1. あのうるさいうるさいうるさいをもう一度 (2)
  2. ドミノを私の部下にお願いします (0)
  3. やっちゃいました (2)
  4. ジョイントしてぇ (0)
  5. かぼパン強いな (0)
  6. 餃子無用 (2)
  7. 悲劇のヒロインぶっちゃって (0)
  8. 主人公は啓作ですか (0)
  9. 貫ちゃんならできるよ (2)
  10. ヤンデレな徒覚醒か (0)

■アニメ:灼眼のシャナ供塀)

2008年03月29日

あのうるさいうるさいうるさいをもう一度

「灼眼のシャナ供の最終回となる、第24話を見ました。

<感想>
悠二がシャナの背中を任されるほどに成長して終わりを迎えた
第二期。最後はめでたく悠二がシャナを守りたいものと認識
したことで、シャナエンドに突入。
やっぱりツンデレの釘宮様は正義ということですね。

戦闘の運びとしては、前回がクライマックス。
代わりに今回は心理描写に力が入っていた。
悲劇のヒロインぶっていた吉田さんは自分の足で歩く決心をし、
復讐にかられていたマージョリーは、復讐以上に大切な物を
見つけ、悠二は守りたいものをはっきりと言明。

この中最も光ったのが、言わずもがな”俺のヘカテー”。1クールのぐだぐだ感がここにきてようやく花開きました。近衛史奈の記憶はしっかりと受け継がれていたんですね。

わざわざ悠二に会う前にマントを消して、銀の前では再びマントを
羽織るシャナ。悠二の前ではフレイムヘイズではなく、一少女、
シャナとして会いたかったというわけかな。
何ともいじらしいなあ。

<総評>
結局バルマスケの真の狙いも、ラミーが言った”銀”を
追うな発言の真意も、あっけなく退場したフィレスの再戦も
宙ぶらりん。

最初見終わった時はこれでいいのかと思いましたが、
今期のテーマが悠二の闘う理由にあったことを考えると、
一応は面目躍如だったかなと思えた。

もし第三期があるのなら、原作が終了してから、もしくは
謎があらかた解けてから、全てを解き明かすつもりでやって欲しい。

最後に一言。

「うるさいうるさいうるさい」

をもう一度聞きたかった。

ブログランキング バナー←伝家の宝刀で締めくくって欲しかった方は、クリックお願いします。

2008年03月21日

ドミノを私の部下にお願いします

「灼眼のシャナ供の第23話を見ました。

<感想>
零時迷子が銀の心臓として、ヘカテーが集めた人間の感情を
銀の感情として、銀が稼動5秒前に。
紅世でしか生まれない徒を、現世で生まれさせられれば、
徒の天下というわけか。
でもこんなことがバルマスケの望んだことなのかは微妙。
少なくとも俺のヘカテーと言い切る変態にはあまり興味
ないことだろうなあ。

もうシャナと悠二が完全に対等になっていますね。
互いが互いを支え合って、1+1が2どころか3にも4にも
なっている。人との繋がりで最良の関係をこんな所で
見せられては、吉田さんも諦めたくもなるわな。

<お気に入りシーン>
ドミノの大行進が緊迫感を心地よく失わせてくれます。
3期をやる際には、ドミノにもっとスポットライトを与えてくださいまし。

ブログランキング バナー←ドミノはもっと評価されるべきと思う方は、クリックお願いします。

2008年03月15日

やっちゃいました

「灼眼のシャナ供の第22話を見ました。

<感想>

千草さんが妊娠だって!やっぱりこの間の見送りはそうだったのか!!

なんで折角の休みにこんな憂鬱になる事件を知らねばならないのか。

それにしても、悠二に亡くなった兄がいたとは。
これは何の伏線でもなく、単に悠二の決意をより強固に
する為だけの設定か。

吉田さんが心配していた、告白後の自分の行動は、いい意味で独りよがりな面が見受けられる。最初はイエスマンだったのに、今はNoと言える女。2期の最終話間近にきて、この成長の証が見られたのは満足。

ただ、池の振られ具合に関してはちょっと寂しい。
やる前から結果がわかっていただけに、もう少し池に余韻を与えてあげてもいいのでは。

ラストでついにお姫様が攫われましたが、一体どうやって
残りの話数で纏めるのか。
目的は恐らく悠二をバルマスケのトップにでも降臨させる
んでしょうが、それを今からやっては絶対間に合わない。
どうやら第3期に期待せざるを得ない状況のようです。
今期は次期繰越が多くて困る。

<お気に入りシーン>
カリモフしているツインテール。子作りを教えてくれとせがむ
ツインテールさん。子作りは裸になる以上に恥ずかしいと聞いて、
顔を真っ赤にするツインテールさん。パンを突き破るメイドさん。
やっぱりツインテールのツンデレって素晴らしい!

