかと思った方は、クリックお願いします。

2006年05月17日

明かされた超の正体

マガジンとサンデーの24号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

超の正体が遂に判明!彼女は、

”未来から来たネギの子孫”

最近の流れから未来人は濃厚だったし、真面目な顔をしてネギの子孫とも言ってたので、
それほどの驚きは無かったです。
まあ火星人というのが真実だというのは少し驚きましたが。

目的はやはり歴史改竄。

未来人にまで影響を与えるのは魔法。これは揺るがないでしょう。
これを公表することで、魔法使いを更に増やし、力を底上げ。
そして狭い人間達だけで構成されていた魔法も、
広く使われる事で、その可能性も飛躍的に伸びる。
それでもって未来の脅威に立ち向かうのが一つ考えられるかな。

未来人は超が使っていたスーツに何の影響も与えられないほどに弱く、
そしてそんなスーツを装着して戦う必要がある世界のようですし。

もう一つがナギ。
圧倒的魔力で魔族と対等に戦い、更には恐れられる彼。
そしてこの作品の最大の謎。
彼が明日菜を守る為に戦っていた魔族が未来を脅かしており、
それに対抗する為にナギの生死を確認と復活かな。

どっちにしろネギや周りに無闇な危害は加えないでしょう。
今回のお別れ会の超の顔は、皆を大好きだと言わんばかりでしたから。

「少年無宿 シンクロウ」

結局何がしたかったかわからなかったシリーズ。
シンクロウが人柱のアホさ加減に気付かせるのが目的なのかな。

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

両方の別荘でほぼ同時に殺人が起きてるから、犯人は二人かな。
氏家はどうも囮臭い。
やたらと時間と、金田一が時計を気にするシーンがあるので、
やっぱ時間がトリックに関係してるかも。

真犯人は女性の先生だ!!

過去に死んだ苦境にめげない少年が
息子、もしくは恋人でファイナルアンサー。

「School Rumble」

まさか沢近が播磨に告白?いや、また何かに邪魔されるだろう。
むしろ今鳥とかれりんがうまくいきそう。

かれりんのあの偉大な包容力は大好きだ!

「ゴッドハンド輝」

父親の何たる苦悩。
自分のプライドを懸けた手術で失敗し、更にその子の名前が四宮と同じケイ

でもそんな事で子供を嫌いにはならないでしょう。
不器用な親父色が一杯です。

「ツバサ」

今週のヤンマガの裏舞台。対価は関係性、時間、自由
この中の関係性とは一体誰とのでしょうね。サクラちゃんなのかな。

何かを取り戻さないといけない右目の小狼
それは自分の存在する証か、人との思い出か・・・。

「はじめの一歩」

一歩が撃沈か。相変わらず強烈な一撃が入ったシーンの描写が上手いです。
まるで車にはねられるような威力ですよ。

「さよなら絶望先生」

休載に絶望した。

次にサンデー。

「絶対可憐チルドレン」

空間を操る能力者が一番高度な感じがします。
それゆえに危ないとも言えるのですが。

素粒子をばら撒いてどうたらこうたらはよくわからないのですが、
それを無意識下で出来るのは確かに恐怖の対象かも。
普通人が恐れる理由もなんとなくわかります。

兵部もそれを信じていた仲間からされたのですから、
皆本に懐疑的なのも頷けます。本当は信じたいのだろうに。

謎なのは今回薫に突如として現れた天使の羽。
あれは兵部が望んだものなのか、それともイレギュラーなのか。
もしかして未来が変わる兆しなのでしょうか?

さて、このシリーズは今回で終わりました。
薫の成長が見られて見応え抜群。しかしこのシリーズの最大のテーマは何といっても、

”女心は大切に”

薫が兵部を京介と読んで澪を怒らせたのより、
澪の穿いていたパンツが皆本の洗った物だということに怒ってましたよ。
最後までパンツネタで引っ張った椎名先生を尊敬します。

葵ちゃんだけ皆本に洗って欲しくないと言ってましたが、
一番女の子らしかったですね。

まあ私から言わせて貰えば、

死んでも葵ちゃんのパンツは洗う!!!

「メル」

人間の醜さに絶望するなんて当然です。
そこを乗り越えて美しい所を発見できるのが強い人間。

ディアナやファントムはただの臆病者です。

「クロスゲーム」

出たよ、実質3−1という考え。そしてコウの凄さを主張。
負け惜しみに聞こえるからあまり好ましくないんだけどなぁ。

「聖結晶アルバトロス」

とうとうユウキがアルバトロスに大発火、諸悪の根源について語りそう。
ここを明かせばわだかまりも無くなり、物語も加速するでしょう。

そうすればリカとゴミ子の出番も増えるはず!!
耐えましょう、同志諸君。

「WILD LIFE」

鉄生が安座間を頼りにしていた面が見られたのが残念。
一話目のただ患畜を救いたい一心をもう一度思い出して欲しい。
最近少しその頃の熱さが無いです。

「あいこら」

不覚にも恥ずかしがりやなハチベエを可愛いと思ってしまった・・・。
一体私はどこへ行こうというのだ・・・。

普通なら弓雁ちゃんのおっぱい全開のお出迎えで興奮するでしょう!!
なのにこの反応。
ちょっと盃二に相談しよう。

「金色のガッシュ!!」

キャンチョメに死亡フラグと見ていいのでしょうか?
今までいくじなしのキャラが突如として成長するのは、
「ダイの大冒険」ポップを思い出し不安になります。

「ハルノクニ」

日本の総理も榊のように食えない人間じゃないと、この先やっていけないよ。

「ハヤテのごとく!」

<感想>

今回の感想は一言に尽きます。

新婚バカップルに天罰を!!!

バックステージで畑先生が言ったように、
今回の事をあれやこれやと論じるのはムダです。
だってサンデー読者の10割が私と同じ思いですから。
皆が心に思ったことが私の感想です。

<考察>

〜ヒナギクの好物〜

ヒナギクの好物が甘いカレーハンバーグ
ハヤテが小さい男の子みたいとか言ってましたが、
私が思ったのはむしろ親との繋がりにしがみついているです。

大多数の子供ってカレーやハンバーグが好きですよね。
これって大概親がそれを重点的に作るからです。
そしてそれは小さい頃に集中します。

ヒナギクは単行本から見ても、最低でも小学校低学年くらいから
親と離れ離れです。
基本的にこの年齢だとまだ親って子供の好きな物を食べさせます。
それが親の愛情。
そしてその形がカレーやハンバーグです。

あのシーンでヒナギクは恥ずかしそうに、そしてハヤテは少し
小馬鹿にしていましたが、私にはとってもヒナギクがかわいそうに見えました。
まるで親の愛情の形をそれしか知らないようで・・・。

〜マリアさんの優先順位〜

マリアさんは今回ハヤテを問い詰めるつもり満々でした。
だってドSなマリアさんですから。
しかしさすがのドSでも、善行を積んだ者には最初は優しいです。
”心配していた”と切り出して、ハヤテを安心させて
その後鬼のようなラッシュが続いたでしょう。

しかしそこにナギからの電話。あの悲惨な厨房を片付けてほしいとのこと。
愛しのナギのヘタレっぷりはおいといて、ここでマリアさんが
早々に引き上げたのが問題です。

マリアさんがメイドさんであり、主人を一番に扱うのが当然とはいえ、
ハヤテを置いてけぼり。どこに泊まっているかを聞く時間くらいあります。
それを家に帰ってから気付くマリアさん。

ここからマリアさんにとってハヤテは、男性として意識するレベルではあるが、
歯牙にもかけなくて問題ない人間なのです。

全くドSです。放置プレイの天才です。

〜ヒナギクのお母さんの若さの秘密〜

「おかしい、初めて登場したときより明らかに若くなってる・・・」

半ニート症候群と診断されているT先生の代表作の
クラピカならきっとこういうでしょう。

これはあれです。”人に好かれる為に自分を曲げる”です。
ヒナギクママは読者に好かれたい為に、顔を曲げたんですよ。
師匠譲りだなぁ。

<お気に入りシーン>

ヒナギクのお着替えシーンはさらなり、エプロン姿のヒナギクが
ハヤテと二人っきりになって手が触れ合う瞬間。

ピンポンダッシュしたくなりました。

それとハヤテのアホな発言。
ヒナギクと二人だけだからって何かする男なんていないと豪語してます。

俺がいる!!

