Deep Sessions

株式会社ジャパンインポートシステムの公式ブログです。海外生産者とのイベントや商品の紹介など、よりDeepな情報をお伝えしていきます。

ワイン

涼しい風と共に、シェリー酒をどうぞ!

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。
このブログも、残すところあと2回となりました。

お休み前最後の記事は、
おそらく皆さまご想像がついているかと
思いますが、この「最後の1コ前」というのは、
なかなかにテーマを選ぶのが難しいものですね。

というわけで、本日は昨年10月に来日してくれた
バルデスピノのイベントに絡めて、
秋に向けてシェリーをオススメしたいと思います。

昨年、滞在期間が短いながらも弊社を訪れてくれ、
そのまま新宿でのキャンペーンに尽力くださった、
バルデスピノ社の営業、ギエルモ・アルセ氏。

DSC_0052_640
営業部長 ギエルモ・アルセ氏

何度か日本には来てくれておりますが、
今回は初めて、お客様にご協力を賜り
1夜限りのバルデスピノ☆ナイトを敢行!

ポスターメニュー-3
※当イベントは終了しております

すでに生産が終了している甘口のトネレスを引っ提げて、
ご参加いただいたお客様に
直接バルデスピノの良質さや丁寧な作り方を
説明してくださいました。

IMG_0312
新宿 371 BAR 様にて

バルデスピノは、かのワイン評論家ロバート・パーカー氏をして、
ヘレスのロマネコンティである、と言わしめています。

1430年にはすでにシェリーを生産していたことが確認できる
古いボデガで、生産の全工程を自社の管理のもと行っています。
1883年にはスペイン王室御用達のシェリーになり、
その評価を不動のものにしました。

バルデスピノが特別なところはいくつかありますが、
シェリーでは珍しい単一畑から生産していることもその一つ。

一番人気のフィノタイプの商品“イノセンテ”も、
単一畑から作られる1本です。
Inocente
このフィノについては、
ワイン評論家のルイス・グティエレス氏も
ワイン・アドボケイト誌において、
下記のように評価しています。

(以下引用)
バルデスピノイノセンテ フィノは、
今日でも600リットルのアメリカンオーク製のボタ(樽)で発酵を行う、
とても数少ないヘレスのワインといって間違いないでしょう。
大きなステンレス製のタンクで、
数万キロものブドウ(時にはそれ以上)を一度に発酵させる手法に比べると、
信じられないほど多くの手間をかけなければなりません。
昔はこの製法がスタンダードだったのですが、
あまりに重労働であるためほとんどのワイナリーが止めてしまいました。
(引用ここまで)

図1 バル

スペインワインの巨匠、ピーター・シセック氏も
言及していたように
シェリーはもっともっと知られてよいワインだと思います。

ちょっと考えただけでも、実はこんな利点が・・

・ ボディが厚いことから、楽しむグラス(カップ)の形状を選ばない
・ 美味しく飲める温度の幅が広く、持ち歩いた直後の開栓もOK
・ いろんな食材に合う
(タイプによっては1本で、和洋中のおつまみに対応できますよ!)
・ 度数がちょっと高いので、寒空の下でも身体が温まる、かも
・ 日持ちするので、その場で飲みきれなくても自宅で続きが飲める
・ なによりコルク抜きが不要なので、アウトドア向き
(蓋はスクリューキャップかコルク栓が使用されているので、
道具が不要。手で開けられます)

実はカジュアルに楽しめるワインなんです!

これから涼しくなる時期には、
フィノをトニックや7UPで割ったレブヒート、という
カクテルが飲みやすく、オススメです。

また、実はこれまでにも、シェリーの啓蒙を図って
いくつか記事を書いてきました。

ぜひこちらもご一読ください!

呑み助でした。
次回、いよいよ感動のLAST!?