ブログランキング バナー←千草さんが妊娠なんて、嘘だ!と思った方は、クリックお願いします。

2008年03月08日

ジョイントしてぇ

「灼眼のシャナ供の第21話を見ました。

<感想>
この燃えこそシャナ。超常的世界観を舞台としているからこそ出来る、バーリトゥードは迫力満点。

初めて最強クラスのフレイムヘイズ、3人が力を合わせた今回。
嘗ては個人主義者だった皆が、今では信頼関係で結ばれた仲へ。
この場面でジョイントを流すあたり、演出として完璧なんてものじゃない。

啓作の決意はどう見てもマージョリーへのプロポーズ。
同級生がいるのに、臆面もなくプロポーズ出来るなんて、
かなり大人な奴です。

その真剣な告白を鼻で笑ったように見せつつも、きっちり受け止めてくれるマージョリー。いい女とはこういう女性のことを言うんだろうなあ。

とりあえず本編でサブラクが死んだようだけど、後数話で
どう纏めるつもりなのか。もう銀をどうこうするだけの余力は
ないと思うんだけど。

<お気に入りシーン>

「うるさいうるさいうるさい!」

やっと伝家の宝刀が抜かれたか。
燃え中心で攻め立てつつ、ラストで萌えまで忘れないスタッフ陣。
こんな良く出来た社員を持つなんて、J.C.STAFFの将来は明るいです。

ブログランキング バナー←ジョイントが流れた瞬間、鳥肌が立った方は、クリックお願いします。

2008年03月01日

かぼパン強いな

「灼眼のシャナ供の第19話を見ました。

<感想>
待ち焦がれた我が愛しのメイドさん、ヴィルヘルミナの戦闘。
相手は相手にとって不足なしのサブラク。
スティグマ、絶、、タフネス、無限の武器。
力比べをするとなると、相当辛い相手。
この相手に長時間闘えるヴィルヘルミナは本当に強い。
攻撃パターンも多いし、局面を冷静に見極める目があるし、メイドさんだし、過酷な状況でも諦めないし、かぼパンだし。やはりかぼパンは大きいということか。

バルマスケの真意は何だか2期でも明らかにならないような予感。
銀を降臨させるという手段に対する目的が一番気になる所なんだけど、ここがまた次期に持ち越されるのは結構辛い所。やっぱりアニメ化は、原作が完結しているか、もしくは収束方向に入っているのに限る。

ブログランキング バナー←ヴィルヘルミナはかぼパンだから強いんだよと思う方は、クリックお願いします。

2008年02月23日

餃子無用

「灼眼のシャナ供の第19話を見ました。

<感想>
首の骨を折って徒を倒すなんて、悠二がいよいよもってフレイムヘイズの側に立った感じがする。いや、封絶を張っているとはいえ、人がいる商店街で暴れまわるのはむしろ徒に近いか。シャナを優しく包み込んだ悠二が消えちゃったなあ。

変わった悠二を全否定するわけではないけど、
フレイムヘイズそのものだった頃のシャナとさして変わらない
今の悠二が果たしてシャナに何を与えられるのか。
ここらで悠二は一遍死んでみ・・・もとい、痛い目に遭った方がいいな。

次回はサブラク君が登場の模様。そんな中ボスよりラミーのおっさんの登場を切望する私は、おじさん趣味でしょうか。

<お気に入りシーン>
ヴィルヘルミナが千草さんの為に作っている料理を見たアラストールが、

「悪化せぬか?」

と真面目につっこんだシーンは滑稽。
今期は出番が少ないと思っていたら、いつの間にかつっこみ役に
転向ですか。

しかし真に注目すべきは、このシーンでヴィルヘルミナが冷や汗
らしきものをかいている所。自分が生み出した毒の効果に、
百戦錬磨のフレイムヘイズも驚きを隠せなかったか。

ブログランキング バナー←ヴィルヘルミナの料理は餃子を上回ると思った方は、クリックお願いします。

2008年02月16日

悲劇のヒロインぶっちゃって

「灼眼のシャナ供の第18話を見ました。

<感想>
あの無敵の千草さんが倒れるなんて。
貫太郎との別れ際に何かしたのが原因ですか?

悠二がだんだん悲劇のヒロイン化してきました。
これまでエゴが少なかった分、エゴが出てきたのはいいんですが、
これじゃあいきすぎ。普段真面目な奴のタガが外れるとロクでも
ないとよく言われるけど、正にその通りな展開。
この悠二を元の道に戻せるのは果たしてシャナか吉田さんか。

ちなみに千草さんの看病は私に任せてください。
というか親不孝な息子の悠二の代わりに、私を千草さんの息子にしてください。千草さんが倒れた時は、仕事を休んで駆けつける覚悟があります。