しかし扉絵のナギが最強でしょう。椅子に座っているのに足がついてません。
マニアックに思われるかもしれませんが、
私は自分の大きさに合わないものを使っている女の子が大好きです。
例えば、

男物のYシャツを裸の上に着用する女の子!

どうでしょう?妙に説得力があるでしょう?

それを組み合わせたのが今回のナギ。
更に私はここで止まりません。
足がつかないということから、私の嗜好回路がこう動きます。

私:ナギ、ご飯だよ〜

ナギ:う…椅子から下りられない…すまないが下ろしてくれ。

私:お安い御用だよ、僕のプリンセス

ナギ:な、何を言い出すんだ、おまえは!!

私:ははは、冗談だよ。それじゃおいで。

ナギ:う…うむ…って何でお姫様抱っこなんだ!!!

私:ナギが飛び降りて怪我でもしたら大変でしょ?

ナギ:(まったくjiroの奴め…!!さすがにやるなぁ…)


勿論この後のご飯はナギということで。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
360度の方針転換様:ハヤテのごとく!79話 畑健二郎
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第79話「やきもちとか焼かれたてジャぱん」
ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く様:魔法先生ネギま!135時間目「泣かぬなら、泣かせてみよう、超鈴音」
カムニルの倉庫様:不幸とは何か。そして、年齢とは何か。
hakuro.info blog様:ネギま!135時間目「泣かぬなら、泣かせてみよう、超鈴音」 の感想
まいぺーす日記様: 「ネギま!」135時間目感想
Like the dream at the night of spring.様:借金執事奮闘記#79

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←妄想癖の嫌いがあると診断してくださる方は、クリックお願いします。

2006年05月10日

三井住友UFJ銀行に絶望した

マガジンとサンデーの23号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

休載でした。
必ずと言っていいほど、盛り上がるシーンで休載になるのはきついです。

「少年無宿 シンクロウ」

名主様さようなら〜。
自分の欲に目が眩んで他人を貶める人間は必ずしも痛い目を見るとは限りませんが、
明るみに出る時は案外あっけないんだろうね。

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

珍しく・・・というより金田一シリーズで初となると思われる犯人のいきなり暴露。
本当に殺っちゃったみたいだから、実行に関してはミスリードではないでしょう。

高遠が裏で糸を引いたのに明かすということは、更に裏があるのかな。
とりあえず両方で殺人が起きて犯人は別のようなので、時間のトリックや道のトリックは無いかも。

「School Rumble」

展開がイマイチ。
アニメの第二期が放映されたのも何故かがイマイチわからない。

とりあえず私の最後の砦であるかれりんが意味不明な外人についていくのは許せん!

「IWGP」

今回で最終回。
無事にSMクラブを潰して、テルは見事キイチの仇を討ちました。
そして最後は自分の田舎に戻るテル。最後の、

「胸を張って負け犬だと言える」

というセリフが、心にきました。

やれるだけのことはやった故の満足感。
勝負には必ず勝者と敗者がいますが、たとえ負けるにしても、全力を尽くすと気持ちいいですもんね。

中々面白かったので続編でもやってほしいと思います。

「ゴッドハンド輝」

四宮はその才能ゆえに兄弟から疎まれ、更には父親にも興味を示してもらえない始末。
蓮だけはその中でも才能に恵まれているので、四宮を認められるのでしょう。

医者の一族とかに生まれると自分の意志は基本的に無視されるのでしょうね。
”子供の幸せを願わない親はいない”とよく言いますが、プライドで武装された矮小な人間は子供をおもちゃにするのだろうなぁ。

「ツバサ」

小狼の右目を持つ小狼が侑子さんの元へ飛びました。
何かしらの魔術で強制的に半分にされたのでしょうか?

それと神威。彼も次元を超えてきた感じ。
もしかしたら封真もそうで、昴と星史郎の関係が神威と封真にもあるのかも。

「はじめの一歩」

一撃必殺の全体重をかけた特攻。まるで日本の神風特攻隊のようです。
人間の一番怖い時ってああして全てを投げた時だから、一歩はかなり苦戦しそう。

「さよなら絶望先生」

今回のお題は、

”複雑に暗号化された社会”

でした。

確かに今の世の中、複雑ですもんね。
正直今回のネタにあったド○モの料金プランとかさっぱりですもん。私のようなバカな輩がたくさん料金を払わされているのでしょうね。
ちなみに私は基本料金を超えたことが無いので、あまり関係ないですし、そもそもド○モじゃないから関係ないですが(NT○にこれ以上アホな金払えるかっつーの!)。

それと笑えたのは地デジ。正にあれって”テレビ買い換える金が無い奴は、テレビ見るな”です。
その商戦に松○とか東○とか日○とかは大もうけしてるかと思うと、なんだかやるせない。

でも地デジの後のお姉さんが、”何故かパンツを見せていた”のでよしとしますか。

洒落にならないのが、マ太郎が言っていた保険。
あれって生保も損保もそうですが、保険金を払わない為ならどんな手でも使うんですよね。
例えば火事に遭った時に、1本でも柱が残っていたら全焼扱いにならず、損害保険料が減るといったものがあります。

なので火事に遭われた方は保険会社が来る前に、自分で全ての柱を叩き折っといた方がいいですよ。

そうやって複雑にするのは、大したものでない故にそうするという結論に至りました。
漫画でもいい話なのにあっさりし過ぎると文句が出るのに、難しい作品だと読者達が勝手に脳内妄想をして、いい作品だと褒め称えたり・・・。
久米田先生がどっちを目指すのか気になります。

そんな今回には間違いがありました。それは、

”三井住友UFJ銀行”

です。

天下のマガジンでこれは恥ずかしい。三井住友の業務停止が出たのが関係しているのかな?
とりあえず単行本ではさりげなく、三菱東京UFJ銀行になっているでしょう。


どうもわざとと見る方がいいようです。
どっちか悩んだんですが、U様が言うならまず間違いないでしょう。

次にサンデー。

「絶対可憐チルドレン」

澪のパンツ近くで見せてくれーー!!!

