1. 軟禁先生を見かけちゃった! (2)
  2. さよなら軟禁先生 (2)
  3. キャバじじいウザすぎ (0)
  4. キャバ好きおじさん (6)
  5. 新年一発目の軟禁先生 (4)
  6. 教室乱闘未遂事件 (6)
  7. 軟禁犯リターンズ (0)
  8. 爆笑、軟禁犯 (0)

■日常生活:軟禁先生

2006年06月11日

軟禁先生を見かけちゃった!

今日は午前中に髪を切ってきてさっぱり。
髪を切ると体まで軽くなった気分がしていいですね。

そして午後には車でちょっとお出かけ。
その際に事件が起きました。それは、

軟禁先生を見かけちゃった!

久しぶりに見ましたよ、軟禁先生。
私の大学の人間ではないので、講義が終わればもう会うことも
ないと思っていたのですが、びっくりしました。
軟禁先生は自転車だったため、何も話せませんでしたが、
坂田雪之丞並のとっても清々しい笑顔で自転車をこいでいた
ので、私の大学であった事件のことはもう乗り越えられたようで
ホッとしました。

しかし懐かしいなぁ。目を閉じれば今もあの勘違い君と先生の
やり取りを思い出します。
まるで昨日の事のようですよ(詳しく知りたい方はこちら)。

それと昨日のW杯。イングランド対パラグアイを見たのですが、
イマイチでした。
あれのどこがイングランド過去最高の選手達なんでしょう。

あまり最初からイングランドには期待してませんでしたが、
ボール回しは遅いし、クラウチへのポストプレイ一辺倒すぎです。
それじゃあ相手は崩せません。
せめて数回に一回は相手の裏をかくなりするプレイが見たかった
ですが、昨日はお粗末でした。

コスタリカの方がよっぽど強かったですよ。

ブログランキング バナー←軟禁先生が元気そうで嬉しい方は、クリックお願いします。

2006年02月02日

さよなら軟禁先生

今日で軟禁先生の講義は最後。最後に何か見せてくれるかと思いきや、鬼の目にも涙。いつもは時間一杯の講義も、30分程早く終わっちゃいました。

その最後の講義が終わった後私は何故か軟禁先生の背中が寂しそうに感じました。

余計なお世話だと思うんですが、私はバイトをしていた際に見知らぬおじさんが一人でお弁当を買っていく後姿に哀愁を覚えることが多かったので、それと同じ想いを感じたのでしょう。

”漢は背中で語る”

