Deep Sessions

株式会社ジャパンインポートシステムの公式ブログです。海外生産者とのイベントや商品の紹介など、よりDeepな情報をお伝えしていきます。

試飲会

涼しい風と共に、シェリー酒をどうぞ!

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。
このブログも、残すところあと2回となりました。

お休み前最後の記事は、
おそらく皆さまご想像がついているかと
思いますが、この「最後の1コ前」というのは、
なかなかにテーマを選ぶのが難しいものですね。

というわけで、本日は昨年10月に来日してくれた
バルデスピノのイベントに絡めて、
秋に向けてシェリーをオススメしたいと思います。

昨年、滞在期間が短いながらも弊社を訪れてくれ、
そのまま新宿でのキャンペーンに尽力くださった、
バルデスピノ社の営業、ギエルモ・アルセ氏。

DSC_0052_640
営業部長 ギエルモ・アルセ氏

何度か日本には来てくれておりますが、
今回は初めて、お客様にご協力を賜り
1夜限りのバルデスピノ☆ナイトを敢行!

ポスターメニュー-3
※当イベントは終了しております

すでに生産が終了している甘口のトネレスを引っ提げて、
ご参加いただいたお客様に
直接バルデスピノの良質さや丁寧な作り方を
説明してくださいました。

IMG_0312
新宿 371 BAR 様にて

バルデスピノは、かのワイン評論家ロバート・パーカー氏をして、
ヘレスのロマネコンティである、と言わしめています。

1430年にはすでにシェリーを生産していたことが確認できる
古いボデガで、生産の全工程を自社の管理のもと行っています。
1883年にはスペイン王室御用達のシェリーになり、
その評価を不動のものにしました。

バルデスピノが特別なところはいくつかありますが、
シェリーでは珍しい単一畑から生産していることもその一つ。

一番人気のフィノタイプの商品“イノセンテ”も、
単一畑から作られる1本です。
Inocente
このフィノについては、
ワイン評論家のルイス・グティエレス氏も
ワイン・アドボケイト誌において、
下記のように評価しています。

(以下引用)
バルデスピノイノセンテ フィノは、
今日でも600リットルのアメリカンオーク製のボタ(樽)で発酵を行う、
とても数少ないヘレスのワインといって間違いないでしょう。
大きなステンレス製のタンクで、
数万キロものブドウ(時にはそれ以上)を一度に発酵させる手法に比べると、
信じられないほど多くの手間をかけなければなりません。
昔はこの製法がスタンダードだったのですが、
あまりに重労働であるためほとんどのワイナリーが止めてしまいました。
(引用ここまで)

図1 バル

スペインワインの巨匠、ピーター・シセック氏も
言及していたように
シェリーはもっともっと知られてよいワインだと思います。

ちょっと考えただけでも、実はこんな利点が・・

・ ボディが厚いことから、楽しむグラス(カップ)の形状を選ばない
・ 美味しく飲める温度の幅が広く、持ち歩いた直後の開栓もOK
・ いろんな食材に合う
(タイプによっては1本で、和洋中のおつまみに対応できますよ!)
・ 度数がちょっと高いので、寒空の下でも身体が温まる、かも
・ 日持ちするので、その場で飲みきれなくても自宅で続きが飲める
・ なによりコルク抜きが不要なので、アウトドア向き
(蓋はスクリューキャップかコルク栓が使用されているので、
道具が不要。手で開けられます)

実はカジュアルに楽しめるワインなんです!

これから涼しくなる時期には、
フィノをトニックや7UPで割ったレブヒート、という
カクテルが飲みやすく、オススメです。

また、実はこれまでにも、シェリーの啓蒙を図って
いくつか記事を書いてきました。

ぜひこちらもご一読ください!

呑み助でした。
次回、いよいよ感動のLAST!?

オールドボトルという存在

もはや毎年のお約束。
立秋が過ぎても、暑い日が続きますが
皆さま体調を整えて、美味しいお酒を飲まれていますか?