スペインワインの巨星、来訪!ピーター・シセック氏インタビュー

さすがに来年のことを話しても、
鬼も鼻で笑うくらいになってきたのではないでしょうか。
こんにちは、ちょろまかし呑み助です。

来年は戌年。
年賀状には、犬飼いからのTHE 我が家の犬!が
あふれるのかと思うと、今からとても楽しみです。
猫年がないのが残念・・・

さて本日は、先日弊社を訪ねてくれたスペインワインの
生産者についてご紹介したいと思います。
カルトワインの一つとして知られる「ドミニオ・デ・ピングス」
生産者であるピーター・シセック氏が、
アジア訪問の一環として日本にも立ち寄ってくれたのです。
P_20171110_160425_1024
ピーター・シセック氏
多忙なスケジュールを縫って時間を作ってくださったため、
日本での滞在時間は1日のみ。
取材とディナー会でバタバタと過ぎてしまいました。
本日はその時の様子をご紹介します。

ピーター・シセック氏はデンマーク生まれ。
1990年からリベラ・デル・ドュエロに住み
ワイナリーで技術ディレクターとして従事したのち、
ボルドーやカリフォルニアの高名な醸造家たちから
学んだ知識と経験を生かして、
1995年にドミニオ・デ・ピングス社を立ち上げました。

PETER SISSECK- 2014 - Carlos Gonzalez Armesto ©091
Carlos Gonzalez Armesto ©

初ビンテージの1995からそのワインは名声を博し、
さらには積送中の船が沈没し、海の藻屑となったという
ドラマチックな出来事もあって、
一気に希少価値の高いスターワインへと成長しました。

もちろんその品質に関しても、保証されています。
高名なワイン評論家であるロバート・パーカー氏がつける
パーカーポイントにおいて、
この初代ビンテージ1995は、リリース時に100点を受けました。
PETER SISSECK- 2014 - Carlos Gonzalez Armesto ©131
Carlos Gonzalez Armesto ©

取材には、酒類業界のリーディングペーパー「酒販ニュース」さまに
お越しいただきました。
ピングスの最新ビンテージ(2014)を一緒にテイスティングしつつ、
いま彼が取り組んでいること、理想とすることを
熱く語ってくださいました。
このインタビューは年明けぐらいに掲載していただけそうですが、
ここではちょっとしたこぼれ話を・・・
シセック氏の次の目標は、なんと!!
シェリーを生産するとのこと!!

これは・・・興味深い・・・

シセック氏いわく、8年をかけて最適なシェリー会社を買い取り、
フィノだけを作るための8haの畑を購入したとのことです。
畑を購入したのはバルバイナスという地区。
バルデスピノの単一畑もあるマチャルヌードは
有名で確かによい地区ではあるが、
ここはアモンティリャードに向いている気がする、
というのが氏の言葉でした。
1703 全部 (1)
なぜ普通のワインではなくシェリーだったのか?という問いに対し、
「最初は考えたけれど、Vino da Tavola(テーブルワイン)にしかならないし、
そもそもスペイン原産のブドウにこだわりたい。
しかも、フィノは象徴的かつ素晴らしい(fantastic!)ワインなのに、
シェリーのマーケティングは下手すぎる!
シェリーをワインと伝えきれてない。
それを打開したいと思ったのがきっかけです。」
というご返答でした。
最後の部分をかなり力強くお話しされていたのが印象的でした。

多聞にもれず、シェリーの生産地でも、
若い世代がどんどん都会に出て伝統的な技術が失われつつあり、
それを食い止めたいと思っている。

1976年にこの地を見たときには、
人口も少なく小学校は隣町まで通う必要があったけれど、
いまではワイナリーも増え、その学校にも子供が20人ほどいる。
これは人口がとどまっている証だし、
さらに増えようとしているので、本当に良いことだと思っている。

日本のガラス工芸の技と一緒で、
特に古いワイナリーであれば、
作り方というのはやっぱり人の手に拠るところが大きいし、
難しくはないけどスキルが求められる。
それを残していくことは大事だと思っている、というお話でした。
PETER SISSECK- 2014 - Carlos Gonzalez Armesto ©097
Carlos Gonzalez Armesto ©

当ブログでは、お花見シーズンから年末に至るまで、
今年はシェリーをたびたび取り上げた年でしたが、
氏の「マーケティングが下手!」という言葉には、
ガーーーンという思いでした。

と同時に、世界的に有名な「ピーター・シセック」が、
どのようにこのワインにアプローチするのか、
とても楽しみになりました!

