JISセブの海水魚

セブ島近海に生息している海水魚、珊瑚、イソギンジャクの写真紹介。海水魚卸し、販売。セブ島の海水魚卸問屋、海水魚仕入

ビジネスとセブ島移住

海水魚9 
海水魚
私は以前海水魚の飼育をやっていました。
日本では淡水魚と違って海水魚は海水を作る事や輸入の生体なので費用が大変です。
ここセブ島ではマリーンフィッシュの本場です。

海水魚
 
海の近くへ設置
海まで徒歩2分で行ける場所に建築をし、海水の確保をしました。
海水の取り換えが大変な作業になりますが海の近くですととても便利です。
一台の水槽に600ℓの海水が入りますので大変です。

海水魚
セブ島は海水生体の宝庫
日本で購入すると海の石(ライブロック)なども1Kg数千円します。
セブの海に出るとイソギンジャク(アネモネ)直ぐに見つかります。
その周りにはカクレクマノミが集まっています。

ブル―カーペット
 
ブルーカーペット
このハタゴイソギンジャクは岩などに吸着していますがはぎ取るのが大変です。
色はブラウン、ブルー、パープル、グリーン、レッドがあります。レッドは高価です。
毒を持ってますので手に触れると赤く腫れあがります。
クマノミは免疫を持ってますのでこの中に隠れて身を守り共存しています。

イソギンジャク
 
人気のアネモネ
海水魚飼育をなさっている方はいかに自然の海のように見せるかを重視しています。
ライブロックやアネモネを上手にレイアウトしています。

イナズマヤッコ
 
イナズマヤッコ
このサイズの魚になりますと日本のショップでは2万円以上になります。
採取した生体は検査、梱包、輸出手続き、空港賃、税関手続き、運搬があります。

酸素と海水
 
酸素と海水
生体の検査をしてからビニール袋に海水と酸素を入れ梱包をしていきます。
性格の強い魚は他の魚を見ると攻撃しますので目隠しで新聞紙を入れます。

作業
 
大小に分け
小さい魚(クマノミなど)は1箱に250匹、大型の魚は4匹、隙間に小さい魚を入れます。
できるだけ隙間ができないようにしないと揺れすぎて生体が弱ってしまいます。

箱作
 
輸出用箱
今回は関空と成田で飛行機に合わせて梱包をしました。二か所で約50箱です。
成田は午前2時まで、関空は午前4時までに出荷をします。
夕方4時から作業が始まって終了したのは朝5時でした。
午後には各飛行場に到着してその日のうちに業者さんの水槽に入ります。

海
 
ビジネスと移住

日本人など外国人の移住が急増しているセブ島です。
定年を迎えて年金だけでの移住は難しくなったセブ島です。
でもセブでビジネスをしながらの移住は良いと思います。

飲食業や賃貸アパート、コンドミニアムの賃貸収入のビジネスはよく見かけます。
賃貸は新しいうちはよいですが数年経過すると借りる方がいなくなる傾向があります。
飲食も安くて美味しい店ができるとお客は移動してしまいます。

その点セブ島から魚はいなくなりませんし、買い手は増えていく一方です。
商売の対象は日本だけではありません。
セブに移住をして自然と豊かな生活をしたいと思っている方はお知らせください!
協力をしてあげますよ!

セブ島にビジネスと移住はいかがですか!


Email:
jis-cebu@live.jp

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願い致します。

海水魚のビジネスはいかが!

珍しい
珍しい魚
珍しい魚や採取が難しい生体は価格も高くなりますし、1匹数万円する生体もあります。

イソギンジャク
 
イソギンジャク
イソギンジャクも種類が多く色もブラウン、ブルー、グリーン、パープル、レッドなど色々です。
レッドカーペットは採取数が少なく日本では1万円以上します。

クマノミ
 
クマノミ
毒を持ったアネモネはクマノミだけが免疫を持っています。
手で触れると真っ赤に腫れあがります。
カクレクマノミも種類が多くイソギンジャクと共存していますが好みがあってイソギンジャクを選びます。

クマノミ
 
一匹づつ
小さなクマノミでも日本へ送るときは1匹づつ袋に酸素を入れます。

ハゼ
 
人気モノ
海底を歩いているように見えるハゼは人気者です。

確認作業
 
最終検査
大型の生体は一箱に4〜5匹しか入りませんが小型の魚は200匹以上入れます。

茶々
 
輸出
夕方6時くらいから梱包をして深夜2時くらいに飛行場に運びお昼過ぎには日本へ着きます。
1回に送るのは3000匹前後となります。死着は全補償をしています。
生体採取、梱包、飛行機運賃などをトータルすると生体価格は高くなります。

日本サイドスタッフ
 
日本スタッフ
海水魚飼育から始まった彼は仕事を関連した海水魚卸し、販売に進みました。
日本では店頭販売、通信販売、オークション販売など販売ルートがあります。

月1度のペースでセブ島に来ています。

私自身も十数年前に趣味から事業に転換いたしました!


