株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

 

試される安倍政権の政治力

本日の日経平均、原油高も含め、昨日の世界市場の堅調ぶりから、寄り付きから値を上げて始まりました。取引開始から20分ほどは順調に上昇、16,350.38円まで到達しましたが、その後、買いの勢いは続かず、戻り待ちの売りに押されて失速、後場にかけて弱含みの展開で、大引け16,052.05円(-59.00円)で取引を終えました。

昨晩のロンドン、NYの堅調ぶりから、蚊帳の外で取り残されている本日市場も、本日は半値戻しの16,400円にトライする可能性が十分あると見ていましたが、英国のEU離脱不安から、ポンド売り、ユーロ売りが円高を促進、ドル円も112円台前半で推移し、日経平均は戻りを試すきかっけを奪われた格好となりました。

戻りの鍵を握る為替が円高に振れたことで、16,350円以上の高値を買っていく投資家はおらず、結果として出来高もさえない展開となっています。

日経平均株価 終値:16,052.05円(-59.00円)
日経平均株価 高値:16,350.38円
日経平均株価 安値:16,001.19円
出来高:23.22億株

日中、弱含みの展開で16,000円を割ると思われましたが、16,000円どころは、売りにくい水準であり、買い方にとっても魅力的な水準に入ってくるため、16,000円をボトムに切り返し。

「打診買い水準」下限を割った場合には、少額で拾ってみることも考えましたが、やはりそこは買わせては貰えません。

日計りで、レバレッジやダブルインバースを触りたくなる、そんな日々が続きます。(あくまでも日計りです)

本日、2月23日大引け時点での日経平均株価適正水準を確認しておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:17,454円
日経平均打診買い水準:15,709円~16,318円
日経平均大底買い水準:14,855円~15,190円
◆◆◆◆◆
※ 日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。

16日、18日に続き、本日3度目の戻りトライも、16,400円手前で跳ね返されてしまいました。本日の戻りチャンスを逃してしまったことは、明日以降の展開に少なからず影響を与えると思われます。

そろそろ、欧州、NYの戻りも一服となるでしょうから、為替と相場の方向性が見えてくるまでは、市場を活気づける様なポジティブ材料が出ない限り、G20が終わるまで、16,000円付近での手控えムードが濃厚となりました。

引き続き、「打診買い水準」の下、15,600円どころまで深押ししたところは、少額で拾っていくつもりです。

-----------------------------------------------
◆【裁定買い残】:手元の計算では、2月19日時点で1兆8千億円を割り込んでいます。金額ベースでは、民主党政権以来の低水準ではないかと思います。
◆【空売り比率】:本日で6日連続40%越え。40%台が当たり前になっています。
◆【日経平均PER】:連日13%台後半を行ったり来たり。ここ2年の中心線は15.4%。日本経済に対する悲観は、相当大きいとも読み取れます。
◆【信用評価損益率】:12日間連続でマイナス16%以下、日本市場の底這いが際立っています。
-----------------------------------------------

これまでのアベノミクス相場でも、大幅な調整局面は何度かありましたが、年明けからの調整は、これまでとは異質の調整局面となっています。

現時点では、様々な指標が底値水準を教えてくれていますが、市場は、日本経済の先行きを憂い、さらなる底割れを織り込み始めているのかもしれません。つまるところ、それは安倍政権の政治力の見極めに入っていることに他なりません。思い切った財政出動を含め、市場は日本政府の次の一手を注視しています。

繰り返しになりますが、ドル円が115円以上の水準に戻らない限り、日本経済の出口は見えてきません。日銀頼みの対応は、投機筋に限界を見透かされてしまいました。彼らは、日本の政治力を試しにかかっています。

更新が遅くなり、申し訳ありませんでした。

hama

-----------------------------------------------
さくらさん
日経平均15,800円以下で購入されたETF、しばらくはゆったりと構え、静観でよろしいかと思います。水準的には問題ありませんので、しばらく辛抱の日々が続くこと、一時的に含み損となるかもしれませんが、時間が解決してくれると思います。今後の展望については、上にしろ下にしろ、来週には、相場の方向性が見てくると思われます。更なる下落相場になったとしても、売り方の援軍は限られています、動揺せずに、時間が過ぎるのを待つのだということを、今の内から頭の隅に入れて置いてください。戻りを試す展開になった場合は、売り場が分からなければ、ブログで私の売り時をお知らせしますので、参考にしてください。

