Deep Sessions

株式会社ジャパンインポートシステムの公式ブログです。海外生産者とのイベントや商品の紹介など、よりDeepな情報をお伝えしていきます。

商品紹介

しばしのお別れ~ベンロマックと共に!

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。

とうとう本日が最終回のこのブログ。
もちろん再開を心に誓ってはおりますが、
いったんお休みをいただきます。

呑み助が最後に皆さまにお伝えしたいのは、
当ブログを開設以来、
弊社をあげてオススメしてまいりました

Benromach logo png

です。

これまで、セミナーの内容を踏襲した記事がありませんでしたので、
本日はベンロマックの基礎であり、
また哲学でもあるそのこだわりについて、
お伝えしたいと思います。

とはいえセミナー内容をそのまま書き起こしてもつまりませんので、
今日はベンロマック蒸留所の歴史のサブストーリーに絡めて、
ご紹介します。

なぜベンロマックがこんなにマイナー蒸留所なのか?
その答えがフィロキセラにあるとしたら、
皆さまはその繋がりがご想像できますか?

images
こっわ!!

1860年代の後半、フランスを襲ったブドウの病害フィロキセラ。
これにより、フランスはおろかヨーロッパのブドウが
ほぼ全滅に近い被害を受け、
素晴らしい生産者が消えていった、というのは有名な話ですが・・・

実は後日談として、この事件はイギリスへ大きな影響を与えます。

そのころ、イングランドの富裕層が楽しんでいたのは、
何を隠そうフランスからの輸入品、ブランデーがメイン!
ところがこのフィロキセラの害により、
ブランデーの生産がストップしたために、
これまで需要が高かった市場で飲めるものがなくなり、
代わりにブランデーに似た(ここポイント!)

「柔らかくて甘くて飲みやすくて熟成した」

蒸留酒が求められたのです。

そう、それこそがブレンデッドウイスキー!!

この機を逃さず、ジョージバランタイン&サンズ(エディンバラ)や
ジョンウォーカー&サンズ(カーマノック)、
シーバスブラザーズ(アバディーン)などのグロッサリーは
その舵を一気にブレンデッドウイスキーの生産に切ったのです。
(そしていまだに残る、その実力と品質の高さよ!)

そのため、スコッチウイスキー業界はその生産を
一気に増加することが求められました。

ご存知のとおり、ブレンデッドウイスキーを作るために必要なのは、
シングルモルトウイスキーとグレーンウイスキーです。

当時、ブレンデッドウイスキーを作るためのモルトウイスキーの蒸留所が
必要になり、ベンロマックもその一つでした。

図1
1960年当時の蒸留所

もともとの目的が「ブレンデッドウイスキーの量産!」なのですから、
シングルモルトウイスキーとして求められていたわけではありません。
そのため、ベンロマックのウイスキーはオフィシャルボトルから
リリースされることもほとんどなく、
ひたすらブレンデッドに使われていたのです。

そりゃあ、名前も売れないわ。マイナー蒸留所になるわ。

そのような背景から、1993年にゴードン&マクファイル社が
買収したことにより、不死鳥のごとく復活したベンロマック!!

2015年のラベルリニューアル以降、
その勢いは伸びる一方で、
世界的な受賞も重ねています。

JIS_benromach-10yo_シールS_ol

ベンロマックの特徴は、「古き良き味わいの復刻」に尽きます。

その味わいを復元するために、
蒸留所の機械化 / 自動化は最少単位に抑えられ、
5人のウイスキー職人が、その手でウイスキーを作っています。

110917_Benromach_0023c_800
左から、マイク、ムルド、ブライアン、ジェシカ、蒸留所責任者のキース

生産工程を効率よく分担するにも、人数が少なすぎて無理。
ということから、この5名が発酵から樽詰めまでの
全ての工程に携わっています。

熟成庫も、床が地面の、昔ながらのダンネージスタイルを踏襲。
人力時代の熟成庫は、機械が積んだり取りに行ってくれる現在のように、
何十樽も縦に積むことはできません。
現在のベンロマックの熟成庫も、高くても3段までしか積まない、
というルールを徹底しています。
このため、熟成する樽も、簡単には増やせません。

35546855_10155671451182507_4064820245083193344_o

しかし、ウイスキーの熟成にはこの方式が最適、
効率を優先して段数を増やすことはないようです。

ここまでくると、もはや執念に近いこだわりですね。

他にも、仕込み水は天然水であったり、
原料の大麦もスコットランド産であったり、
土着であることを強く意識した工程もたくさん見受けられます。

ベンロマックの魅力は、語るに尽きません。

いつかまた、このブログが再開した暁には、
ベンロマックの新しいニュースを引っ提げて、
復活したいと思っています。

ブログは休載しますが、ベンロマックはその成長を止めることはありません。

弊社のフェイスブックツイッターでは
引き続き最新ニュースをお届けしていきますので、
こちらもぜひチェックくださいね。

これまでご愛読いただきありがとうございました。

皆さまが今宵も、これからも、よいお酒と共に健康に過ごせますように!

