Deep Sessions

株式会社ジャパンインポートシステムの公式ブログです。海外生産者とのイベントや商品の紹介など、よりDeepな情報をお伝えしていきます。

セミナー

オールドボトルという存在

もはや毎年のお約束。
立秋が過ぎても、暑い日が続きますが
皆さま体調を整えて、美味しいお酒を飲まれていますか?

ブログ公開最終日が決まったことで、
お話しし足りないことは何かないかな?と
考えておりましたところ、
そういえば弊社にはもう一つ、
オールドボトル、というカテゴリーもあったな!と
思い出しました。

ですので、今日は過去にお招きした
THE イタリアの良心=ナディ・フィオリ氏のセミナーを
振り返りながら、
少しだけお話ししたいと思います。

最近はその流行もあって、
オールドボトルを取り扱われる方も増えてきました。
とはいえ、オールドボトルの定義というのは
なかなかにむつかしく、
ハッキリこれだー!ということができません。

すでに流通在庫からは姿を消し、
人知れずずっと眠り続けたボトル、という感じでしょうか。

今や失われた時代の失われた味わいを楽しめる幸せは、
中毒性が高く、
お好きな方は本当にお好きです。

しかし。
オールドボトルの取り扱いは、
ほぼばくちのようなものでもあります。
環境がパーフェクトに整っていれば、
これ以上美味しいものはないかも・・・!とも思いますが、
何十年もの間にそのボトルに何があったか、
誰も知る由もありません。

人間も、そうですよね。
自分の過去を振り返り、
何十年も和やかでパーフェクトな環境に
身を置き続けられた方は、少ないと思います。

弊社では、ずいぶん昔からこのようなボトルを
取り扱ってきました。
そして、2008年には、
多くの著名なコレクターがいるイタリアより、
社長田中の古い友人でもあるナディ・フィオリ氏を招き、
セミナーを行いました。
Islay Festival 2005 101
ナディ・フィオリ氏近影 2005年のアイラフェスにて

ナディさんは、シングルモルトウイスキーのボトラーズ業界では
大変に有名な人物として知られています。

今は気の向くままにご自身のボトルをリリースされていますが、
イタリア屈指のボトラーであるハイスピリッツ社の代表であり、
オールドボトル市場では、インタートレード社名義で
リリースされたボトルをたくさん見つけることができます。

IT
インタートレード社リリース ポートエレン17年

イタリアのボトラーズ商品といえば、
ムーンインポート社やサマローリ社の商品に見られるように、
中身が美味しいのはもちろん、
そのラベルの美しさも見どころの一つです。

bouquet
サマローリ社リリース グレンオード 1962 伝説のブーケラベル!
ロングロウ 1987 SM
サマローリ社と言えば、このボトルが特徴的。ロングロウ 1987

LAPHROAIG 1996  SAMAROLI-2
裏ラベルにはご自身の似顔絵を入れていました

P1010015ティーニニック 1981TAMDHU 1988 SHERRY  MI 2011 BOTTLING THE LAST FETISH
ムーンインポート社リリースの数々。
リリースごとに「ザ・シー」「アニマル」「ホラエ・ソラリス(太陽の時間)」
「コスチューム」「ラスト・フェティッシュ」など、テーマが決まっていたのが特徴的でした。

bird - コピーCOSTUME - コピーhorae - コピーsea - コピー
2010には、創立30周年を記念して、
これまでのラベルを使った記念ボトリングをリリース。
そろったところは壮観でした。


ハイスピリッツ社のボトルも例に違わず、
芸術性の高いラベルをたくさんリリースしてきました。
ARRAN 21YO  HS LIFE IS A CIRCUSLITTLEMILL 21YO  HS COLOURS COLLECTIONNATURAL CASK STRENGTH SELECTION CAOL ILA 30YO  HSラガヴーリン8年