当面はワイナリーがまだないので、
われらがバルデスピノの母体、
エステベス社の設備を借りてボトリングする予定とのこと。
よろしければ・・・とイノセンテをお出したところ、
ぼくイノセンテ好きなんだよ!」と
喜んでいただけました。

なお、最新ビンテージであるピングスの2014は、
なんとパーカーポイント100点を獲得!
過去のビンテージにおいても、2013は96点、
2012は100点と、一定して高い評価を受けています。
またセカンドラベルであるフロール・デ・ピングスも、
94点を獲得!
ピングスのスタイルともいえる
「凝縮感とエレガンスの共存」を楽しむことができます。

P_20171110_164953_prp
田中と談笑しながらテイスティング

おかげさまでピングスは一日で完売いたしましたが、
フロール・デ・ピングスはまだ在庫がございます。
気になる方は、ワインチームまでお問合せくださいませ!

呑み助でした。

年末のお祝いにぴったり!桃色にきらめくスパークリング

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。
冬になると、ハロウィン~クリスマスと、
怒涛のように街がイベント一色になるようになりましたね。
ウキウキな空気、楽しいですね!
その空気をたっぷり吸ってから、暗くて深いバーカウンターに
身を沈める呑み助です。

さて、クリスマスまで、あと1か月弱!
独り身ならバーに行ってみたり、
友達とパーティーしたり、
カップルやご夫婦なら、お互いの愛をお金で量ってみたり、
なんだかんだ言ってもやっぱり楽しいイベントです。

当ブログでは、#FESTIVE のハッシュタグで、
お祝いやパーティーに適した楽しく飲めるお酒(とジュース)を
ご紹介してきましたが、本日ご紹介するのはこちら。


01

写真をクリックすると商品詳細に飛びます

弊社の定番スパークリングワイン、
セルドン・メトード・アンセストラル・ロゼ(以下セルドン)です。
先日生産者のジャン・リュック・ギヨン氏と、イザベル・ギヨン氏が、
弊社を訪問してくださいました。
P_20171010_151448_vHDR_On_1024
ジャン・リュック・ギヨン氏と、イザベル・ギヨン氏 ← ご夫妻です!
実は今回の来日は、あの富岡製糸場が、
世界遺産登録3周年を記念して開いた日仏交流シンポジウム
「富岡製糸場のルーツを探る」に参加するためのものでした。
シンポジウムの詳細はコチラ!(PDFが開きます)
注意:イベントは終了しています

15_1_ja

富岡製糸場とセルドン村・・・一見なんのつながりもなさそうですが、
現存しているしているセルドン村の銅工場から、
富岡製糸場が1870年に繰糸鍋を購入したという歴史があり、
セルドン銅工場からも管理者が招かれ、パネル発表を行ったのです。

この絆を記念して、ランゴ・マルタン社も
オリジナルスパークリングワインの製造に携わり、
先のお二人もシンポジウムにおいてワインを紹介しました。
本日は、事務所来訪時に開いてくださった
社内セミナーの内容をご紹介します!

P_20171010_160104_vHDR_On_1024
社内テイスティングの様子
セルドンが作られているセルドン村は、
冬のオリンピックが開かれたグルノーブルにも近く、
標高500メートルの高地にあります。

cerdon
セルドン村
外から糖分を加えることなく、
自然に近い作り方であるメトード・アンセストラルを採用しているのは
フランス全土でも3つのAOCしかなく、
セルドンはその中の一つ。

ブドウをマセラシオンし、果汁を5℃~10℃の低温で発酵します。
途中でマイナス2℃に下げ、発酵を止めた後、
粗めのフィルターにかけ、あえて酵母を残した状態で瓶詰め。
この方法はシャンパン方式より前からある方法で、
アルコールが低くて甘い、ACセルドンになります。
反対に言えば、完全に辛口のACセルドンは存在しないとのこと。
二次発酵が終わっても糖分が残り、
自然な味わいを楽しめます。

Vendanges_Cerdon_Septembre2016-39
収穫の様子
寒い地域で育てられているブドウなのに、
暖かい地域で育てられたような成熟味が感じられ、
某有名菓子店不〇家のイチゴキャンディのようなさわやかさも。
不自然な甘みではないのでさっぱりと楽しめ、
飲む人を選ばないカジュアルさに安心します。
まさに、パーティーにぴったり!