ブログ公開最終日が決まったことで、
お話しし足りないことは何かないかな?と
考えておりましたところ、
そういえば弊社にはもう一つ、
オールドボトル、というカテゴリーもあったな!と
思い出しました。

ですので、今日は過去にお招きした
THE イタリアの良心=ナディ・フィオリ氏のセミナーを
振り返りながら、
少しだけお話ししたいと思います。

最近はその流行もあって、
オールドボトルを取り扱われる方も増えてきました。
とはいえ、オールドボトルの定義というのは
なかなかにむつかしく、
ハッキリこれだー!ということができません。

すでに流通在庫からは姿を消し、
人知れずずっと眠り続けたボトル、という感じでしょうか。

今や失われた時代の失われた味わいを楽しめる幸せは、
中毒性が高く、
お好きな方は本当にお好きです。

しかし。
オールドボトルの取り扱いは、
ほぼばくちのようなものでもあります。
環境がパーフェクトに整っていれば、
これ以上美味しいものはないかも・・・!とも思いますが、
何十年もの間にそのボトルに何があったか、
誰も知る由もありません。

人間も、そうですよね。
自分の過去を振り返り、
何十年も和やかでパーフェクトな環境に
身を置き続けられた方は、少ないと思います。

弊社では、ずいぶん昔からこのようなボトルを
取り扱ってきました。
そして、2008年には、
多くの著名なコレクターがいるイタリアより、
社長田中の古い友人でもあるナディ・フィオリ氏を招き、
セミナーを行いました。
Islay Festival 2005 101
ナディ・フィオリ氏近影 2005年のアイラフェスにて

ナディさんは、シングルモルトウイスキーのボトラーズ業界では
大変に有名な人物として知られています。

今は気の向くままにご自身のボトルをリリースされていますが、
イタリア屈指のボトラーであるハイスピリッツ社の代表であり、
オールドボトル市場では、インタートレード社名義で
リリースされたボトルをたくさん見つけることができます。

IT
インタートレード社リリース ポートエレン17年

イタリアのボトラーズ商品といえば、
ムーンインポート社やサマローリ社の商品に見られるように、
中身が美味しいのはもちろん、
そのラベルの美しさも見どころの一つです。

bouquet
サマローリ社リリース グレンオード 1962 伝説のブーケラベル!
ロングロウ 1987 SM
サマローリ社と言えば、このボトルが特徴的。ロングロウ 1987

LAPHROAIG 1996  SAMAROLI-2
裏ラベルにはご自身の似顔絵を入れていました

P1010015ティーニニック 1981TAMDHU 1988 SHERRY  MI 2011 BOTTLING THE LAST FETISH
ムーンインポート社リリースの数々。
リリースごとに「ザ・シー」「アニマル」「ホラエ・ソラリス(太陽の時間)」
「コスチューム」「ラスト・フェティッシュ」など、テーマが決まっていたのが特徴的でした。

bird - コピーCOSTUME - コピーhorae - コピーsea - コピー
2010には、創立30周年を記念して、
これまでのラベルを使った記念ボトリングをリリース。
そろったところは壮観でした。


ハイスピリッツ社のボトルも例に違わず、
芸術性の高いラベルをたくさんリリースしてきました。
ARRAN 21YO  HS LIFE IS A CIRCUSLITTLEMILL 21YO  HS COLOURS COLLECTIONNATURAL CASK STRENGTH SELECTION CAOL ILA 30YO  HSラガヴーリン8年

左から、「LIFE IS A CIRCUS」「COLOURS」「NATURAL CASK STRENGTH」「SINGLE ISLAY」

その発端は、ナディさん自身がご兄弟と経営を始めた、
小さなレストランでした。

1970年代当初のイタリアでは、
シングルモルトウイスキーの輸入が増え、
市場にたくさんのボトルが見受けられましたが、
顧客が育っておらず、また大変に高価だったこともあり、
なかなか一消費者の手元まで届かなかったようです。

それでありながら、「何か人とは違うものを」と思うのは、
なんとなくおしゃれなイタリア人の気質が
見え隠れする気がしますが、
レストランのお客様のために、
珍しいボトルを探しにスコットランドを訪問し始めたのが、
ナディさんのボトラーとしての第一歩でした。
OLD INTERTRADE REPLICA LABEL BOWMORE 13YO  HSINTERTRADE OLD LABEL REPLICA LAPHROAIG 12YO  HS
インタートレード社 復刻ラベルシリーズ

