防災グッズを持っていればどんな災害にも対応できるとは限りません。 対応という言葉をどの程度の範囲で用いるかによりますが、防災グッズさえあれば災害を乗り切れると断言する方は少ないのではないでしょうか。 あくまで、緊急時における生活に必要なものを最低限集めたものが防災グッズと認識されるように思います。 もちろん、非常事態を乗り切るという意味で言うなら防災グッズは災害に対応したものと認識されます。 また、人気ランキングなどをチェックしてみると売れ筋の防災グッズが見えてくるので必要なアイテムも同時に見えてくるでしょう。 ただ、自分で必要と思ったアイテムが防災グッズとして必ずしも有用とは限らないので客観的にチェックしてみる必要はあります。 地震の時はまず自分の身、特に頭を守ることが重要とされています。防災用のヘルメットで頭を守るのがベストでしょう。東日本大震災では、地震で倒壊する建物は少なかったそうですが、古い木造家屋で耐震補強していない場合は建物が倒壊する恐れがあります。その対策として、押入れに耐圧10トンの耐震シェルターを設置するという方法もあります。耐震補強よりは安いですが押入れシェルターもなかなかのお値段です。 地震後は火事に注意する必要があります。時間帯によっては食事の用意をしていることもあり出火の恐れがあります。そのため普段から消火器を火元の近くに準備しておくと良いでしょう。 大きな地震の後は電気は止まるでしょうが、電気のブレーカーがそのままになっていると電気が復旧した時に火災になる可能性があるそうです。そのためブレーカーも落としておかないといけませんが、地震が起きたら自動でブレーカーを止める防犯グッズを使っておくと安心ですね。 他には、大きな家具やテレビの転倒を防止するグッズや食器の飛び出しを防ぐグッズ、ガラス飛散の防止フィルムなどがあげられます。 津波は、とにかく逃げるしかないです。迷わず高台に逃げるように防災訓練していた地域では被害者がとても少なかったそうです。 地震や津波で建物の中に閉じ込められたときは、自分の居場所を知らせるために笛を鳴らすのが有効とされています。笛は叫ぶよりも体力を使いません。笛を吹くのも辛い人は、防犯ブザーを準備しておくと良いでしょう。 防災グッズは、避難セットだけではありません。日本は地震大国なので、身を守るための防災グッズの種類も豊富です。 しかし、防災グッズを自分でチェックして十分かどうかを判断するのは簡単ではありません。 自分では上出来と思っていても、実際は不十分かもしれません。 大規模な地震を経験していない方にとって、地震対策の防災グッズを揃えるのは難しいでしょう。 なので、防災グッズには基本的に自分が必要と思うものを揃えたいです。 身近に経験者がいれば手っ取り早く参考になりますが、そう都合の良い話もありません。 ブログやサイトを利用して、防災グッズについて基本的な情報を収集してみることをお勧めします。 意外なものが防災グッズとして役立っていたり逆に役立たなかったり、そうした声は経験者から聞こえてくるものです。

コクヨS&T 非常用品セット <防災の達人> (車載タイプ) DRK-SC10D
価格:¥ 3,995(税込)