DSC00113
整然と生るガメイ・・・かわいい。おいしそう。
特に、チーズ好きな方ならテッパンの「ACコンテ」と
同じ生産地域なため、このチーズとの相性も最高です。
コンテに合うなら、どんな場所にも持っていける!
なお、富岡製糸場のために作ったオリジナルスパークリングワインは、
「SOYEUX DESTINS(ソワイユ・デスタン)~絹が結ぶ縁~」と名付けられ、
現在製糸場の売店をはじめ、
地域の物産を扱う富岡市観光物産館お富ちゃん家(かわいい)などで
お買い求めいただけます。

クリスマスに、ほのかに紅くはじけるセルドン。
まさにFESTIVEなシーンにぴったりな1本です。
さらに、味わいに比してお値段もリーズナブル。
ぜひお試しください!

呑み助でした。

秋の夜長のお供にシェリーはいかが?

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。

ずいぶん涼しくなってきましたね。
昼間はともかく、日々夕暮れ時の風が
冷たくなってきている気がします。
呑み助は秋が一番好き!
食べ物も美味しくなるし、お酒も美味しくなる、
食いしん坊で飲兵衛にはたまらない季節ですね。
しかし!
いろ~んな食材がさま~ざまに美味しくなるこの時期、
合わせるお酒に困ってしまうこと、ありませんか?
そんなときにはオールラウンドに楽しめる、シェリーをぜひお試しください!

JISで取り扱っているのは、バルデスピノ社のもの。
春にも
こちらの記事でご紹介しましたが、
本日はより深く、この会社とその商品についてご紹介したいと思います。

バルデスピノは、その生産の起源を1430年までさかのぼることができる、
最も古いボデガ(ワイナリー)の一つです。
1875年に正式に企業登録をし、その8年後の1883年には
スペイン王室御用達のシェリーになりました。

IMG_1029

1999年に、シェリーの大手ホセ・エステベス家の傘下に入りましたが、
作り方や味わいは頑なに守られています。

バルデスピノの特徴は、シェリー生産者の中で唯一、
ブドウの栽培からボトリングまでを自社で管理しているところです。
そう、まさにシェリー界の
プロプリエテール
さらに、これも唯一、単一畑のシェリーを生産していたり、
シェリーのグランクリュと呼ばれる「パゴマチャルヌード」に畑を所有していたり、
シェリーの呼称統制で指定されている3つの都市それぞれに熟成庫を持っていたり、
手作業により収穫を行っていたり、
木樽での熟成を続けていたり、
実はすごい会社なんです(語彙乏しい)。

DSCN0112[1]

環境だけではなく、その味わいも、立証ずみ。
ワインアドヴォケイト誌において、定番アイテムは軒並み高得点を取得。
また生産が終了していてとても残念ですが、
著名なワイン評論家、ロバート・パーカー氏が100点をつけた
アイテムもありました(モスカテル トネレス)。

1703 全部 (1)

アイテムごとの特徴はこちらも併せてご参考ください。

シェリーの代名詞ともいえる「フィノ」タイプのイノセンテやマンサニージャは、
きりっとした辛口タイプ。
実は糖分がそれぞれ1リットルあたり1グラムおよび2グラム以下で、
他の辛口白ワインに比して低いんです(通常は2グラム前後だそう)。

それはシェリー特有の製法、酵母の膜(白い花のようにみえることから、
スペイン語で「花」を意味する「フロール」と呼ばれます。きれい♪)を
浮かべて熟成をすることに由来します。
この膜によって、空気から遮断されワインが酸化せず、
残っている糖分がどんどん食べられ辛口になるのです。

シェリーが面白いのは、このように酸化させないタイプがある一方、
しっかりと酸化熟成したタイプもあり、
これ、ほんとに同じ生産者?と驚くほど
味のバラエティを楽しめる点かもしれません。

オロロソはフロールが発生しなかったり、あえて発生させなかったり、
とにかく上記の酵母の膜がない状態で熟成をしたものです。
ワインが直接空気に触れているので、酸化が進み、
樽の影響も強く受け、どっしり複雑なボディを楽しめます。

さらにさらに!南スペインの情熱的な(個人比)あっつい太陽を全身に浴びて
からからに乾いた干しブドウから作られる、
ペドロヒメネスというタイプは極甘口のワインです。
バルデスピノでは、鍵をかけて他の誰にも飲まれたくないほど美味しい、
という意味で、錠前をボトルにつけ、商品名も「エルカンダド(錠前)」にする
徹底振り(ユニーク!)。

一般的なワインとは異なり、温度変化もそれほど気にせず楽しめるシェリー。
長く脇において、ゆっくり楽しむこともできる懐の深さです。
ぜひこの秋は、夜長をシェリーと過ごしてみませんか?