はい、前回と同じノリでスタートしてみました。
今回はさりげなくどころか、堂々としていました。
やっぱ時代は幼女のパンチラだよね〜。見ていて和むし。

さて今回ですが、澪の能力に異変が。人格崩壊しかかっていました。
あれは「ザ・ハウンド」の初音がかかった症状と同じもの。
つまり澪も合成能力者です。

やはり合成能力というのは諸刃の剣のようですね。
単一の能力を極めるのと違い、複数の力をコントロールするので、負担が大きいのでしょう。

展開としてはこのまま澪を助けて仲間なんかになってくれたら嬉しいのですが、恐らく兵部の元に戻るのでしょうね。

「メル」

ディアナの目的が、ギンタの世界も征服すること。
そのためにスノウと小雪のつながりを利用して、次元に穴を開けてました。

あのシーンを見たときに、「幽☆遊☆白書」の仙水編の魔界の穴を開けるシーンとモロかぶりしました。

「クロスゲーム」

東の壁は高いです。全て直球1本で勝負したコウは漢ですが、それを上回る東も漢です。
でも個人的にコウに変化球とかは覚えて欲しくないかな。「タッチ」の達也のようにこだわってほしい。

「聖結晶アルバトロス」

アイビスとグース仲間になりそう。
病気を探し当てる天才のグースに、制御は出来ないが治癒能力が高いアイビス。ユウキ達に治癒班は必須でしょうし。

そういえば今気付きましたが、ヨウ素って消毒として使われますね。
この作品はこうした元素の特性を全て用いてそうだから、今回の鉄のモノバイルは磁石の力で体が元通りになるっていうのが妥当かな。

「WILD LIFE」

無報酬診療って素晴らしいと思うけど、病気代や、他のお金を払っている人のことを考えたらやっぱダメなのかな。
でも個人的にお礼を貰うのは論外。
お金を貰わないと最善を尽くさないなんて医者は即刻首でいいよ。

「あいこら」

鳳にえっちぃ言葉を言わせる企画第二弾。今回は歌詞をハチベエが作って、思いの通りに言わせてました。
ぱっと見は普通の歌詞なのに、それを脳内でイントネーションを変えて、妄想するハチベエはやはり天才です。

でも考えてみたらその歌詞も、最初に鳳が作った毒電波満載の歌詞も、井上先生が考えたんだよなぁ。
漫画家ってある意味自分の趣味嗜好全てを出して描くものだから、プライバシーが一番無い職業なのかも。

「金色のガッシュ!!」

ゼオンの前にまたしても仲間が消えそう。
ただ出てきた順と逆に魔界に還る傾向があるから、キャンチョメよりウマゴンの方が先に還りそうなんだけど。

どっちも長い付き合いだし消えて欲しくないなぁ。

「ハルノクニ」

勘違い警察はハルの力をデモンストレーションするいい機会かな。

「ハヤテのごとく!」

<感想>

マリアさんの制服姿しか覚えていません。
最初の一人でお留守番に怖がるナギとか最後のちびっ子ナギとかおいしいのは確かにありました。

お留守番しているナギを驚かせて、スーパーマンの如く助けて、抱きつかれたい

とも思いました。当然です。

しかし甘かったです。マリアさんの制服姿は伊達じゃなかったです。
学校では堂々と歩き回り、周りの生徒が可愛い”子”と言うのも頷けます。
あくまで”子”です。年齢詐称が許される地域です。

そして何故目立っているかわからないマリアさん。そのためメガネっ子に変装。
それも強力です。ちょっとお姉さんっぽくていいです。何と言うか、私の専属教師になってほしいです。そして色々教えていただきたい!

ですが私としては一番目のメガネより、ぐるぐるメガネを装着したマリアさんの方がよかった。
そもそもメガネと言うのは、外した時にその真価が表れるもの。
ぐるぐるメガネであえて目を隠し、ふとメガネを外した瞬間に、下から可愛らしい顔が顕になる。これこそ男のロマンです。

その後は生徒会のエレベーターで偶然出くわしたハヤテを虐めるも、エレベーターが故障した際にマリアさんの正体に気付き謝ろうとするも、突如直ったエレベーターが作動してマリアさんを押し倒すハヤテ。
そこに丁度ヒナギクが現れてハヤテの寒いギャグで乗り切っていました。

個人的にはこの流れが苦しかったように思います。
ハヤテがヒナギクをかなり女性として意識していて、ランキング的にもマリアさんに次ぐくらいなのがわかるのはいいのですが、折角のマリアさんの普段とは異なった行動が見られたのに、無理に一話完結にするのは勿体無いです。
もうちょっとハヤテがマリアさんを見抜くまで時間をかけても良かったんじゃないかな。
まあハヤテがそうした所に目ざとく、マリアさんは逆に超人の割りにこうした場面が得意じゃないので、わからないでもないですが。

それとここ数週間で私は気付いたことがあります。それは、

実は私はマリアさんが大好きで虐めていたのでは?

ということ。

今回のマリアさんもハヤテがヒナギクをどう思っているかを聞かれて困っている時に、可愛いためもっと虐めようとしていました。
そう、これなのです。私が行っているのは。

つまりこれは、思春期特有の病気みたいな行動

好きな女の子を虐める経験。今二次元から抜け出せないどんな猛者も経験した事でしょう。
私も勿論しましたし、そして今でも残っています。

これに気付いた瞬間、私の視界は晴れました。
マリアさんもナギと一緒に抱きしめたいと。そして結婚したいと。

素直になれなかった私を許してください、マリアさん。
これからはマリアさんも一生懸命愛します!

・・・・でもそうするとマリアさんも思春期特有の病気みたいな行動をしているわけで、年齢的には17歳でOK?

<お気に入りシーン>

今回は紛れも無くこれでしょう。

エレベーターの密室空間で、マリアさんを押し倒すハヤテ!

これ以外ありえません。マリアさんが頬を赤らめて、ハヤテと超接近したのは言うまでもないのですが、

マリアさんの黒いニーソが顕になってる!!!

事の方がヤバイです。

以前マリアさんのパンチラというありえない事態が起きました。
しかしあえてここで私は提言します。あのパンチラより今回のチラリズムの方が素晴らしいと。

何故なら日本人は恥じらいを持つのが女性の徳とされてきました。
そのため古来より女性は男性に不用意に近付かず、また顔を扇子で隠したりもしています。
そんな女性に男は群がったのです。
つまり我々日本人の男性にはチラリズムを愛する遺伝子が組み込まれているのです。
なので私がそう思うのは至極当然です。

あ、ロリコンの遺伝子もたくさん組み込まれているのを忘れてはいけませんよ!


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第78話「ニュータイプにはなれない 僕らは決して理解し合えない エレベーターアクション」
360度の方針転換様:ハヤテのごとく!78話 畑健二郎
カムニルの倉庫様:学校へ逝こう…
ヒマ人の日常の駄日記様:ハヤテの感想でも書こうかな!?26
悪のめいどブログ様:今週の執事@ハヤテのごとく#78
Like the dream at the night of spring.様:借金執事奮闘記#78

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←三井住友UFJ銀行を利用した事がある方は、クリックお願いします。

2006年04月26日

年齢詐称は罪だよ、マリアさん♪

マガジンとサンデーの21・22合併号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

ネギが断らず強制的に戦闘になりました。そしてせっちゃんと楓でも歯が立たない始末。超が、

”この時代”の人は強化スーツを凌駕する

みたいなことを言っていたので、どうも超の正体が”未来人”が濃厚になってきました。

戦闘ではどうやらカシオペアの秒単位の時間移動を使っているのですが、これも残された魔力を利用しているのでしょうかね?

ならば誰の魔力で未来へ戻るのか?やはりネギなのか??

