1. とまりちゃんおめでとう! (6)
  2. とまりちゃんが笑顔ならそれでいい! (2)
  3. 髪下ろしたとまりちゃん可愛すぎるよ (6)
  4. はずむ、ゆっくり選べばいいんだよ (0)
  5. あゆきの想いに感動! (2)
  6. あゆきの水着姿がいいね (2)
  7. 舞台に上がったとまりちゃん (6)
  8. とまりちゃんの切ない顔が胸に痛い (2)
  9. とまりちゃんおっぱい大きいじゃん! (14)
  10. はずむたんが一番! (8)

■アニメ:かしまし(終)

2006年03月31日

とまりちゃんおめでとう!

最終回となった「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第12話を見ました。

<あらすじ>

昔から側にいてくれたとまりちゃん。生きる力を与えてくれた初恋の人やす菜。

その二人のどちらかを選ばねばならないはずむは、遂に決断。それをとまりちゃんに告げに学校へ。

そこではずむはとまりちゃんに、

「僕、やす菜ちゃんの側にいる」

と宣言。前回覚悟をしたとまりちゃん。ですがかなり堪えます。

はずむに振られたとまりちゃん

一人にして欲しいとまりちゃんですが、無理に強がり水のかけあいをします。そんなとまりちゃんの最後の願いが一日付き合ってほしいというもの。

そこで恋人のようにデートをし、中華屋さん、ゲームセンターと回り神社では二人ともやす菜の病気が治るよう祈りました。

その締めくくりはいつかの川原。とまりちゃんが自転車を漕いで二人乗りして来ました。

突然泣きながら謝るはずむ。自分が酷い事をしているのに優しくしてくれるとまりちゃんにいたたまれなくなったのです。でもとまりちゃんは謝って欲しくないと言います。

とまりちゃんははずむが自分のことを好きだと言ってくれた想いを胸にいつまでも生きていくと言います。それをずっとはずむの子供にも孫にも自慢すると。

しかしそれだけ強がっていたとまりちゃんも遂に本音が。

はずむ、行っちゃやだ!

「はずむー!行っちゃやだ!!!」

それを聞いた途端はずむも限界。とまりちゃんを抱きしめました。

堂々巡りになりそうでしたが、とまりちゃんが川原を渡りはずむをやす菜の元に向かわせました。

そこに現れるあゆき。とまりちゃんに胸を貸そうと来ましたが、

あたしには自分の脚がある!

「あたしには自分の脚がある!」

と言って元気なフリをします。それを見たあゆきは不意にとまりちゃんを抱きしめて、とまりちゃんの代わりに泣きました。

とまりちゃんの代わりになくあゆき

一方やす菜。家を出て祖母の家に向かおうとします。そこにはずむが登場。そして「やす菜ちゃん大好き」と伝えて、やす菜の病気が完治。

それを見て宇宙仁が登場。苦しくとも辛くても愛でもって生きて欲しいと自分達と同じ道を辿らないよう助言をし、ジャン・プゥは大好きなはずむとの別れを惜しんで涙を流しました。

それから後日。普段どおりの中に元気なやす菜。明日太にも挨拶が出来るようになりました。

しかしラストのやす菜。突如手を繋いでいたはずむの手を振り解き、

はずむくん、あのね・・・

「はずむくん、あのね・・・」

と切り出したと思ったら、今度は制服も冬服になり、あの川原で川を渡るのを見守るとまりちゃんにはずむが、

はずむの川渡りを見るとまりちゃん   とまりちゃん、あのね!

「とまりちゃん、あのね!!」

と言って締めくくられました。

<感想>

とりあえず途中までは問題ないですよね、やす菜のためにはずむがとまりちゃんとのしがらみを絶ち、やす菜が病気から復活。

そしてエンディング曲の最中は皆のエピローグ。とても幸せそうでした。

なのに突然真面目な顔をしてやすながはずむに何かを言います。

ここからは私の推測です。

恐らくここでやす菜は”はずむに別れを告げた”のではないでしょうか。

これは嫌いになったからではないと思います。むしろはずむを好きだからこその別れ。自分の病気を治してもらった恩返しと考えてもいいかもしれません。

やす菜ははずむのとまりちゃんを思う心に気付いていたと思います。自分で苦しい想いをした人は、他人の心の動きに敏感ですし。

最初ははずむも理由がわからず困惑したのでしょう。否定もしたと思います。

ですが制服が冬服になるほど時間が経ち、その間に徐々に本当の自分の気持ちに気付いたのでしょう。”自分が真に好きなのはとまりちゃん”だと。

そして川原のシーンです。ここで子供の頃の約束を果たしたのでしょう。今度は掛け値なしに真剣な気持ちで。

中々にどんでん返しを入れたラストです。皆仲良くかやす菜エンドだと思っていたのでちょっとびっくり。

見ている途中では、やけにとまりちゃんが長いと思ったので怪しいとは思いましたが・・・。

でもとまりちゃんファンの私としては、とまりちゃんが幸せになれてよかったです。途中のデートでゆかりんの挿入歌が入ったあたりは胸の痛みがマックスでしたよ。

<お気に入りシーン>

まずは胸が痛くなるとまりちゃん。

はずむが好きだと言ってくれた想いを持って行くとまりちゃん

はずむの好きだといってくれた想いを持って生きるなんて、辛すぎます。なんてとまりちゃんは抱きしめたくなる女の子なんでしょう!!