PRさん
夏の選挙で自民党の足を引っ張る一つの要因は経済です。現状の円高を何もせずに見過ごすということは考えられませんので、いくつかの想定のもと、何らかの打開策を検討していることは必然かと思われます。様々な業種で人員不足が問題となっており、働く者にとって待遇改善が進んでることは喜ばしい事ですが、反面、個人消費は低迷しており、経済の先行きに暗雲が立ち込めています。日本経済が没落してしまっては、元も子もありません。スキャンダラスな話が続いていますが、今こそ政治力が試されているように思います。私は、お金を使いたいと思う対象がほとんどなくなってしまいましたが、ゆっくり旅行に行って、温泉につかって、日々の疲れを癒したいと思うこのごろです。PRさんのおっしゃるように、哲学はその人の人生を大きく左右する要素だと思います。これからも日々精進したいと思います。
-----------------------------------------------

本日も、ご購読ありがとうございました。最後に、ふた手間おかけしますが、バナーのクリックにご協力いただけると嬉しい限りです。

にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の 投資教育の確立を目指しています。

それでは、みなさんがご自身でチャンスをものにされ、現代の難しい株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

※ 当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価 の骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された計算式に、直近の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近2年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から 乖離する平均乖離率は、本日時点で0.26%以内(約42円以内)に収まります。

 

取り残されるドル円と日本市場

おはようございます、hamaです。

2月22日は、日本、上海、欧州、NYはじめ、各国の株式市場は、ほぼ全市場で堅調に推移した模様です。
原油先物価格も大幅上昇し、一連の世界的な混乱は、収束から復調に流れを変えつつあります。

リスクオフの緩和が鮮明になりつつありますが、避難先のはずの「Japanese YEN」は買われたままで取り残されています。それに頭を抑えられる形で、日本市場も取り残されています。

本日の日本市場、個人的に注目しています。世界でも出遅れが鮮明になっているため、為替次第で、半値戻しの16,400円ライン、25日平均移動線の16,600円ラインは、想定内に入る相場環境のように思います。

英国のEU離脱が話題となっています。英政府は、6月23日にEU離脱を問う国民投票を行うことを正式決定しましたが、この影響で英ポンドが大きく売られています。

今のところ英国はじめ欧州株式市場へのインパクトは薄いようですが、欧州市場、さらに世界市場にとっても、今後の波乱要因となる可能性があります。

株価は、NY、ロンドンとも、回復基調は鮮明ですが、ドル円が重しとなっている東京だけが取り残されています。昨晩は、原油先物価格も5%以上の上昇を見せ、ドル円も113円を回復していましたが、今朝は再びドル円だけが129円台後半に戻っている状況です。

完全に為替に頭を抑えられている日本市場ですが、出遅れている分、注目が集まることも事実です。ボラティリティーが大きく、短期筋の意向次第で極端な動きをする日本市場。上昇のタイミングをうかがっている様に見えますが、市場参加者が増えるかどうかがポイントとなります。

本日も、売買高に注目です。

今朝7:00時点の日経平均株価適正水準を確認しておきます。(昨晩とほぼ同じです。)
◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:17,467円
日経平均打診買い水準:15,720円~16,272円
日経平均大底買い水準:14,866円~15,202円
◆◆◆◆◆
※ 日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。

原油価格が戻り基調にあります。早晩、為替が動けば、半値戻し16,400円、その上25日平均移動線の16,600円も十分射程距離に入りますが、高値を追いかけてはいけません。

順張りを狙う方は、私なら必ずロスカットを設定し、日計り程度にとどめて置きます。
売りで入る方も、必ずロスカットを設定し、日計り程度にとどめることをお勧めします。

買い目線で言えば、悪材料一つで、明日の朝は、世界も一変します。

1番底、2番底(大底)で買った玉、打診買い水準の下で買った玉は、引き続き持続です。

コメントのお返事は、大引け後に。
引き続き、感想・コメントをお待ちしております。

それでは、みなさんがご自身でチャンスをものにされ、現代の難しい株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の 投資教育の確立を目指しています。

にほんブログ村 株ブログへ

※ 当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価 の骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された計算式に、直近の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近2年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から 乖離する平均乖離率は、本日時点で0.26%以内(約42円以内)に収まります。
 

悲観、危機感、楽観、様子見

週明けの日本市場、寄り付きからの1時間弱の間は続落の場面となりましたが、午前10時前からは上げ基調となり、その後は比較的底堅い展開となり、プラス引けで取引を終えました。