左から、「LIFE IS A CIRCUS」「COLOURS」「NATURAL CASK STRENGTH」「SINGLE ISLAY」

その発端は、ナディさん自身がご兄弟と経営を始めた、
小さなレストランでした。

1970年代当初のイタリアでは、
シングルモルトウイスキーの輸入が増え、
市場にたくさんのボトルが見受けられましたが、
顧客が育っておらず、また大変に高価だったこともあり、
なかなか一消費者の手元まで届かなかったようです。

それでありながら、「何か人とは違うものを」と思うのは、
なんとなくおしゃれなイタリア人の気質が
見え隠れする気がしますが、
レストランのお客様のために、
珍しいボトルを探しにスコットランドを訪問し始めたのが、
ナディさんのボトラーとしての第一歩でした。
OLD INTERTRADE REPLICA LABEL BOWMORE 13YO  HSINTERTRADE OLD LABEL REPLICA LAPHROAIG 12YO  HS
インタートレード社 復刻ラベルシリーズ

できるかぎり安く市場に届けられるよう、
ナディさんは自分自身でモルトを輸入するようになります。
また現地で育んだ古いボトラーとの友情から、
樽を買い付け、自分自身のラベルでリリースもするようになりました。
これが、1983年に創設された、インタートレード社の始まりです。

その後もレストラン業とボトラー業を兼務しながら、
イタリアンボトラーとしての地位を確立していきますが、
1990年代の後半には、レストラン業に注力するべく
インタートレード社を閉めることになります。

ただシングルモルトへの情熱は燃え続け、
2000年には再度ハイスピリッツ社として復活を遂げました。

doc08057120180815150710doc08057220180815150854マッカランラベル

このように、ナディさんご自身がイタリアの
モルト業界の波をくぐり抜け、
実際に体験したきたことをお話しいただけたのは、
10年前のこととはいえ僥倖でした。

セミナー内では親交のあるイタリアの生産者
(モルトに限らず、天使のグラッパを作るあの方まで・・・)を
ご紹介いただいたり、イタリアンタックスの歴史を
教えていただきました。
P1010064
P1010039
P1010067

Zagatti samples 020_640
盲目のコレクター ヴァレンティノ・ザガッティ氏

Romano-Levi-042_640
「天使のグラッパ」職人 ロマノ・レヴィ氏

Romano Levi Closed 007_640
レヴィさんの蒸留所入り口(カワイイ!)

その中で、特に印象に残っているお話を一つご紹介します。

税制が定着せず変わったりするのは、世の政府の常ですが、
イタリアの場合、新しいタックスシールを使い始めるのと同時に
古いものは廃棄するのではなく、
ヤミに流して欲しい人に売ってしまうんだとか!!

こうなると、もはや手元のオールドボトルの流通年代も、
不安になるでしょう?
といたずらっぽくニヤリとされたそのかわいらしい笑顔に、
イタリアらしさを感じたと、
当時の通訳は申しております。

流通年代ももちろん大事だけれど、
そのボトルがいつ作られたか、
ということにとらわれ過ぎないで、
美味しさを楽しんでほしい、

とナディさんは続けたのでした。

最近、とても充実したウイスキーのオールドボトルの事典
発行されましたが、そういう本を片手に、
今ではもう過ぎ去った時間に思いをはせるのも、
一つの楽しみかもしれません。

呑み助でした。

ベンロマック(今年初)セミナー @ BEER&WINE 65

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。
梅雨梅雨、ジメジメ!
このシーズンには、やっぱり爽快に炭酸割や
ロングカクテルを飲みたくなっちまいますね。

去る5/16(水)、今年初めてのベンロマックセミナーを開催しました。

開催場所は、地元の神田!
神田=居酒屋、というイメージが強いですが、
実はとても雰囲気のよいバーも多くあるんですよ。

事務所移転後に街を散策していて、
イチローズモルトを入り口前にズラリと並べているお店を
通りかかり、テンションがあがったことも!
(後日調べたら、こちらのお店でした

この度会場をご提供いただいたお店も、その一つ。
BEER & WINE 65さんです。
弊社と同じ並びにあり、徒歩で1分。
引っ越した瞬間にすぐ伺ったとうスタッフもおります。
イベントを行う上で、なんという好立地!

