こんにちは、ちょろまかし呑み助です。

とうとう本日が最終回のこのブログ。
もちろん再開を心に誓ってはおりますが、
いったんお休みをいただきます。

呑み助が最後に皆さまにお伝えしたいのは、
当ブログを開設以来、
弊社をあげてオススメしてまいりました

Benromach logo png

です。

これまで、セミナーの内容を踏襲した記事がありませんでしたので、
本日はベンロマックの基礎であり、
また哲学でもあるそのこだわりについて、
お伝えしたいと思います。

とはいえセミナー内容をそのまま書き起こしてもつまりませんので、
今日はベンロマック蒸留所の歴史のサブストーリーに絡めて、
ご紹介します。

なぜベンロマックがこんなにマイナー蒸留所なのか?
その答えがフィロキセラにあるとしたら、
皆さまはその繋がりがご想像できますか?

images
こっわ!!

1860年代の後半、フランスを襲ったブドウの病害フィロキセラ。
これにより、フランスはおろかヨーロッパのブドウが
ほぼ全滅に近い被害を受け、
素晴らしい生産者が消えていった、というのは有名な話ですが・・・

実は後日談として、この事件はイギリスへ大きな影響を与えます。

そのころ、イングランドの富裕層が楽しんでいたのは、
何を隠そうフランスからの輸入品、ブランデーがメイン!
ところがこのフィロキセラの害により、
ブランデーの生産がストップしたために、
これまで需要が高かった市場で飲めるものがなくなり、
代わりにブランデーに似た(ここポイント!)

「柔らかくて甘くて飲みやすくて熟成した」

蒸留酒が求められたのです。

そう、それこそがブレンデッドウイスキー!!

この機を逃さず、ジョージバランタイン&サンズ(エディンバラ)や
ジョンウォーカー&サンズ(カーマノック)、
シーバスブラザーズ(アバディーン)などのグロッサリーは
その舵を一気にブレンデッドウイスキーの生産に切ったのです。
(そしていまだに残る、その実力と品質の高さよ!)

そのため、スコッチウイスキー業界はその生産を
一気に増加することが求められました。

ご存知のとおり、ブレンデッドウイスキーを作るために必要なのは、
シングルモルトウイスキーとグレーンウイスキーです。

当時、ブレンデッドウイスキーを作るためのモルトウイスキーの蒸留所が
必要になり、ベンロマックもその一つでした。

図1
1960年当時の蒸留所

もともとの目的が「ブレンデッドウイスキーの量産!」なのですから、
シングルモルトウイスキーとして求められていたわけではありません。
そのため、ベンロマックのウイスキーはオフィシャルボトルから
リリースされることもほとんどなく、
ひたすらブレンデッドに使われていたのです。

そりゃあ、名前も売れないわ。マイナー蒸留所になるわ。

そのような背景から、1993年にゴードン&マクファイル社が
買収したことにより、不死鳥のごとく復活したベンロマック!!

2015年のラベルリニューアル以降、
その勢いは伸びる一方で、
世界的な受賞も重ねています。

JIS_benromach-10yo_シールS_ol

ベンロマックの特徴は、「古き良き味わいの復刻」に尽きます。

その味わいを復元するために、
蒸留所の機械化 / 自動化は最少単位に抑えられ、
5人のウイスキー職人が、その手でウイスキーを作っています。

110917_Benromach_0023c_800
左から、マイク、ムルド、ブライアン、ジェシカ、蒸留所責任者のキース

生産工程を効率よく分担するにも、人数が少なすぎて無理。
ということから、この5名が発酵から樽詰めまでの
全ての工程に携わっています。

熟成庫も、床が地面の、昔ながらのダンネージスタイルを踏襲。
人力時代の熟成庫は、機械が積んだり取りに行ってくれる現在のように、
何十樽も縦に積むことはできません。
現在のベンロマックの熟成庫も、高くても3段までしか積まない、
というルールを徹底しています。
このため、熟成する樽も、簡単には増やせません。

35546855_10155671451182507_4064820245083193344_o

しかし、ウイスキーの熟成にはこの方式が最適、
効率を優先して段数を増やすことはないようです。

ここまでくると、もはや執念に近いこだわりですね。

他にも、仕込み水は天然水であったり、
原料の大麦もスコットランド産であったり、
土着であることを強く意識した工程もたくさん見受けられます。

ベンロマックの魅力は、語るに尽きません。

いつかまた、このブログが再開した暁には、
ベンロマックの新しいニュースを引っ提げて、
復活したいと思っています。

ブログは休載しますが、ベンロマックはその成長を止めることはありません。

弊社のフェイスブックツイッターでは
引き続き最新ニュースをお届けしていきますので、
こちらもぜひチェックくださいね。

これまでご愛読いただきありがとうございました。

皆さまが今宵も、これからも、よいお酒と共に健康に過ごせますように!

スランジ!
呑み助でした。