株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

 

雇用統計に対する市場反応に注目

OPEC総会の結果を受けた昨日、窓を開けたのち、長い上髭をつけて取引を終えていた日経平均株価。

本日はドル円こそ動いていないものの、イタリア国民投票を前に、手じまい売りに押された格好で、あっさり窓を埋めて週末の取引を終えています。


NYダウは昨日、米シェール関連株が急伸、エネルギー関連と金融関連株の上昇で史上最高値を更新しています。

ただ、S&P500は出来高を伴って下落しており、トランプ熱で湧いていた米国も高値圏で下落警戒ムードが広がっているとも言えます。

Image1

Image3

取引が始まった2日の欧州市場も、ロンドン、ドイツは大きく値を下げていますが、OPEC減産合意を受けた原油価格は1バレル50ドルを維持しており、やや円高に振れているもののリスクオフの流れにはなっていません。


日経平均株価終値
18,426.08円(-85.64円)

ドル円
114.07円(0.01円安)

出来高
28.33兆円

売買代金
3.018兆円

空売り比率
38.1%

225PER
15.80倍

225EPS
1,166.21円


日経平均は出来高を伴っており、依然として下げたところを拾っている投資家がいます。

EPSがやや下落しており、PERは15.8倍になっていますが、足元のドル円が日本市場の押し目買いを支えています。

ただし、ここから円高に振れた場合には、市場の強気は後退しはじめることになります。


2日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:18,896円
日経平均株価適正水準上限:18,510円
2日日経平均大引け株価:18,426.08円↓
日経平均株価適正水準中央:17,819円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。


世界市場は、本日の米雇用統計、そして、イタリアの国民投票を見守っています。

OPEC総会を通過しましたが、この後イタリア国民投票を通過し、予想通りの雇用統計から米利上げが現実となった場合には、それら自体は「知ったらしまい」の世界で、現在焦点の当たっていない部分に視線が移ることになります。


本日、雇用統計の結果を受けた後の米市場の反応は今後の相場を読み解くヒントになるかもしれません。

昨日発表の投資部門別売買動向では、引き続き個人が4,000億円の売り越し、外国人が3,000億円の買い越しとなり、上昇相場の需給関係が維持されています。


裁定買いの証券自己も2,800億円の買い越し(この週の裁定残は2,400億円増加)、年金、ゆうちょ、かんぽなど公的資金系の信託銀行は820億円の売り越しで、規模は大きくありませんが今年最大の売り越しとなっています。

日銀は今週、ETF通常枠を2回買い付けていますが、それだけでも1,500億円の買いとなっています。


間もなく米国雇用統計。内容に波乱はないと思われますが、素直に好感するのか、反応薄となるのか、あるいは別の反応を示すのか、市場の反応に注目です。


会員の皆様

最新の先物投資部門別売買動向のデータが表示されないと思いますが、JPXのHP表記変更によるものです。日曜配信までにプログラムを適正に変更いたします。


それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

 にほんブログ村 株ブログへ 

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。


■■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■■
当 ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月2日大引け時点で0.32%(約59円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。
日 経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果とし て得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、 との結果が得られています。
分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

調整無く上値を目指す日経平均

日経平均株はほぼ横ばいの水準で取引を終えていますが、売買代金は3兆円越え。

OPEC総会を前にした売りに対して、下げたところは押し目とばかりに拾われているようです。

大引け後の先物市場は、ADP雇用統計が市場予想を大きく上回ったこと、加えてOPEC減産合意となり、リスクオンの流れが加速、ドル円114.3円付近まで急伸し、日経先物も夜間18,600円を突破しています。

まずは、本日の指標をみておきます。

日経平均株価終値
18,308.48円(+1.44円)

ドル円
112.77円(0.74円安)