スランジ!
呑み助でした。

ポールジロー スパークリング・グレープジュース2018ビンテージについて

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。

本日は、単刀直入に本題へ!
2年越しの吉報が届きましたので、
すぐに皆様にお知らせしたいのです!

今年のポールジロー スパークリング・グレープジュースですが、
収穫が見込めるとのお知らせが入り、
ご予約を開始いたしました!!!

pg-top2
ポールジロー氏

もちろん、「現時点では」という注釈つきではあります。
そして、いつものごとく、ご予約を承れるのも、
お酒屋様やバーテンダー様など、
プロのお客様に限らせていただいております。

が、昨年は本当に寂しかったので、
こういうお知らせをできるだけで嬉しく感じています!!

GJ04
ポールジロー スパークリング・グレープジュース2016ビンテージ

昨年の残念なお知らせは、「大事なお知らせ」と題し、
フェイスブックでリアルタイムにお送りしました。
以下、引用いたします。

<引用ここから>

【大事なお知らせ】
毎年たくさんの、本当にたくさんのお客様にご好評いただいている、
ポールジロー スパークリング・グレープジュース。

弊社が初めてこの商品を輸入したのは2003年、
わずか600本からのスタートでした。
それから13年が経ち、生産本数に限りはあるものの
ご注文いただく数は増え続け、
現在市場に流通している、
酒造メーカーが作る「スパークリング・グレープジュース」の
草分け的な存在に育てていただきました。

ジロー氏の8年ぶりの来日も決定し、
今年のジュースにも期待が膨らんでいた先日。
大変残念なニュースが飛び込んできました。

結論から申し上げますと、
今年のポールジロー スパークリング・グレープジュース2017は、
天候不良により全ての生産が不可のため、
販売が中止になりました。

お客様には心よりお詫びを申し上げます。
誠に申しわけございません。

弊社といたしましても、今春に一報を受けてから状況を注視し、
交渉を重ねてまいりましたが、現時点で早春の霜の影響により、
作付面積の75%が無収穫予定という甚大な被害が出ております。
そのためポールジロー氏も断腸の想いで、
ジュースの生産中止を決定したとのことでした。

以下に、ジロー氏に直接確認をした
販売中止決定までの経緯と彼の想いを、
ご報告申し上げます。

氏の言うとおり、ブドウは農作物であることにご理解をいただけますよう、
深くお願い申し上げます。

JIS一同

以下、インタビュー内容

春先に霜がおり、一晩でブドウの木が凍結しました。
凍ると木の内部の水分が膨張するため、
全体的に膨らんでしまいます。
氷が解けると内部は縮んで元に戻りますが、
外側の皮はのびきったままなので、
内部と皮の間に隙間ができます。
ブドウの木は、この隙間をなんとかするために、
その後頑張ったんだと思います。

3週間、自分にとってはものすごく長く感じられた3週間、
なんの音沙汰もない時間が続いて、
生きてるのか死んでるのか、分からない期間がありました。
これは自分の経験の中でも、相当にきつかった・・・参りました。

結果、花を咲かせず葉が茂り始め、
今は一見するといつもよりも元気な、
葉の多いブドウ畑に見受けられます。

ただ、花が咲いていないので、もちろん実はつきません。
今年の収穫は、皆無に近いでしょう。
でも、自分自身はそんなに悲観していません。
これが自然を相手にするということです。
過去の記録をひっくり返して調べていますが、
ジロー家400年の歴史の中で、こういうことは初めてのことではありません。
気候が変わっているから全く同じにとは言えませんが、
この先人達の経験を持って、
私もなんとかこの苦境を乗り越えられると思っています。

楽しみにしてくださっている日本の皆さまには、
本当に申し訳ないと思います。
でも、ブドウは農作物で、これが自然なのです。
機械のように、毎年同じというわけにはいきません。
ご理解をいただけたら嬉しいです。
ポールジロー

<引用ここまで>

実は昨年はあまり大きな声では言えませんでしたが、
ジロー氏本人は、そんなに大きくショックを受けているような
様子ではありませんでした。

カラカラブドウ
被害を受けたブドウを掲げる昨年のジロー氏

こちらが拍子抜けするほど、淡々としているというか、
こういうものなんだよね、と受け入れているようでした。
その静かな態度に触れるたび、
ブートビルの地で何百年もブドウという果樹と向き合い、
自然という絶対的な存在と共存してきたジロー家の長い歴史を
垣間見たような気持ちになりました。