最後でお別れ会へと突入してしまったので、うやむやになりそうですが、きちんと解き明かして欲しい。

「少年無宿 シンクロウ」

名主の仕業でしたか。まあ権力者が横暴な行動を行うのは人の世の常ですからね。

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

遂に殺人発生。恐らくこの後もう一つの別荘でも殺人が起きるんだろうなぁ。

今回は地形と時間を利用したトリックのような感じがする。やたらと時間が強調され、誰も正確な時間がわからないし。

わかるとすれば先生の側かなぁ。

「School Rumble」

沢近の相手の名前はやはり播磨だろうなぁ。八雲がいても恐らく播磨だろうし・・・。

羨ましすぎる・・・・・・。

「IWGP」

何とか難を逃れて腕チョンパは免れたけど、ネットで放映されたからってそう簡単に引き下がるとは思えない。

マコトの片腕が使い物にならないのも不安要素です。

「ゴッドハンド輝」

休載でした。

「ツバサ」

まさか水の底にいた謎の繭にくるまれているのは阿修羅王?それならファイが気付くか。

どうも水となると阿修羅王を思い出します。今回もファイに視点が当たってるし。

「はじめの一歩」

インファイター同士のボクシングは見ていて手に汗握るから大好きです。肉体のぶつかりあいの方がやっぱ迫力あります。

「さよなら絶望先生」

今回のお題は、

”転ばぬ先の杖”

でした。

私もこの嫌いがあるのでよくわかります。五分前集合を心がけて、二十分くらい前に着くなんてざらです。

でもこの作品で扱うのはそんな可愛いレベルではありません。”生命保険がかかってるから飛び降りて”という何とも社会の闇を映し出しまくり。

それを如実に語るのが存在も髪の毛も薄い臼井と、胸が突如として大きくなり、ブラックさが更に増している千里。

臼井は存在は薄いけど持ち物が濃いです。”コン○ーム””ライブドア銀行ヒルズ支店のカード”

前者は妊娠させないためと言ってましたが、安心してください。存在が薄ければ精(ry

後者はノーコメントで。

一方千里。最後に皆が自分を笑いものにしていると勘違いし、「ひぐらし泣く頃」をやってしまいました。マジで怖かった・・・・。

しか〜し!今回の「さよなら絶望先生」の見所は何と言ってもアレでしょう。

”マ太郎が終始ノーパン!!!!”

児ポ法にかからないか不安です。

次にサンデー。

「絶対可憐チルドレン」

葵ちゃんのいちごパンツくれーー!!!!

テストに出るのはこれだけです。きちんと覚えましょう。でも触っていいのは私だけですよ?

とまあ素晴らしい葵ちゃんから始まりましたが、本編は結構シリアス。兵部達の組織名が”パンドラ”と判明。それと澪は昔化け物扱いされて過酷な運命を生きてきたとのこと。

難しい問題です。いかに口では平等だと叫ぼうと、必ず力があるものに力無きものは恐れてしまいます。そして理不尽な暴力と疎外へ。

兵部の側の意見は最もで、そして皆本が唱える理想もまた最も。

どの世界のどの時代も必ずこうした側面が現れます。そしてそれ故に滅亡していきます。それがある一定の人種だけならぶっちゃけ大した問題ではありません。大局として捉えれば滅亡するわけでもないですしね。

しかしそれが人類全体、地球全体になれば大問題。もはや誰もが止まらず、あるのはただ混沌。

もし兵部がエスパー達の幸せを願っているだけなら、その見通しは甘いでしょう。恐らく何も残りません。

「メル」

あっけなくファントムが死亡。彼女がいたという発言にも驚きです。

でもそんな彼女を捨ててディアナに走ったファントム。なんとも感情移入のしづらい位置にいました。

せめて主人公のライバルは最後まで我を貫くなりしてほしいですが、ファントムにはちょっと落胆。

ディアナも出てきたしそろそろ終わりそうです。

「クロスゲーム」

遂にコウがスピード重視の球にチェンジ。コントロールとの両立は酷く疲れるようです。

青葉もこっちが見たかったんだろうに、ついアドバイスでコウが打たれないように仕向けちゃったのかな?

「聖結晶アルバトロス」

ユウキがアルバトロスのせいでモノバイルが苦しんでいる事を知ってしまいました。何も言い訳をしないアルバトロス。

何か理由があるのはわかりますが、今まで黙秘を続けてきたアルバトロス。ユウキとしては信頼の証として教えて欲しいでしょうね。

それほどまでに何かから国を守らなければならなかったアルバトロスの敵は一体?ただのモノバイルの仕業とは到底思えません。

「WILD LIFE」

休載でした。

「あいこら」

今回はかなりおとなしめ。やはり前回の乳首騒動が尾を引いているのかな?

理想のお尻は未だに探してるんだね、ハチベエは。もう盃ニでいいじゃん。ホモが出れば更に人気アップするかもしれないから。

「金色のガッシュ!!」

カルディオまで魔界へ・・・。アースはどうも無事のようですが、今回の戦いは本当に魔界へ還るものが多いです。

まるでこの戦いは実力者以外を全員屠る戦いみたい。終着駅が近そう。

「ハルノクニ」

志乃がツンデレと化しました。サンデーはツンデレの宝庫ですね。

でもそれよりも今回はギリのお父さんとお母さんの方が印象に残りました。子供を信じてその言葉を受け取る決心をした両親。

親ってやっぱり偉大です。私も将来こんな立派な親になりたい。

「ハヤテのごとく!」

<感想と考察>

〜不毛なやりとり〜

ハヤテはなんだかんだ言って頭の回転が速く、そしてヒナギクは言うに及ばない為、少ない情報で推測が過ぎる。

それゆえに会話が明後日の方向になっても気付かず、自分の推測で行間を読みすぎ。

だからこそ外伝にあったように、西沢さんのようなストレートな物言いに対処できないんだろうなぁ。

この作品で最も自分の欲望に忠実で、そして行動し続ける西沢さんがいかに大事かがよく見て取れます。

〜引きこもるナギ〜

マジで学校に行かなさすぎのナギ。成績云々よりも彼女自身が大きくなる場として学校は必要だろうに・・・。

これまでを見るとどうしてもナギを学校に行かせないように仕向けられている気がします。そしてそれに反比例するかの如く周りの面々が成長しています。

これはナギの最後のバトル相手になるであろうマリアさんとバランスを持たせるためかもしれません。

というのもマリアさんは今回学校に行くイベントが発生しましたが、基本的には屋敷が行動範囲。接する人間も少なく、成長なんてできない状態。

それにあわせるにはどうしてもナギも成長に規制をかける必要があると思います。そしてその結果が引きこもりなのです。

これから先ゴールデンウィークは外伝にあるとおりギリシアまで行きますが、まさかそれまでめぼしいのは無いのでしょうか?

ホワイトデーはヒナギクと西沢さん関連で終わりそうだし。

〜星回りがいいハヤテ〜

今回で前回貸したお金が全てキャッシュバック。普通ありえないです。特に病気の娘を持つお母さん。一日はありえません。

しかし返ってきたのは事実。最近のハヤテは不幸な目に遭いつつも後で何かしらいい想いをしています。

ここまで良くなったのは伊澄に飛行石の力を抑えてもらったのが真っ先に思いつきますが、やはり神父の力も作用しているとしか思えません。

でも逆に言えばこのぶり返しが怖いのも事実。あの帝の血を色濃く受け継ぐナギが本気で三千院の力を使ったなら、さすがのハヤテもきついんじゃ・・・・。

<お気に入りシーン>

女子高生マリアさんマンセー!!!!

自称17歳の女子高生ハラショー!!!!

ビバ!!不気味なコスプレ!!!!

髪の毛を下ろして、くるくるしてると、あのふわふわの髪の毛を触ってニオイをかぎたくなる。

よく漫画やアニメで女の子の髪の毛が風で舞って”いい匂い”っていうシーンがあるけど、今回のは見てるだけで雑誌から匂いが立ち込めてきた。

それと何気にキーホルダーをつけてるあたりが可愛らしい。なんていうか目の前に現れたら、有無を言わさず抱きしめて頭をナデナデしてどっかに連れて行きたい気分。

・・・・・・女子高生はOKだよね?児ポ法にだけ気をつけてればいいんだよね??ニュースで取り上げられてるのは下手を打ったからだよね???