Email:
jis-cebu@live.jp

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします

セブ島から海水魚卸し

アネモネ
今人気の生体
水魚と共に人気のある生体はアネモネ(イソギンジャク)やソフトコーラルです。

アネモネとクマノミ
 
クマノミとアネモネ
海水魚を最初に飼育するときの定番はカクレクマノミとイソギンジャクです。
毒を持っているイソギンジャクに近づけるのはクマノミだけです。
敵が来ると直ぐにイソギンジャクの中に隠れることができます。

グリーンカーペット
 
カーペット
イソギンジャクの中でも人気のあるのはこのイソギンジャクです。
色はブラウン、ブルー、パープル、グリーン、レッドがあります。
特にレッドは採取がとても難しく日本での販売はとても高価になります。

仕分け
 
1匹ずつ袋
魚は全て1匹ずつのビニール袋に海水と酸素を入れます 。
この状態で約1週間は生きています。
大型の魚や気の強い魚は袋の内側に新聞紙を入れ周囲が見えないようにします。

この箱が2つで1箱
 
発送
この発砲スチロール2個を1箱に詰めます。重量は約23kgです。

日本のスタッフ
 
日本のスタッフ
日本の業者を回って注文を取っている野口です。
海水魚店や通販業者を回っています。
セブに月1くらいのペースで来て業者さんの要望に応えています。

日本の業者
 
日本の業者
日本の業者さんも直接セブに来て買い付けをします。
日本へ着いた時の死着率が非常に少なく死着の生体は全面補償しています。

良い生体の選別が重要となります。

これから新規事業と考えている方や通販業者、卸業者さんはお問い合わせください。


Email:
jis-cebu@live.jp

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)を宜しくお願い致します

セブ島から海水魚ビジネス

生体
生体の分類

このビニール袋には魚と酸素が入っています。
種類別に袋の大きさや海水の量を調整します。

生体観察
生体の状態

セブ島近辺だけで集めている魚だけではありません。
採取できない生体は遠くの離島で集め、飛行機や船で送らせて注文に応じます。
生体の状態を写真に撮って各担当者に連絡をして問題点をなくします。

イソギンジャク
 
水温や酸素の調整

少し弱っている生体は水温調整をして元気にさせます。

ブル―カーペット
 
ブル―カーペット

日本で購入すると2万円弱するイソギンジャクです。 大人の顔位の大きさです。

生体チック
 
酸素注入

セブ島からお店に到着にかかる時間を計算して海水や酸素の量を調整します。
生体の死着をできるだけ少なくするように努めています。

スタッフとチャチャ

良い生体をお届けします

日本のスタッフもミーティングをして、より良い生体をお届けできるように頑張っています。
新規事業として検討中の方やより良い生体の取引を望んでいる業者さん!

死着は全て補償いたしますのでご安心ください。


Email:
jis-cebu@live.jp
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします。

自宅の水槽とセブ島の海

ココナッツ水槽2 
自宅の水槽 
セブ島の周りには、大小さまざまな島がいくつかあります。
島を取り囲むように珊瑚が群生しています。 そこへ魚が集まります。
ダイビングやシュノーケル(水中メガネ)をすると、たくさんの海水魚に出会えます。
そこで採取した生体を自宅の水槽に入れる事ができます。

自宅の水槽7
 
自宅の水槽2
セブの海は、巨大な自然水族館です。
パンを持って海の中へ入っていくと、あちらこちらから色鮮やかな魚たちが集まってきます。
鮮やかなライブロックもたくさんありますので水槽も自然に近いレイアウトが組めます。

海水魚3
 
自宅の水槽3
たくさんのイソギンチャクやソフトコーラル、珊瑚があります。
パープル(紫)イエロー(黄)ブラウン(茶)ピンクなどカラフルです。

ライブロック
 
自宅の水槽4
クマノミが好きなアネモネなどいろんな種類があります。
これらも海中で見るとさまざまな色合いがあってとてもきれいです。

海水魚
 
自宅の水槽5
普段、目にすることのできない生き物にも出会うことがあります。
趣味から始めた海水魚卸も10年が過ぎました。

より低価格で提供できるよう努力をしています。

一度セブ島近海の海を覗きに来てみては!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

にほんブログ村
この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)をよろしくお願いいたします
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