という有名な格言を思いついた最後の講義でした。

ちなみにキャバ好きおじさんは最初キャバ嬢が来なくてがっくり。でもギリギリで来てからは凄く嬉しそうでした。

最後には女の子に自分の連絡先を教える始末。

買春はいけないよ?おじさん。

ブログランキング バナー←漢の背中はイカしてると思っている方は、クリックお願いします。

2006年01月26日

キャバじじいウザすぎ

今日は楽しい軟禁先生の講義。先週恐らく数百人の苦情を一手に受けた先生。今週はどう出るか非常に楽しみでした。

しかし講義開始は普段どおり。アンケートを読んでないかなと思っていたら突然講義の途中で、苦情について弁明しました。

でも大して面白くないアンケートを取り上げていただけで遺憾ですね。いっそ私が先生の人生まで否定したアンケートを読んでほしかった。

そんな今回の講義でしたが、キャバクラじじいは今回もハッスルハッスルでした。

キャバ嬢が来るなり仲良く話すじじい。話題はパトロンになる飲み会の話でした。余程やりたいのか2日ほど候補を挙げてほしいと調子こいてました。

ですが人生調子をこけば、しっぺ返しがきます。

講義後にもキャバ嬢と話そうとしていたじじいですが、そのキャバ嬢に悪い虫が話しかけました。

仕方なしに帰る準備をゆっくりとするじじい。ですがその悪い虫は一向に話を止めませんでした。

それに絶望したじじいは、終始寂しげな様子。今回はこれで諦めるかと思っていたら甘かったです。

お気に入りが他の客に指名されたら二重指名を行うのがキャバの鉄則。じじいも負けじと闘ってました。

目障りだから死んでくれねぇかな

ブログランキング バナー←キャバじじいの方が軟禁先生よりウザいんじゃない?と思われた方は、クリックお願いします。

2006年01月19日

キャバ好きおじさん

今日も恒例の軟禁先生の講義日。今回はその先生よりも、前回書いた権力大好きおじさんが熱かったです。

彼は聴講生のおじさん。真面目に勉強しに来ていると一般の人は思いますよね?違うんです。彼は、

女子大生と話すのを楽しみに来ている

のです。大学はキャバクラじゃないんですがね。学費をキャバクラ費と勘違いしています。

そんな彼ですが、何といつも話している女の子に、

「都合はどう?」

と突然切り出すのです。私は焦りました。買春が目の前で行われようとしていたからです。

しかし事態は買春よりもまずい方向へいってしまいました。その女の子は、

「あ、まだ皆に聞いてないです〜」

!!!!!!!!!!!

私は耳を疑いました。

ハーレムですか?おじさん!!

その後おじさんはとりあえず皆に聞いておいてよ!と言って、「お金はボクが出すからさ」との一言。

何だこいつは?と思っていたら、どうもマンション管理人の模様。新たに2人入居しそうらしく、口が滑ること。仕舞いには自分の納めている税金が、事業で350万、個人で50万とかも言ってました。

だから前回顧問弁護士がどうのと言っていたのか。謎は全て解けました。

最後にそのおじさんは、マンションが売れたら、やることがないので「大学院に行こうかな」と言ってました。はっきり言って迷惑。というかウザイ。恐らく奥さんはいないだろうから、彼が犯罪に走る前に止めないといけないです。

そんな熱い話を聞いての講義でしたが、今日は授業アンケートの日でした。皆待ってましたと言わんばかりに張り切って書いていました。

私も色々書きましたが、ここではその最後の一文を紹介します。冒頭の2文は先生が嘗て講義中に言ったものの引用です。

「バカな子はしゃべっとる。アホな子は他の教科書読んどる。では聴講しに来て鼻の下を伸ばしながら女の子としゃべってばかりのキャバクラ大好きおじさんと、先生はなんでしょう?」

「答.基地外」

ブログランキング バナー←そのキャバクラオヤジを一目見てみたい!という方は、クリックお願いします。

2006年01月12日

新年一発目の軟禁先生

今日は新年明けて最初の軟禁先生の講義。昨年の最後の講義では暴動が起きてしまい、大層心を痛められた軟禁先生。ということで今日は皆の気持ちを和らげようと、髪型を一工夫してきました。

”前から見たらワカメがちょろちょろ。横から見たら浮いてるワカメ”

です。掴みはバッチリです。恐らくこれには先生の隠されたメッセージもあるのではないかと思います。私なりの推測ですが、これは

物事を平面で見るな!立体的に見ろ!!

だと思います。これはあくまで私の推測。軟禁先生のような”異大”なお方の心を私のような小物が読むのは難しいですから。

皆の心をがっちりと掴んだ軟禁先生は更に見せます。突然講義中に、前回の事件を受け、励ましのメールが来たと言うのです。それには軟禁先生も感動したらしく、しみじみと「ありがとう」と言いました。

今日私は軟禁先生を見直しちゃいました。この間の権力に酔ったキャバクラおじさんとはワケが違いますね。

ただ惜しむらくは、このヘアスタイルを昨年見せていれば、ベストヘアスタイル賞に選ばれたであろうに・・・。

今年の審査は荒れるぞぉ〜・

ブログランキング バナー←軟禁先生に会いたくなった!という方は、クリックお願いします。

2005年12月22日

教室乱闘未遂事件

昨日は本当に凄かったです。結局来訪者の数はあれからも増え続け、最終的には

17457HIT

というありえない数字になりました。来てくださった皆様本当にありがとうございました。

そんな大事件が起きたばかりなのに、今日学校でも大事件が発生しました。

それは例の軟禁先生の講義で起きました。

ある生徒が休憩時間に何やら軟禁先生と話をしています。そして授業が再開したところで徐に先生が、

「就職活動でテストに出れないからテストの代わりにレポートで成績をつけて欲しいと要望がありましたが、受け付けません」

と言ったのです。先生によれば学生の本分は勉強にあるとのこと。それを差し置いて就職活動などは以ての外というのです。更に先生はアメリカでは学校の講義を最優先して、その次に就職活動がくるというのに、日本では就職活動の後に学校の講義がきていることが当たり前になっていると少し日本批判。