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第77話「ナーギーズ エンジェル フルスロットル」
360度の方針転換様:ハヤテのごとく!77話 畑健二郎
カムニルの倉庫様:マリアさんが身の丈測定をする時がやってきました
ヒマ人の日常の駄日記様:ハヤテの感想でも書こうかな!?25
ヤスボノニッキ☆ミ2006様:4/26 今週のサンデーはマリアさんだけのために!☆ミ
悪のめいどブログ様:今週の執事@ハヤテのごとく#77
Verba volant, Scripta manent.様:134時間目の感想
Like the dream at the night of spring.様:借金執事奮闘記#77

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←「マリアさん、年齢間違えてますよ!」と勇気を振り絞れる方は、クリックお願いします。

2006年04月19日

ヒナギクのいい匂いを嗅ぎてぇぇ!

マガジンとサンデーの20号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

超とネギのタイマン。どうも超は未来科学の粋を結集したプロテクターでもつけて闘っているみたい。じゃなきゃネギとあそこまで対等に闘えるのは不思議。

ラストではこのバトルにせっちゃんと楓も登場しましたが、ネギが断るのが濃厚。

しかし今回の超の力があるものが善という発言は今週の「DEATH NOTE」の月のようだった。

まぁ超は何かしらの理由がありそう言っているのだろうから月とは大違いですが。

「少年無宿 シンクロウ」

一挙二話掲載。人気があるのでしょうか?

前回人身御供とされたのは200年前だから、シンクロウではなさそうです。

なんだかさっぱり神供郎の謎が解ける気配がありません。折角一人旅に出たというのに。

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

この間の目出し帽をかぶった怪しい先生が高遠でした。もう種は蒔いたようなので、陰鬱とする殺人劇が始まります。

森の中を2時間もかけて歩かねばならない場所で合宿なので、その道を使ったトリックが起こりそうです。

「School Rumble」

一人ぼっちの八雲がとても寂しげでした。思わず抱きしめたくなるほどに。

「IWGP」

マコトを怪しんでいた兄ちゃんが敢え無く退場。グロビデオもネット配信されたし、かなり展開が早いです。

しかし亡き親友、キイチのパソコンでその配信を行うあたりは泣ける。友達こそ生涯の宝です。

「ゴッドハンド輝」

ゴッドハンドへ着々と上るテルと四宮。高い目標を目指す二人の姿はかっこいいです。

大学病院で教授をしているより、救急で腕を磨いた方がいい医者って無数にいるんだろうなぁ。

「ツバサ」

珍しく小狼にファイがくっついているということは、魔術の必要があるからでしょうか?第二の小狼に対しては、黒鋼の力任せより、ファイの魔術の方が対処できそうだし。

”目には目を葉には葉を”です。

「はじめの一歩」

休載でした。

「さよなら絶望先生」

今回のお題は、

”夢オチ”

でした。

これを途中でやるということは、少なくとも前作のように夢オチは無いという証でしょうね。

今回はパロディは案外少なめでしたが、久々に「3×3 EYES」八雲とパイを見れたのは収穫でした。

しかしその夢にオチをつけなきゃ終われないのは地獄だ。作者も苦肉の策で夢オチにしているのかなぁと考えさせられました。

次にサンデー。

「絶対可憐チルドレン」

澪が”ザ・チルドレン”だったら大きいお友達は更に大変だったろうなぁ。私の葵ちゃん好きは不動ですが。

それにしても兵部は変態さんです。

「小さい子は好きだけど」

って堂々と言えるなんて尊敬します!!

「メル」

キングとディアナは余程の魔力の持ち主のようですね、当然ですが。

最終バトルにはギンタ、ドロシー、アルヴィスの三人。最初に会った面々です。ギンタをこちらに招いた本人と、この話の元凶の一人のパーティー。

せめてナナシ達もラストバトルに参加させて欲しいです。

「クロスゲーム」

負けず嫌いはいいことだ!!!私も見習わねば!!!!!

「聖結晶アルバトロス」

先週の私の予想が大方当たっていそうです。あの病床のモノバイルを守るために二人ともいるのです。

それもこれも聖結晶を争うバトルで負傷して、怪我を治しに来たモノバイル達のせい。

アルバトロスがそこまでして国を捨てた理由って何だったのでしょう?

「WILD LIFE」

陵刀はすごいけど陵刀です。あの才能であのだらだらぶりは青キジよりも上かも。

「あいこら」

乳首まで描いちゃった!!!

いいんでしょうか、健全な少年誌でやってしまって・・・・。

そりゃあ透けるメガネは漢のロマンですよ?でもね、小学生には早すぎると思うわけですよ。

あれは私のように徳を積んで、幼女が好きになるまで達して初めて使っていいもの。

まだまだサンデー読者の小学生、中学生、高校生には早いかな?

「金色のガッシュ!!」

真のコンビネーション。相手を思いやる心。この作品は忘れていた何かを思い出させてくれます。

「あいこら」の感想とえらい違いだなぁ。

「ハルノクニ」

総理の秘書の方が、

胸ポケットに携帯を入れて、バイブレーションにしてた!!!

なんだか卑猥です。

「ハヤテのごとく!」

<感想と考察>

〜寂しいのは義母を思うが故か〜

お義母さんのことをハヤテに誉められるも寂しげな様子のヒナギク。やはり本当の母親じゃないことがその最大の要因。

今回お義母さんはハヤテを見てコスプレをさせたナギとマリアさんと同じノリで、ハヤテにネコミミをつけさせようとしていました。

言うまでも無くユーモアに溢れ、そして優しいお義母さん。

しかしそれ故にヒナギクには思うところがあるのでしょうないでしょうか?例えば

”同情心から優しくしてくれているのでは?”

といった具合に。

依然桂姉妹に関しては殆ど情報がありませんが、ヒナギクの人となりからすれば、同情されることはどんな事情があろうとも望まないと思われます。

立派で優しくてユーモアがあって、それだけに同情されているのかもと考えてしまっているのでヒナギクは寂しそうにしていたのではないでしょうか。

〜交錯する想い〜

ハヤテはヒナギクの素っ気無い態度から勉強が出来ていないと思い、ヒナギクはハヤテが西沢さんと付き合っていると思うという螺旋。

相変わらずハヤテは鈍感というか・・・・。その鈍感さが後で手痛いしっぺ返しになるのは目に見えてます。

一方のヒナギクはかなりハヤテに本気。ここまで惚れたのは一体いつなのでしょうね?

考えられるのは一番最初に会って「いつでも助けに行きます」と言われたときでしょうか?

それまでは天下無敵を誇っており、誰かに助けてもらうなんてなかったであろうヒナギク。

それを不意に助けてもらう側に回ったのは大きかったのでは?

女の子はやっぱ守ってもらいたい生き物なのでしょう。・・・・・・マリアさんは例外かなぁ。

<お気に入りシーン>

お風呂上りのいい香がするヒナギクの匂いを嗅ぎてぇぇーーー!!!!

今回はこの一言に尽きるのでは?あんな密室だったら私ならノックダウンですよ。

まあちょっと変態になりますが、ハヤテのネコミミモードが見れなかったのが残念といえば残念。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
Verba volant, Scripta manent.様:133時間目の感想
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第76話「おまえンち」
360度の方針転換様:ハヤテのごとく!76話 畑健二郎
カムニルの倉庫様:誘惑との戦い
初音島情報局様:魔法先生ネギま! 魔法先生ネギま! 133時間目「スーパーバトル進路相談!!」
▽架空の杜△様:[ハヤテのごとく!]第76話感想
ヒマ人の日常の駄日記様:ハヤテの感想でも書こうかな!?25
Like the dream at the night of spring.様:借金執事奮闘記#76

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←ヒナギクのいい匂いを嗅ぎたいと思った方は、クリックお願いします。

2006年04月12日

超は未来人?