それからジャン・プゥの涙。

ジャン・プゥの涙1   ジャン・プゥの涙2

この作品は終始景色が綺麗でした。夕焼け、夜の星空などなど。これもそれらに負けじと綺麗です。

ちょっとふざけてラストのとまりちゃんとあゆき。

とまりちゃんのパンツを覗き見るあゆき

どうみてもあゆきがとまりちゃんのパンツを覗き見ているようにしか見えないのですが・・・。

あゆきのポジションに俺もいきてぇぇーー!!!

最後はこの作品の集大成。

幼女とまりちゃん1   幼女とまりちゃん2

幼女とまりちゃんマンセーーー!!!!

君に逢えたのは喜び以外の何物でもないよ。

<総評>

最後のどんでん返しが無かったら普通だったと思います。やはりとまりちゃんエンドこそこの作品の正しい姿ですから。

ただラストなのに宇宙仁の出番が思った以上に少なかったのがちょっと悲しかったかな。いい味出してるんだし、エピローグで何か出してくれても良かったと思います。

声の方は文句なしです。植田さん、ほっちゃん、ますみん、そしてゆかりん。これだけの布陣を要せば安定感抜群です。

希望としてはますみんの可愛らしい声をあゆきの幼女時代に聞いてみたかったけど、まあ仕方ありませんね。

総合としては中々の評価。マジで今期のアニメはクウォリティの高いのが多いです。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
ひろしのアニオタ日記様:『かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第12話「やがて恋がはじまる」 』
よねやんのアニメな徒然なる日記様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様:(アニメ感想) かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第12話 「やがて恋が始まる」

ブログランキング バナー←とまりちゃんエンドを見抜いていた方は、クリックお願いします。

2006年03月24日

とまりちゃんが笑顔ならそれでいい!

「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第11話を見ました。

<あらすじ>

とまりちゃんに裏切られたやす菜は、とうとう女性も見えなくなりました。はずむももちろんその中に。

病院で検査してもらった所、人間が認識不能ということに。

それに気付いたはずむ。やす菜の家に向かうも、

”中途半端に優しくされて、嬉しいけど不安になる”

とはずむに言います。

今度はとまりちゃんがはずむに、

”誰にもはずむを渡したくない、本気だ!”

と伝えます。しかし自分のせいでやす菜が苦しんでいるという理由で、

「とまりちゃんのことなんか考えられない!」

とだけ言って家に消えます。

それを聞いて絶望するとまりちゃん。あゆきが丁度川原に現れて、大泣きをしました。

次の日に学校であゆきがはずむに言い寄ります。両方に愛情を与え、どっちかを選べずに、自分がほしいものを手に入れられず泣くのはいけないと。

はずむはそれに誰かを傷つけるのは怖いから当然と返しますが、とまりちゃんもやす菜も本気だったということを伝え、「最低」と言って去ります。

一方家では、宇宙仁が帰る準備。実は彼の星でも文明の発達により、他人とコミュニケーションをとらなくなり、他人を知覚できなくなっているというのです。

その改善策のサンプルに選ばれたのがやす菜とはずむ。しかし恋が進まない為、諦めるというのです。

その頃やす菜ととまりちゃんが、山にて会話。やす菜の病気を全て知ったとまりちゃんは、”はずむが必要なのはお前だ”と伝え、その相手がやす菜でよかったと自ら身を引きました。

仲直りをした二人。決心をしたはずむ。しかしやす菜はどうも祖母の家に行くようです。

<感想>

やす菜がはずむのせいにしたり、はずむは我が身可愛さにはっきりできずと、二大ヒロインがかなりムカつきました。

それに対して株を上げたのがとまりちゃんとあゆき。

とまりちゃんは全てを曝け出し、最後には自分から身を引くという潔さ。

あゆきは舞台に上がらないのを決め込むも、とまりちゃんとやす菜の本気に対してちっとも真剣でないはずむに厳しい一言。

とまりちゃんがこの作品の主人公なのは周知の事実の為、今更言う事はありませんが、あゆきがここまで食い込むとは。

友達に、そして何より好きな人相手にあそこまで言えるのは、本当にその人達を好きだから。どうでもいい人間相手に厳しい意見なんて決して言いません。

本当にあゆきは友達思いのいい子なんですね。自ら憎まれ役を買って出てくれた彼女に、拍手です。

後は宇宙仁。星がやす菜と同じ状況とは。ただ宇宙仁は、認識は出来てましたから、その中でも軽い方なのでしょう。

ただこの設定はもっと早く出した方が、性急感が少なかったように思いました。

<お気に入りシーン>

今回もとまりちゃん尽くしで。というか彼女以外この作品はいりません。

はずむを誰にもとられたくないと断言するとまりちゃん。

はずむを誰にも渡したくないと断言するとまりちゃん

もうここだけで胸が一杯。

更にはずむが「とまりちゃんのことなんか考えられない」と言った後の表情は見ていてKOです。

とまりちゃんのことなんか考えられない!