P_20180619_161526_1024
店舗外観

店主の湯地宏之さんは、実は弊社とのお取引がとても長い方。
その歴史を示すかのように、
店内には古いウイスキーがずらり!!
壮観です。

P_20180619_161817_1024
店主の湯地宏之さん

P_20180619_161634_1024
P_20180619_161711_1024
日本に36本しか入荷しなかった、ハイスピリッツ社のマグナムとか!
(フェイスブックには、こんな記事も・・・)

今回はベンロマックに焦点を当てたセミナーを行い、
湯地さんが懇意にされている
神楽坂のチーズ専門店「アルパージュ」から
社長の森節子さんをお招きし、
モルトとチーズのマリアージュという新しいご提案をいたしました。

参加者は、お店の常連様13名。
なんと男性より女性の方が多く、これも嬉しい驚きでした。

P_20180516_190343_vHDR_Auto_1024

ベンロマックに関しては、こちらで基本はご紹介しているので
割愛しますね。

だって、今日はチーズについてこそ、より長くお話したいので♪

度数が高く、ワインや日本酒のような醸造酒と比べて
合わせるフードがどうしても狭くなりがちなのが、蒸留酒です。

その中で、ウイスキーと燻製フードや、
ウイスキーとチョコレートというペアリングは、
今や市民権を得てあちこちで見られるようになりました。

ただ、今回は、チーズ。

店長の湯地さんも、アルパージュの森さんも、
もちろん弊社も、全員が初めての試みでした。
(それをイベントにしちゃうなんて、
チャレンジャーすぎるわれら。)

しかし、なんとこれが大成功

本人たちの想像を超えて、かなりの相性の良さを披露してくれたのです!

弊社がご用意したウイスキーは3種類。

① ベンロマック10年
② ベンロマック15年
③ ベンロマック ピートスモーク

こちらを事前に森さんに試飲していただき、
ご提案いただいたのがこちらのチーズ。

① ブリア・サヴァラン・アフィネ
(レ・クリュ)I.G.P. 産地:フランス、セーヌ・エ・マルヌ県
② ブルー・スティルトン・チーズ
P.D.O. 産地:イギリス、レスターシャー州
③ イディアサバル D.O.P. 産地:スペイン、バスク州
④ レティヴァ A.O.P. 産地:スイス、ヴォー州産(ペイダンオー地方)
<http://www.alpage.co.jp/www/season/ssn_etivaz.htm>
⑤ イェトスト 産地:ノルウエー

なんと5種類も!

P_20180516_190914_vHDR_Auto_1024

森さんも、普段はワインと一緒に楽しまれるチーズを、
ウイスキーに合わせるなんて~と
とても楽しんで選んでくださった結果、
こんなに多くなっちゃって~とお話されていました。
もう弊社一同大感謝です。

それぞれ、柔らかトロトロ系、ハード系、ブルー系など
バラエティ豊かなセレクションをご用意いただき、
参加されていた皆様も、
様々な組み合わせを楽しんでいらっしゃいました。

弊社スタッフもちゃっかり便乗しましたので、
ここからは弊社の独断と偏見でお伝えいたします。

とにかく評判がよかったのが、

ベンロマック15年 X イェトスト 産地:ノルウエー

のペアリング!
深みのある15年の厚いボディと、
チーズの乳糖がキャラメリゼされた甘い味わいが、
口内で混じりあい互いのふくよかさを倍増。

また、先入観で合いにくそう・・・と思っていた

ベンロマック ピートスモーク

には、

「どれも自由に楽しんでいただきたいですが、
“これ”だけはまず、ピートスモークと合わせてみてください!」
という森さんのお言葉通り、

レティヴァ A.O.P. 産地:スイス、ヴォー州産(ペイダンオー地方)

がぴったりと合いました!