292 P用 丘上からのブートビル3

近年、たくさんの類似商品が見受けられるようになりましたが、
2003年に開始以来、コンセプトや中身は一切変わっておりません。

既存のお取引先様のみならず、百貨店や有名ホテル、一流レストラン、
オーセンティックバーといった幅広いお客様に受け入れていただき、
「毎年の出来を楽しみにしている」という多くの一般のお客様にも支えられ、
長い間ご愛飲いただいてきました。

商品サイクルが激しいこの日本市場において、
たった一人の農家が作るブドウジュースが、
15年に渡って皆さまに愛され続けたこと。
この事実が、信頼の証だと考えています。

ぜひ、今年の天候が神の恩恵を受けてこのまま良好に続き、
2年越しの味わいをお届けできるよう、
皆さまも一緒にお祈りください。

プロの皆さまからの、ご予約受付詳細はこちら。

ポールジロー スパークリング・グレープジュース
特別インデント ※受注発注商品
ご予約締切 2018年8月31日(金) ※受け付けは終了いたしました
納品予定時期 2018年11月中旬~2018年12月中旬
※生産に遅れが生じた場合には、2019年1月下旬まで遅延する可能性あり
お問合せ先 スピリッツチーム 03-3516-0311

呑み助も個人的に、とてもとても楽しみにしています!
(こちらにも回ってくるだけの収穫量がありますように!)

呑み助でした。

涼しくなってからでは遅すぎる!?秋口入荷のカルバドスをご紹介。

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。
嘘みたいに暑い毎日ですが、皆さん、残念ながら嘘ではありません。
爽快感のあるお酒を飲んで、リフレッシュされていますか?

本日は、この暑い時分真っ盛りに、嘘みたいな記事をお届けします!

弊社の定番カルバドス、シャトードブルイユ

シャトー

熟成酒、リンゴのお酒、ブランデー、ということから、
まさに秋口からが本番のお酒です。
今考えると、暑苦しいくらいかも・・・

しかしですね!秋になった時に、
さて美味しいブランデーは何があるかな?と探しても、
なかなか見つからないものなのですよ!

弊社ではプロのお客様に向けて、毎年この時期に、
定番商品以外のシャトードブルイユ商品を輸入する、
受注発注スタイルのご案内をしております。

夏にご予約いただいた商品が、
そろそろ涼しくなってきたかな?ブランデーが恋しいかな?という
ピッタリのタイミングで届きます。

シャトードブルイユでは、定番商品のフィーヌ、15年、ロイヤル、
ポモードノルマンディー以外にも、
幅広く商品を展開しています。
定番商品として全て在庫はできませんが、
一年に一度ご紹介する機会を設け、
シャトードブルイユの技の巧みさ、味わいの豊かさを
お試しいただけるようにしています。

今年も、絶賛現地商品をご案内中!

大変申し訳ございませんが、先日のアプリコットジュース同様、
ご予約を承るのはプロのお客様に限らせていただきます。
申し訳ございません!

これからご紹介する商品を今年の秋にお試しになりたい方は、
お近くのお酒屋様やバーに直訴だ!!

さて、毎年のご案内の中でも、
特に人気のある商品をご紹介してみたいと思います。
選定に悩まれている方、ぜひご参考ください。
不動のトップは、こちら!

CHATEAU DU BREUIL RESERVE DES SEIGNEURS X.O. 20YO1711
シャトードブルイユ レゼルブ・ド・セニュラス

20~25年熟成の原酒が特別にブレンドされたボトルです。
定番商品で、ロイヤルという30年以上熟成された商品もありますが、
15年以上30年未満というちょうどいいエイジングが
人気の一因でしょうか。

CHATEAU DU BREUIL LIQUEUR AU CALVADOS1711

シャトードブルイユ リキュール・オー・カルバドス

上記セニュラスと並び、
毎年1・2を争う人気商品となるのが、
実はリキュールです。

この「リキュール・オー・カルバドス」は
原酒にリンゴジュースと砂糖を加えて作られており、
フレッシュな果実味が溢れる仕上がりです。

定番商品としてのリキュールはポモードノルマンディーだけなので、
比較していただくのも面白いかもしれません。

最後に、まったく分野の異なる人気商品がコチラ!

CHATEAU DU BREUIL CONDIMENT BALSAMIQUE1711
コンディメント・バルサミコ


なんと、バルサミコ酢!

カルバドス・メーカーらしく、リンゴ酢をベースに作られた1本。
添加物を一切使用しておりませんので、
開栓後はお早めにお召し上がりいただき、
また冷暗所の保管が必要ですが、
レアなアイテムということで人気が高いです。

いかがでしたか?

今年の予約受付スケジュールは、
下記のとおりです。

シャトードブルイユ 特別インデント ※受注発注商品
ご予約締切 2018年8月6日(月)正午
納品予定時期 2018年11月
お問合せ先 スピリッツチーム 03-3516-0311
※上記の写真はすべてイメージです。
実際の商品とは異なる可能性もあるのでご了承ください。


ぜひご検討ください!