<お気に入りシーン>
アイキャッチのバレンタインチョコを作るシャナがいい味出してます。そう言えば世間ではバレンタインなんてシロモノがありましたね。

千草さんを励ますシャナの動きがまるで京アニの如くだった。
やたらめったら動くし、小首かかげてかぁいいし。
あのシャナにはスタッフの本気を見ました。

ブログランキング バナー←千草さんの看病を喜んで引き受ける方は、クリックお願いします。

2008年02月10日

主人公は啓作ですか

「灼眼のシャナ供の第17話を見ました。

<感想>
今回はタイトル通り、それぞれのキャラが自分の道を見極め、
それに邁進する決意をした回。第挟の前半戦が女性陣の決意
中心だったのに対し、後半は男性陣メインのようで。

啓作と栄太の別離では、二度商店街の別れ道が描かれるといった
演出、オガちゃんの発破といった具合に、主人公ばりに優遇されており、満足しました。

一方の悠二は危険な方向への決意をしちゃったよう。
自分だけの力で何とかしようという傲慢な決意は
空回りにしか見えないです。今までの悠二はあの偉大な両親譲りの
冷静な視点を有効に使えてきたからこそ、無事に乗り越えられて
きたように思うんですが、今はそれがない。

そもそもシャナがツンツンして、悠二が受け止める姿が
ないのが一番の問題です。その関係が一番しっくり来て、
お互いの力をフルに発揮出来ていたのに。私がシャナのツン好きだから言っているのではないので悪しからず。

どうやら悠二は近いうちに痛い目を見そうですね。
それが最悪の結果とならなければいいんだけど。

<お気に入りシーン>
啓作が栄太にかけた、半端者から卒業という言葉は決まりすぎ。
別離れても生涯の友であることに変わりはないというのが
見えました。どう見ても一番いい漢は啓作だよなあ。

ブログランキング バナー←もう啓作が主人公でよくない?と思った方は、クリックお願いします。

2008年02月02日

貫ちゃんならできるよ

「灼眼のシャナ供の第16話を見ました。

<感想>
オープニングが変わっていましたが、「JOINT」がカッコよすぎた為、ちょっと残念な結果でした。

吉田さんがフィレスからもらった十字架はHP消費型アイテム。
フィレスの奴、本当に残酷な奴です。
吉田さんの気持ちを最大限に利用しちゃって。
幻影とはいえ吉田さんと心の共有は出来ただろうに。
それともそこまでしないといけない事態が差し迫っているというのか。

にしても貫太郎は一体何者?まるで全部をわかっているようにまた旅立ちましたが。もうあの人がバルマスケの真のトップだろうと、何だろうと許せちゃう気がします。

<お気に入りシーン>
一番最後のヘカテーが一人佇み、鳥が寄ってくるも飛び立つシーン
はいいです。それまでの全てから解放されていた近衛史奈から、
がんじがらめの鎖に縛られたヘカテーに戻ってしまったのがよくわかります。

でも個人的には、前回飛び散った近衛史奈の存在の力が、ヘカテーに宿って、何かしらを覚えている展開が見たい。

ブログランキング バナー←貫太郎ならバルマスケの当主も軽くこなせると思った方は、クリックお願いします。

2008年01月26日

ヤンデレな徒覚醒か

「灼眼のシャナ供の第15話を見ました。

<感想>
偽りの器近衛史奈消失。
最初から悠二にべったりだったのは、以前器を重ねた快感が
忘れられないだけでなく、悠二同様に自分が入れ物でしかなかった為でしょうか。名残惜しそうに消えていくあの表情共々、いい女じゃないか、ちきしょう。

バルマスケが“銀”を暴君と呼び、また“銀”の甲冑が何故か
バルマスケに。教授が造った兵器か、何かを入れる器なんでしょうかね。しかしそうするとラミーの言ってた、追っても無駄云々の発言との関連性がよくわからんなあ。

ラストで吉田さんがフィレスから何かを貰っていましたが、
あの封具は一体。シャナと対等の場に立つ為、フレイムヘイズ
にでもなるつもりでしょうか。いや、フィレスから貰ったなら、
紅世の王の方がしっくりくるか。
そうなるとヤンデレ具合がかなり増しそうな予感。
ストーカー1つするのも、物凄い能力使いそうだよなあ。

しかし面白くなってきたというのに、もう15話。
原作も終わっていないのに一体どうするつもりなのか。
やっぱアニメは原作が終わってからに限ります。

ブログランキング バナー←吉田さんが徒になった暁には、最高のヤンデレになると思った方は、クリックお願いします。
オマケ
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/jiro_s36/



2005年10/20より始動
Profile
jiro
二次元と三次元を行き来する社会人一年生
タイトルの元ネタは「ネギま!」

三度の飯よりかわいい女の子が大好きだが、最近は準にゃんやはやてきゅんなど可愛い男の子にも目がない。画像は同志wataru氏より拝借した準にゃん。

リンクはフリーです。してくださったらとても嬉しいです。

気軽にコメントしてください。返事は何があってもします。

個別に何か伝えたいことがある方は
下記のアドレスの☆の部分を@にしてメールください。

jirogu☆hotmail.co.jp
カテゴリ