1. 言葉様万歳 (9)
  2. 言葉様戦線復帰か (4)
  3. 鬼神覚醒 (4)
  4. 心ちゃん以外愛せない (4)
  5. 25分でどれだけ殺意を覚えればいいんだ (4)
  6. 喘ぎ声は反則であります! (0)
  7. 言葉大丈夫かな・・・ (2)
  8. そろそろ血飛沫に嗤うかな (2)
  9. ティッシュはいらん演出だろ (0)
  10. 言葉が重いなんてよく言えたものだ (2)

■アニメ:School Days(終)

2007年09月30日

言葉様万歳

「School Days」の最終話となる第12話を見ました。

<感想>

「ナカニダレモイマセンヨ」

ただでは終わらないと思っていましたが、まさかここまでやるとは。言葉様の本気、この両眼にしかと焼き付けました。

土壇場で全ての責任を世界に持っていったスタッフ。
世界の内世界で言っていることはどっから見ても正論でした。

そういった掛け値なしの正論は思いっきり人を傷つけるもの。
到底オープニングの”イノセントな痛み”なんて可愛い
レベルで済まないとずっと思っていたけど、確かにあの純粋な想いはイノセントです。

それではあの大問題のラストへの率直な思いを。

やり過ぎという意見が大多数かもしれないけれど、私的には何とも
心地よいラストでした。こういった人間の醜さや残酷さを
知って初めて見えてくるものもあるので、私は鬱エンドが好きだからかな。

私にはそういう側面があるため、11話のラストで言葉が元に戻ったように見えたのにはさすがに焦りました。綺麗に纏めてしまう可能性が出てきたので。

しかしそこはさすがの鬼畜スタッフ陣。
元に戻ったように見えて壊れっ放しの言葉の挑発で
自分の足下が崩れていった世界が誠を殺し、それを見た言葉が
大好きな誠の首を斬り取って世界惨殺後帝王切開。
私の期待を裏切りませんでした。

その中核を担ったのが最強で最凶のヤンデレ言葉様。
自我を取り戻したように見えて結局壊れっ放しでしたね。
もし前回で元に戻っていたなら、誠の遺体を見て気絶か
悲鳴が先でしょう。シーンとしては描かれませんでしたが、
あの解体作業は本当に事務的にやったように思います。

結局彼女が真っ当だったのは最初の数話のみで、後はずっと病んでいたってことか。あの近視眼っぷりはお見事としか言いようがない。あの近視眼さは刹那的な快楽を求める誠とお似合いだったのかもしれない。

実行犯の世界は最後の最後まで自分が可愛いだけの少女。
言葉に呼び出された時もきちんと包丁を用意している辺りに、
彼女の本質がよく窺えます。
帝王切開は周りへの優しさが偽善と欺瞞で塗りたくられた世界には相応の結末です。

<総評>
ここ数年のアニメで一番の問題作なのは間違いないでしょう。
壮絶なんて簡単な言葉では片付けられません。

自分が可愛いというのを最優先に、全ての人間が行動したらどうなるかというのを描いた本作。結末は言わずもがなです。そこを抑制できる理性があるから人間は人間なんでしょうね。

この作品を語る上で”Nice boat”は欠かせない。
あらゆる点において神レベルの出来でした。

ただ欲を一つ言わせてもらえば、刹那へのアフターケアを
どこかに入れて欲しかった。ラストの誠のモノローグを入れるぐらいなら、壊れた世界が刹那に電話一本入れて責め立てる場面でも追加して欲しかったです。

お気に入りキャラは言うまでもなく言葉”様”
覚醒する前の少し重い愛情表現も、レイプされてぶっ壊れた後の
電波っぷりも、ぶっ壊れっぷりが突き抜けて鉈を持ち出した後の
残忍ぶりも全てが最高。

言葉様は本当に不思議なお方です。
私の大好きな菩薩のような包容力を持ち、思いっきり抱きしめて
匂いをかぎ、柔らかい体を堪能したくもなり、更には虐めて
ぶっ壊したくなる属性も兼ね備えています。
ここまで私の理想とする属性を兼ね備えたキャラはそうはいない。

純愛ルートと鬼畜ルートを一手に任せられるレアキャラとして、
私の脳内に刻んでおきます。

ブログランキング バナー←あまりの素晴らしい出来に打ち震えた方は、クリックお願いします。

2007年09月17日

言葉様戦線復帰か

「School Days」の第11話を見ました。

<感想>

言葉様戦線復帰?