マガジンとサンデーの19号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

超が故郷に帰るとのこと。その故郷が22年に一度しか帰れないというのから、

”時空のつながり”

がその要因かと思っています。つまり超は未来人で、ネギの末裔だというのが濃厚だと思います。

それを支えるもう一つの根拠として、全てに疎い葉加瀬があそこまで悲しむのは、二度と会えないと考えるのが妥当。同じ地球上ならある意味簡単ですからね、彼女達の技術力なら。

ここまでして魔法使いを公表しようとする超は、ネギが将来魔法が突如バレて、殺されるといった事象を避けるために来たのかもしれません。

とにかく次回のネギVS超の一騎打ちが楽しみです。

話は飛んで明日菜。あやかが明日菜を慰めるも、最後はやはり木乃香のようです。あのままあやかの方がよかった気がしないでもないですがね。

あと楓が何気に恋愛について語るのはちょっと不思議な感じでした。今までにしたことが無さそうな彼女の突如真面目な意見。

ネギ好きランキングでも案外高いのかもしれません。

「少年無宿 シンクロウ」

人柱って本当に常軌を逸している気がする。殺人以外の何者でもないです。

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

またもや復活。今回も短期のようですが。

金田一と明智さんに高遠の魔の招待状。あいつは本当に恐ろしいです。

今回はいきないりマジシャンズセレクトというマジシャンの思ったとおりに事が運ばされるトリックで幕開け。

私はマジックに簡単に騙されるので、ああいうのは見抜けないだろうなぁ。

「School Rumble」

イギリスでは終始無表情だったようですね、沢近は。

ツンデレの極意は、イギリスにあり!!!

「IWGP」

休載でした。

「ゴッドハンド輝」

テルも四宮もお互いが欠けている情熱と技術を補い合って成長し、本当に素晴らしいです。

ライバルっていうのがいるのといないのとでは人生が180度変わるんだろうなぁ。

「ツバサ」

黒鋼は本当に人を見抜く術に長けています。この集められた4人はそれぞれ苦しい想いを背負って生きてきた面々。

それだけに互いに踏み込むのをためらう節々が見られますが、黒鋼は違います。知世に会ったのがその最大の要因かもしれませんね。

そんな黒鋼はファイの心を見透かしました。以前と違い周りに関心を持つファイを。

彼は自分で死ぬことは出来ないようですが、他人を守るためなら死んでもいいようです。アシュラ王に追われるのを避けたければ、前回なりで死んどけば楽だったでしょう。

でもそうしなかったのは、彼が皆を大事に思っているから。その自分を徹底的に拒否していましたが、黒鋼が”過去に興味が無い”と言ったのは救いだったでしょうね。

私もそうした他人の苦しみをわかり、支えてあげられるような人間になりたい。

「はじめの一歩」

宗教心に熱い人って少し怖いような気が・・・。

「さよなら絶望先生」

今回のお題は、

”証拠過多”

でした。

それに使われたのが新キャラの三珠(みたま)。目つきが悪いゆえに悪い事をするはずないと勘違いされてしまう少女。

まあ彼女の場合は好きなものをいじめたくなるというタチが悪いものでしたが。

ちなみに証拠過多で紹介されていた例に、

某アイドルユニットの喫煙写真

が挙げられていました。あれはどう見ても本物でしょう。だってアイドルって腹黒くなくちゃやれないんだから。

あれがニセモノ云々より、黒幕が話題を提供する為にやったとしか思えない。

つ○くでは無いと思うけど・・・。どっちにしても芸能界は魑魅魍魎の住みかです。

次にサンデー。

「絶対可憐チルドレン」

兵部に崇拝と愛情を抱いているというエスパーが登場。能力は瞬間移動のようですが、部分だけも出来るようです。合成というよりは自分の能力に磨きをかけたとみたほうがよさそうです。

そんな彼女は薫をエスパーのボスとして認めないということでした。

兵部の周りには他に3人ほど強い奴がいるようで、澪を含めて実質四天王といった感じ。

こいつらと薫達”ザ・チルドレン”を闘わせる事で、薫の破壊の女王への道を促進するのが兵部の狙い

彼らもただの道具にすぎないのかもしれません。

しかし兵部が自分がボスになればいいと言われたときに、寂しそうな顔をしていたのは一体?

自分の未来も彼は見えているのでしょうか?ならば死ぬということなのかな?

「メル」

これで残る敵はディアナとキング。ここまで一切キングの情報が出ていないけど、誰か知ってる奴なのかなぁ。

「クロスゲーム」

コウは体力に余裕がありませんでした。案外負けたりするかもしれませんね。

「聖結晶アルバトロス」

新しく臭素のモノバイルが登場。海で臭素とは驚きですが。

ランク的にはコモン。今のユウキなら楽勝でしょう。

問題は上にいるモノバイル。本当の医者のモノバイルを守るために、臭素のモノバイルともう一人は闘っているのでしょう。

もしかしたら医療を専門とするモノバイルは治療方法が自分の力を供給するようなもので、寿命がきてるかもしれません。

しかしゴミ子は可愛いなぁ。ぼーっとしているのが本当に癒されます。

リカのように元気付けてくれる女の子と、癒してくれる女の子。両方欲しい私はわがままでしょうかね。

「WILD LIFE」

陵刀はなんだかんだ言って凄いから文句がつけられません。でも何か一つに秀でた人間って、他の部分が欠けてるっていうし認めるしかないですよね。

「あいこら」

弓雁ちゃんの告白に対して、

胸以外興味ない

とはっきり言ってしまったハチベエ。正直者が故の行動です。

そりゃあ弓雁ちゃんも怒りますよね。そのパーツ以外興味ないなんて言われたら。

それをつばめ先生は受け止めて、ハチベエに真の恋を教えてやれなんて言えるのは大人です。

これから先、現段階でハチベエを最も好きな弓雁ちゃんが積極的になるのは、天幕との関係にヒビが入りそうです。

「金色のガッシュ!!」

エリーが男言葉を使うのがとても可愛い・・・。

・・・・じゃなかった!彼らもガッシュのと清麿の為に奮闘しているのですね。でもこの戦いで死にそうな雰囲気がしますが。

魔界の王を決定する戦いで最後まで残るのは、出てきた順番の逆で減っていってるように思います。

恐らくガッシュ、ブラゴ、ゼオンともう一匹の竜族の四天王でラストを争うんだろうなぁ。

「ハルノクニ」

偶然出来た超科学物質であのネコは出来ており、それを兵器として使っているようです。

やはり国のトップは平和主義と正義だけではやれませんよね。常に相手と微妙な距離を測りつつ、相手をねじ伏せなければいけませんから。

「ハヤテのごとく!」

<感想と考察>

〜ハヤテに負けず劣らずの猛者〜

ハヤテ、雪路、シスターという超不幸組みに加え、ヒムロも嘗て辛酸を舐めてきたようです。

それが今回の麻雀であったり、マラソン大会であったり、ナギ抹殺作戦の驚異的な粘りを生み出しているようです。

この作品は可愛らしい絵柄とパロディに少し隠れがちになっていますが、本質はかなり重いと思っています。

殆ど全ての登場人物に何かしらのトラウマなりがあり、その中でもたくましく生きていく猛者達。そんな彼らの成長録がこの作品の醍醐味。

猛者にならざるをえなくなった理由が完全に描かれているのは今の所ハヤテやシスターぐらいですが、是非こうした他の猛者にもスポットを当てていってほしいです。

〜突如現れたハヤテの飛行石〜

珍しくハヤテが私服でしたが、突如麻雀で飛行石を入れたような袋が現れました。

これは途中の段階で描くのを忘れたのでしょうか?それとも高さの関係などで入れなかったのでしょうか?