できるかぎり安く市場に届けられるよう、
ナディさんは自分自身でモルトを輸入するようになります。
また現地で育んだ古いボトラーとの友情から、
樽を買い付け、自分自身のラベルでリリースもするようになりました。
これが、1983年に創設された、インタートレード社の始まりです。

その後もレストラン業とボトラー業を兼務しながら、
イタリアンボトラーとしての地位を確立していきますが、
1990年代の後半には、レストラン業に注力するべく
インタートレード社を閉めることになります。

ただシングルモルトへの情熱は燃え続け、
2000年には再度ハイスピリッツ社として復活を遂げました。

doc08057120180815150710doc08057220180815150854マッカランラベル

このように、ナディさんご自身がイタリアの
モルト業界の波をくぐり抜け、
実際に体験したきたことをお話しいただけたのは、
10年前のこととはいえ僥倖でした。

セミナー内では親交のあるイタリアの生産者
(モルトに限らず、天使のグラッパを作るあの方まで・・・)を
ご紹介いただいたり、イタリアンタックスの歴史を
教えていただきました。
P1010064
P1010039
P1010067

Zagatti samples 020_640
盲目のコレクター ヴァレンティノ・ザガッティ氏

Romano-Levi-042_640
「天使のグラッパ」職人 ロマノ・レヴィ氏

Romano Levi Closed 007_640
レヴィさんの蒸留所入り口(カワイイ!)

その中で、特に印象に残っているお話を一つご紹介します。

税制が定着せず変わったりするのは、世の政府の常ですが、
イタリアの場合、新しいタックスシールを使い始めるのと同時に
古いものは廃棄するのではなく、
ヤミに流して欲しい人に売ってしまうんだとか!!

こうなると、もはや手元のオールドボトルの流通年代も、
不安になるでしょう?
といたずらっぽくニヤリとされたそのかわいらしい笑顔に、
イタリアらしさを感じたと、
当時の通訳は申しております。

流通年代ももちろん大事だけれど、
そのボトルがいつ作られたか、
ということにとらわれ過ぎないで、
美味しさを楽しんでほしい、

とナディさんは続けたのでした。

最近、とても充実したウイスキーのオールドボトルの事典
発行されましたが、そういう本を片手に、
今ではもう過ぎ去った時間に思いをはせるのも、
一つの楽しみかもしれません。

呑み助でした。

ラムフェスタ 回顧録

湿度の高い日本の夏、皆さま楽しまれていますか。
ちょろまかし呑み助です。

先週ラムをご紹介してから、
こんなんラム飲むしかないじゃん。と、
ラムばっかり飲んでいます。

先週末は、アジアで最大と謳われている
ラムコネクション2018でしたが、
皆さま、楽しまれましたかー?
弊社もスタンドを出展し、
たくさんのお客様にお越しいただきました!
ありがとうございました!

それを見つつ、思い出したのは・・・
弊社も取り組んでいた、
日本で唯一アグリコール・ラムに特化したイベント、
ラムフェスタのこと。

ずいぶん時間も経ちましたので、
知らないお客様もいらっしゃるかと思い、
少しばかり思い出話をさせていただこうかと思います。

一番最初のラムフェスタは、2008年。

なんと10年前・・・!
トロワ・リビエールダモワゾー
そして取り扱いを始めたばかりの
セント・ジェームス & J.バリーデパズを所有する
バーディネの3社8ブランドが来日し、
さらにボトラーズのラムも加え、こじんまりと開催されました。

083-Tasting-Hall_640
205 The Band_640

が!なんとご来場くださったのは500人以上のお客様!

