株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

 

買戻し主体の戻り、日本買いは様子見

週末とは少々空気が変わって、日経平均は円売り・先物買戻し主体で270円ほど戻しています。


週末のブログ、および日曜配信でもお伝えした通り、直近で下げたところは、CPの一部で追加の買い出動を検討していましたが、今回は買わせてもらうことはできなさそうです。


日経平均は戻していますが、トランプリスクに乗っかって空売り攻勢を強めていた売り方筋の買戻しが主体で、出来高を見てもわかる通り、大統領選の結果が分かるまでは長期投資家が日本株を積極的に買ってくることは無いと思われます。


日経平均株価終値
17,177.21円(+271.85円)

ドル円
104.36円(1.1円安)

出来高
17.62億株

売買代金
1.972兆円

空売り比率
37.2%

225PER
14.69倍

225EPS
1,169.31円

25日線乖離率
+0.81%

200日線乖離率
+3.56%

騰落レシオ
119.90

ボリンジャー
+0.56σ


先週の繰り返しになりますが、予想はハズレ、期待は裏切られるのが株式市場です。


7日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落警戒水準:17,565円
日経平均下落注意水準:17,215円
7日日経平均大引け株価:17,177.21円↑
日経平均株価適正水準上限:16,865円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。


決算を機に、個別銘柄で売られすぎているものが出てきました。


こちらも繰り返しになりますが、皆が売っている下落場面にチャンスの可能性を見出すことができる、それが株式市場で生き残るためのスタートラインになります。


マスコミは今頃、6月のBrexitの結果を持ち出して、「米大統領選は、まだどう転ぶかわからない」と言っていますが、Brexitの前日はどうだったでしょうか?


そんなシナリヲは、全ての投資家が想定できるもので敢えて言うまでもありません。


リスクを考えるのであれば、クリントン候補が大統領選で勝利した後、皆が安心している中で起こる誰も想定していない想定外のリスクをシナリヲの一として想定しておくことです。


何かが起こると言っているのではありませんが、相場と向き合う上では、欠くことができない視点です。


相場との関係はいずれ機会があれば触れたいと思いますが、人間の「欲望」は、最終的には「生に対する執着」と「死の受容」に通じています。


簡単ではありますが、本日のエントリーはこのぐらいにして、引き続き明日以降の市場を見ながら、相場の行方を判断したいと思います。


それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

 にほんブログ村 株ブログへ 

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。


■■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■■
当 ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、11月7日大引け時点で0.35%(約61円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。
日 経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果とし て得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、 との結果が得られています。
分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

リスクオフ継続

休日を挟んだ日本市場は、リスクオフの流れが継続し円買い・先物売りで日経平均は200円越えの続落。


日経平均株価終値
16,905.36円(-229.32円)

ドル円
103.26円(0.58円高)

出来高
20.57億株

売買代金
2.356兆円

値上がり銘柄数/値下がり銘柄数
395/1,512

25日線乖離率
-0.68%

200日線乖離率
+1.92%

騰落レシオ
118.78

RSI(14)
51.77

VR(14)
61.46

サイコロジカル
58.33

ボリンジャー
-0.39σ


トランプ氏が勝利するかどうかを予想したところで答えなどありませんし、見えないものを見ようとしても仕方ありません。


人間の欲望が渦巻く株式市場は、見えない不安を極端に嫌い、騒ぎ立てます。


心理的節目と25日線の17,000円水準を割り込んできましたが、各指標を見てわかる通り、日本市場は概ねニュートラルな状況に戻った形で、調整の範囲、相場は壊れておらず特段悲観する状況ではありません。


マスコミが大統領選についてやたらと騒いでいますが、この先もマスコミ報道や評論家の話に、あまり乗せられずに市場を見ておくことが賢明です。


4日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落警戒水準:17,321円
日経平均下落注意水準:16,976円
4日日経平均大引け株価:16,905.36円↓
日経平均株価適正水準上限:16,631円
日経平均株価適正水準中央:16,020円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。


現時点では、日経平均は「下落注意水準」を下回ってきましたが、本格買い出動できる状況でもありません。

思い出してください。

年初の下落は1か月半で4,081円の下落、そのうち大底を付けた2月12日は、わずか3日間で2,051円の下落。

6月24日のBrexitは1日で1,286円の下落です。


尚、本日200日線は
16,587円に位置しており、一目均衡の薄くなった雲16,530円~16,630円の中央を這っています。


極端なリスクオフ相場では下値抵抗線は機能しません。


先ほど発表された米雇用統計は、10月の非農業部門雇用者数変化は市場予想を若干下回ったものの、9月分はADP社と同様に大幅上方修正、失業率は先月より低下しており、平均時給は7月来で最大の伸びとなっています。