出来高
26.71億株

売買代金
3.249兆円

空売り比率
36.5%

信用評価損益率(松井)
-5.75%

信用買い残(松井)
1,855億円

騰落レシオ
131.48

裁定買い残(11/28推定)
1.59兆円


裁定買い残、信用評価損益率、信用買い残を見るに、半年間言い続けていた、「枯れ果てた潜在需給」の撒き戻し。上昇反転(底打ち)が徐々に明確になってきました。


日経平均は、
11月22日高値 18,175円
11月16日高値 17,886円
11月15日高値 17,727円

に窓を開けたまま、値幅については調整らしい調整無く上昇するとともに、一段と強気の声が聴かれるようになってきました。

年末にかけておもしろい相場展開になりそうです。


30日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:18,699円
日経平均株価適正水準上限:18,317円
30日日経平均大引け株価:18,308.48円↑
日経平均株価適正水準中央:17,633円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。

明日から12月相場。

ここのところ、米経済指標はほぼ悪いところなしで、市場は利上げと見ており、おそらくそうなることでしょう。

この先、多少の下振れレポートががあっても、流れが変わることは想定しづらいと思われます。


ドル円は、日曜配信でお伝えした目途、115円をタッチする勢いとなっており、明日は再び窓を開けてはじまりそうです。


雇用統計、イタリア国民投票、メジャーSQ、,FOMCとイベントが続きますが、既知のイベントよりも、見えていないところに落とし穴が隠れている可能性があります。

高値掴みには十分ご用心ください。



それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

 にほんブログ村 株ブログへ 

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。


■■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■■
当 ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、11月30日大引け時点で0.32%(約59円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。
日 経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果とし て得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、 との結果が得られています。
分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

上昇トレンド継続、海外初のリスクオフには要注意

日経平均株価は小幅ながら続落となりましたが、終値は18,300円を維持。

TOPIXも本日は反落となり、13連騰とはなりませんでした。

明日はOPEC総会を控えていますが、原油先物市場は比較的落ち着いています。

先週のシカゴ通貨先物、投機筋の円ロングポジションはネットで1万枚にまで減少しております。


先週、4日連続で最高値を更新していたNYダウも、週明けの昨日は反落、21年ぶりの急ピッチで進んだ円安も一服しています。


日経平均株価終値
18,307.04円(-49.85円)

ドル円
112.03円

出来高
19.56億株

売買代金
2.308兆円

空売り比率
39.4%

25日乖離率
4.09%

騰落レシオ
133.43

サイコロ
75.00

ボリンジャー
+1.51σ

225PER
15.64倍

225EPS
1,170.53円

ここ3営業日の日経平均寄与度上位4銘柄の寄与率は、
-46.87%
-72.39%
-87.59%

8月には日銀のETF買い期待で、高水準が維持されてきたNT倍率ですが、日経平均・TOPIXの上昇に伴ってNT倍率が下落しています。


昨日から押し目買いが入っているようですが、出来高は細っています。

裁定買い残は先週末時点で、1.5兆円を回復。

先に述べた投機筋の円ロングポジションは、火曜日時点の集計であり、先週末時点ではゼロ近くに減少している可能性があります。

「潜在需給」は一程度の撒き戻しが進んでおり、一旦揺り戻しとなることも想定の一つに入れておくことが肝要です。


29日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:18,571円
29日日経平均大引け株価:18,307.04円↑
日経平均株価適正水準上限:18,191円
日経平均株価適正水準中央:17,512円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。


過熱感は収まりつつあり、上昇トレンドの中の一服となっています。

NT倍率低下、空売り比率上昇、出来高減、需給の積み上がり、日経先物はドル円に反応して上昇しており、トレンドは崩れていませんが、ここから先は海外初のリスクオフに注意が必要かもしれません。

本日22:30には、米7-9月期 GDP改定値、明日は10月個人消費とベージュブック

---------------------------
寺子屋会員の皆様へ
---------------------------

基礎投資ツールで本日データ入力された方は、裁定買い残の数字が正常に入力されていないと思います。

正常に入力される様、先ほどプログラムを更新しましたので、日曜配信でお伝えしたアドレスから再度ダウンロードいただきますようお願い申し上げます。

尚、本日までの最新データはすべて入力済みとなっております。
-------------------------------------------

それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

 にほんブログ村 株ブログへ 

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。


■■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■■
当 ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、11月29日大引け時点で0.32%(約59円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。
日 経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果とし て得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、 との結果が得られています。
分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