株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに、現代の株式相場について語ります。 独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し、相場の大底を判定。
2016年は2月12日、6月24日にドン底の日本株を買い出動。10月7日には相場の上昇転換を捉えて買い出動。毎日公表される株式指標から、その日の相場の姿を分析し株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的な内容をお届けします。
2017年7月、独自ノウハウで開発した銘柄選定ツール「Stocks」をリリース(会員限定配布)。
相場の天底を教えてくれる「基礎投資学習ツール」とともに使用することで、「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き、日本の投資教育確立をめざして投資初心者に向け配信します。

 

出来高15億株割れ、個別物色強まる

------------------------
寺子屋会員の皆様
------------------------

寺子屋日曜配信で配布いたしましたStocksβですが、プログラムの一部に記述ミスがございました。

配布したStocksβでは、銘柄抽出において最新の銘柄が取得できないと思われます。

プログラム修正済みのStocksβ0721を、日曜寺子屋配信のアドレスから再度ダウンロードいただきます様お願い申し上げます。

ご迷惑をおかけいたししました。

Hama
----------------------------------

日米の政治的な不安定が続く中、投機筋の円売り長も相まって、ドル円は111円を挟んだ攻防がつづきました。

米FOMCを控えた手控えモードの中、出来高は15億株割れ。

昨日25日線を割れていた日経平均は、本日わずかながら50日線を割ってきました。

日経平均株価終値
19,955.20円(-20.47円)

出来高
14.28億株

売買代金
1.887兆円

25日線乖離率
-0.67%

50日線乖離率
-0.06%

空売り比率
38.1%

信用買い残(JPX)
2.621兆円

先週久々に2.6兆円を越えたJPX発表の信用買い残ですが、本日も微増の2.62兆円となっています。

裁定買い残は、引き続き低水準にとどまっていますが、需給面のポイントとして、今後信用買いが積みあがっていくのかどうか要ウォッチ。

日銀は2日間で1,438億円のETF買いを実施しています。


25日大引け時点のの日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,760円
日経平均株価適正水準上限:20,318円
25日日経平均大引け株価:19,955.20円↓
日経平均株価適正水準中央:19,253円
日経平均下適正水準下限:18,550円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。

全体相場が軟調な中、個別銘柄の物色が盛んになっており、本日もStocks2でおなじみの銘柄、

<3139>ラクトジャパン +8.95%
<3140>イデアインターナショナル +7.36%
<6545>インターネットインフィニティ +7.09%
 
などの有望銘柄に買いの矛先が向かいました。

<3140>イデアインターナショナルは、高値から押し目を形成中でしたが、7月18日、19日の売買解析で「押目検討」にも抽出されています。

Image2

Image6

実際のチャートはこちら。

Image4


決算期突入で新高値銘柄平均も一旦持ち直しており、個別銘柄への物色意欲が強いため、本格的な売り相場にもなりづらい状況と言えます。

ドル円はいったん持ち直して、111円台中盤。

明日もFOMC待ちの閑散相場となりそうですが、大引け以降円安に振れているため、20,000円を回復して始まりそうです。


それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、7月25日大引け時点で0.28%(約56円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






 

円高の目途、最悪108円台後半へ

スパイサー米報道官辞任により、トランプ政権の不安定が一層増しており、これに伴ってドル売り円買いの流れが加速しています。

先週金曜日に一時1ドル110円台に突入したドル円も、週末終値は111円を回復していましたが、本日再び110.6円付近まで円高が進んでいます。


今週から国内の決算発表が本格化しますが、為替が1ドル110円台で推移する場合には、既に株価に織り込まれているとも解釈できるため、割安感のない日本株への積極買いは入りにくくなってしまいます。

日経平均株価は大きく値を下げ、前場は19,900円台の攻防となりましたが、後場に入りドル円が111円台に回復した事に加え、例のごとく日銀の買い支えも入り、下げ幅を縮小して取引を終えています。

日経平均株価終値
19,975.67円(-124.08円)

ドル円
111.09円(0.8円高)