冗談抜きではずむを許せません。もし男のままで、私がこの場にいたら殴ります。

そのとまりちゃんがあゆきの胸を借りて大泣きするのは、遂に来たかという感じ。

本気で泣くとまりちゃん

とまりちゃん、今は思いっきり泣いて

としか言えませんよ。溜め込むよりはずっといいです。

最後はそんなとまりちゃんの、やす菜と仲直りして、認めたシーン。

やす菜でよかった!!

難を言えば、ここも性急でした。展開が早すぎましたね。でもいいんです。

とまりちゃんが笑顔になれば!!

<声優さんについて>

今回はゆかりん祭り。ED曲もゆかりんでした。

もう最高だね、彼女の声は。私の耳にジャストフィットです。ちょっとロリ入った声だけど、真面目な声も出来ちゃうという素晴らしさ。

今回はラスト手前までシリアスで、途中に泣くシーンもあり、最後はいつもの元気な声。1話でここまでゆかりんを堪能できるなんて、私は幸せ者です。

こんな声をした女の子と付き合いたいなぁ。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
よねやんのアニメな徒然なる日記様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
ひろしのアニオタ日記様:『かしまし〜ガール・ミーツ・ガール第11話「やす菜の瞳から消えたもの」 』

ブログランキング バナー←とまりちゃんさえいれば、他に何もいらないという方は、クリックお願いします。

2006年03月17日

髪下ろしたとまりちゃん可愛すぎるよ

「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第10話を見ました。

<あらすじ>

はずむが水族館のチケットを手に入れ皆で行こうとするも、あゆきは法事で、とまりちゃんは合宿で無理ということでやす菜と二人っきりで行く事に。

それを許すとまりちゃん。それもそのはず、前回ではずむの為に今の三角関係を続けようとやす菜と協定を結んだ為です。

そのため目一杯楽しむやす菜。そしてとまりちゃんのためにおみやげを合宿所に持って行きます。

そこでやす菜が駅員に話しかけられ恐怖で震えます。そんなやす菜を落ち着かせる為に抱きしめるはずむ。それをとまりちゃんがキスをしていると勘違いし、裏切られたと感じます。

やす菜に裏切られたと勘違いするとまりちゃん

その晩合宿所に泊まることになったはずむとやす菜。そして意を決してとまりちゃんがはずむを誘います。

そして蛍を見ながら、とまりちゃんの素直な感情をぶちまけます。やす菜は絵に描いたような女の子で、はずむを幸せにするにはやす菜の方がいいと。でも諦められないとまりちゃん。そして遂に!!!

とまりちゃんとはずむのキス

それを見たやす菜が勘違いし、友達を失い絶望しました。

<感想>

いい展開です。最初に今までの三角関係で行こうと言ったときは、ちょっと釈然としませんでしたが、ここに来てドロドロな展開。

1クールということもあり、丁度話を盛り上げる所で三人に亀裂を入れたのはよき采配です。

これだけ進めば宇宙仁のデータも本星で役に立っただろうに、これまでのデータでは恐らく無理かと。

戻ってきたときには今までと全く状況が変わっているので、彼の役割もこれまで以上に大きくなりそうです。

でもこうしたすれ違いって日常茶飯事ですよね。私も女性とはこういう風になってはいませんが、男友達ですれ違いにより、関係が崩れ去ったことがあるので、とまりちゃんもやす菜の気持ちもよくわかります。

ここで恐らくはずむがしっかりした態度でケリを着ければ、一生ものの人間関係が出来上がるでしょう。そこに期待します。

<お気に入りシーン>

今回はとまりちゃん尽くしで。

まずは後輩に自分のキスを想像してたのかとからかわれるとまりちゃん。

後輩にからかわれるとまりちゃん

もの凄くわかりやすい女の子ですね。こういう子の方が私は好きです♪

本邦初公開の髪の毛を下ろしたとまりちゃん。

お風呂で髪を下ろしたとまりちゃん

さらさらロング最高!!!!

と思っていたら、更にきました。

はずむに攻め寄るとまりちゃん。

はずむにせまるとまりちゃん

抱きしめていいですか???

きっとシャンプーのいい匂いがするんだろうなぁ・・・。

最後はやす菜に”負けたくない”と宣言するとまりちゃん。

負けたくない・・・

切ない顔がグッド!!!

とまりちゃんさえいれば、この作品はいいです。彼女は最高です。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
まったりな日々様:かしまし第10話
ひろしのアニオタ日記様:『かしまし〜ガール・ミーツ・ガール10話「小さな嵐」』
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様:(アニメ感想) かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第10話 「小さな嵐」

ブログランキング バナー←とまりちゃんの髪を下ろした姿に降参という方は、クリックお願いします。

2006年03月10日

はずむ、ゆっくり選べばいいんだよ

「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第9話を見ました。

<あらすじ>

はずむ達が神社の祭りに行くお話。

過去にはずむは祭りの苦い記憶があるらしく、当初はためらうも皆に誘われ行くことに。

それを宇宙仁はラブラブゲッチュしに行くと勘違いし、やす菜ととまりちゃんのどちらを選ぶかせかします。

そして祭り。明日太が決めた待ち合わせ時間の1時間前にあゆきが設定して、女性陣5名で散策することに。

浴衣美少女5人組

ただその楽しい時間にはずむの苦い記憶が思い起こされます。

それは幼い頃。両親と来たはずむはわたアメで白とピンクのどちらかを選ぼうとして悩んでいました。そこに突如雨が。そのせいではずむはどちらも選べませんでした。母親にはこのときに、