米大統領選の裏で足元の米雇用情勢は引き続き改善傾向にあり、年内利上げの準備は着々と進んでいます。


米大統領選に関してはどちらにも流されずニュートラルな立ち位置を保ったうえで、日々の指標を確認しながら、ここからさらに安くなったところは、10%程度の資金をオントップして拾ってみることを検討します。


ただし、米大統領選に限ったことではなく、現在の水準では底値買いできるCPを残しておくことが負けない投資の大原則、大きなリスクオフ相場に備え、CP75%程度は残しておきます。


気になるのは原油価格で、米株安と連動して、1バレル45ドルを割れています。


それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

 にほんブログ村 株ブログへ 

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。


■■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■■
当 ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、11月4日大引け時点で0.36%(約61円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。
日 経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果とし て得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、 との結果が得られています。
分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

負けない投資家として現状をどうとらえるか

米大統領選の行方に関する一部の調査結果が急速にリスクオフを誘い、円買い・日本株売りが加速、「トランプ逆転」の報道に水を得た短期筋が、ここぞとばかりに円買い・先物売りを仕掛けています。


本格的な上昇軌道に乗るかどうかの分岐点に差し掛かっていた日本市場も、右肩上がりの上昇相場となっていたことと、明日休場ということもあって、短期筋の先物売りに押される形で利益確定の手じまい売りが出て、下げ幅を拡大した格好です。

ユーロ買い、円買い、ドル売り。

昨日のNYダウの下落は-0.58%、日経平均は-1.76%の下落となっており、NYの3倍以上。


いつものことと言えばその通りですが、昨日のNYは下げ幅を半減させて取引を終えているだけに、リスクオフを加速させるには、円買いを軸に、高値を更新していた日本市場を突き落とすのが一番ということでしょうか。


ここ数か月間、300円幅の下落はなかったため、少々インパクトは大きく感じるかもしれませんが、ブレグジットと比較しても、比較的冷静な下げとなっています。以前の日本市場であれば、本日500円安となってもいい場面です。


また、昨日までに各指標が過熱を示しており、どこかで調整が必要な場面だったとも言えます。


200日線の上昇転換は、本日の300円越えの下落により、おあずけとなりました。


もう一点、米株安に連動して原油価格の下げが止まりません。

1バレル46ドル割れ、最後に効いてくるのはこちらの方。


さらに、先ほど発表されたADP雇用統計ですが、10月は市場予想を下回る結果となり、円買いを助長しています。

本日FOMCですが、ここで年内利上げに対して慎重姿勢が打ち出された場合には、もう一段の円買いとなります。


本日の指標をみておきます。


日経平均株価終値
17,134.68円(-307.72円)

ドル円
103.84円(1.00円高)

出来高
20.56億株

売買代金
2.208兆円

空売り比率
39.0%

225PER
14.80

225EPS
1157.75円

騰落レシオ
121.20

RSI(14日)
64.63

VR(14日)
68.96

サイコロジカル
66.66

ボリンジャー
+0.48σ

裁定買い残(10月28日)
1.146兆円


各指標とも急冷却されました。


日銀は、本日も718億円のETFを購入していますが、本日は焼け石に水。

裁定買い残は、昨日触れた推定値と概ね一致し、1兆円を越えてきましたが、本日の先物主導の売りで再び1兆円を割っていると思われます。

いくつかのメールをいただいており、現時点までに利益を確定された方が多いようです。


2日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落警戒水準:17,397円
2日日経平均大引け株価:17,134.68円↓
日経平均下落注意水準:17,051円
日経平均株価適正水準上限:16,705円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。