最後の最後でやられました。壊れた玩具のようになった言葉がまさか自我を取り戻すとは。

あそこまで一途な言葉様を見ていたら、何だか胸が痛くなりました。
ちょっとしつこくてうざい時もあるかもしれないけれど、それは
自分を最大限好きでいてくれる証。それを無下に断れる男はそうはいまいて。今回の言葉を見たら誠のようなお猿さんな欲情抜きに、ギュッと抱きしめたくなりました。

誠の野郎が光どころか携帯の女全部も食ったのには絶句。
一体何度私を絶句させてくれれば気が済むのでしょうか?
こんな野郎に子供が出来たってのは子供に失礼だろ。
今までさんざん誠も世界も死ねと思ったけど、今は気分が複雑。
生まれてくる子供に罪は何一つないんだよなあ。

その子供を含めて戦線復帰した言葉様が殺っちゃったら、このアニメは私の生涯で殿堂入り確定の神アニメになること請け合いです。

<お気に入りシーン>
言葉様の一人電話に思わず鳥肌が立った。
イイ、素晴らしくイイよ言葉様。

そんな言葉様が雪の中ぜんまいが抜けた人形のように一人勝手に喋るシーンは特に美しかった。綺麗な言葉様は世界の汚いものを見ないでいた方が絶対幸せだよ。

BGMも完璧で本当に文句のつけようも無いのですが、惜しい所を一つあげるなら手に包丁を携えて誠の頚動脈あたりをザシュッとやって欲しかった。次回で全て解放するつもりかな。

ブログランキング バナー←言葉様の自我復活に我が目を疑った方は、クリックお願いします。

2007年09月09日

鬼神覚醒

「School Days」の第10話を見ました。

<感想>

言葉様、覚醒おめでとうございます

このアニメは間違いなく今期最凶です。

誠が加藤と刹那両方とやったのはもういいのですが、
言葉をレイプしておいて次の日鼻歌交じりの澤永、
休憩室の行為を上映するバスケ部の先輩、
誠を誘惑しに行った刹那、肉体関係だけで満足すると言う加藤。
こいつら全員言葉様のほうちょうの餌食になれよ。
トンベリが乗り移った今の言葉様なら一撃だろ。

今回ほど絶望しか感じなかった回はないです。
それなのに途中から何故だか笑えてきてしまいました。
理性のタガが外れてきたかなあ。

レイプされたのに誠の前で健気に笑う言葉には涙が出そうになった。私はどうも不幸な目に遭った人の健気な姿ほど美しいと思ってしまう性質のようで。ちょっとやばい嗜好かも。

言葉様が完全にぶっ壊れましたが、これを誰が責められることか。
復讐なんてやっちゃいけないとは思うけど、言葉はそれをする権利があるように思えてしまう。”法が裁けないなら人が・・・”を許したら、法治国家としておしまいだけど。

それにしてもこの作品を見てからヤンデレが好きになってきちゃいました。誠と澤永を非難出来ないな。

ブログランキング バナー←次回、橋の上の決闘が楽しみな方は、クリックお願いします。

2007年09月02日

心ちゃん以外愛せない

「School Days」の第9話を見ました。

<感想>

桂言葉桂言葉桂言葉桂言葉桂言葉桂言葉

このメールの後に乙女とやるってもうダメだ。
もう誠に殺意すら感じなくなったよ。

そう言えばあの休憩室ってビデオカメラを仕込んでいたような。
これを見たらさすがの言葉も般若へとクラスチェンジするだろうね。とりあえず言葉には誠のアレをちょん切る権利を進呈します。

言葉が澤永の魔手に溺れ、自暴自棄になっていきそうな次回。
唯一風紀が乱れていない言葉だけは堕ちずに狂って欲しい。精一杯踏ん張っている女の子が汚れずに狂っていく姿は愛おしさが5割増しですから。