「将来大事なものを逃す」

と言われたのです。

はずむはその優柔不断さに苦しみます。今回はやす菜ととまりちゃんのどちらかを選ばねばならないのですから。この選択肢に両方はなく、しかも近い将来確実に選ばねばなりません。それにはずむは苦しみます。

しかしその苦しみをやす菜ととまりちゃんは理解し、はずむに白とピンクのわたアメを渡し、今はまだ両方選んでいいと背中を押しました。

両方選ばせてくれるとまりちゃんとやす菜

<感想>

人って必ず大事な二者択一に迫られる日がきますよね。そのどちらかを選ばないと当然前に進みません。そのため片方は必ず棄却されます。それだけ自分の選択には責任と慎重を伴わねばならないのです。

はずむはまだその重さに耐え切れない為選択できませんが、今回はそれを少しでも直そうと神様にお祈りしました。

たとえ今出来なくても、進むことを諦めなければそれは成長の証。神頼みでも進む決心をしようとしたはずむは立派だと思いました。中々そこまで深く考えられる人はいませんから。

その成長を見守るやす菜ととまりちゃんには泣けます。お互いライバルですが、考えていることは常にはずむの幸せ。ここまで人を愛せる二人と、愛されるはずむは本当に幸せですね。

おちゃらけな感想では、はずむの両親の馴れ初めがどうも祭りのラブラブゲッチュだったのが驚き。いつもおちゃらけてる二人が照れるシーンは何だか可愛かったです。

<お気に入りシーン>

はずむの浴衣シーンと、欲望に忠実な父親のカメラに反応するはずむはベリーグッド!!!

浴衣のはずむとジャン・プゥ   浴衣でカメラ目線のはずむ

はずむたんその顔は俺の前だけにして!!!!!

浴衣に慣れていないとまりちゃん。歩きづらいのでこんな格好をしちゃいます。

歩きづらいとまりちゃん

ちょっとは恥じらいを持たないと、世の男共が爆発するよ?

とつっこもうとしたら遅かったです。

とまりちゃんの生足

その足にむしゃぶりつきてぇぇぇええぇぇぇ!!!!

<声優さんについて>

最後にちょっと出た巫女さん。あの声が堀江さんっぽく聞こえたのですが、聞き間違いでしょうか?新谷良子では無いと思うし、後余るのは永島由子さんだけどどっちもしっくりこないんだよなぁ。

以前より耳の能力が落ちた気がします。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
現代視覚文化研究会「げんしけん」様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第9話 「この願いはかないますか?」
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様:(アニメ感想) かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第9話 「この願いはかないますか?」
KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜「この願いはかないますか?」

ブログランキング バナー←とまりちゃんの生足にむしゃぶりつきたい方は、クリックお願いします。

2006年03月03日

あゆきの想いに感動!

「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第8話を見ました。

<あらすじ>

幼い頃のあゆきが登場。母親に蝶の羽化するシーンを見せてもらい、その美しさに魅了されます。それを見た母親が、”あゆきにも綺麗に羽ばたく日が来る”と言うと、

「いい、なれなくていい」

と普通の子供にはありえない返事。

場面は現代に戻り、宇宙仁がはずむの恋愛データを取る為に肝試しをセッティング。

極度の怖がりのはずむは嫌がるも、強引に参加。そこではずむ・とまりちゃんペア、やす菜・あゆきペア、明日太で学校の屋上を目指します。

はずむはとまりちゃんにしがみっつきぱなしでちょっと嬉しそうです。

抱きつかれて嬉しいとまりちゃん

対して空気が重いのがあゆきとやす菜。今まで殆ど絡みがない二人ですが、あゆきがやす菜に様子がいつもと違うと言います。

それを聞いたやす菜は、とまりちゃんもはずむのことが好きだと宣戦布告されたのを説明。でもそれにホッとしているとのこと。

そんな折はずむの悲鳴が聞こえ、やす菜をそこに行かせようとするあゆき。その際にやす菜もあゆきに質問しました。”何故いつもはずむのそばにいるのか?”と。それに動揺するあゆき。

やす菜に本心を見抜かれたあゆき

やす菜はそれを見抜き、”あゆきもはずむが好き”だということに気付きます。

しかしそれをどうこうする気はないと宣言するあゆき。それを聞いてやす菜ははずむの元へ。

はずむは宇宙仁が扮したおばけにビビり、逃げ出します。そして理科室に行きあゆきと遭遇。あゆきはそこで蝶を見ていました。昔から見ているのが好きだと説明。たとえ手が届いても触れないのが彼女の信条だそうです。

その後はずむとやす菜、とまりちゃんは屋上に行きそこで満天の星空を眺めます。

3人で眺める星空

これを見たあゆきは、はずむが羽化したばかりの姿を想像。まだ弱くて脆い羽で飛んでいく幻を見ました。

<感想>

今回であゆきのはずむに対する想いがはっきりとしました。彼女もはずむのことが好きだったのです。

しかし彼女の好きはやす菜やとまりちゃんのそれとは違いました。やす菜やとまりちゃんの好きは世間一般の好き。好きな人といつも一緒にいて、想いを共感したいというものです。