小さな会場が最終的にはぎゅうぎゅうになり、
大盛況いただいたのでした。

当時、ラムに特化したイベントというのが
珍しかったのもあるでしょうか。

この時は、弊社の人間ですら現地を訪れたものがおらず、
少しでもカリブの雰囲気をお伝えしたいという思いから、
西麻布の巨匠、tafiaの多東千惠さんにご協力いただき、
ソウルフードである「アクラ」を作っていただいただけでなく、
マルティニークに関するセミナーもお願いしました。

062 Ms. Tato_640

日本ラム協会の理事として、
今や引く手あまたな多東さんのセミナーを
当時このような形で拝聴できたことは、
呑み助の個人的な自慢です。

欲を言えば、全部聞きたかった。
弊社も初めての大々的なイベントで、全然余裕がなかった。

次の年には、来場者の大幅な増加を予想し、
社外の専門家にも依頼し、
なんと東京ビッグサイトにて開催!!

P6069771_640

来日企業は一気に増え、なんと6社11ブランドに。
カリブの雰囲気で会場を満たすべく、
TATANKAボトルをずらーーーっと陳列しました。

DSC_0707_640
DSC_0700_640

会場内は、ラムの生産工程にものっとり、
「エコ」を意識して、
再利用できるダンボールで全て装飾。
使用後はリサイクルに出しました。

CIMG0812_64000D WORKING_640

00C WORKING_640

翌年のラムフェスタ2010では
さらなるフレンチクレオールラムのすそ野を広げるべく、
全国の有名BAR18店舗に依頼し、
カクテルをご提供いただきました。

P6069519_640
P6069489_640
P6069344_640

参加店舗(スタンドポジション順)
第一部
BAR PEAT
BAR ARGYLLBAR KASHMIR
BAR RUMHEAD
MAMBO BAR
holly BAR
BAR DORAS
mojito 7
日本ラム協会

第二部
BAR VESPA 福岡
BAR GLORY 桜木町
BAR Higuchi
BAR AUGASTA
BAR, K
Bar AdoniS
日本ラム協会
(一部、閉店や移転のお店は省略しています)

さらには、自分で言いますけど、
生のサトウキビを展示に使うという、
斬新かつセンセーショナルな装飾(有効期限2日←枯れるから)で、
ご来場のお客様にはお楽しみいただきました。

P6069146_640

カリビアンフードを京都のクレオール・サンドイッチさんに
依頼したのもこの年。
のちの日本-マルティニーク-グアドループ友好協会さんです。

P6069457_640
P6069337_640

当時は、まさかこんなに長いお付き合いになるとは、
思いもしませんでした・・・

そもそもの出会いも、たまたま!サンドイッチ屋さんの前を
通りかかった出張中の営業が気づいてくれたもので、
これがなかったらご縁がなかった可能性も・・・

ラムは、人をつなげてくれるお酒とよく言われますが、
本当にそう思います。


3年ラムに特化して開かれたラムフェスタは、
2011年にラムフェスタ+(プラス)として
ラム以外のフレンチスピリッツも集結させました。

ポールジローシャトードブルイユジェラスという
弊社を代表するブランデーの生産者も集い、
ラムに留まらないフレンチスピリッツの楽しさを
お届けできました。


会場の1階では、開催前1か月にわたりポップアップカフェを展開し、
有楽町を闊歩する皆様にもアピール。

Etranger 027_640
Etranger 021_640

この数年は、毎年毎年新しい企画に挑戦することが続き、
社内もとても盛り上がっていたことを思い出しました。

その後地方での開催を何度か続け今に至りますが、
夏になると思い出す。
先輩と「明日起きたらもう9月になってて涼しくなってて、
ラムフェスタ終ってないかな。」と
言いあった毎日を。

ラム、いいですよね。
この夏もぜひラムと一緒によい思い出を作りましょう!

呑み助でした。

ウイスキーフェスティバル IN OSAKA ご報告

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。

さあさあ、始まりましたよ、このシーズン!
これから毎週末に近く、日本のどこかで、
試飲会が開かれる季節が到来いたしました。

弊社では、公式フェイスブックアカウントツイッターなどで
出展状況をお知らせしてまいりますので、
ぜひチェックしてくださいね!

本日は、6/3(日)に行われました
ウイスキーフェスティバル in OSAKA について
ご報告したいと思います。

JISチームは、当日始発の新幹線で現地入り。
ゴードン&マクファイルベンロマックキングスバリー
ダグラスレインハンターレイン
5大ブランドを一挙にご紹介するため、
ブースの準備は毎回戦争!
ブースに着くや否や、箱を開ける人、ボトルを取り出す人、
バナーを立てる人、ポワラーを付ける人・・・と自然と役割分担して、
あとはもう黙々淡々と進めます。
もうこの瞬間が、一番テンパってると思います(静かさに比例して)。

CIMG4495_1024

会はもちろん例年どおり、大盛況!!