このチーズは、薪火を起こして大きな銅で作るという
伝統的な製法を受け継いでおり、
(これもベンロマックとの共通項!)
薪の煙とハイランドピートの優しい燻香が
キレイにマッチングしていました。

そのほか、森さんのセミナーの中では、
ウイスキーとのマリアージュということで、
某国からウイスキーでウォッシュしたチーズを取り寄せたが、
全然合わなかった!
なんていう面白エピソードも飛び出し、
大変和やかな雰囲気で、お楽しみいただけました。

P_20180516_191047_vHDR_Auto_1024

今回のセミナーを終え、
チーズとモルト、いける・・・!
という手ごたえを感じたわれら。
このような新しいペアリングも、ご提案していけたらいいなあと思いました。

P_20180516_202936_vHDR_Auto_1024
最後に集合写真。左から、アルパージュ 森節子さん、 65店長 湯地宏之さん、JISスタッフ 高木

またやりたい(チーズが食べたいから)!呑み助でした。

GMベンロマックセミナー第九回 神戸生田神社会館 & 第十回 大阪ミナミ

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。
ようやく夜には、涼しい風を感じられる日が増えてきましたね。
いよいよブラウンスピリッツの本領を発揮できるシーズンが
近づいてきました。
本日は7月下旬に行いました、GMベンロマックセミナーの様子をご紹介します!

毎年兵庫酒類販売株式会社様が開催される、神戸の生田神社会館での試飲会。
縁結びで有名な由緒ある立派な本殿が迎えてくれます。

P_20170719_132257_vHDR_Auto - コピー_1024

この日はプロフェッショナルなお客様に向け、
ハードリカーをご紹介する展示会。
その会場の一角にセミナー会場を設置し、
ご来場いただいているお客様にベンロマックをご紹介しました!

P_20170719_153048_vHDR_Auto_1024

会場にはぎっしりと各社のブースが並び、
某SNSで話題をかっさらい、もう少しで命尽きようとしている(涙・・・)
あのキャラクター(?)も!

みんな大好きブラックア○ルマン
(クリックすると拡大します・・・なんのために?)

和気あいあいと、楽しい時間を過ごしました。

次の日は、大阪ミナミにで通常スタイルでのセミナー。
実はこちらの第五回目にご参加くださったBar Soleil Lunaさまが、
今度は会場にご協力くだったのでした。

P_20170720_134443_vHDR_Auto_1024

同じセミナーを2回も聞いてくださいました、店長の松永様には本当に感謝申し上げます!

ちなみに同店が入っているビルには寄席があるらしく、
入り口やエレベーター内に楽しいものがたくさんありました。

P_20170720_133530_vHDR_Auto - コピー_1024P_20170720_133502_vHDR_Auto_1024

上方落語の「饅頭こわい」を聞いてみたいなあ。

現在神戸ならびに大阪ミナミ地域では、新たに下記のお店でベンロマックをお楽しみいただけますよ!
(アイウエオ順、「」内はベンロマックに対する感想)

神戸エリア
スランジバー A-BO
~ ハイボールや、それに合うつまみをご用意しております!
「うまい!」

大阪ミナミエリア
Bar Bacchus 06-6385-4456
~まんべんなくいろいろそろえています。
「昔ながらの作り方にホレました。100プルーフが美味しいですね」

BAR FUN
~道頓堀が一望できるバーです。
いろんなスタイルで楽しめる、気軽なお店です。

BAR ミサイル
~スタンディングバーです。

ベンロマックは多様にお楽しみいただけるモルトです!
ぜひこれからの季節に、お手元に1本いかがですか?

呑み助でした。

GMベンロマックセミナー 第八回 横浜エリア

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。

ポールジロー氏来日!にざわつく社内ですが、待って!
半年にわたって強化合宿してきた、あの子を忘れないで!