もうこの作品で救いなのは心ちゃんだけです。
他の女共は陰湿、ストーカー、寝取りと気分悪すぎ。
せめて卯月ちゃんが塾の講師の毒牙にかかっていなければ頑張れたのに。

本編とまったく関係ありませんが、祭りと入力しようと思ったら、末莉が出てきました。このパソコンを他人に使わせることはもう出来ないな。

ブログランキング バナー←心ちゃん以外まともに見れない方は、クリックお願いします。

2007年08月26日

25分でどれだけ殺意を覚えればいいんだ

「School Days」の第8話を見ました。

今週は忙しかったですが、来週もまた忙しくなりそう。
とりあえずアニメを消化出来ましたが、アウトプットは・・・。
RPGで言う序盤の中ボスくらいのテストが10月にありますし、
仕事もちょっとずつ幅が広がってきているし、第一次踏ん張り所かな。

<感想>
一体およそ25分ほどの間に何度”誠死んでくれ”
思っていることか。まったくもって酷い主人公ですね。

今回は中途半端に萌えを入れたのと、一応人の子だったっぽい
世界が誠のお猿さん丸出しの性欲に歯止めをかけたことで一応
落ち着いては見れました。しかしその火種は今もくすぶっているので、相変わらず油断が出来ないハラハラ感満載。正にこれぞ綱渡りの曲芸を見る観客の気分です。

そんな中言葉の体を売ってまで誠を繋ぎとめようとする姿には
胸を打たれた。体を売るなんてバカげた手段は褒められたものでは
ないけど、そこまで誠を思える言葉の一途な想いはとても大事。
まあ名目上彼氏と彼女の関係なら自分の魅力を見せ付けるのも
バカげたとは一概に言えないか。

刹那と世界の関係がよくわかりませんが、刹那と誠の関係はよくわかった。絶頂期の誠は確かに女性に好かれる男かもしれん。

そんな男が何故あんな最低最悪野郎に落ちるんだ。
下半身以外でコミュニケーションが取れんあの姿は終わっている。
下半身を切り取れば元の誠に戻って円満になるんだろうね。
言葉さん、思いっきりやっちゃってください。

ブログランキング バナー←25分で誠に10回以上殺意を覚える方は、クリックお願いします。

2007年08月19日

喘ぎ声は反則であります!

「School Days」の第7話を見ました。

<感想>

バイト先のマニュアルの受け売りって服を脱ぐ事ですか?

さて、そんな話はさておき、皆で言葉いじめが本格化してきました。
ここで刹那までこれに加わったのはちょっと絶望した。
世界とどういう関係があるのか知らないけど、ここまで他人の
個を無下にすることは絶対やっちゃならんよ。
まあそれ以前に誠が最低最悪なのは言う事ないんですが。

言葉を見ているといじめられる側にも責任があるという周りの
クソ大人の意見がいかに的外れかがよくわかる。
周りの奴等いっぺん死んでみた方がいいね。

ラストでとうとう言葉が動きましたが、いじめられる側が反抗
した後っていじめがエスカレートすることが多々ある気が。
結末は誰も救われなさそうだ。

<お気に入りシーン>
言葉のブラジャーが透けていたのより、澤永と物品を取りに行って

「あ・・・ん・・・」

と取るのに苦労しているのがどう聞いても喘ぎ声にしか聞こえん。
言葉さん、この状況なのによくやってくれる。
次回あたりこれが現実化しないことを祈ります。

ブログランキング バナー←言葉の喘ぎ声に反応した方は、クリックお願いします。

2007年08月10日

言葉大丈夫かな・・・

「School Days」の第6話を見ました。

<感想>

貴方をただ、貴方をただ、信じ続け

挿入歌の切る所が天才的過ぎる。
サイパンに行く前に軽く鬱になったわ!

次回予告の前夜祭とういのは二重の意味で怖い。
単に言葉が切れて誠に責め寄るだけの展開ならいいんですが、
加藤の魔手が言葉に忍び寄るのを意味していたらおしまい。
あいつ見境なさそうだから、最悪言葉が精神崩壊してもおかしくない目に遭わされる可能性も・・・。もし加藤が男友達に頼んでレイプとかさせたらもう見てられないかも。