BlogPaint

ウイスキー文化研究所代表の土屋守先生のご挨拶、
そして顧問弁護士渋谷寛先生のジョニーウォーカー姿を拝見し
(渋谷先生、この日はお暑かったことでしょう!)、いざ開会。

CIMG4488_1024

弊社スタンドで人気の高かったのは、この商品です!

ゴードン&マクファイル
→ 蒸留所ラベル リンクウッド、モートラック、グレングラントなどの
鉄板アイテムに人気が集中!
新ラベルへのご質問も
たくさん頂戴したようです。

ベンロマック
→ もちろん弊社イチオシの10年をとにかくお試しいただきました!
スペイサイドなのにピートが感じられる特徴や、
効率を度外視したこだわりなどをご説明。

・「香りはかなりピートがきいてるけど、
飲んでみたらそこまでピートは強くない。おいしい」(40代男性)
・「水割りにしてもおいしい。個人的には100プルーフが好き」(20代女性)
・「煙っぽいと説明されたけど、そこまできつくない。
でも15年のほうが煙っぽさがなくて飲みやすいかも」(30代女性)

などなど、弊社にとっても貴重な生の声をいただくことができました。

キングスバリー
→ ウイフェスでありながら、ちょっとオマケにお持ちした
久しぶりのシングルカスクラムにご注目いただきました。
ニカラグア 17年、ジャマイカ ハンプデン17年、バルバドス WIRD 17年の
いづれも長期熟成の樽です。
ボトラーズらしく「蒸留所の個性」「樽単位の個性」にこだわったシリーズで、
久々のリリースに、以前から知っていただいている方に
ご好評いただきました!

ダグラスレイン
→ なんとダグラスレインからは、
台湾にお住まいでアジア営業を担当されているポール・ワン氏が
ブースのお手伝いに来日してくれました!

IMG_2711_1024

ビッグピートを始めとする、ダグラスレインの看板シリーズ
リマーカブル・リージョナル・モルト
バンバンご紹介してくださいました。

ビッグピートは同シリーズの中で一番最初にリリースされ、
ポートエレンが入っているなどインパクトも絶大だったことから、
かなり周知されてきました(ありがたいことです!)。
反面、なかなかそこまで知名度が上がらないのが他の面々。
特にローランド紳士の THE EPICUREAN 氏はその名に反して
お静かな方なのですが(弊社倉庫比)、
この日はポールさん直々のご紹介もあり、
かなり人気者だった模様。

ポールさん、サポートありがとうございました!

ハンターレイン
→ マイナー蒸留所の、グレンカダム 22年 1991 と
ブレア アソール 17年 1997 に新しい発見!?
どちらも弊社が厳選した樽を日本市場限定に詰めてもらった
FOR JIS シリーズのボトルですが、
お試しいただいた方からは、
「味わいが豊かで素直に楽しめる!」という
嬉しい感想をたくさん頂戴しました。

このイベントでは、弊社初の「遠隔実況」を試みました。
ツイッターのモーメントにまとめましたので、
こちらも併せてお楽しみください。

ウイスキーに限らず、2年ぶりのラムコネクション
北海道初のウイスキーイベント「北海道ウイスキーフェス」など
イベントが盛りだくさんなこの夏。

随時弊社SNSでご案内していきますので、お見逃しなく!
呑み助でした。

ウイスキーフェスティバル 予習編・・・?

熱燗ください!(魂の叫び)
こんにちは、ちょろまかし呑み助です。

今週は一気に寒さが進みましたねえ!
布団クリーニングに出すタイミングが遅すぎて、
我が家の掛布団は12月にならないと戻ってこないようですが、
それまで凍死せずにすむでしょうか。

さて、近づいてまいりましたね、年内最後にして最大のイベント!

毎度出展ブランド&そのボトル数が多い弊社ブースで、
試飲に来ていただくお客様も驚いてくださいますが、
本日は出品する商品を一挙公開!