対してあゆきの好きは、自分が好きな相手が幸せになるのを見守りたいという感情。その想いが向く先は自分じゃなくていいのです。

普通の人は前者がいいはずです。自分と同じ想いを共感できるのはなんとも居心地がいいですから。まあその価値観の歯車が外れると待っているのは苦痛の日々ですが。

対して後者は好きな人を自分のモノにすることは出来ませんが、一緒になるまでの過程で誰かを傷つけることもなければ、価値観の歯車が外れることも経験しないでいいです。

これはともすれば後者の人は逃げているように見えますが、相手を想っているのには両者とも差はありません。いえ、もしかしたら後者の方が真に相手のことを想っている可能性すらあります。そうした視点で見れるのは世界中探しても恐らく自分の親だけですから。それを他人の目で見ることができるのは、親と同等の愛情を持っていることになります。

あゆきはそうした想いから舞台に上がるのを止めたのです。その想いはやす菜やとまりちゃんに勝るとも劣らない為、他の男に告白されても断ったのです。

こうした想いからこの間ジュースのパックを握りつぶしたのですね。大事なはずむを傷つけようとするとまりちゃんに少なからずの苛立ちを覚えたのでしょう。

高校生でそんな域に達しているあゆきは少し不憫でもありますが、その彼女の想いを無碍にしないでほしいです。

<お気に入りシーン>

はずむが怖がる妄想と実際のコントラストはいいです。

はずむが怖がる明日太の妄想   実際のはずむが怖がるシーン

どっちも抱きしめてぇぇっぇえぇ!!!!つか幼女とまりちゃんのパンツまであと少しだよ!!!はずむガンバ♪

その妄想の続き。明日太は漢の中の漢です。

明日太も怖いのかな?

「明日太も怖いのかな?」

ああ、怖いね。俺の目を捉えて離さないお前の可愛さがな!

・・・すいません、クサい台詞吐きました。死んだ方がいいですね。

もういっちょはずむたん。夜になり肝試しに行くのを嫌がるはずむたん。

いじわる・・・

「いじわる・・・」

よし!もっといじわるしてやる!!!!!

お化けを見て驚く3人はオマヌケさんです。

おばけにビビるとまりちゃんとはずむ   おばけにビビるやす菜

やす菜はお化けも見えるんですね。人間の男だけが知覚出来ないようです。何が原因なのでしょうね?

最後はあゆきで締めましょう。まずは幼女あゆき。

幼女あゆき

お兄さんといい所いかない?アメ上げるからさ♪

それから手が届いても触れないとはずむに言うシーン。

手が届いても触れないあゆき

何と真っ直ぐな瞳でしょう。彼女も恐らく苦しんだ挙句、そう思うようになったのでしょうね。そしてその思いに嘘偽りはこれっぽちも存在してないです。本当にいい子ですね。


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
アニメに漫画それが私のシアワセ様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第8話
よねやんのアニメな徒然なる日記様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜
CHEZ MOKANA様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第8話「見ているだけが…
布達の橋様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第08話「見ているだけが・・・」
MELODYブログ IN アニメ観測場本館様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜#8「見ているだけが……」キャプ感Aパート
MELODYブログ IN アニメ観測場2号館様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜#8「見ているだけが……」キャプ感Bパート
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様:(アニメ感想) かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 第8話 「見ているだけが…」
KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜「見ているだけが…」

ブログランキング バナー←あゆきの想いに感動した方は、クリックお願いします。

2006年02月24日

あゆきの水着姿がいいね

「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第7話を見ました。

<あらすじ>

やす菜の発案により海へ。メンツははずむ・やす菜・とまりちゃん・あゆき・明日太の主要メンバーに加え、超科学でついてきてた宇宙仁とジャンプウ、そして野生のカンで並子先生もいました。

今回の主題は明日太。女になった親友を温かく見守ろうとするも、邪念が入り最後にははずむにアタック。しかし見事に、

「明日太は親友だよ!」

と玉砕しました。

一方その裏ではやす菜ととまりちゃんのバトル。何故やす菜が皆を誘ったかという問いにやす菜は、

「はずむクンのことをもっと知りたいから・・・」

と返事。普段のはずむを知りたかったようです。

最後はやす菜の素直さに対しとまりちゃんも、

「はずむが好きだから・・・」

とやす菜に宣戦布告しました。

<感想>

明日太の話はたった一話。あゆきに「すぐ決着が着くわね」と言われるほどあっさりでした。

明日太を挑発しまくるはずむ   明日太を挑発するはずむ

これだけ挑発されれば、いかに元親友で男であろうと関係ないですよね?

正常な男なら当然ですよ。無垢な女の子に興奮しない男はこの世にいませんから。幼女に興奮しない男もいませんから。それにエロさも兼ね備えていたら無敵です。

でも明日太の凄い所は、振られてもいつもと変わらず女としてのはずむに接する所。本当に友達思いのいい奴です。

はずむが女になったのを受け入れられたのは、とまりちゃんや両親、あゆきの力も大きいでしょうが、何より同性の親友である明日太が認めてくれたのが一番ではないでしょうか?

