1. 著作権気をつけて、木乃香 (5)
  2. セクハラオヤジ、濱口レマラ (0)
  3. 厳しい顔も素敵な七波 (0)

■アニメ:タクティカルロア(視聴中断)

2006年01月24日

著作権気をつけて、木乃香

ジャンプで言えば打ち切りが決まる第3話の「タクティカルロア」を見ました。結果は脳内アンケートでダウン。ということで視聴中断にしました。

話は前回の事件を全て隠そうとする軍部が七姉と真っ向勝負。どうも軍部は全てのことをわかっている模様。テロを指揮したのも軍部かもしれないです。

まあ少し気になると言えばそうですが、展開としてこれからが案外読めそうなのと、ムダにエロシーンが多いので嫌気がさしました。

最後に七姉のデスクトップの限定キャラと、版権が大丈夫かと心配される木乃香で締めたく思います。

七姉のデスクトップキャラ

このデスクトップキャラはいいですね。自分のパソコンにもこういう可愛いのを入れたくなります。

木乃香 フ○ラ1   木乃香 フ○ラ2

木乃香 フ○ラ後

フ○ラがどうというより、この先著作権は大丈夫なのかが心配です。

それでは木乃香さん、お世話になりました。

ブログランキング バナー←視聴中断の判断は正しい!と思われた方は、クリックお願いします。

2006年01月17日

セクハラオヤジ、濱口レマラ

「タクティカルロア」の第2話を見ました。今回は殆どが艦隊戦。ちょっと戦艦モノアニメとアピールしました。

この間の不審艦は軍が開発していたものが、何者かに乗っ取られたものでした。手引きしたのは偉そうな女。でもそれに屈することなく、七姉の機転で無事撃退。しかしそのやり方が担当官の濱口レマラは気にいらず、七姉を糾弾しようと画策。でも敵艦のクルーのテロにより、次回に持ち越しになりました。

今回でわかったのは、手引きをした強気の女と、前回出たゴスロリのお姉ちゃんが姉妹で、2人とも海賊に命じられて民間自衛機関を叩こうとしていることです。これにパスカルメイジが巻き込まれていくのですね。ちなみにその2人はこちらです。

レズ姉妹

近親レズかよ!!

それと七姉の厳しい顔は、泣き虫七姉を隠す為にあったということ。

泣き虫艦長1   泣き虫艦長2

「艦長に心配かけるクルーなんか私だいっきらいだぁ〜」

前回がまるで嘘のようです。もう少し鉄仮面を被っているかと思っていたのですが。でも泣き顔も好きだなぁ。

しかし今回一番押さえなくてはならないのがこちら。

セクハラキモオヤジ1   セクハラキモオヤジ2

脂ギッシュなセクハラキモオヤジが、ターニャ様に触るんじゃねえ!!!!

こいつこそ糾弾されるべきです。この画像を出せば即刻お縄になります。こんな奴が、

「天地神明に誓ってやってません」

と言っても、全く説得力がないでしょう。

最後にエロシーン。今回は少なくてOKだと思っていたら、戦闘が終わった途端ムダなエロシーンのオンパレード。画像を取り上げる気すらなくさせてくれます。もうちょっと自重してほしいなぁ。見せパンなんかじゃ興奮できないっつーの!

それにしてもあまり面白くないなぁ。これは切るべきですかね。

ブログランキング バナー←セクハラオヤジが気に入ったという方は、クリックお願いします。

2006年01月10日

厳しい顔も素敵な七波

新アニメの第一発目。「タクティカルロア」の第1話を見ました。第1話はキャラ紹介と世界観紹介。そしてラストで戦闘シーンが始まりました。

物語紹介をすると、西太平洋上に突然巨大な停滞性台風”グランドロア”が現れそれにより航路の見直しがおこり、”第二の大航海時代”へと突入した近未来が舞台。

それによりはびこった海賊達を討伐する為の護衛艦”パスカルメイジ”に乗った女の子達がこの物語の主役です。それでは感想を。

戦闘は全てCGで行われ、比較的見易いほうだと思いました。

OP CG   OP CG2

問題はキャラ紹介。ムダに女の子達の裸ばかり出して、ちょっとウザかったです。でもそれはまだマシな方。一番ウザイのが、

女の子のお尻やおっぱい視点が多すぎ

ということです。全ての男キャラはそこから入ります。

時折サービスで出るのが丁度いいのに、やたらめったらと出しすぎです。それというのも監督が

”ふじもとよしたか”

なのが全ての元凶。この人は「こいこい7」でもそうでしたが、お色気シーンで押し切ろうとする嫌いがあります。

次にキャラ達。パスカルメイジ艦長の美咲七波(みさきななは)は、男尊女卑の軍隊に入ったことで、肩を張ってしまっていますが、これから幼馴染の漂介との出会いで変わっていく姿は予想はつくものの結構楽しみです。

優しい笑顔の七波   厳しい顔の七波

漂介が最後に「昔は想像も出来なかったような厳しい顔をしている七姉がとても綺麗に見えたんだ」と言っていましたが、ちょっと納得。でも優しい笑顔もいいですよ、七姉。

七波の幼馴染でパスカルメイジのプログラムをアップデートしに来た凪宮漂介(なぎみやひょうすけ)は現在は気の弱い男ですが、これから成長していき、パスカルメイジのムードメーカーになりそうな予感。七波との関係をうまく描写してくれることに期待です。

その他のチームクルーはどれも困ったちゃんばかり。

お姉様と崇められるクレイオ・アクアノート

クレイオ 紹介

無口だけど、いきなり漂介に赤くなった海里美晴(かいりみはる)

みはる 紹介

イタズラ大好き双子姉妹の、阿古屋千夏(あこやちなつ)阿古屋真秋(あこやましゅう)

阿古屋姉妹

面倒見のよさそうなお姉さまの島原看取(しまはらみとり)

看取 紹介

そして私が気になった2人。

「魔法先生ネギま!」近衛木乃香にそっくりな深水さんご(ふかみさんご)

さんご 紹介   さんご 紹介2

そっくりじゃなくて、そのものでした。

そして七波と漂介を取り合いしそうな綿摘翼(わたつみつばさ)

翼 紹介

この子はいわゆるツンデレですね。

キャラ的には中々充実しています。

とりあえずはこれからに期待をしてみます。

ブログランキング バナー←これから期待できそうかなと思われた方は、クリックお願いします。
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