・・・したいと思っておりました。
が。

当日までにいくつか試飲会が入っている関係で、
直前まで決められないよ~とは担当者の談。

なので本日は、
「ご参考までに」直近の試飲会で出展した商品をご紹介します。

呑み助註:以下に掲載しますアイテムは、あくまでご参考用です。
実際の出品商品とは大きく異なる可能性がありますので、
ご注意ください。

まずは、JIS初めてのブランドアンバサダーが今年普及に努めた、
ベンロマック

Benromach logo png

ベンロマックについては、JISイチ押しの蒸留所でもあるので、
当日も定番商品はすべて揃えます!
ベンロマック 10年 43%
10年 100プルーフ 57%
15年 43%
オーガニック 2010 43%
ピートスモーク 2007 46%

そしてその生みの親、インディペンデントボトラーの雄である
ゴードン&マクファイル社

gm001

マクファイルズコレクション - ALL 43%

グレンロセス 1997
ハイランドパーク 1995
タムデュー 8YO
プルトニー 2005
グレンタレット 2002
バルブレア 21YO
 
蒸留所ラベル - ALL 43%
ストラスアイラ 2005
ロングモーン 2002
グレントファース 1996
インペリアル 1996
モートラック 21年
リンクウッド 25年
 
コニッサーズチョイス - ALL 46%
スペイバーン 2004
バルメナック 2006
ストラスミル 1999
ベンリネス 1997
グレンキース 1997
マノックモア 1994
ティーニニック 2004
ブレアアソール 2006
アバフェルディ 1999
アラン 2006
カリラ 2003
ジュラ 1997

ビッグピートクリスマスバージョンを7秒に1本のペース
即完売させた、ダグラスレイン社もいます。

DL 1948 Roundel B

リマーカブルリージョナルモルト

ビッグピート(通常版) 46%
スカリーワグ 46%
ティモラスビースティー 46.8%
ロックオイスター 46.8%
ザ エピキュリアン 46.2%

オールドパティキュラー
タムデュー 1988 28YO 48.3%
ボウモア 1998 17YO 48.4%
カンバス 1991 24YO 51.5%
ポートダンダス 1988 27YO 57.3%

ハンターレイン社からは、FOR JISシリーズを中心に。

ライオンゴロ中


オールドモルトカスク for JIS
ロッホローモンド 2006 10YO 55.8%
タリスカー 2010 5YO 58.7%
カリラ 2009 6YO 58.7%
ブレアアソール 1997 17YO 57.4%
ボウモア 2000 15YO 57.4%
ラフロイグ 2004 11YO 56.2%

そしてなんと、今年はもう1ブランド増やします!
われらがソウルメイト、キングスバリー社の登場です!

newkbmarksilverlogo

ブナハーブン 2002 14YO 53.8%
レダイグ 1997 19YO 53.1%
メインバライル 2000 15YO 57.0%
グレンキース 1993 23YO 53.7%
ボウモア 1997 18YO 53.5%
ロングモーン 1996 18YO 53.9%

すべての商品が確定するであろう11/24には、
弊社フェイスブックページにて、出展商品を一挙公開!
見逃さないよう、ぜひいまのうちにフォローをお願いいたします。

今回このように、事前に出展商品をご紹介するのは、
実は初めての試みなのですが、
毎回出展本数が多いため、
ブースの前でも実際何が出展されているのか分からない方が多く、
そもそも弊社スタッフも分からないからです。

どちらかというと、今回のブログは、
ぜひ弊社内で共有していただきたい。
そんな気持ちでいっぱいの呑み助です。

ウイスキーフェスティバル2017 in TOKYOには、
弊社のテイスティングルームをそのまま
(というわけにはさすがにいきませんが)
移設するぞ!という気持ちで臨みます。

DSC_0031

ご期待ください!
呑み助でした。
※再掲しますが、11/24(金)に弊社フェイスブックページにて
出品商品を一挙に公開します!
ぜひ事前の準備にお役だてください。

中には弊社在庫終売商品も含まれます。
ここでしか飲めないボトルもありますので、
ご期待ください。