”男同士の絆”は女性のそれと比べて男臭い分深い気がするので。

それととまりちゃん。舞台に上がったことをやす菜にアピールしました。やす菜の普段の何気ないはずむを知って、もっと好きになりたいという純粋であり前向きな姿勢に心動かされたのです。

とまりちゃんはこの中では良識がある方の人間なので今まで自分に嘘をついていましたが、大切なはずむだけは譲れませんでした。

好きなものを好きと言えないのは苦痛ですからね。

その点やす菜は後悔のない人生を送ろうとし、以前のような悲劇のヒロインぶることが減り、少しは好感が持てるようになりました。まぁ嫌いなことに変わりはありませんが。

<お気に入りシーン>

海と言えば間違いなく可愛い女の子の水着。

皆の水着姿

とまりちゃんもはずむもいいけど、この中で一番重要なのはあゆき

紐をほどきてぇぇ〜〜!!!

考えてみてください皆様。人は目の前に結ばれたものがあったなら、ほどかないと気がすみませんね?

それが固く結ばれているならなおさらでしょう。

女の子の紐で結ばれた水着は、固く結ばれた紐のようなもの。

ということはほどかずにはいられないでしょう?


次に真の裸エプロンはどっちか?を示した2枚。

はずむのエプロン姿   裸エプロン?

裸エプロンのはずむゲットだぜ!!!

ちなみに右だと思った方。眼科と脳外科に行ってください。でないとこうなります。

何で何も穿いてないんだー!

あまりの事態にとまりちゃんの脳みそはパンクしたようです。

そういえばこのシーンでやす菜の目が点になってますが、男は見えないはずのやす菜は何に驚いているのでしょう?

やはり新妻はずむでしょうか?

珍しくあゆきがギャグ。2度とお目にかかれない一枚かも。

辛い、あゆき?

あゆきみたいな冷静な子がこうしたシーンを見せるとほっとします。ところで、

冷静沈着な娘って顔を歪めたくなりません?

さて、ここでとまりちゃんがやす菜に宣戦布告したシーンで感動しましょう。

はずむが好きだから・・・

とまりちゃんの強い目と夕日の演出がステキです。

この作品って夕日を使うのがうまいよなぁ。

最後に究極のシーン。

アイスを食べるとまりちゃん   アイスを食べるとまりちゃん2

俺のアイスキャンディーもしゃぶって!!!!


〜トラックバックを送らせて頂いた方々〜
布達の橋様:かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第07話「みんなで海へ・・・」

ブログランキング バナー←アイスキャンディーをしゃぶってほしい方は、クリックお願いします。

2006年02月18日

舞台に上がったとまりちゃん

「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第6話を見ました。

<あらすじ>

はずむとやす菜がキスするのを見たとまりちゃん。カラ元気ではずむとやす菜を一緒にさせ、そしてはずむを避けようとします。

それに自己嫌悪に陥り、幼い頃はずむとした約束を思い出すとまりちゃん。

それははずむがとまりちゃんのお婿さんになるというたわいもない約束。それに対してとまりちゃんは、”男らしくなったらな”と照れ隠し。

一方やす菜ははずむとラブラブ。でもはずむはとまりちゃんの態度が気になり、やす菜の家でキスをしかけるも幼い頃のとまりちゃんがフラッシュバック。

そして遂に約束を思い出したはずむ。それをとまりちゃんに伝えにいきました。

そこではずむは、

「ずっと側にいて、ずっと一緒にいてほしい人なんだ!」

と告白。やす菜がいるのにそんなことを言うはずむにとまりちゃんは平手打ち

でもはずむはめげません。とまりちゃんがお婿さんになる条件の”男らしくなったらな”を実行する為、川を渡ろうとします。

それを見て遂にとまりちゃんは悟ります。

「逃げられない。もう逃げられない。」

そして抱き合う二人。

はずむが好きだ1   はずむが好きだ2

想いが伝わり、舞台に上ったとまりちゃんでした。

<感想>

やす菜に対して同情心から受け止めたはずむ。今度はとまりちゃんもいなきゃ嫌だと言い出しました。

ちょっと不謹慎な気がします。とまりちゃんが殴るのも当然です。

たまたま今回はうまくいったからいいようなものの、普通こうはいかないでしょう。

それにこれは仮初めの関係。いつかはずむはどちらかを選ばねばなりません。そうした事に耐性が全くなさそうなはずむ。案外壊れるのはやす菜ではなくてはずむかもしれません。

そもそも女の子になったときのリアクションが低すぎるというのが疑問でしたから。

それからあゆき。今回のとまりちゃんの露骨にはずむを避ける態度を見て、”ジュースパックをつぶしてました”

自分は舞台に上がる気がなさそうなのに、とまりちゃんを見てイラつくあゆき。

あゆきにはとまりちゃんを責める権利はないと思います。少なくとも完全に逃げたあゆきには。それを敢えて描写するということは、彼女の気持ちも変わりうることの伏線でしょうか?

<お気に入りシーン>

まずはやす菜。

フェルマータ 馬乗り

馬乗り?!!!

いつもこんなことやってるのでしょうか。というか犬とかは知覚できるのかな?それともフェルマータはメス?

そしてはずむのお風呂。恒例行事です。

背中を流してくれるはずむ   はずむの裸での後姿

背中流してくれる娘ほすぃーー!!