上海をはじめ、アジア市場も概ね小幅上昇となっています。

為替は終日112円台後半で推移していましたが、日経平均は出来高が細ってのじり高、売り物が出ないため、株価は下がりませんが、高値を買っていく投資家もいません。

日中の動き等については、詳しくは、ニュースサイト等でご確認いただければと思います。

特段の材料も無く、G20を通過するまでは動けないで様です。また、実需勢(長期投資家)も、押し目水準は買いを入れてくるでしょうが、不安要素がある程度払しょくできるまでは、様子見の買い控えと言ったところの様です。出来高も、なんとか20億株をキープ。

日経平均株価 終値:16,111.05円(+143.88円)
日経平均株価 高値:16187.40円
日経平均株価 安値:15816.83円
出来高:20.37億株

本日、2月22日大引け時点での日経平均株価適正水準を確認しておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:17,473円
日経平均打診買い水準:15,726円~16,272円
日経平均大底買い水準:14,871円~15,207円
◆◆◆◆◆
※ 日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。

本日の日経平均、値は上げているものの、先週に引き続き、高値も安値も「打診買い水準の」の内側です。

土曜日のエントリーでお伝えした通り、本日も「打診買い水準」の下、15,600円割れの深押し場面があれば少額買ってみるつもりでしたが、買うチャンスは訪れませんでした。

為替に関しては、引き続き黒田ラインを割ったまま、112円台の円高水準で推移しています。

為替先物、先週金曜発表のシカゴ先物のNon-Commertial(投機筋)の円ポジションは、7週連続の円買いポジション(約48,000枚)となっています。

アベノミクス相場の期間(2012年末~先週金曜日)に焦点を当て、シカゴ為替先物の3年半分のデータを抽出しましたので、ご参照ください(クリックで拡大)。

青が円売り(ショート)ポジション、赤が円買い(ロング)ポジション、黄色は為替レートです。
Image3


為替レートは、政権が民主党から自民党に移った直後から急激に円安が進み、アベノミクスにより堅調に推移、黒田バズーカ第2弾(2014年10月31日)から再度円安が加速、2015年は天井圏でレンジを形成し、年が明けて、ネックラインを割りながら急落しています。急上昇、急落の場面と、短期筋のポジションもご覧の通りです。

ここ1ヶ月半、いくつかのネタを理由に世界的なリスクオフの流れが形成され、毎度のことながら「マネーの逃避先」と言う理由で円が買われています。投機筋の仕掛けによって、その流れが形成・増幅され、日本市場の混乱はいまだに予断を許さない状況です。

とはいうものの、投機筋が持っている「円買い」ポジション、ここから一体どうするつもりなのか、経験値の蓄積には良い勉強になると思います。さらに仕掛けてくるのか、巻き戻しとなるのか、高見の見物で今後の推移を見守りたいと思います。きっかけにより手じまいが進めば、黒田ラインまで一気に戻ることも無いとは言えません。

デフレ脱却を掲げるアベノミクス。先週月曜日、1,000円越えの大幅反発で、何気にスルーされてしまった「GDPのマイナス成長」ですが、日本のGDPの55%程度を占める個人消費の伸び悩みは深刻で、円高による企業業績の下ブレが大きくなれば、安倍首相の「更なる賃上げ」の掛け声もむなしく、日本経済は負のスパイラルに入り、再びデフレに突入、アベノミクスは市場から見放されることになりかねません。

私たちの不安も、そんなところにあるのではないでしょうか。安倍政権も黒田総裁も、そんなことは百も承知でしょう。まずは、1にも2にも現在の円高水準を是正しない限り、出口は見えてきません。

ただ、みなが不安に思っているからこそ、私は現状をあまり悲観視していません。今回の強烈な大暴落で、不安が一気に高まり、世界的に危機感が広がりました。日銀も、安倍政権も、いよいよ高を括ってはいられない事を自覚したはずです。

週末に様々な文書に目を通しましたが、大半が悲観的な内容でした。年初からの大混乱で、マスコミによる危機宣伝がすり込まれ、私たち一般市民にも広く浸透したのでしょう。

日経平均12,000円説や為替90円割れ説もありますが、大きなポイントは、私たちの心理が、危機感に支配されているのか、楽観に支配されているのかです。日経平均12,000円、為替90円を現実のリスクと見ている方は、相当な危機感を持って市場を見つめているということなのでしょう。