ということで、先日行いましたGMベンロマックセミナー in 横浜の
模様をお伝えいたします。

会場にご協力いただきましたのは、野毛のBAR BRILLIANTさま。
CIMG4107_1024
オーナーバーテンダーの田村誠さんは、
数々のカクテルコンペティションでたくさんの受賞をされている、
ウイスキーの所有数だけではなく、カクテルでも大、大、大人気な方!
この日は所属されているProfessional Bartenders Organization(=PBO)の定例会の
一部をお借りして、ベンロマックについてご紹介する機会をいただきました。

CIMG4106_1024 - コピー

田村さんのすばらしい品揃えに囲まれながら、
お言葉に甘えて昔のボトルとの比較テイスティングもさせていただきつつ、
和やかな会になりました。
CIMG4110_1024
現在横浜近郊では、以下のお店でベンロマックがお楽しみいただけます!                       (アイウエオ順、敬称略)

BAR JEST
~信州・松本出身の店主が地元から仕入れているクラフトビール、シングルモルト。
信州産りんごジュースやトマトジュースを使用したオリジナルカクテル、
大会受賞作品など様々なニーズに合わせてドリンクを提供させていただきます。
開放感のある店内でゆっくりと流れる時間をお楽しみください。
「フレッシュなシトラス香から口に広がるシェリーと程よいピート感が絶妙!
飲み手を選ばせない見事なバランス。沢山のお客様に楽しんでもらいたい1本です。」

Bar Scotch Cat
~ シングルモルトを中心に、オフィシャル、ボトラーズなど
バランスよく取り揃えております。
カウンターのみの小さな店ですので、お一人のお客様が多く、
初めての方でも気兼ねなく楽しんでいただけるかと思います。
「当店での取り扱いはベンロマックオーガニックなのですが、
麦のフルーティーさを感じるようなキュートな仕上がりで、
ロックはもちろんのこと、この季節ならソーダ割りなども美味しいと思います。」

Bar Brilliant
~フレッシュフルーツを使ったカクテルをメインに、
スコッチ、ジャパニーズ、バーボン etc. のウイスキーにも力を入れております。
「とても優しい味わいでいて、元首の力強さも感じられる。
とてもコストパフォーマンスの高い10年熟成のモルトだと思います」

Plaisir

BAR POLARIS 町田
~禁煙空間の古民家風建物で、ゆっくりと自分のお気に入りを見つけられます。
「歴史と情熱を感じる、スペイサイドモルトの新しい提案を想像させる1本でした」

まだまだ暑い日が続きますが、ベンロマックのハイボールも、
バランスよく楽しめます。
ぜひ上記のお店でお試しください~。

呑み助でした。

GMベンロマックセミナー 第六回 大阪北新地&第七回 堺エリア

こんにちは、ちょろまかし呑み助です。

本日は、大阪エリアにまたベンロマックが飲めるお店が増えました、というお知らせです。

まずは大阪No.1の繁華街、北新地にて、業務店卸専門の白木商店様のご協力の下、
2016年10月にオープンしたBAR 花野さまにて開催いたしました、
5/17の回。
(ちなみに白木商店さまには、コチラコチラにご登場いただきました。併せてどうぞ!)
P1000906

セミナーに先立って、なんとも素敵なモノを拝見することができました!

P1000916

ご覧ください・・・・丸氷の中に、一輪の花が丸々入っています!
BAR 花野様では、ウイスキーのオンザロックには、この氷を使われているそうで、
暗い照明の中、琥珀色の中に浮かぶ色合いがなんとも綺麗なんだとか。
もちろん使われているのはエディブルフラワーなので、
氷が解けても問題はなし。
店主の花野様によれば、同じウイスキーであれば続けて使えますが、
違うウイスキーになればその都度新しいものを使うので、
お客様には喜んでいただいているんですけど・・・・ね(苦笑)!とのこと。
作り方も伺いましたが、花を氷の真ん中にセットするご苦労など、
なかなかにハードなものでした。