背骨が綺麗・・・。

それとやす菜とチェスをするも負けて、ぷんぷんするはずむたん。

プンプンはずむたん

こういう子はイジメるに限る♪

さて、ここでいつもどうしようもないシーンばかり挙げる私ですが、今日は違います。

泣いているとまりちゃん

キスを見てしまったシーンです。このとまりちゃんを見た瞬間、胸にずしりときました。あまりにも切ない姿。

目を見せないという描写が泣いているであろうことを推測させて余計悲しみを誘います。

とまりちゃんがいるからこの作品は成り立ってるんだなぁ。

しかしこんな感動シーンで終わっては、ロリコンの称号を戴いた私の名が廃ります。ということでこちらをどうぞ!

お婿さんになるには・・・   照れる幼女とまりちゃん

とまりちゃん、もうちょっと足の角度を上げて?そうすればおぱんちゅ見えるから☆

ツインテール幼女の照れる顔は国の宝だね!

ブログランキング バナー←さすがはロリコンの称号の持ち主と思われた方は、クリックお願いします。

2006年02月10日

とまりちゃんの切ない顔が胸に痛い

「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第5話を見ました。

<あらすじ>

やす菜に告白されたはずむ。それによりはずむの心が少し揺れ始めました。

そんな中開かれる写生大会。その際に去年のやす菜が描いた絵を見たはずむ。男の顔はさっぱり描かれていませんが、はずむだけは顔を除いて描かれていました。

それを宇宙仁と見たはずむ。宇宙仁はやす菜の病気に気付いたようですが、はずむは気付かず。そして、「君は神泉やす菜のことを何もわかっていないんだな」と厳しい一言。

対してとまりちゃん。前回の告白を邪魔したにも関わらず、やす菜ははずむといられて優越感。それに対抗しようとします。その際にあゆきが、

「大変よ。舞台の上に上がるのは・・・」

とこちらは全てを見越したような台詞。

そんな中写生大会。そこではずむ、やす菜、とまりちゃんの三つ巴の攻防。そこでとまりちゃんが、「はずむをふったんだろ?だったらきちんとけじめつけろよ!」とキツい一言を涙を浮かべて言いました。

涙を浮かべるとまりちゃん

でもそれをはずむが庇い、学校へ帰ります。

そして舞台は夕方。そこではずむがやす菜のことをもっと知りたいと言って、やす菜が突然父親が見えなくなったこと、それ以来男が知覚できなかったが、はずむは見ることができたこと。でもいつ見えなくなるか怖くて告白を断ったこと。自分は卑怯でワガママだということをはずむに伝えます。

ここで1話目のあのシーンが来ました。はずむは、

「僕が受け止めてあげなくちゃ。この子はこんなにも傷ついてきたのだから。」

と感じての行動でした。

1話目のあのシーン   1話目のあのシーン2

<感想>

漸く1話目に戻ってきたのですね。やす菜の苦しみは確かにわかりました。そして自分を卑怯でワガママと客観視できてました。

ただそれでも私がやす菜を嫌う気持ちには変化がありません。

というのも、人が卑怯でワガママなんてことは当たり前。そんな感情を全く持たない人がいれば、その人は”人間”ではないです。

それだけわかっていながら、悲劇のヒロインぶるのが気に入りません。そしてはずむにその価値観を押し付けようとするところも。はずむは優しいのでそれを受け止めましたが、それでは双方にとっていい関係とは言えないでしょう。

それに対してとまりちゃんはいい。一生懸命にはずむを追う姿は、健気です。それが端的に表現されていたのが、

「はずむははずむだろ!」

です。やす菜は女になったはずむを見て、もう失うことがないからという考えで仲を深めようとしてますが、とまりちゃんははずむの過去も現在も未来も受け止める覚悟。例え男に戻っても変わることは無いでしょう。

舞台の上に上がるのを覚悟した強みです。ただあゆきが言うように大変そうではありますが。

でもキスしてるのを目の前でみたとまりちゃんの表情は切なすぎです。いつも強く振舞っている分、余計に堪えました。

<お気に入りシーン>

まずはとまりちゃん。やす菜がはずむと下駄箱に優越感に浸って行くのを悲しそうに見つめていたシーン。

はずむとやす菜を見送るとまりちゃん

こっちまで泣きたくなりました。

後ははずむフェスティバル。

まずはゆでダコ。

ゆでダコはずむ

たこさん食べていい?

それから明日太をまたもや誘惑。

明日太は好きな人いる?

「明日太はさぁ、今好きな人いる?」なんてこの顔で登校途中に聞かれたら、ホテルへレッツゴー!ですよ。

皆さんお待ちかねのお風呂ネタに入る前に、こちらで肩慣らし。

はずむの下着

はずむたん、脱ぎたて?(;´Д`)ハアハア

そしてお風呂本番。

はずむ 風呂1   はずむ 風呂2

はずむ 風呂3

とまりちゃんの2倍はあるぞぉぉぉおぉぉお!!!!

あれをモノにする男は月が出ない夜には気をつけることだな。

ブログランキング バナー←はずむの胸に溺れたいという方は、クリックお願いします。

2006年02月03日

とまりちゃんおっぱい大きいじゃん!