〜どん底に救いの女神〜

前回のキス騒動でナギがハヤテといづらくなり、100万円を貰って3日ほどの休養を貰ったハヤテ。

しかし最強の猛者にたかられ、高校時代の友達に奢らされ、いつかのヤクザに取り立てられているお母さんを助け、40万円もするツボをはじめてのお買い物にさせたガキに弁償して、残金12円

いつまでたっても彼の貧乏神は離れないようです。

しかしそこを救ったのがヒナギク。まるでナギが襲われている際に、助けたハヤテよろしくの登場。

これはハヤテとヒナギクの関係に危険な香がします。ヒナギクが自分の家に招き入れるなんてただ事じゃないですし、何かと不幸でも馬が合う二人。更にはお互い男性と女性としても意識しあっています。

まさかヒナギクがハヤテに告白でも?それかチュー?

今までにライバルのナギと西沢さんが積極的に動いている分、次回が怖いです。

〜三千院家の金庫〜

あっさりハヤテに100万円を渡すマリアさん。しかもハヤテの目の前で。

彼の能力なら番号も開け方も一瞬でマスターしたことでしょう。いくらハヤテがそういうことをしないとわかっているとはいえ、一流メイドさんのマリアさんらしからぬ行動のように思いました。

<お気に入りシーン>

ナギが自分のしでかした事の重大さに悶える様が萌えた。

やっぱ時代は13歳か・・・。

高校生になっちゃうと、少し駆け引きをしはじめるからいかん!

自分の犯した行動に素直に反応してくれる13歳だからこそいいんです!!!

あ〜、幼女の彼女が欲しい!!!!!!!


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第75話「Good, or Don't be」
Like the dream at the night of spring.様:借金執事奮闘記#75
360度の方針転換様:ハヤテのごとく!75話 畑健二郎
カムニルの倉庫様:不幸がおじゃまぷよみたいに積み重なってるはずなのに最近のハヤ太君はなぜか幸福に見えるのです
ヒマ人の日常の駄日記様:ハヤテの感想でも書こうかな!?24

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←超は火星人だと思う方は、クリックお願いします。

2006年04月05日

心眼でナギのツルペタを捉えよ!!

マガジンとサンデーの18号を読みました。それではマガジンから。

「魔法先生ネギま!」

タカミチとのデートで遂に明日菜が告白。「スマイルはどうですか?」は愛敬としてやり遂げました。

でも結果は勿論残念。しずな先生との関係というよりは、

「人に愛される資格がない」

がその要因のようです。

結局話明日菜の過去の話も聞けませんでしたが、アルビレオが現れたのは収穫。彼が「大層な玉の輿」と言ったのは本当に明日菜がお姫様の証。

狙われていたのはその王族特有の受け継いだ何かの可能性が濃厚です。それゆえにあれほどの能力を簡単に使えるのでは?

そして封印した記憶にその使い方も含まれていた気がします。それにより力を察知されなかったのではないでしょうかね。

しかし今回は明日菜を元気付ける役目がネギや木乃香ではなく、あやかだったのも良かった。

彼女は依然魔法とは無縁ですが、明日菜にとっては普通人として最も心を許せる相手。そして全てに関心が無かった頃を救ってくれた友達。

あやかが胸を貸してくれた姿は母性に溢れていました。クラスで一番母性愛に溢れているのは千鶴ではなく、恐らく彼女でしょう。

改めて見るとあやかは外見も内面もトップクラスです。

「少年無宿 シンクロウ」

前回登場の女性が渡世人にさらわれました。どいつもこいつも金銀財宝目当て。

でも川が赤く染まるほどの血が流れているといのは生贄騒ぎも全て本当なんでしょう。とても人の力でどうにかなるものとは思えません。

「School Rumble」

沢近のツンな態度が素晴らしい!身近にあんなのがいたら、毎日がランデブーです。

「IWGP」

マコトさんが敵の本拠地へ。取り巻きの一人が不審に思っているので、衝突は思ったより早そう。

しかしマコトさんも強いですが、更に強いのはテル。友達が殺されても一生懸命歩む姿は漢以外の何者でありません。

「ゴッドハンド輝」

真に強く願えば克服できないものは無いと思わされました。私も強い心で望まねば!!

「ツバサ」

水を巡る攻防。まだまだ物語の序盤でなんですが、このシリーズは長くなりそう。

神威と封真の因縁の対決だし、もしかしたら昴流あたりも絡んでくるかもしれないし。この作品で他のシリーズも完結させるかもしれません。

「はじめの一歩」

会長は板垣も鷹村、一歩同様の扱いになってきました。やはりあのザ・ワールドは凄かったですからね。

可哀想なのは青木と木村。いつまでたっても三枚目です。

「さよなら絶望先生」

今回のお題は、

”身の丈にあった人生”

でした。

ところで皆様は友達にお金を貸す時、いくらならOK?

一万円、二千円、千円、五百円、百円、五十円

ここで五十円の人は、シャープペンシルについている消しゴムを使われるとキレる器だそうです。

ちなみに私は千円かなぁ。確か以前貸したことがあるような・・・。

ところで千円だとどれくらいの器なんでしょう?せめてゲームの借りパクを許せる器ぐらいは欲しいなぁ。

こんなきっちりとした話ですと出るのはやはり木津千里。もう怖いです。

”立って半畳、寝て一畳”

なんて恐ろしいことを言い出し、足がはみ出れば、

”なたで短く”

しちゃいます。もう怖すぎ。まるで「ひぐらしのく頃に」ですよ。竜宮レナちゃんですよ。

最後に一言。

”ドーテーに人妻”

をやらかすと普通の子じゃ満足できなくなるようです。久米田先生は経験者なのでしょうか?

次にサンデー。

「絶対可憐チルドレン」

葵ちゃんが盗られなくてよかった!!!

危うく私の将来設計に狂いが生じる所でしたが、無事乗り切りました。

やはり二人にとって薫の存在は圧倒的なようです。暗い闇から救い出してくれたのは紛れも無く薫。現時点では皆本でも勝てないでしょうね。

しかしここまで心が繋がった三人が何故未来であんなことに?薫は間違いなく説得したと思うのですが、何故耳を傾けなかったのでしょう?

予測装置でギリギリまで来ていたので、そろそろ決定付ける何かが起こると思うのですが。

「メル」

珍しく休載でした。

「クロスゲーム」

コウに余裕は無かったかも。それか闘志に火がついたのか。とにかく次の東との対決が楽しみです。

そして予想通り千田は活躍し始めましたね。完全に木根です。

「聖結晶アルバトロス」

ゴミ子の嫉妬フォー!!!

ユウキがミュウと仲良くしているのを見てふくれっ面してますよ!!

なんですか?あの可愛さは????ヒットマンですか??????

くっそ〜、リカも捨て難いが、やはり最初の登場から強烈だったゴミ子は強ぇ!

ちなみにアルバトロスのメガネモードもやばい。まあリカには遠く及びませんが。

ちょっと今の心境を整理してみます。

ゴミ子の嫉妬顔=リカの「死ぬれ!」、「はよはよ〜」>>>>>越えられぬ壁>>ピジョンちゃんの台詞に隠されたおパンチュ>>アルバトロスのメガネモード>>>アルバトロスのパンチラ

って感じ。

う〜む、私はどうしたらいいんだろう?とりあえずはゴミ子とリカ待ちでいいのかなぁ?