この作品は一体何を訴えるつもりなのか。
人間の浅ましさ、醜さを描いてロケットで突き抜ける気すらしてくる。

しかし何だかんだ言って今期一番気になっている作品だ。
私も相当病んでいるってことか。

ブログランキング バナー←鮮血の前に言葉の身が心配になってきた方は、クリックお願いします。

2007年08月05日

そろそろ血飛沫に嗤うかな

「School Days」の第5話を見ました。

<感想>
公共の場で彼女を抱きしめるのならまだ多少は許せても、
友達のお尻を触るってどういう神経した主人公なんだ。

まあそんなことよりも相変わらず誠の言葉に対する態度がウザ過ぎ。言葉も確かに少し重いし、そこが怖くもあるけど、この傍若無人っぷりには殺意しか抱けんぞ。

なのに・・・なのに遂に恐れていた誠の二股が発動。
エンディングに突入したけど、誠と世界は夜汽車に乗って終電まで赴いたんでしょうね。

正直世界みたいな女もダメだ。
そりゃ背徳感は甘い蜜かもしれないけど、裏切りだけは許せん。
口だけ上手いこと言って体で掠めるなんて最悪もいい所。

次回でこの関係がバレるようだけど、言葉はどう動くのか。
彼女には全てをリセットさせる権利を与えてもいいと思います。

ブログランキング バナー←鮮血エンドに期待している方は、クリックお願いします。

2007年07月29日

ティッシュはいらん演出だろ

「School Days」の第4話を見ました。

何やら喉が痛いのですが、まさかこれが夏風邪というやつか?

<感想>

学校の屋上で舌入れて更に胸まで揉むのか・・・誠は猿以下だな

この作品、もう羨ましいとかそういう次元以前に、誠に殺意しか覚えない。この愚か者に早く神罰がくだらねぇかな。

誠が誠なら言葉の方は恋に恋する乙女というより少し頭がおかしい子にクラスチェンジ。泥沼のカップルだな。

その2人のアドバイザーの世界も頭がおかし過ぎる。
屋上はやめとけって言っといて屋上に行くわ、
はてまた外でやれって論理が破綻し過ぎ。

もうとっとと血まみれの展開にしちゃってくれないかな。
中途半端に綺麗な存在を作らずに、
誰も救われない鬱エンドで一向に構わないです。

そう言えば誠の部屋のティッシュは気持ち悪かった。
リアル過ぎるのとそれしか頭の中にないのが丸分かりで。

ブログランキング バナー←ティッシュに胸糞悪くなった方は、クリックお願いします。

2007年07月20日

言葉が重いなんてよく言えたものだ

「School Days」の第3話を見ました。

<感想>
はい、本日もやって参りました。
頭悪い主人公に寝取る気満々の裏ヒロイン。
寝取られて暴走しそうな表ヒロイン。
もう言葉のおっきすぎる胸とか、無邪気な幼女とかどうでもよくなってきます。

今回は言葉が虐められていましたね。
何とも気分が悪くなる女同士の陰湿な虐めに辟易します。

まあ言葉は虐めてオーラが出ているからなあ。
ちなみに個人的にはぶち壊したくなるオーラを出す女の子は大好物です。・・・そろそろ人間やめるか。

世界のバイト先のコスチュームはやり過ぎだろ。
ノーパンしゃぶしゃぶと勘違いされても仕方ないゾ!

最後の最後でまたもやキスかと思いきや、

「何だか言葉の相手するのって・・・疲れる」

もう救いようが無い。ホームで突き落としてた方が、
この世の為だったんじゃない?
そりゃ言葉は少し重い面が見え隠れしているけど、
それはそれだけ誠を大事にしようと思っているわけだし。

まあ誠は汚い言い方をすれば言葉の体狙いだろうから、そう思っても今更驚かないけどね。

坂道で名前を呼び合っていた場面では、誠が上に
位置していましたが、それも誠が転げ落ちる事で終わるな。

<お気に入りシーン>
電車の中でいきなり抱き合うなよ、誠と言葉。
たまにこんなカップルを見かけますけど、TPOは弁えてほしい。
それを何とも思わない誠のアホっぷりに笑いが止まりませんでした。

この誠に私はあと何回笑えることか。

<エンディング>
また曲が変わっていましたね。今回はいとうかなこさんの「ワルツ」。これはいい曲だ。

それに合わせて誠の遺品も写真が変わっていました。
毎回変えるつもりなんでしょうか?だとしたら相当凝っていますね。

ブログランキング バナー←言葉を重いと言い放つ誠に開いた口が塞がらなくなった方は、クリックお願いします。
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