出来高
15.61億株

売買代金
1.916兆円

空売り比率
37.9%

ドル円に追随して株価は大きく下げていますが、引き続き本格的な売りとは言い難い、極めて消極的な相場となっています。

全体相場は日銀の買い支えによる(悪)影響で、煮え切らない相場が続いていますので、有望な個別銘柄にターゲットを絞って、チャンス到来を待つのが賢明と言えます。

先週ストップ高となったStock2銘柄

<2930>北の達人コーポレーション

全体相場が大きく下げる中、5日連続で「★★」銘柄として抽出され、本日も+13%を超える上昇を見せています。

昨日、寺子屋配信の【銘柄探検】で紹介した3000番台前半の東証1部Stock2銘柄も、本日逆行高となり、+5%近い上昇を見せています。

Image3


24日大引け時点のの日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,748円
日経平均株価適正水準上限:20,307円
24日日経平均大引け株価:19,975.67円↓
日経平均株価適正水準中央:19,243円
日経平均下適正水準下限:18,540円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。

ドル円の目途は、昨日の寺子屋でお伝えした通り、テクニカル的な面だけで見て、最悪109円割れまで。


「人柄が信用できない」とされる安倍政権に対しての支持率は、毎日新聞の世論調査で26%にまで下落。

日米の政治的不安定さが相場の重荷となっています。


シカゴ投機筋の円ポジションは、アベノミクス開始以降の最高水準に迫る売り長となっており、円安へのハードルは決して低いとは言えません。

今週は水曜日に米FOMC、金曜日に国内6月消費者物価指数と米4-6月期GDPが発表されます。

FOMCを通過するまでは、売り買いともに手控えが続くのはいつものこと。


その後、波乱とならないかやや心配な流れとなっています。


それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、7月24日大引け時点で0.28%(約56円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

株式投資 寺子屋C5(2017.07.23)

2017年7月23日(日)

株式投資 寺子屋


ビットコイン、イーサリアム、、、、

仮想通貨を既に利用されている方も多いと思いますが、8月1日はビットコインが内部のゴタゴタにより分裂するとの話で、何やら大きな動きがあるとの噂が聞こえておりましたが・・・

昨日午後に、「ビットコイン分裂回避」のニュースが伝えられており、当面の混乱は避けられたようです。


その仮想通貨で有名なのは、もちろん先駆となった「ビットコイン」。

その他「イーサリアム」なども世界中に広がりを見せている仮想通貨となります。


仮想通貨元祖のビットコインは誰もが名前ぐらいは聞いたことがあると思いますが、その開発者は謎の人物とされている「サトシ・ナカモト」一個人と言われています。


正体不明なだけに、「日本人ハッカー」だとか「日本人大学教授」などのうわさはありますが、真相は明らかになっていません。
(Newsweek誌がその正体を突き止めたとの報道もありますが、確証はないようです。)


ビットコインのみならずですが、現在、仮想通貨は世界中に拡散しており、日本でもSBIやGMO、その他インターネット証券会社を中心に、参入準備が進められています。


私も、個人的な領域で、そろそろ仮想通貨での決済を本格導入しようかと考えていますが、ひとまずは、巷で話題となっているビットコインの分裂問題の行くへを見届けたいと思います。


その仮想通貨。現在では、世界各地に専用ATMが設置されており、金融の中心地ニューヨークでは、あちらこちらにビットコイン用ATMが設置されているとか。


これまでは気にしたことがありませんでしたが、次回NYを訪れたときには、現地調査を行ってみたいと思います。


仮想通貨との関連でい言えば、今年5月に、個人ベースの仮想株式上場システム「VALU」が登場。

いち個人が株式上場できるシステムとあって話題となっています。

ここでも、決済はすべてビットコイン。


個人発行の「VALU」と呼ばれる仮想株式を、ネット上に設置された市場で売買するシステムとのこと。


仮想通貨は着実に私たちの生活に浸透しはじめていますので、まだ仮想通貨を使ったことの無い方は、実際にビットコインを使った決済や投資の検討をはじめてみてはいかがでしょうか?


ビットコインなどでの決済を始めるにあたっては、いくつかの注意点がありますが、今はインターネット上にあふれんばかりの情報がありますので、お時間のある時にでも検索をかけてみてはいかがでしょう?


それでは

寺子屋 会員の方は、Stocksβに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。


入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。
続きを読む
livedoor プロフィール
寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ/寺子屋入会

名前
メール
本文
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