本日の下落は良い例ですので、少しだけレビューしておきます。

トランプ・リスクオフがどこまでの下落となるかはわかりませんが、ここからいくら下げようとも、負けない資金を残していますので、特に悲観しておりません。


後出しと言われるかもしれませんが、CPを温存しておいたのは、こういった、にわかに持ち上がるリスクオフに備えるためです。

マスコミが先高を言い始めても、「買い増ししてはいけない」ことをお伝えしたのも、そのためです。


仮に、ここから1,000円下落しようと、2,000円下落しようと、買い出動の段階から想定に入れたポジションしかとっていないので、全く動じることはありません。

負けないポジションは、むしろ、より大きなチャンスを掴むためのポジションでもあります。

1,000円、2,000円の下落と言いましたが、一般的には、目先「心理的節目」と「25日線」が重なる17,000円どころ。

さらには、200日線の16,600円割れ付近。


上げようが下げようが、日々の指標を確認しながら、負けない投資を行います。


相場というのは、常に一寸先は闇。一夜明けたら別世界。

暗闇のドン底で買えた玉以外は、程度の差はあれ、常にリスクを伴います。

そのリスクを想定した上で、ポジションを考えることです。


大統領選までしばらく調整場面となる可能性がありますが、日々の指標を追いかけながら、勝てるポジションをとるだけです。

米大統領選に関して結果を予想をするつもりはありませんが、一言お伝えしておくとすれば、マスコミが伝える情報を判断材料に他の投資家と同じように売り買いしていては失敗する、ということです。


投資家が負けるときは、多くの場合、マスコミの情報を判断材料にして周りの投資家の動きを見ながら先の株価を予想し、周囲と同じ行動をとるときです。


大暴落時に底値で投げてしまう。

熱狂しているときに、高値を買ってしまう。


予想はハズレ、期待は裏切られるのが株式市場です。

株価の上昇・下落とマスコミの扇動から「先の株価を予想して動く」のではなく、足元の指標から「今の市場の姿を確認して動く(判断する)」ということです。

そして、動くときは必ずその行動に対してリスク評価を行っておくことです。

上記の行動が、リスクを大幅に低減し、利益をもたらしてくれます。


今回は、会員の皆さんも日経平均16,750円~16,800円付近で買われていると思いますので、仮に本日の大引けでCPに戻していた場合でも、利益を手にしていることと思います。


仮に、ここから更なる大幅下落となっても、何も動じることはなく、待っていたチャンスに対応するだけです。


10月に買えなかった会員の方で、一か月間の上昇相場を見ながら歯がゆい思いをされているとのメールをいただいておりましたが、手を出さずに待っていた方は、ここからチャンスがやってくるかもしれません。

マスコミに煽られて売っている他の投資家をじっくり観察し、市場の姿を日々確認しながら、チャンスが到来した際には、そのチャンスをものにできるよう心の準備をしておくことです。

投資ツールが、買い場を教えてくれます。


今回はどの程度のリスクオフとなるかわかりませんが、皆が売っているこの下落にチャンスの可能性を見出すことができる、それが株式市場で生き残るためのカギと思ってください。

少々くどい内容になってしまいましたが、本日は良い機会ととられ、レビューしてみました。


報道によってトランプリスクが注目されていますが、原油価格、そして雇用統計(米経済指標)に注目しておきます。


------------------------------
読者の皆様へのお願い
------------------------------
多くのコメントをいただいております。

積極的なコメントをいただき感謝申し上げます。

現時点で詳細を述べることは致しませんが、同時に複数の名前を使った書き込みや、一般モラルに反するコメントはお控えください。

皆様の節度あるご利用をお願いいたします。
-------------------------------

いくつかのコメントにお答えしておきます。

■かなちん さん
ご購読ありがとうございます。残念ながら基礎投資ツールは、現時点では会員の皆様のみに配布させていただいております。12月になりましたら、入会のご案内を当ブログにて行いますのでお待ちください。

■アベノミクス さん
投稿いだだき、ありがとうございます。本日購入されたとのこと、どの水準での買い出動かは読み取れませんが、買い下がりを前提とした突っ込みと思います。私もチャンスに備えCPを大きく残していますので、今後大きなチャンスが来た場合には、本格的に買い出動する予定です。

■う さん
コメント欄についてのご提案いただきありがとうございます。今しばらく状況を見た上で、管理人として判断したいと思います。日曜配信でもお伝えしておりますが、別途会員同士のコミュニケーションの場を提供できるよう検討しておりますが、今回のご提案と合わせて引き続き検討させていただきます。

■b さん
コメント欄についてのご提案いただきありがとうございます。少々荒れているとの印象をお持ちの読者が多いようですが、閉鎖および会員専用とする件につきまして、しばらく状況を見た上で管理人として判断させていいただきます。

その他、多くのコメント。メールををいただき、ありがとうございます。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。



それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

 にほんブログ村 株ブログへ 

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。


■■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■■
当 ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、11月2日大引け時点で0.36%(約62円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。
日 経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果とし て得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、 との結果が得られています。
分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