では本題へ。どうもアルバトロスが自分の国で大規模な爆発を起こしたのが要因でモノバイルが地上に現れたようです。

熱も音も無い”大発火”。物理的にありえない爆発がアルバトロス達王族に許された力なのでしょうか?

しかもそれをやった理由が何かの戦いを終わらせる為。結果としては聖結晶を求める戦いを苛烈にしたのですが。

もしかしたら王族のクーデターなんかで聖結晶を爆発させたのかな?

余談ですが、若木先生のバックステージに誤りが。桜の話の部分で、

「いやしない。」

とありましたが、正しくは

「いやいない。」

でしょう。


大変失礼しました。私が勝手に反語を用いているのだろうと決めてかかっていたので謝った事を書きました。

”いやしない”というのは、居るはずがないという意味。yuki様に教えていただくまでさっぱり気付きませんでした。

アホですいません。

「WILD LIFE」

瀬能さんも鉄生をかなり好きなのがよくわかりました。久々ですが、彼女の気持ちに揺らぎはないんですね。宝生さんとのバトルが凄そうです。

しかしタンニンって摂取しすぎると下痢になるんですね。紅茶の飲みすぎは良くないってことか。

「あいこら」

弓雁ちゃんが遂にハチベエに告白しました。

花火が打ちあがった瞬間だったので、聞き取れないという可能性もありますが、現時点では一番ハチベエを思っているのは確か。

大人しそうな子に限って、動き出すと凄いです。のどか、しのぶといった赤松先生もその道を踏襲してますもんね。

中学生であの巨乳で、メガネっ子で、ちょっといじめてちゃん。私なら文句なしなんですがねぇ。

「金色のガッシュ!!」

バリーも魔界に還りました。王を殴れる強き魔物として。

間違った事に対して、しっかりと進言してくれる部下がいる団体は強いです。今の世の中中々そうはいきませんが。

あの意志の強さを持ってこそ真の漢なのでしょう。

「ハルノクニ」

総理とハルが接触しそうです。一体何があのネコに隠されているのか?

日本が防衛のために開発したシステムかはてまた他国をひれ伏す為のシステムか。

もしかしたら現在の日本でもそうしたシステム構築が裏で行われているかもしれませんね。

「ハヤテのごとく!」

<感想と考察>

いやぁ、今回はツッコミ所が満載過ぎです。タイトルの

「姉は一級相談士」

は、前々回の「さよなら絶望先生」でも確か出てましたね。師弟揃って大好きなんですね♪

本編ではマリアさんが落ち込むハヤテを励ます際に、以前のバレンタイン騒ぎでナイフの使い手を披露したマリアさんが、同じナイフを持って登場。

彼女の武器はナイフになりそうです。そのうち突然ナイフが飛んでくるんじゃあ・・・。

それでは私が気になった個別の観点を。

〜嫉妬しないハヤテに嫉妬するナギ〜

嫉妬ネタが来ました。ハヤテは予想通り嫉妬などしませんでしたが、ナギはそれに対して嫉妬。

何とも忙しい女の子です。しかしそれ故にその思いの強さも見て取れます。

その結果がラストのキス。唇なんて大胆なことは出来ませんでしたが、ハヤテがされる初めてのキスはやはりナギでした。

あくまで”される”というのが今回私が気になった点。

今まで全てにおいて受身なハヤテ。自分から何か行動をしたのは、助ける為といったものばかり。恋愛関係は全て受身です。つまりハヤテを手に入れようとするなら、受身でいては何も始まらないのです。

それを考えると西沢さんが一度告白したとは言え、その後のキスのチャンスを受身に回ったのは二人の行方を明暗に分けたように思いました。

〜置いてけぼりにあったマリアさん〜

以前マリアさんが成長の点で置いていかれるのではと書きましたが、もう置いていかれました。

ナギがハヤテに突如のキスをして茫然自失。ラストでサキさんにワタルもそうしたことがあるかを聞いていましたが、サキさんはそれを受け止めてます。

この展開がマリアさんの心に何かしらの変化を起こせば、それはハヤテに真剣な想いを抱く始まりかもしれません。

〜見抜くお姉ちゃん〜

西沢さんは一樹の変な態度を見抜き、ナギはワタルの行動を先読み、マリアさんはハヤテの苦しみを見抜き、突如現れた咲夜はナギとハヤテの間柄の刺激の無さを察知。

タイトル通り皆鋭いです。

そんな中でも注目はやはりマリアさん。ハヤテの苦しみを即座に理解して励ます姿は究極のお姉ちゃんです。

あの姿は悲しくて抱きしめたくもなる姿でした。自分自身こそ誰かに見抜いてもらわないといけないのに。

誰が彼女の心を見抜くのでしょう?マリアさんのみ見抜いてくれるお姉ちゃんがいませんでした。

〜一人の女性として見て欲しい咲夜〜

いやぁ、咲夜の爆弾も大きくなって。ハヤテ君には説教が必要なのではと思う今日この頃。

そんなハヤテに子ども扱いされて怒る咲夜。丁度中学生で多感な時期なだけに強いようです。

普段は面倒見のいいお姉ちゃんですが、ハヤテの前だけは一人の女の子。

この変化に誰も気付いていませんが、このままスルーされるか、咲夜が言ってもギャグとしてとられそうで怖いです。

もしそうなったら咲夜は一体どうするのでしょう?

「いやぁ〜実は新しい漫才やねん」

と強がってしまうのでしょうか?もしこの一言が出たら私は泣くでしょう。

せめてそこではお笑いに持っていかず、真っ向勝負をして欲しいです。彼女を慰めてくれる人は今の所いないのですから・・・。

<お気に入りシーン>

今回はナギのキスもよかったですが、健全なサンデー読者ならまず始めに思うのが、

”ナギのツルペタゲットだぜ!!!”

でしょう。背中半分しか我々には明かされませんでしたが、心の眼で皆様がナギの前面を想像できたのは言うまでもありません。

恐らく小さいお山が二つに小さな蕾が・・・

それとナギの体を洗っていたマリアさん。さすがに水場に出る時はニーソを脱いで、

”生足”

です。思わずページをめくるのが止まりました。だって普段ニーソで隠された生足ですから!!!!

人は隠されるとそれをどうしても見たくなる生き物。RPGをやっていて、宝箱を見つけると開けたくなるのと同じです。

今回の宝箱は”マリアさんの生足”が入っていました。次の宝箱は何かな〜?

それから咲夜。相変わらずお色気でハヤテを手篭めにしようとナギに提案。ちょっと胸を見せようとします。

ですが私はそんな咲夜より、ハヤテに触れられて顔を赤める咲夜が大好きです!!!!

普段強気な女の子が突如として見せる照れた表情。これはやっぱ反則です。

咲夜はやっぱ壊したくなる女の子です♪


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
Like the dream at the night of spring.様:借金執事奮闘記#74
360度の方針転換様:ハヤテのごとく!74話 畑健二郎
カムニルの倉庫様:姉さん、僕は執事です。そんなハヤテのごとく!第74話
▽架空の杜△様:[ハヤテのごとく!]第74話感想
ヒマ人の日常の駄日記様:ハヤテの感想でも書こうかな!?23
欲望のままに生きた痕様:ハヤテのごとく!第73話「姉は一級相談士」 

週刊少年マガジン公式HP
週刊少年サンデー公式HP

ブログランキング バナー←ナギの裸を想像できた猛者は、クリックお願いします。
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