そのあたりで先ほど相談していた生徒が突然、、

「もういいわ!」

と出て行ってしまったのです。更に彼は出て行く際に、

「ああ!!!」

と奇声を上げて出て行きました。私はこれに大爆笑。まぁ確かに先生の言い分はわからないでもないですし、実際そう思うところもあります。でもそれだけわかっているのなら、大目にみてやってもいいんじゃないかなぁと思います。小さい子供じゃないんだから・・・。

ですが事件はこれで収束しませんでした。先生が更に弁明を続けると別の生徒が、

「授業やらないんですか?」

の一言。先生はやりますというも、話が続くので、再びその生徒は同じ事を言います。

するとそこで聴講生の年配の方が突然、

「これも授業だろ!!」

と猛反発。そのキレた生徒は、「授業じゃない!」と言い張り、逆に年配のおじさんに、「じゃあ授業って何ですか?」と逆ギレ。それに詰まったおじさんを見て逆ギレ君は出て行こうとしました。

そんな折におじさんが突然立って、その生徒と胸をぶつけ合い一触即発の雰囲気に。これに見かねた先生が仲裁に入るも、2人は治まらず喧嘩が始まりそうになりました。

ですがそのときに周りの生徒も少しなだめて、結局逆ギレ君は講義室から退場。

こんな吉本新喜劇が無料で見られるとは想像だにしていませんでしたよ。もう笑い転げてしまいたかったです。

最後にそのおじさんが先生と話しているのを小耳に挟んだのですが、殴ってきたら、

「顧問弁護士を呼んでそれ相応の措置を取る」

との一言。ここにきて権力でねじ伏せるのですか。おじさんも逆ギレ君と全く大差ないですね。

今日は大人の情けなさをたっぷりと見れて人生勉強になりました。一番大人だったのは、その後も普通に授業を受けた生徒達だったのは言うまでもありませんね☆

ブログランキング バナー←吉本新喜劇見たかったなぁと思われた方は、クリックお願いします。

2005年12月08日

軟禁犯リターンズ

以前大学の講義中に軟禁されたと書きましたが(ちなみにこちら)、今回はそんな態度を反省してか、かわいいところを見せてくれました。

それは「流通」という言葉を「りゅうちゅう」なんて言っちゃったんです。

これを聞いたとき周りの人たちはたちどころにざわめきました。軟禁犯がこんな”萌え”言葉を使うとは誰が想像するでしょう?恐らく彼は流行語大賞のメイドさん達を見て、自分の講義に足りないのはこれだ!と思ったんでしょうね。

その心意気やよし!!

ブログランキング バナー←そんなに萌えな講義を受けれて羨ましいと思う方は、クリックお願いします。

2005年11月10日

爆笑、軟禁犯

今日私は初体験しました。何の初体験かと言うと、軟禁です。

事件は大学の講義中に起こりました。何人かの人が、講義が始まってまもなく、用事があったのか教室から出て行きました。そこで軟禁犯は、

「何で出て行くんだ?」

とマイク越しに言いました。しかし出て行った人は、振り返りもしません。すると徐に軟禁犯は、教室の出入りする扉の鍵を閉めてしまったのです。

その中にいた300人近い人達は、固唾を呑みました。いつ自分達にそのとばっちりがきてもおかしくないからです。そうしたら軟禁犯は、

「嫌なら出て行ってください」

と大人気ない一言。もう私は大爆笑でしたよ。

その後戻ってきた人が、扉を叩くも誰も開けず、更に数十分経った頃、外から開けてもらったのか、中の人が開けたかはわかりませんが、入ってきました。すると軟禁犯は、

「次の時間から出てください」

と案外冷静な一言。結局みんなすごすごと出て行きましたが、誰か闘ってほしかったですね。

ほんと、凶悪な事件は身近に潜んでいるのですね。

追伸:まあ出て行った人たちは、普段から遅く来たり、途中でよく帰る人だったのでまあ罰でも当たったんでしょうね。はっきり言って少し人生をなめています。

ブログランキング バナー←一歩間違えば監禁じゃないかと思った方は、クリックお願いします。


オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