さいごに!バルデスピノの意外な一品、貴重なラムについてご紹介します。

LEGEND OF CUBAN RUM1611

その名もレジェンド オブ キューバンラム

もちろんこのラムは、バルデスピノ社が作っているわけではありません。
エステベス社に買収される以前のオーナー、ミゲル・バルデスピノ氏の
個人所蔵だったものを、特別に譲っていただいているものです。
キューバ革命以前のラムを、
ボデガらしくシェリー特有の熟成スタイル「ソレラシステム」で熟成しています。
(ソレラシステムとは、老舗焼き鳥屋の継ぎ足しのタレのように、
新しい酒を古い酒とブレンドしながら熟成させていく方法のことです。)

毎年限定量しか入荷しないこのラムは、今年も冬に到着予定です。
入りましたら弊社公式SNSにてご案内いたしますので、
要チェック!!

呑み助でした。

ギィ・ド・サンフラヴィーのガルデ社より、社長来社!

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。
先日友人との家飲み会に行ってきましたが、
ブルーベリーを浮かべたロゼスパークリングワインを供してくれました。
(オシャレ・・・!)
これをみて、そういえば、
先日ワインチームに素敵なお客様がいらしたことを
思い出したのでした!
今日は、その時のお話を少し・・・

いらっしゃったのは、弊社定番商品のシャンパーニュ、
ギィ・ド・サンフラヴィーを作っているガルデ社の社長、クリストフ・プリゥ氏。

P1010017_10241703GUY DE SAINT FLAVY
(クリックすると商品説明ページに飛びます)

弊社ワインチームに向けて、社内セミナーを行ってくださいました。

P1000978_1024
以下、簡単にセミナー内容をご紹介します。

ガルデ社は、プルミエクリュに認められていえるシニーレローズ村にあり、
年間100万本ほどシャンパーニュを生産していています。

ギィ・ド・サンフラヴィーを作るときに気をつけているのは、ブドウの選定です。
キュベを集める村を厳選し、配合にも配慮しています。
私の主な仕事はアッサンブラージュの決定なので、
もちろんギィ・ド・サンフラヴィーも私自身が味わいを決めています。

シャンパーニュにはピノノワール、シャルドネ、ピノムニエが
使えることになっていますが、
ギィ・ド・サンフラヴィーにはピノノワールを大目にしています。
これにより、フルーティーで親しみやすい味わいになるのです。

さらに、2年もの、3年もの、4年もののリザーブワインをブレンドし、
酸をまろやかにしています。
法定では15ヶ月であるデゴルジュマン後の熟成を、
24ヶ月施し、リリースしています。
ですので、日本に到着することにはちょうど飲みごろを迎え、
すぐにでも美味しいシャンパーニュをお楽しみいただけるようにしています。

呑み助、基本的にはハードリカー担当ですので、
このセミナーに出席し、全然異なる作り方の環境ややり方に、
とても興味を覚えました。
この商品は、某有名料理雑誌において、「安旨シャンパーニュ」として
ご紹介いただいたところ、人気の爆発した信頼のある1本です。
ぜひお試しくださいね。

最後に、弊社定番商品であるマリーフランソワーズカシスをご紹介し、
この2本で作るキールロワイヤルについて意見を求めたところ、
フランスでも人気のカクテルだしこれはいいね!と
お墨付きをいただけました。

P1010024_1024

なお、このカシスリキュールは、こちらの過去記事でもご紹介しましたが、
赤ワインをベースに作られる、繊細な味わいの1本です。
ブルゴーニュ産の生カシスを使って作られており、
今年の収穫風景が届きました。(この模様も後日詳しくお伝えしたいと思っています)

Cases of blackcurrantGrappe
(クリックすると商品詳細のページに飛びます)
このカシスがそのままリキュールになり、日本に届きます。
フレッシュな味わいが楽しめるマリーフランソワーズのカシスもオススメです!

呑み助でした。