呑み助でした。

メディア掲載情報などをご紹介。たまには。

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。
こうも暑くちゃ、
なにもかもソーダ割にするしかない気がするのは
私だけでしょうか。

ジロトニ イメージ画像 (1)
今年もアツい。ジロートラディション&トニック!

乱暴ですか。暴論どんとこい。

なので、本日はこれまでメディアに紹介されてきた
弊社の商品や記事をご紹介しようと思います。
ちょっと、お酒のことを考えるの、休憩!

実は、弊社のホームページに、こんなコーナーをご用意しています。

更新はゆるゆるですが、雑誌に掲載していただいたり、
コラムに登場させていただいた時に、
ご紹介しています。

弊社の商品、特にウイスキーは、シングルカスクや
入荷本数が限定されているものがとても多いので、
掲載のご相談をいただいても、
なかなかお応えできる機会がありません。

一番多いのは、やはりポールジローのスパークリンググレープジュース!

GJ04
今年は収穫できますように!


冬に向けて、ギフト紹介やパーティーでのオススメドリンクなどの
取材依頼が増えてくるタイミングが夏なのですが、

昨年の在庫はすでになし→今年の収穫まだ決まらず

という状態なので、ボトルのお貸出しすらできないのです。

無念・・・。

その中で、弊社商品を掲載してくださる
たくさんの雑誌社の方々には、
御礼申し上げます!

ぜひこのページから、ご確認ください。

バナーメディア掲載
バナーをクリックすると、HPに飛びます

ただ、実は反対にとても多くの本数をご掲載いただき、
当ページに掲載できない雑誌があるんです・・・

それが、こちら。

doc07869720180712153027_001


なんと、オフィシャルのベンロマックに始まり、
弊社が取り扱っておりますボトラーズのほぼ全てを掲載くださっています。

benromach

GM

KB
HL

2018年の6月に出版されたムック本ですが、
他にもたくさんのオフィシャルや、
国内の蒸留所もかなり多くを網羅しています。
手軽に現在流通しているボトルが確認できるので、
最新カタログ代わりにいいかも!

見かけたら、ぜひお手に取ってご覧ください。

呑み助でした。

まだまだあります、バラエティ豊かなJISのジン!

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。
今日は前回からの続き・・・
弊社取り扱いのジンの、残りの二つをご紹介します。
まずはブルームスバリーの、オレンジ&レモンフレーバージン。

tuika-bloomsbury

ブルームスバリーといえば、モルトをお好きな方はご存じではないでしょうか。
こちらも古きインディペンデントボトラーとして、
一世を風靡いたしました。
特徴は、ゴリゴリに濃いシェリー樽熟成品。

GLENLIVET 30YO BB27YO
(左)グレンリベット 1975 30年
(右)グレングラント 1975 27年


写真が古くて恐縮ですが(だってグラントなんて、
2002年にリリースしたボトルですもの!!)、
弊社からの最後のリリースは2007年でした。

ロンドンのディーラーで、本業の傍らウイスキーのボトリングを
していたこともあり年間出荷量は大変に限られていました。
しかし、当時はまだ珍しかった「ノンチルフィルター、カスクストレングス、
シングルカスク」というこだわりを頑なに守った結果、
多くのウイスキーラバーからそのリリースを心待ちにされる、
人気の高いボトラーになりました。

ジンに関しても、正真正銘ロンドンで生産される
ロンドンドライ・ジンを、良質なオレンジ&レモンフレーバーで
自然なフレーバードジンに。
ソーダやトニックウォーターで割るだけで、
普段のジンベースのカクテルとは違った楽しみが広がります。

最後の1本は、かなり個性的なロンドンドライ・ジン!
なんと度数が57%もある、スムースでライトな流行りの味わいに逆行した、
骨太でボディの厚い1本です。

PIMLICO GIN

ピムリコ・ジン!

この最大の特徴である度数の高さによって、
香りや味わいなど、すべての要素が濃厚に凝縮されて楽しめる1本です。

ボタニカル?ハーバル?フローラル?
そんなの知らんぜ!ハードに行くぜ!

とまるでロンドンパンクスのような1本ですが、
作っているのは、最も有名なジンと言っても過言ではない、
あのビーフィーターを生み出したジェームス・バロー氏のひ孫にあたる、
クリストファー・ヘイマン氏!
かなり正統な家系から生まれた、由緒あるロンドンドライなのです。

DSC_0015-mini
クリストファー・ヘイマン氏(2008年近影)

このように、JISのジンは、骨太からフェミニンまで、
幅広く取り揃えております。

名称未設定-1

ぜひ、お客様のお店に合った1本を、見つけてみてくださいね!
呑み助でした。