本屋でeufoniusが歌うオープニング曲の「恋するココロ」が流れて早く見たくなった「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第4話を見ました。

今回は前回友達同士になったやす菜とはずむが、もう一線を越えようとしました。

カラオケボックスで押し倒し   唇まであとわずか

はずむたんの純真な乙女心を砕いたくせに、今更恋人同士になろうとするやす菜には友達も減ることでしょう。いくら病気だとはいえ悲劇のヒロインになりすぎ。それに立ち向かおうとした過去が描かれない限りやす菜に好感は持てそうにないなぁ。なんかはずむに甘えてるだけに見えます。

でもその二人の間にあの方が参戦。

戸惑うとまりちゃん

キスを邪魔するとはとまりちゃんも中々です。

バランス的には女の子のことを何も知らないが、潜在的に女性と化しているはずむと、見た目さっぱり女の子らしくないけどしっかり女の子しているとまりちゃんのカップルの方がお互いないものを埋めあっていい気がします。

やす菜とじゃ二人とも女の子すぎてアクが強いです。

次回からはあゆきの「舞台に上がるか、降りるのか」というアドバイスにとまりちゃんが前者を選びやす菜と闘ってくれることでしょう。

あゆきはこの作品で唯一中立の立場を守ってますから、これから先とまりちゃんとはずむのカウンセラーになりそうですね。

それでは私のお気に入りシーン。

まずははずむたん。女の子物の服を試着したシーン。

はずむ 試着

デートに行きましょう!!

そしてデートの帰りにこんな姿をされたら私の理性は消えますね。

エロはずむ

ベッドで逝きましょう!!!!

エロはずむたんに盛大な拍手を!

しかしこのはずむたんを押さえて彼女が見せます。

とまりちゃんおっぱいあるよ?1   とまりちゃんおっぱいあるよ?2

ブルマ皆勤賞!!!

ではありませんよ?そこに騙されてはいけません。それが製作者の狙いですから。

ホントの見所は、

とまりちゃんおっぱい大っきいよ?!!!!

です。隣の女子と比較してみても一目瞭然。

とまりちゃんのおっぱい食べてぇぇぇえぇぇぇえぇ!!!!

ブログランキング バナー←とまりちゃんは毎回いい仕事するね!と思われた方は、クリックお願いします。

2006年01月27日

はずむたんが一番!

やす菜の男嫌いの謎が描かれた「かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 」の第3話を見ました。

前回の宇宙人は”観察”するために結局はずむの家に居座ることに。ちなみに女の子の方は宇宙船をはずむをベースにして造ったそうです。

そして問題のやす菜。彼女は生い立ちに問題があるのかはまだ不明ですが、男の子がこう見えるようです。

やす菜の視覚

男が知覚できない病気

なんですね。父親まで見えてないということは、生来の病気ということに。

確かにこれだけの重い理由が存在すれば、少し気になりだしたはずむの告白を素直には受け止められませんね。いつはずむのことも知覚できなくなるかわかりませんから。

でもやっぱりやす菜はキライです。思わせぶりな態度を取りすぎですよ。あれでは男に勘違いしろといっているようなもの。仕舞いには、

「はずむ君と出会う前のひとりぼっちの私に戻るだけ」

”悲劇のヒロイン”全開です。この台詞は勇気を振り絞って告白したはずむに対する冒涜以外の何者でもありません。

でもそんなやす菜に対してまるで生まれたての赤ん坊のように心がキレイなはずむは、やす菜と友達になりたいと言いました。そしてめでたく仲直りした二人。その裏でとまりちゃんが苦しんでいるとも知らずに。

何かもうはずむが元男だとか関係なしに好きになりした。やす菜がはずむと一緒に植えた花を山に戻したのを、はずむが山に再び取りに行き朝一番にやす菜に渡したシーンは思わず抱きしめたくなる可愛らしさ。

一生懸命なはずむ

泥だらけになってくれる女の子なんて普通いませんよ?あんなに一生懸命にしてくれる人は男だろうと女だろうと関係なく大好きです(両刀使いではないので悪しからず)。

今回で宇宙人まで揃い駒は集まりました。”観察”しに来た宇宙人は、はずむを実験台にして何かの結果を持ち帰りたいようです。だから最後ははずむを男に戻すような気がします。その頃にはやす菜の病気も治り、男としてやす菜かとまりちゃんを選ばねばならなくなるはずむがいるのではないでしょうかね。

それでは私が気になったシーンをご紹介。

これだけはずむの内面に触れておいてなんですが、こんなんを取り上げる私はダメ人間です。

もうちょい!

食べていいですか?

それから宇宙人に胸をもまれたはずむ。

胸もみもみ

これだけやられてはずむは文句の一つも言いませんでした。

はずむきゅん、俺も揉んでもいいかな?

最後のはずむワールドはこれです。

お尻フリフリ

突っ込んでいいの?

そんなはずむに対抗したとまりちゃん。

とまりちゃん バックアングルからブルマ

我が化身の突入準備完了!

今回は後背位強化週間なんですね。今お告げがありました。

ツルペタブルマは神が我々に与え給うた奇跡です。皆さんちゃんとお祈りしましょう♪

最後に声優さんについて。宇宙人の男の方の声が藤原啓治さんでした。もうひろしに聞こえまくって大爆笑。少し選択ミスかも。

ブログランキング バナー←はずむが本気で好きになった方は、クリックお願いします。
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