原油増産凍結の動き、G20での世界協調の動き、実態的な成果はあまり期待していませんが、重要なのは、皆が危機感を持っているかどうか、危機を回避しようと動き始めているのかどうかというところにあるのではないかと思います。その潜在的なエネルギーは、目には見えませんが、リスクが大きければ大きいほど、大きな対抗力として台頭してきます。

楽観があるうちは、下落の芽が残っていると言えますが、危機感のすり込みが、折り込みに変われば、相場は反転していきます。

一般的な見極めで対処ができないのが、人民元安に対する延命措置を続ける中国の事情と、北朝鮮。実態が正確に把握できないため、何が飛び出すか分かりません。もちろん同列ではありませんが、突発的な緊張も含め、常に頭の隅には置いておかなければなりません。

日本市場も、個人投資家が株を積極的に買おうと言う空気になるには、まだまだ時間がかかるでしょう。

「雨降って地固まる」と言いますが、足場固め、地固め、値固め。高く飛ぶためには、足場固めが欠かせません。

年末まで緩んでいた地盤が、雨降って少し固まりました。もうひと降りあるかもしれませんが、慌てて動かない事です。

引き続き、大きな理由なく「打診買い水準」下を、深く押したところは、少額で拾ってみたいと思います。

19:20現在、欧州市場は軒並み上昇、NYダウ先物、原油先物も上げていますが、今晩の展開も注視したいと思います。

明日の朝は、事情により更新できないかもしれませんが、ご了承ください。

hama

-----------------------------------------------
すかお さん
はじめまして、管理人のHamaと申します。既にお読みいただいたかと思いますが、日々の株価を独自の株価判定ツールでモニターしております。1月21日と2月12日の出動は、判定ツールで「大底買いシグナル」が点灯したところで本格買い出動しました。日々の指標や、過去のデータを眺めて考えていると、様々なことを教えてくれます。当ブログでも、適時、日々の株式指標に触れ、何をどう見るか、お伝えしていきますので、すかおさんも、新しい発見を少しずつ増やしていってください。こちらこそ、よろしくお願いします。

kayorinさん
こんばんは、管理人のHamaと申します。おっしゃる通り、冷静に株価の指標を見つめ、水準とタイミングを見極めることが大きな武器になると思います。昨今は、市場全体が力対力の仕手戦の様相を呈していますので、波に乗るタイミングを間違うと、優良株でも大きな痛手を被ります。メンタルの強さ、忍の一字で待つこと、欲を出しすぎない事、相場の基本を昔以上に求められる環境になったのかもしれません。コメントについて、お気遣いありがとうございます。皆さんのお言葉に甘えて、忙しくてコメントに返答できないときは、その旨ブログでお伝えさせていただきたいと思います。今のところ、皆さんのコメントも、いろんな意味で私の勉強材料となっていますので、遠慮なくコメント・感想をいただければと思います。相場分析も、日々精進したいと思います。

ふくさん
ありがとうございます。私は、失意の中にあったとき「自分には、まだ死ぬという選択肢が残っている。だから、まだ大丈夫。」と思うことで、何度も気が楽になったのを覚えています。家族の顔を思い浮かべるたびに、そんな真似は出来ない事は頭では分かっていましたが、そう言い聞かせることが自分を楽にさせる唯一の方法でした。そんな経験をしたせいか、今は、人生に対して、こだわりがなくなってしまいました。ただ、そんな経験の中で改めて痛感したのは、人は人に助けられて生きていけるのだということです。個人投資家の皆さんが、同じ経験をなさらぬよう、少しでも私の大失敗が誰かの人生の役に立つのであれば、そこに私なりの生きている価値を見いだせるのです。何かに楽しいと思うことも、ほとんど無くなってしまった、さみしい人間ですが、私は私で、そんなこんなで自分を支えて生きていますので、ご安心ください。ツールについては、できることを考えてみたいと思いますが、自分なりの指標を持って、相場に望むことが、その第一歩です。一緒に勉強しながら、勝ち組投資家として生き残れるよう、頑張りましょう。
-----------------------------------------------

本日も、ご購読ありがとうございました。最後に、ふた手間おかけしますが、バナーのクリックにご協力いただけると嬉しい限りです。
また、コメントも、遠慮なくお寄せください。忙しくてコメントに返答できないときは、その旨ブログでお伝えさせていただきます。

にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の 投資教育の確立を目指しています。

それでは、みなさんがご自身でチャンスをものにされ、現代の難しい株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

※当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された計算式に、直近の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近2年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から 乖離する平均乖離率は、本日時点で0.26%以内(約42円以内)に収まります。

プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