P1000920
ぜひ、ベンロマックのオンザロックでお楽しみいただきたく思います。

北新地エリアでは、BAR 花野様を始め、現在こちらのお店でベンロマックをお楽しみいただけます。
自己PR並びにベンロマックの感想と共に、ご紹介します。
(アイウエオ順、敬称略。「」内にベンロマックの感想を伺いました。以下同)

会場 BAR 花野
~ ウイスキーのロックは氷中花、季節のフルーツを使ったカクテルなどが人気です。
名物のカツサンドやオムライスも好評です。
「華やかで軽やかでフルーティで・・・とても美味しかったです」

Salon 1201 ( TEL 06-4799-1201 )
「スペイサイドらしい華やかさに、うまくスモーク、ピート感が絡んでいるようでキレイ。
個人的にはハイボールで楽しめそうな、もしくはロックでゆっくり飲みたい1本です。」

BAR THE TIME 天神( TEL 06-6367-7116  )
~木の温もりを感じる、落ち着いた雰囲気のお店です。
モルトウイスキーに合わせて、ハギスも人気です。
「甘さの余韻が長く、バランスが良いですね。
水割りにしても味がブレない気がしました。」

次の日には、なかもずまでお邪魔しました。
なかもずの会場といえば・・・詳しい方なら、あそこしかない!と察しがつくかもしれませんね。
素敵なおうちを訪ねるような感覚で、お邪魔したWhisky Cat様。
P1000957
店内のあちこちに配された猫グッズを見た弊社のキャラクターキャットも、ついつぶやいておりました。
酒家さまのご協力のもと開催したこの日は、堺エリアのこだわりの深いお客様があつまり、
セミナー後の質問も多く頂戴し、関心の高さを実感することができました。

P1000969
会場のご協力をいただいたWhisky Cat様を始め、
そのほか以下のお店でベンロマックをお楽しみいただけます。

会場 Whisky Cat 
~ パブとバーのスタイルの融合をテーマに、シングルモルトを中心に
オーセンティックな店作りを心がけております。
「手作り感と旨みの伝わるスペイサイドの一品だなぁと感じました。」

Bar Kiln 
~ マスターチョイスのレアなモルトとフレッシュフルーツのカクテル、
自家製フードが人気
「フルーティーで美味しい」

Gillie's BAR 
~ ウイスキー、カクテル、バランスよくそろえています。
「飲んだ後の軽いピート感が心地よいです。」

BAR THOUSAND
~ ワイン、生フルーツカクテルが多く、ウイスキーも置いています。
ウイスキーはできるだけリーズナブルにご用意しています!
「思っていた風味とは違い感動!これから取り扱いします!」

VERDURE HOUSE 
~ 駅から近く、女性お一人様でも安心して飲んでいただけるBARです。
17:00~20:00はドリンク半額です!
「甘みとピーとのバランスが良く、非常に飲みやすいウイスキー」

BAR BLIND OWL
~ モヒート、フレッシュフルーツカクテル、アブサンカクテルがオススメ!
「スモーク感にシェリーが香って味わいがよい」

BAR LARGO
~ リーズナブルで美味しいウイスキーを提供したいので、
少しマニアックな品もありますが、初心者の方にもオススメしたいです。
「強い甘みの中にもさわやかさもあり、バランスが良かったです。」

BAR Langlitz
~ 200を超えるウイスキーがあり、フレッシュフルーツやノンアルコールカクテル、
シガーもご用意しております。
「スモーキーがいい!」

BAR Louisville
~ 2017.04.25 にOPENしました!
「スモーキーでやや太めなボディー感で、ほんのりオイリーで美味しいです。」

これで大阪のキタにもミナミにも堺にも、ベンロマック進出完了です。
まだまだ増えるベンロマックば飲めるバー、ご期待ください!

呑み助でした。